唯「まだわからない?」

澪「ごめんな、律」

律「え・・・?」

唯「りっちゃん、澪ちゃんにバレるかなんて心配する必要なかったんだよ」

律「っていうことは・・・」

唯「そ。心配しなくても、事前に許可取ってたから大丈夫だったんだよ」アハハ

律「は・・・?澪・・・!?」

澪「勘違いするな。私は律が好きだし、誰にも渡したくないって思ってる」

律「じゃあなんでだよ!?意味わかんねぇよ!!」

唯「少しは澪ちゃんの気持ちも考えてあげなよ」

律「唯は黙ってろ!」

唯「別にいいけど、私に八つ当たりしないでよー」ハハ

澪「律、ごめん・・・」ギュッ

律「澪・・・わっかんねぇよ・・・どういうことだよ・・・」

澪「ごめん、試すような真似して・・・」

律「・・・!!」

澪「唯には」

律「おい、ちょっと待てよ。試すってどういうことだ?私が澪以外のヤツに迫られてどうするか試したってのか?」

澪「・・・」

律「サイッテーだな・・・」

唯「澪ちゃんはあんまり悪くないよ」

律「唯・・・」

唯「私が冗談めかしてりっちゃんとシたいって言ったのが悪かったんだよ」

律「はぁ?///」

澪「でも唯がそういうように話を誘導したのは私だ」

律「え・・・」

澪「私も自分がわからないんだよ・・・律を誰にも渡したくないのに・・・誰かに抱かれてる律が見たいとも思う・・・」

律「は、はぁ・・・?」

唯「りっちゃん、考えても無駄だよ。私も澪ちゃんのこの考えは理解できないもん」

律「え、えっと・・・澪は、私と別れたいのか?」

澪「なんでそうなるんだよ・・・!そんなの嫌だ・・・!」

律「え、えぇ・・・?」

唯「りっちゃんのことが本当に好きなんだよ、わかってあげなよ」

律「わかんねぇよ。好きなら、他の人に触られたくないって思うのが普通だろ・・・?」

澪「律」

律「なんだ?」

澪「私は、普通じゃない」

律「」

唯(言い切ったー)

澪「ごめん・・・」

律「どうすればいいんだよ・・・」

唯「・・・」

律「まぁ、いいや。とにかく、服着るわ」

澪「待った」ガシッ

律「待たねぇよ」パシッ

澪「りつっ」ガシッ

律「な、なんだよ・・・!一回落ち着こうぜ、私・・・まだ頭付いていかねぇよ」

澪「わかんないと思うから、別に考えなくていい」

律「そのせいで唯にヤられそうになった私の立場を考えろよ」

唯「ねぇ」

澪「それは、悪いと思ってるし・・・もうこんなことないようにする、よ・・・」

唯「ねぇってば」イライラ

律「それじゃ解決にならないんだって言ってるだろ。澪はこれからずっと我慢(?)してくってことだろ?」

澪「でもそれは仕方ないよ」

律「だからそれじゃ根本的な解決に」

スパーン!!!!

澪「!?」

律「いったぁぁぁ!!?!?」

唯「無視しないでくれるかな」



律「ゆ、ゆい・・・」

唯「どうしたらいいか、そんなの簡単じゃん」

律「・・・は?」

唯「りっちゃんは澪ちゃんのこと、好き?」

律「好きに決まってるだろ!」

唯「澪ちゃんはりっちゃんのことどう思ってる?」

澪「好きだよ。その、大好き」

唯「じゃあ悩むことないじゃん」

律「ばか、悩むに決まってんだろ。なんで好きでもないヤツとs」

唯「じゃあ澪ちゃんと別れる?」

律「な、なんでそうなるんだよ・・・!」

唯「だってそうじゃん。澪ちゃんの全てを受け入れられないってことでしょ?」

澪「・・・」

律「受け入れられないだと?こんなの、あぁそうですかって聞き入れられる方がおかしいだろ」

唯「澪ちゃんはおかしいんだよ。普通の感覚の人がおかしい人と付き合えると思ってるの?」

律「おい、すごい言われてるぞ、お前」

澪「ん、まぁ事実だからいいよ」

律「・・・」

唯「りっちゃん」

律「いやだ」

唯「ふぅん。澪ちゃん」

澪「なんだ?」

唯「こういう時、澪ちゃんは普段どうしてるの?」

澪「さぁ?律に拒否られたことなんてなかったから、逆に新鮮かも」

唯「へぇー・・・燃えちゃう?」

澪「さぁ、どうだろうな」ニヤ

律「み、みお・・・?」

唯「細かい話はいいよ。りっちゃんは濡れてる、澪ちゃんは興奮してる、私もりっちゃんとしたい」

律「ま、待てy」

唯「どうしたらいいかなんて・・・ね、簡単でしょ?」ニコッ

律「・・・!」

澪「律のこと、蔑ろにしてるわけじゃないぞ?でも・・・」

律「澪、お前、まさか」

澪「・・・」

唯「澪ちゃん、私りっちゃんの背中見ちゃったんだ」

澪「あぁ、あれか」

唯「あれ、どうやったの?」

澪「どうって・・・別に。普通にだよ」

唯「普通じゃあんな傷跡つかないよ」

律「もういいだろ、唯」

唯「ねぇ」

澪「なんだ?」

唯「好きにやっちゃっていいの?」

澪「・・・あぁ」

律「・・・!」

唯「へへ。だってさ、りっちゃん」

律「澪、お前・・・」

澪「律」

律「なん、だよ・・・!」

唯「それじゃ、立ってみようか」ニコニコ

澪「・・・好きだよ」

律「・・・!」

澪「本当、だよ」

唯「りっちゃん、聞いてる?」

律「う・・・うるっせえぇ!!」バッ!!

