律「は?」

澪「彼氏、欲しい……///」

律「いやいや、顔を赤らめて言わなくてもわかるから」

律「ていうか、今までそんなこと言わなかったじゃん」

澪「まあ、それは恥ずかしがりやだし。ほら、私って基本的に引っ込み思案だろ?」

律「自分で言うか……」

澪「それに考えても見ろよ。『ふわふわ時間』とか、もろラブソングだろ?
  なんていうか私の行き場のない愛が詰まってる、みたいな」

律「もしかして澪、酔っ払ってる?」

澪「まさか。私は高校一年のころからずっと愛に餓えてたんだよ」

律「はあ……さいですか」

律「……うーん、じゃあどうして女子高の桜高なんかに入ったんだよ」

澪「あーあ……たぶん、中学生のころはそういう恋愛的なものに対して抵抗があったんだと思う」

律「たしかに澪って、男子とは全然話すことできなかったもんな」

澪「うん。異性ってだけで恥ずかしくなる」

律「聡は?」

澪「あんなガキンチョは男のうちに入らないよ」

律「さすがに聡も今それを聞いたら怒るかもな」

澪「まあ、聡ぐらいしか男子と交流がなかったっていうのも、考えてみればヒドイ話だよな」

律「うははは」

澪「律は男子とも仲良かったよな」

律「まあね。しかし、今考えるとどうなんだろうとも思うな。アイツら私のことを女子扱いしてたのかな?」

澪「そう言われてみると律は、なんかなあ……」

律「なんだよ?」

澪「いや、たまたま盗み聞きした話なんだけど、律ってやわらちゃんに似てるから話しやすいって……」

律「…………光栄です」

澪「なんでやわらちゃんに似てるって言われてたんだろうな」

律「髪上げてたからとしか思えないけど、なんだろ……ショックだ」

澪「なんでショックなんだ? やわらちゃんカワイイのに」

律「……そうだな」

律「しかし、澪はいまだに男と話すの苦手だよな。この前道を尋ねられたときも……ぷっ」

澪「う、うるさい! あ、あれはけっこうカッコイイ人だったから……」

律「そうか? 背もそんなに高くなかったし、私の好みじゃないなあ」

澪「……」

律「ん? どうした?」

澪「好み……」

律「は?」

澪「好みの話だよ。律はどういう男の人が好きなんだ?」

律「私の好みの男?」

澪「うん。やっぱりあるだろ?」

律「好きなタイプねえ。いや、あるんだろうけど……ていうかさ」

澪「なんだよ」

律「顔が近いし、鼻息がかかってキモチワルイ……」

澪「フンス!」

律「唯の真似か?」

澪「うん。なんとなく」


澪「……ふと思ったんだけど」

律「なんだよ?」

澪「唯ってどんなタイプの男の人が好きなんだろうな」

律「唯か。そういえば唯はどうなんだろうな」

澪「唯は誰でもよさそうなイメージがあるな」

律「と言うよりも、女ですらオッケーな気がするな」

澪「……たしかに。ここのところますます梓と親密になってるみたいだしな」

律「このまま結婚しちゃったりして」

澪「色々と飛ばしすぎだろ……」

律「いつか言おうと思ってたんだけど、澪って恋愛そのものに憧れてない?」

澪「そ、そうか? そんな子供じゃあるまいし……」

律「いや、あながち否定できないだろ。『ピュアピュアハート』とかといいさ」

澪「いや、普通にいいタイトルだっただろ」

律「……まあB'zに比べたらまだマシかもな」

澪「B'zの曲でタイトルが変なのなんてあったか?」

律「まあいいわ」


律「ところで澪よ。ズバリ聞きたいことがあるんだが、聞いてもいいか?」

澪「ん? なに?」

律「ズバリ! 澪は『婚カツ』についてはどう思う?」

澪「あんなのはダメだ。恋愛はやっぱり過程が大事で、結婚は一つのターニングポイントだ」

律「やっぱ、澪は婚カツ反対なんだな」

澪「うん、あの仕組まれてる感じが嫌い。
あと愛じゃなくてお金を求めてる感じも嫌い。まだお見合いのほうがマシだな」

律「……ふうん」

澪「恋愛っていうのはまずは出会いが大切だと思うんだ」

律「たとえば?」

澪「たとえば……私が電車に乗ってたりするだろ。
  そこでだ。私は誰かにお尻を触られてるんだけど怖くて抵抗できない。
  けれど素敵な男性が言うんだ。『この人痴漢です』って。そして彼は言うんだ。
  『お怪我はありませんか?』って……ポッ」

律「ふーん」

澪「なかなか素敵だと思わない?」

律「あー、うん、そうだな。いいと思うよ」

澪「だろ。まず大事なのは出会いだよ。
  そしてそこで生まれた小さな愛を大事に育んでいくことが大事なんだよ。そうだろ?」

律「ドヤ顔で言われてもな。出会いは突然訪れるとも言うし……あ、いや、アホなこと言ったわ」

澪「いや! その通りだ!」

律「そ、そうか?」

澪「出会いはどれだって突然だよ。だからこそ運命って言葉があるんだよ……!」

律「なに言ってんだコイツ」

律「つうか、そんなこと言ってるから澪には彼氏ができないんだよ」

澪「私は今、グッと握った拳を振り下ろそうか迷ったが……一応、律の言い分を聞こうか」

律「彼氏欲しいって、さっき言ったよな?」

澪「言ったよ」

律「だったら出会いを待つなよ。出会いに行けよ」

澪「……」

律「自分から積極的に行かなきゃ、恋人なんてできないと思うぞ」

澪「……そうだな。その通りだな」

律「で、ぶっちゃけ澪の理想の男性像は?」

澪「そ、それは……」

律「恥ずかしがることもないだろ? 子供のころからの付き合いなんだから」

澪「い、いや……でもな……」

律「そんな照れんなって。ほら、話せよ」

澪「馬鹿にしないか?」

律「しないしない」

澪「誰にも言わない?」

律「言わない言わない」

澪「じゃ、じゃあ、律にだけ特別に教える」

律(まあだいたい予想できるけどな)

澪「まずやっぱり……」

律「うん」

澪「優しい人がいいな」

律「いかにも澪らしい理由だな」

澪「そうか? 誰だって包容力のある優しい人がいいだろ?」

律「まあ、な」

澪「でもそれ以外にもあるんだ。あるんだよ。聞きたい?」チラッ

律「聞きたい聞きたい」

律(……なんか知らんけど急に積極的になったな)

澪「私の作ったご飯をおいしいって言って、嬉しそうに食べてくれる人がいいな」

律「……おお」

澪「食事に関心のない男の人はダメだよ。料理のできない女と同じくらいダメだ」

律「言うね」

澪「言うよ」

律「でもわからなくもないかもな。自分の作ったご飯はきちんと食べてほしいよな」

澪「ああ、あとそれから」

律「まだあるんかいっ」

澪「うん」

澪「プロポーズは海の見える丘でしてほしいな……」

律「はい?」

澪「いや、月の見える丘でもいいな」

律「……」

澪「そして『彼』は言うんだ。『今夜は一緒にいたいよ』って」

律「・・・・・・」

澪「やがて二人は月の見える丘で、手を繋いで……」

律「あの……話題変えてもいいっすか?」

澪「なんだよ。人に聞いておいて最後まで話を聞かないなんて。どうかと思うぞ」

律「ああ……お前の言ってることは正論だよ、うん」


2