梓「……年収ですか?」

唯「そう、年収」

梓「私まだ高校生ですから年収なんてありませんよ」

梓「でもお小遣い貰ってるでしょ?」

梓「貰ってますけど、それ年収って言っていいんですかね」

唯「私は何もしてなくても親から年に12万貰えるんだよ~」エッヘン

梓「そ、そうですか」

梓(一月1万……。私より少ないんだ、唯先輩のお小遣い……)

唯「りっちゃんは~?年収いくら?」

律「私は月8000円だから年収は96000だな」

唯「ウププ」

律「」イラ

澪「おい唯、無神経だぞ。人のお小遣いの額聞くなんて」

唯「澪ちゃんは年収いくら?」

澪「人の話を聞け!」

律「澪は月9000円だっけ?」

澪「ってバラすなよ!……まぁ知られても別にいいけどさ」

唯「ふーん……澪ちゃんの年収は10万8000円かぁ」ニヤニヤ

澪「」イラ

唯「まぁ私とみんなに年収の差があるのは仕方ないよね。私は特別だし」

梓「特別?」

唯「私って子宝って言うんだって!人間なのにお宝なんだよ~」

律「何を言ってるんだこいつは」

唯「だからな~んにもしなくてもお金貰えるんだよ!」フンス

梓(私のお小遣い額は言わないでおこう……)

澪「その割には和や私からしょっちゅうお金借りてるよな」

唯「」パタ

澪「無視か」

律「……で?お小遣い額がなんだっていうんだよ、子宝さんよ」

唯「ん~、別に~。ちょっと聞いてみただけだよ」ニタニタ

律「おい殴っていいかこいつ」

澪「まぁまぁ……。いつもの天然だろうし」

唯「ところでムギちゃん、さっきから机に突っ伏してるけどどうしたの?」

紬「今日はあの日だから調子出なくて……」キュー…

唯「ほらほらムギちゃん!せっかくのティータイムなんだから元気出して!」

紬「う、うん……」アイタタ

唯「ほら~!女の子が生理で倒れるなんて情けないよ!」ガシッ

紬「!?」

梓「ちょっ……何やってるんですか唯先輩!?」

唯「ムギちゃーん!おーきーろーっ!」グイグイ

紬「痛っ…」

澪「お、おい唯!」

律「やめろバカ!髪引っ張るのはやりすぎだ!」

唯「早く起きてよムギちゃん!」グイグイ

紬「い、痛い……」

唯「むぅ。聞き分けのない子には、筆箱ティーを飲ませちゃうからね!」ズイ

紬「っ!?げほっ、ごほ!」バチャ

梓「あ、あ~……唯先輩……なんて事を……」

唯「ムギちゃん、元気になった?」

紬「…………あ?」

唯「む……。ムギちゃん、なにその目は?」

紬「……」

律「ま、まずい……。ムギのやつ怒ってるぞ……」ヒソヒソ

澪「わ、私は知らないぞ……」ヒソヒソ

梓「説明しましょう。女の子は生理の時はやたら機嫌が悪くなりやすいのです」

紬「このクソガキ、調子こいてんじゃねぇぞコラ」

唯「何怒ってるのさムギちゃん。それより年収いくら~?」

紬「必要に応じてもらってるから年収もクソもねえよボケェェェェェ!!」ボカッ

唯「げうッ?!」

紬「なにが」ドゴッ

紬「年収」バキッ

紬「だっつの!!!」ボゴォ

唯「がっ……は……」ヨロヨロ

律「ム、ムギストップ!そのへんでやめ…」

紬「私を」ベキッ

紬「誰だと」ズドッ

紬「思ってんだてめえは!!あぁ!?」ドギャーン

唯「ごはぁぁぁぁッ!!?」ポロ

梓「うわ!前歯折れた」

唯「ひ、ひいぃぃ……か、かか勘弁してくださ……」フラフラ

紬「人様の髪掴んどいて何言ってんだてめぇ!!おぉ!?死にさらせ!!」ベキィィィ

唯「あぐッ!……あ、あわわわ……こ、殺されちゃううう……」ジョオオオ

唯「だ、誰か助け……」

律(いや、そりゃ無理だわ)

澪(ムギ怖いし)

梓「とりあえず逃げるしかないですよ、唯先輩」

唯「しょ、しょんなぁ……」ポロポロ

紬「ラァ!!」ボカ

唯「ふごォ!?」

唯(このままじゃ本当に殺されちゃう……。に、逃げないと……)ゲホゴホ

唯「あっ!ムギちゃん後ろ!あずにゃんが飛んでる!」

紬「…」ドゴォ

唯「ほげェッ!?」

紬「そんな手に引っかかるかよ。あぁ?子宝さんよぉ!?」ミシミシ

唯「ぐ、ぐるじ……締まってる、締まってるから……」ジタバタ

唯「むぐぐぐぐ……」

唯「フンス!!」スルリ

梓「あ!抜けた!」

唯「ひぃ、ひぃ……。に、逃げろー!」スタコラサッサ

紬「待てやオラァ!!ぶち殺してやる!!」ダダダ

それから唯は家に向かって一目散に逃げ出した!
しかし何度も紬に捕まり、殴る蹴るの暴行を加えられてしまった!

唯「ひっ……ひんっ……」グスン

なんとか唯が紬をまき、愛する妹の待つ自宅まで辿り着く頃には、トレードマークの前歯は折れ、頭は陥没し、鼻は腫れ上がっていた!

唯「ゼェ……ゼェ……」ボロ…

唯「た、ただいま……」

憂「お姉ちゃんお帰……ど、どうしたの!?ひどいケガだよ!?」

唯「に、逃げて!あいつが……あいつが来るよ!!」

憂「あいつ……?あいつって一体……」

唯「あ、ああうう……」ガタガタブルブル

憂「と、とにかく救急車呼んでくるよ!そ、それからけ、警察にも……」アタフタ

唯「ま、待って……。その前に……」フラッ

憂「な…なあに?」

唯「憂の……年収……」

憂「え?」

唯「年収……いくら……?」

憂「年収?お小遣いしか貰ってないけど、月1万3000円だから年収は15万6000円……かな?」

唯「」

唯「わ」

唯「私より多いじゃねえかちきしょおおおおおおおおおお!!!!」ガクリ

憂「お姉ちゃん!?お姉ちゃーーーーーん!!」



いよぉぉぉぉーッ!完!