律「…はい?」

唯「だから!りっちゃんってマゾだよね?」

律「ど、どうしたんだよ急に…」

唯「だってさ、りっちゃんっていつも澪ちゃんにワザと怒られるようなことするじゃん」

唯「あれって本当は叩いて欲しいだけなんでしょ?」

唯「ツッコミと装って本当は叩かれて興奮してるんだよね?」

律「な、何言って…」

唯「隠さなくてもいいよ。私はそんなことでりっちゃんのこと嫌いになったりしないから」

律「…」

唯「ただそうとも知らないでりっちゃんに利用されている澪ちゃんはちょっと可哀想だなー」

律「り、利用だなんて…」

唯「そこでね、りっちゃん。ものは相談なんだけど…」

唯「私って実はね…けっこうSなんだぁ」

律「へぇ・・・」

唯「いや、へぇじゃなくてさ」

律「なんだよ」

唯「だからー、Mなんだよね?」

律「服のサイズならどっちかっていうとSだz」

唯「そういうつまんないのいいから。マゾかって聞いてるの」

律「・・・」

唯「言い方を変えようか。マゾでしょ?って言ってるの」

律「・・・」

唯「返事は?」

律「べ、べつに・・・」

唯「答え方がおかしいなー。こういうときは『はい』か『いいえ』で答えるものだよ?」

律「・・・」

唯「ほら」

律「はい・・・」

唯「今のはただの返事?それとも私の質問に答えてくれたのかな?」

律「え、えっと・・・」

唯「どういう風に答えればいいかわかる?教えてあげようか?」

律「そ、それくらいわかるし」

唯「ふぅん?じゃあやってみて?」

律「・・・」

唯「どうしたの?」

律「できない・・・」

唯「え?なになに?どういうことかな?」

律「は、恥ずかしいって・・・」

唯「嬉しいの間違いでしょ」

律「んなっ・・・!」

唯「ほら、りっちゃん。言ってごらん」

律「・・・わ、私は、マゾ、です・・・」ボソボソ

唯「聞こえない」イラッ

律「ゆい」

唯「りっちゃん、普段そんなに声小さかったっけ?」

律「そ、それは・・・」

唯「っていうか、私はりっちゃんに『Mだよね?』って聞いただけだよね?」

律「・・・」

唯「なんでそんなにどぎまぎしてるの?」

律「唯に、バレると思ってなかった、んだよ・・・」

唯「へー。あんなにバレバレだったのにね。知らないって幸せだね」

律「・・・」

唯「ねぇ、さっきの聞こえなかったからもう一回言って欲しいなー」

律「え、言っただろ、私はマz」

唯「聞こえなかったって言ってるじゃん」イラッ

律「・・・わ、私はm」

ギュイイィィィィィィン!!

