唯「ねぇ」

律「なんだよ」

唯「足、広げて?見えないから」

律「・・・」

唯「何?」

律「やればいいんだろ、やれば」

唯「そうだよ。ほら、早く」

律「くそっ・・・」スッ

唯「うっわぁ・・・」

律「なんで引いてるんだよ・・・」

唯「りっちゃん、これちょっと濡れすぎじゃない?」

律「そんなこと、言うなよ・・・」

唯「また濡れちゃうから?」ニヤニヤ

律「・・・っ」

唯「否定しないんだ。りっちゃんかわいいね」

律「嬉しくないって言ってるだろ・・・」

唯「別にりっちゃんを喜ばせようとしてるわけじゃないよ」

律「・・・」

唯「りっちゃんのココは何を期待してるのかな?」ツンッ

律「ひゃぅ・・・!?」

唯「相変わらずいい反応だね?」

律「はぁ・・・ゆ、い・・・!」

唯「ちょっと痛いかも」

律「え?何言って」

スパーン!!!

律「いったぁ!!?!?」

唯「あー、赤くなったねー」アハハ

律「唯、お前・・・」

唯「ごめんねー。でもいいよね。りっちゃんの太もも元々ボロボロだったし」

律「そういう、問題じゃ・・・ない、だろ・・・」

唯「え?そういう問題でしょ」

律「・・・もういいや、なんでもない」

唯「あー、いっけないんだー。そういう態度ー」ムー

律「そんな芝居じみた言い方するなよ」

唯「りっちゃんのくせにその悟りきった態度が腹立つよね」ニコッ

律「なっ・・・」

唯「何びっくりしてるの?せっかくオブラートに包んだのにりっちゃんがいらないって言ったんでしょ」

律「・・・」

唯「・・・」ガシッ

律「!?お、おい!」

唯「何?」

律「やめろよ、何をする気だ・・・!」

唯「別に。お腹くらいいいでしょ」

律「駄目だって!ゆい!」

唯「いいよ、大体想像ついてるから」バッ

律「!?」

唯「・・・あー、やっぱり」

律「み、見るなよっ・・・!」

唯「なんで?大丈夫だって。りっちゃん、体中そんな傷跡だらけなんでしょ?」

律「・・・!」

唯「澪ちゃんが羨ましいよ。いいなぁ」

律「あんまりジロジロ見るなよ・・・」

唯「背中も?」

律「・・・あぁ、背中が一番酷いかも」

唯「へぇ・・・ま、いいや」

律「何する気だよ・・・」

唯「わかってるでしょ?」

律「・・・まさか」

唯「えへへ。はい、お腹出して?」ニコッ

スパーン!!

律「いってぇ!!」

唯「ほらほら、どんどん行くよー?」

律「ま、待てっ!唯ストップ!」

唯「待たないよっと」

パシーン!!

律「~~!!!」

唯「大丈夫だよ、これだけ傷だらけなら澪ちゃんにバレないから」

律「ち、ちがっ・・・!そういう問題じゃ!」

バシーン!!!

律「っくぅ・・・!!」

唯「あ、ごめんごめん。なんて言ってたの?」

律「痛い!痛いんだよ!!」

唯「・・・え?」

バシーン!!!

唯「痛くしてるんだから当たり前でしょ?何言ってるの?」

律「・・・!?」

唯「りっちゃん、涙目だよ」

律「そりゃ、こんだけ痛けりゃ・・・!」

唯「そっか、気持ちいい?」

律「ばっかじゃねぇの・・・?」

唯「あら?お気に召さないの?」

律「こんなの、痛いだけだよ・・・」

唯「・・・あ」

律「な、なんだよ・・・?」

唯「そうだよね。私、ちょっと間違ってたかもしれないや」

律「え・・・?」

パシーン!!

律「ったぁ!!?」

唯「ねぇ、りっちゃん。やっぱり、ここに澪ちゃん呼ぼうか」

律「へ・・・?駄目に決まってるだろ・・・!」

唯「・・・」カチカチ

律「おい、何してんだよ・・・!」

唯「さぁね」カチカチ、ピッ

律「おい・・・おいおい」

唯「呼んでおいたよ」ニコッ

律「・・・!!?」

唯「さってと、続きしようか」

律「なんで・・・」

唯「え?」

律「なんで、澪を・・・」

唯「あはは。今にわかるよ」

律「唯、嫌だ・・・澪に上手く言ってここに来ないようにしてくれよ・・・」

唯「りっちゃん、しつこい」

スパーン!!!

律「やぁぁ・・・!」

唯「ふぅん?」

律「な、何がだよ・・・」ゼェハァ

唯「べっつにー。ねぇ、りっちゃん背中見せてよ」

律「・・・」

唯「この後に及んでまだ抵抗するの?」

律「しないから・・・澪だけは・・・」

唯「嘘ばっかり。りっちゃん、本当は澪ちゃんに来て欲しくてしょうがないんでしょ?」

律「そんなこと・・・!」

唯「澪ちゃんを呼んでから、りっちゃん感じ方が違うもん」

律「・・・」

唯「私じゃ役不足なんでしょ?」

律「役不足っていうか、そりゃ澪じゃないと・・・」

唯「そうじゃなくて。私のやり方じゃりっちゃんには温いんじゃない?」

律「・・・」

唯「やっぱり。否定しないんだ。・・・あ、背中見るよ?」ガシッ

律「唯、頼むから澪は・・・」

唯「」

律「唯?」

唯「ねぇ、これ、全部澪ちゃんがやったの・・・?」

律「・・・」

唯「訴えたら勝てるよ、これ」

律「はは、面白いこと言うな」

唯「ははは・・・澪ちゃんには敵わないかも」

律「唯、お前勘違いしてるぞ。別に痛いことされるのが好きなわけじゃなくて・・・」

唯「認めなよ」

律「決め付けんな」

唯「いくら好きな人だからって、普通ここまでされたら嫌いになるよ」

律「どうせ私は普通じゃねぇよ・・・」

唯「傷、残っちゃうんじゃないの?」

律「・・・本望だよ」

唯「へぇ。りっちゃん、結構ディープな人だね」

律「バンドメンバーにこんなことするお前に言われたくない」

唯「それもそうだね」アハハ



ガチャ

律「!!?」

唯「あれ、早かったね・・・澪ちゃん」

澪「・・・これ、どういうことだ?」

律「澪・・・!違うんだ、これは・・・!」

澪「律、静かにしろ」

律「あ、うん・・・ごめ・・・」

澪「おい」ジロッ

唯「んー?何?」

澪「今日だなんて聞いてないぞ?」

唯「うん、ごめんね。なんか我慢できなくなっちゃってさー」アハハ

律「え・・・?どういう、こと・・・?」


4