律「腕をギューってするやつ」

澪「あれ地味に痛いんだよな・・・」

唯「流行ってたねー。私達の学校では“雑巾絞り”って言われてたよ」

和「懐かしいわね。先生が宿題忘れた生徒によくやってたわ」

唯「私見ながら言わないでよぉ」

律「先生がアレやるのは今じゃ体罰だよなーw」

澪「お前しょっちゅう私にしてたよなぁ・・思い出したらなんか腹立ってきた」

律「な、何の事かしらん☆」



紬「おしぼり?雑巾しぼり!?・・・な、何それ!?」キラキラ



律「ああ、ムギはお嬢様だから分からないか。えーとこうやってな、私が腕出すじゃん?で、もう一人が「おしぼり」を絞るみたいに、私の腕を両手で絞るんだよ。ムギちょっとやってみ」

紬「こ、こう?」むぎゅっ

律「そうそう。そうな感z・・痛ててててて!!??痛い痛い!!!痛い!ムギ!離して!!痛い!痛い!」プク~

紬「えっ?」ぎゅー 

律「ぎゃああああああああ!!!!!」パァン



紬の両手で握られた律の右腕は数瞬のうちにドス黒く充血すると同時に1,5倍までの大きさに膨れ上がり――

――破裂した。



律「」ガクガクガク

紬「・・・」ブシュー・・・

唯「り、りっちゃああああん!!!!」

澪「うわああああああああ!!!!」

和「きゃああああああああ!!!!」

紬「きゃおらああああああ!!!!」

姫子「ど、どうしたの!?何の騒g・・きゃあああ!!りっちゃんの腕から血が吹き出てる!!!」

和「律、しっかりしなさい!!今先生呼んでくるから!!」

苺「げ・・・骨見えてるし・・・」

律「」ブルブルブル・・・

唯「りっちゃん!!りっちゃん!?」

澪「バカムギ!お前もさっさと手を離せよ!!!」

紬「え?あ、あれ?り、りっちゃん?りっちゃん!?大丈夫!?」パッ



紬は一瞬唖然としたものの、正気に戻り慌てて律の右腕から両手を離した。

――そして律の左腕を両手で握った。



澪「バ、バカ!?今度は何で左腕掴んでるんだよ!?」

紬「え?だ、だって、右腕だけ破裂したもんまだとバランスが悪いし」

澪「どこまでお嬢様なんだよ!!早く手を離せ!!!!」

紬「残念だけどもう遅いわ」パァン

律「むぎゅううううううううううう!!!!」ガクガクガクガク

澪「うわあああああ!!!律ううううううううううう!!!」

唯「」

和「」

和「・・・ハッ、だ、誰か!救急車呼んで!」


キャー!!キャー!!

リッチャーン!!

キュウキュウシャヨー!!

アクゲキヨー!!

ガヤガヤ・・・


澪「なんてことしてくれたんだよムギ!!!!」



マンボーの真似をして惚ける紬。



澪「マンボーの真似をして誤魔化したってって駄目だ!!」

紬(違うわ澪ちゃん)プクプク

澪「え!?」

紬「・・・」プク~

紬 パァン


紬の両頬が破裂した。


紬「これでフェアね」ニコッ

澪「全然フェアじゃないだろ!これだからお嬢様は!!律は両腕が破裂してるんだぞ!?目には目を歯には歯を!同じ扱いをだろ!?」

紬「そ、そっか・・」


倒れてる律にキスをし、必死に空気を送る紬。

律の両頬が破裂した。


澪「ちがああああああああああああああう!!!!」



紬 「と、とにかく!さっき琴吹家御用達の病院から救急車手配したから!すぐに来てくれるはず!安心して!」キリッ

澪 「律、律・・・・大丈夫だからな?クソ!頼む!間に合ってくれ!」


律の右手を握り、祈る澪。


紬 「ごめんね、りっちゃん・・」グス


澪の真似をして、律の左手を握り祈りをこめる紬。


律「」ベキミキぐしゃぐしゃ

澪 「お前もう律に触るなああああああああああ!!!!オラウータンかオメェはあああああああ!!!!」



和「もうそろそろ救急車が来てくれるわ!きっと助かるかr」

ブーン!キキイー!

ドガーン!

姫子「うげっ」

苺「ぎゃあっ」

唯「ういいっ」

和「のどかっ」


教室にツッコンだ救急車は唯と和を含む他十数名のクラスメイトを跳ね飛ばした。


紬「やった!救急車が来てくれたわ!!」

澪「事態を悪化させんなあああああああああああああ!!!!!!」


ガチャ


救急隊員「ケガ人はどこですかー!」ヒャッハー

救急隊員2「治療させなさーい!」ウヒョヒョーイ

澪「ハッ・・!こ、こっちです!来て下さい!」

紬「えいっえいっ」

律「」バキドスッ グシャッ

澪「おまwwwwwwwwwww何してんのwwwwwwwwwww」

紬「だ、だってせっかく救急車に乗せるんだったらたくさん怪我してた方がお得だと思って・・・」

澪「気持ちは分かるけどもおおおおおお!!!!!」



2