唯「え?」

紬「え?じゃねーよ。は?なに?マジなにちんたらしてんの?ありえねー。ほんとありえねー。ガッカリだわ。ほんとお前らにはガッカリした」

律「おいおいムギ、いきなりどうしたんだよ」

紬「どうしたもこうしたもねーよ。なぁおい?マジで意味わかんねーんだけど」

梓「あの…意味わかんないのはこっちなんですけど…」

紬「はぁ?なんだオメ。一から十まで説明しなきゃわかんねーってか」

澪「む、ムギ…なんのことか説明してくれないか?」

紬「はぁ…マジでわかってねーのな。あぁ、あぁ、わかったよ。説明してやるよ」

唯律澪梓「…」

紬「なんっで、オメーら一組もくっつかねーわけ?」

律「は…」

澪「はい…?」

紬「はい?じゃねーよ。てめえらがちんたらしてっから二期終わっちまったじゃねーかよ」

唯「にき…?」

紬「もうアレだ。今日から違う番組じゃねーか。クロヒョウとかいうやつ」

梓「言ってる意味が…」

紬「二期なんて2クールもあったのに、は?なんなのお前ら。一組もくっついてないどころかキッスもしてねーじゃん」

紬「考えられねーんだけど。月9だってワンクールで結婚までいくっつーのに何やってんのお前ら?」

律「えーと…私達が彼氏作ってないから怒ってるのか?」

紬「はあああああ!?」

紬「ちょ、お前立て。デコお前一回立て」

律「え?あ、う、うん…」スッ

紬「今なんつったお前?」

律「いや、だから彼氏が……」

紬「彼氏wwwwwww」

紬「ばっっっっっっっっっ…」

紬「かじゃねーの!!?」

唯律澪梓「…」ビクビク

紬「そこから?!え、なに、そこからかお前ら?はぁぁ…ほんっとヤんなるわ。こんなことなら二期大人しくしてなきゃよかったわマジで」

唯「ムギちゃん…な、なんで、怒ってるの…?」ビクビク

紬「あーもー頭いてぇ。ほんと頭痛いわ。ガンガンする」

澪「あ、頭痛薬ならここに…」

紬「ちげーよ!!比喩だよ比喩!!そんくらいてめーらにはガッカリしたってことだよ!!」

澪「ひぃぃ…」

紬「お前らなぁ、五人だぞ?五人もいるんだぞ?脇役含めたら八人いるんだぞ?二期なんて純入れて九人じゃねーか。まぁ私除けばメイン四人でサブ含め八人だけどよ」

紬「そんだけいてカップル成立しないとか、おま、そんなんそもそも番組として成立しねーよ。わかってんのそこ?」

梓「か、カップル…?」

律「あのー…私らみんな女なんですけど…」

紬「ちょ、デコお前、は?はぁぁ?え、なに、ほんとそっからかよ?」

律「…な、なんか変な事言った?」

紬「いやいやいや、あーマジイライラする。自覚ないって一番タチわりーわ」

紬「女同士で付き合うからいいんじゃねーか」

唯律澪梓「……」


唯律澪梓「はい?」

紬「はい?じゃねーよ!お前ら次そのリアクションしたらほんっと怒るぞ」

唯(もう怒ってるじゃん…)

紬「とりあえずだ。映画化決定して、三期の望みも出てきたから、今日はお前ら一人ずつみっちり三期に向けてのトレーニングさせっから」

澪「え、映画化?」

梓「さんき…?」

律「何の話だ…?」

紬「二期はお前らの自然な成り行きに任せるつもりで大人しくしてたけど、ダメだわ。お前らトロすぎ。言っとくけど、私が怒るってそーとーだぞ?なぁオイ?」

唯律澪梓「……」


紬「あー、じゃあまずお前。そこでバカ面下げて突っ立ってるデコ。まずお前からな」

律(ムギが立てって言ったんじゃん…)