唯「あー、ごめんごめん、ギターいじってて聞こえなかったや。もう一回いいかな?」ニコッ

律「唯って性格悪いな」

唯「やだなー、そんなこと言われたら悲しいよー」

律「・・・はっ、言ってろよ」

唯「あれ?ご機嫌斜めなの?」

律「なんでニヤニヤしてるんだよ、ムカつく」

唯「ごめんね、ついねー」

律「・・・」

唯「ねぇ、さっきのもう一回言って?」

律「もう言わねぇよ」

唯「いいから。次はちゃんと聞くよ」

律「ギター構えながら言っても説得力ないし・・・」

唯「そんなに聞いて欲しかったんだ、ごめんね」

律「そういう意味で言ったわけじゃねぇよ」

唯「もう、めんどくさいなぁ」イライラ

律「めんどくさいって、お前な・・・」

唯「はぁ・・・」グイッ

律「いった」

唯「りっちゃんはさー・・・私の言うこと聞いてればいいんだよ」

律「・・・!?」

唯「だって、りっちゃんだってそれを心の底では望んでるんでしょ?」

律「ばっ・・・!」

唯「さっきのりっちゃんの顔、傑作だったよ?」

律「な、なにがだよ」

唯「マゾですって言ったときの顔だよー」

律「・・・悪かったな、面白い顔してて」イライラ

唯「ねぇ」

律「今度はなんだよっ、っていうか離せよ。襟に跡つくd」

唯「あのとき、期待してたでしょ?」

律「・・・っ!」

唯「怒らないから正直に言ってみるといいよ」

律「な、何勘違いしてるんだよ・・・」

唯「あー、そっか。私の勘違いだったかー」

律「・・・」

唯「・・・」チラッ

律「こっち見んな」

唯「私、秘密は守れるよ?」

律「急に何の話だよ」

唯「え?りっちゃんと私の話だよ?」

律「だから、秘密ってなんだよ」

唯「なんだよって・・・りっちゃん、澪ちゃんにバレちゃってもいいんだ?」

律「・・・っ!?」

唯「バレるようなこと言ったりしないし、バレるようなところに跡つけたりしないし」

律「待て待て待て待て」

唯「ん?」

律「えっと・・・え?」

唯「あははは・・・あまりカマトトぶってると怒るよ?」ニコッ

律「(怖っ・・・)つまり、そういうこと、だよな・・・?」

唯「うん。もちろん、嫌ならしないけど」

律「嫌に決まってるだろ・・・」

唯「へぇ?」

律「澪と私がそういう関係だって知ってるなら・・・」

唯「えー、りっちゃんに澪ちゃんがいようが私には関係ないよ」

律「なっ・・・」

唯「ね?」ニコッ

律「いや、おかしいだろ」

唯「おかしい?そうかな」

律「そうだよっ。だいたい」

唯「私は自分に正直じゃないりっちゃんの方がおかしいと思うなー」

律「」

律「な、なに言ってるんだよ」

唯「さっきから同じようなやりとりばっかり疲れたなー?」チラッ

律「・・・」

唯「ねぇ、絶対澪ちゃんに言ったりしないから」

律「・・・」

唯「してみたいと思わない?」

律「思わ、ない・・・」

唯「本当にそう思ってるならもっとハッキリ言いなよー」アハハ

律「・・・」

唯「言ってくれればどんなことでもしてあげるよ?」

律「別に、して欲しいことなんて、ないし」

唯「・・・」

律「・・・」

唯「そっか、ごめんね。りっちゃんの気持ちわかってあげられなくて」スッ

律「へ?」

ダァン!!

律「!!?」

唯「はい、動かないよー」

律「ゆ、い・・・!離せ・・・!!」

唯「えー?やだよ、りっちゃんが可哀想だもん」

律「え・・・は・・・?」

唯「無理矢理して欲しいんでしょ?」ニヤニヤ

律「ばっかじゃねぇの・・・!?離せってば・・・!」グッ

唯「あっれー?違ったのかな?」

律「いいから、その手を」

唯「んー、ちょっとこの手邪魔だねー」マキマキ

律「えっ、おい・・・何やって・・・」

唯「ギー太のシールドでりっちゃんの手を縛ってみました!」

律「」

唯「いい格好だね」アハハ

唯「ねぇ、りっちゃん」

律「・・・」

唯「あれ?無視なの?」

律「・・・」

唯「おーい」

律「・・・」

唯「・・・」イラッ

ダァン!!

律「!?」

唯「聞いてる?」

律「・・・なんだよ」

唯「りっちゃん、さっきマゾですって言ったでしょ?」

律「く、繰り返すなよ、恥ずかしいから・・・」

唯「それってさ、精神的に?肉体的に?それとも両方?」

律「言ってる意味がわかんねぇよ・・・」

唯「そっか、わかんないか。それじゃ、試してみようか」

律「は、はぁ・・・?」

唯「りっちゃん鞄開けるねー」

律「え?あ、あぁ、いいぞ・・・?」

唯「えっと・・・」ゴソゴソ

律「・・・!駄目だ!やっぱり駄目だ、唯!」

唯「えー?そっかー。じゃあ鞄漁るのは止めるよ」チェー

律「・・・」ホッ

唯「お目当てのものは手に入ったし?」ニコッ

律「」

唯「これ、結構使い込んでるねー?」

律「あ、あぁ・・・」

唯「ささくれがいっぱいだー。こんなスティックで叩いたら痛いんだろうねー?」

律「・・・」

唯「はい、りっちゃん。足あげて。太もも出して?」

律「ま、待て待て待て待て」

唯「何?」

律「やめろよ・・・やめてくれ・・・」

唯「え?なんで?」

律「わかるだろ・・・!?澪にバレたら本当にマズイんだよ!」

唯「へー」

律「だから傷になるようなことは」

唯「それがどうかしたの?」

律「」

唯「私関係ないよ、澪ちゃんとりっちゃんのことなんて」

律「なっ・・・だって、さっき、絶対バレないようにするって」

唯「あれ、そんなこと言ったっけ?じゃーそれ無しね」

律「・・・!」

唯「りっちゃん・・・その表情、最高だよ」

律「うるっせぇ・・・」

唯「ほら、足あげてよ」

律「・・・」

唯「はぁ・・・」

律「・・・」

唯「また無視?」

律「・・・」

唯「・・・」イラッ

律「なんだよ、イラついてんのか?」

スパーン!!

律「いったぁ!!?」

唯「ふくらはぎボロボロにしようか?」

律「だから、傷になるようなことは・・・やめろって・・・」

唯「じゃあ今ここに澪ちゃん呼ぼうか?」ニコッ

律「!?やっ、駄目だ!それだけは・・・!」

唯「じゃあ足あげなよ」ニコッ


2