唯「!?ちょっと、暴れないでよ」イライラ

律「唯!離せ!!」

スパーン!!!!

律「いっ・・・!!?(び、ビンタかよ・・・)」

唯「離すわけないじゃん。澪ちゃんに言いたいことあるのはわかったけど、あとにしてくれるかな」

律「・・・」ギロッ

澪「・・・」

律「なんとか言えよ、澪」

澪「・・・可愛いよ、律」

律「・・・」カチンッ

唯「ほら、澪ちゃんと話しても無駄だってば」

律「・・・もう、好きにしろよ」

唯「え?」

律「馬鹿馬鹿しいぜ・・・こんなの・・・」

唯「ふーん、りょーかい」

澪「・・・いいのか?唯」

唯「え?なんで?りっちゃんと出来ればなんでもいいよ、私は」

澪「そうか、てっきり・・・」

唯「抵抗しないと燃えないと思ってた、って?」アハハ

律「何勝手なことばっかり言ってんだよ」イラッ

澪「うん、まぁ、あたり」

唯「別にそこは重要視してないよ」

律「おい、くっちゃべってんなよ。するならしろ。しないなら私は澪を連れて帰るからな」

唯「やだなー、せっかちさんはよくないと思うよ?」アハハ

律「・・・」イライラ

唯「それに、そんな格好で帰るの?りっちゃんって露出狂でもあったんだ?」

律「なっ・・・服はちゃんと着るに決まってんだろ。揚げ足とるなよ」

唯「揚げ足じゃないよ」

律「は?」

唯「このまま、私が帰すわけ無いじゃん」

律「」

唯「まぁ、いいよ。りっちゃんが露出狂ならさ」グイッ

律「!?」

ダァン!ガシャーン!!

律「ったぁ・・・!」

澪「唯、あまり強くすると窓ガラス割れるぞ?」

唯「あ。そうだね、ごめん。・・・よっと」シュル・・・

律「・・・手、いいのか?」

唯「うん、痛かったでしょ?」

律「あ、あぁ」

唯「それじゃ早速、そこに手ついて」

律「・・・そういうことかよ」

唯「当たり前でしょ。意味もなく私がりっちゃんに優しくするわけないじゃん」

律「それもそうだな・・・っと」

唯「ずっと窓の外眺めててね」

律「破ったら・・・?」

唯「あはは、突き落とそうか?」

律「冗談のつもりだろうけど・・・冗談に聞こえないぞ」

唯「えー、そう?」アハハ

律「・・・で?」

唯「りっちゃんはずっと外見てていいって」

律「何するんだよ・・・」

唯「さぁ、なんだろうね?」

律「ゆい・・・?」

唯「・・・」スッ

律「お、おい・・・?」

唯「駄目だよ、振り返っちゃ」

律「でも・・・おい、服脱がせるなy」

唯「ほら、前見てて。何が見える?」

律「・・・下校途中の生徒」

唯「そっかそっか。よく見える?」

律「?あ、あぁ。結構よく見えるぞ」

唯「ふぅん。ま、きっと大丈夫だよね」スッ

律「・・・え、っちょ、ゆい・・・!?」

唯「だーから、目逸らしたら駄目だってば」

律「で、でも・・・!」

唯「りっちゃんの可愛いおっぱい、みんなに見えてるかな?」

律「唯、やめ・・・」

唯「え?りっちゃんって露出狂なんでしょ?」ニコッ

律「だから、違うって、言ってるだろ・・・!?(こうなったら・・・!)」

唯「そうかなー?あ、カチューシャ外したら駄目だよ」

律「・・・!」

唯「遠目からりっちゃんだってわかる材料減らしたら駄目だよー」アハハ

律「・・・くっそ」

唯「それくらいお見通しなんだよ、わかる?」グリッ・・・

律「ぁ・・・!」

唯「ん?今なんか言った?」グリグリ・・・

律「唯、膝・・・当たってる・・・」

唯「そりゃそうでしょ、当ててるもん」

律「くぅ・・・やぁ・・・」

唯「りっちゃん、絶対感じてるでしょ」

律「そんなこと・・・」

唯「やっぱり誰が相手でも変わらないんだね」

律「ちっが・・・う・・・ん・・・!」

唯「説得力ないなぁ、澪ちゃん。どう思う?」

澪「律・・・」

唯「ありゃりゃ、聞いてない、か・・・」

律「唯、もう、いいだろ・・・?」

唯「え?本気で言ってるの?」

律「・・・だよ、な」

唯「うん。ほら、前向いて」

律「・・・誰かと目が合いそうだ・・・」

唯「目が合ったら手でも振ってあげれば?」アハハ

律「こんなの見られたら・・・明日、から・・・学校、行けな・・・」グスッ

唯「ふぅん」スッ

律「・・・!」

唯「りっちゃんってさー、体の水分有り余ってるの?」

律「な、なんだよ、それ」

唯「だって、色んな所から体液垂れ流してるんだもん」

律「誰の、せいだ・・・誰の・・・」イライラ

唯「あはは、ごめんね。冗談だよ」

律「・・・」

唯「ねぇ、りっちゃんのココ、とろとろだよ」

律「ばっ・・・!」

唯「照れないのー。ねぇ、澪ちゃんも見てないで混ざればー?」

澪「えっ、でも・・・」

唯「見てる方がいいの?」

澪「・・・」


5