紬「お前はなぁ…一期の時は良かったんだけどなぁ…」ハァ

律「う…な、何がダメなわけ?」

紬「一期の時はよぉ、ほら、和に澪とられちゃいそうで焦ってたじゃん?なぁ?」

律「…それが?」

紬「寝るまで側にいてよー、なんつってよ。あ、こりゃもうこいつら付き合うな、と。そう思ったわけよ」

紬「冬の日なんてラブレター騒動あったしな」

律「あ、そ、その話はあんまりしないでくれ…」

紬「それがなんだ?二期じゃお前、なーんもねえじゃん。たまーに澪と抱き合うくらいでよ。もうそんな段階はいいんだよ」

律「いや、抱き合う以上のことしたらマズイだろ…」

紬「ロミジュリもよぉ…ぜんっぜん足りねえよ。あれ、結局ただ演技こなしてるだけじゃねーか。バカにしてんの?なぁ?」

律「私なりに頑張ったつもりなんだけど…」

紬「澪とのイベントも、回想ばっかじゃねーか。前見ろや前。未来を見たいんだよこっちは」

律「って言われても…」

紬「とりあえずオメーはもう梓とかそのへんと絡む前に、三期始まったらさっさと澪にコクれ」

律澪「は!?」

紬「ったりめーだろ!!もう一期二期合わせて3クールもやってんだぞ!?次コクんなかったら、も、そんなんトロいとかそーゆーレベルじゃねえだろが!!」

紬「亀のオブジェとか触ってる暇があんならさっさと澪の胸でもなんでも揉めや!」

紬「原作じゃしっかり揉んでたくせに、なんでアニメじゃやんねーんだよ!ヤル気あんのかてめーは!!」

律「何のヤル気だよ……」

紬「しかも二期始まるやいなや、原作で彼氏疑惑とか、はぁ!?ナメてんのか?けいおんナメてんのか!?」

律「だ、だからあれは冗談で…」

紬「おま、言っていい冗談と悪い冗談があんだろーが!!マジでぶっ倒れるかと思ったわクソが!」

律「う…わ、悪かったよ…」

紬「まぁあれはあれで澪がナイスプレイしたから結果オーライだけどよ。一歩間違えたら取り返しのつかない事になってんだぞ?ん?そのへんわかってんのか?」

律「…ご、ごめん」

紬「ッチ…。とりあえずお前そのまま立っとけ」

律「…」


紬「んじゃあ次はお前な。そこのモミアゲハゲ」

澪「…も、もみあげはげ…?」

紬「モミアゲハゲだろーが」

澪「な、なんだよそのあだ名…」

紬「お前、その髪型何だ?短いモミアゲみたいなの。一期の頃から気になってしょーがなかったわ」

澪「うぅ…」

紬「まぁ髪型なんてのは今はどーでもいいんだよ」

澪(じゃあ言うなよ…)

紬「あー…澪なぁ。お前は…まぁそれなりによくやってたとは思うんだがなぁ…」

澪「あ、そ、そう?」

紬「まーでもまだまだ私の求めるレベルじゃねーやな。とりあえずお前のダメなところは、律以外とほとんど絡まなくなったところだな」

澪「え?普通にみんなと仲良くしてるつもりだったんだけど」

紬「は?バカか?どこが?え?マジどこが?」

紬「おま、え?本気で言ってんの?」

澪「あ、当たり前だろ…。私にとってはみんな友達なんだし…」

紬「いやいや友達とかそういうのいいから。恋人だから。私がお前らの関係に求めてるのは」

澪(ムチャクチャだ…)

紬「じゃあお前よ、お前二期で何回梓と会話した?」

澪「え?」

紬「何回だよ?」

澪「え、えーっと…3…よ、4回……?」

紬「とりあえず片手で足りるくらいしかしてねーよな」

澪「…」

紬「一期の時は、かっこいい先輩とほっとけない後輩みたいな関係だったのに、何やってんの?仕事ナメてんだろ?」

澪「し、仕事…?」

紬「まぁ梓に関しては、梓のほうにも色々問題があったからな。お前の責任とは言い切れないが、どっちにしろ反省するべきだわな」

澪「う、うん…。梓ごめんな。これからはもっと会話しような」

梓「は、はい…」

紬「あと澪よぉ。お前唯とも会話しなくなったよな」

澪「ゆ、唯とはそれなりに喋ってただろ…」

紬「足りねえよ。も、ぜんっぜん足りねえよ。一期の時は励まし合い助け合いながらやってたのに、も、ただのオトモダチじゃねーか」

紬「新歓ライヴの時の目配せとかよぉ…あれ後ろで見てた私は、あぁこいつらもう明日にでも付き合うんだろうな、と」

紬「そう思ってただけにガッカリだ。ほんっっっっとガッカリだ」

澪「演奏しながら何考えてんだ…」

紬「ま、こんなとこだな。とりあえず三期始まったらさっさと律と付き合って身を固めとけ。んでそこからだな、唯と梓に絡むのは」

澪「つ、付き合うって…」

紬「一期じゃ準主役だったんだ。おめーがビシッとしてなきゃ締まるもんも締まらねーんだよ。ま、期待してっから」ポン

澪「……」


2