律「澪と何か話してるな……」

唯「ってことは……」

憂「無事みたいですね」

紬「………」

唯「あとは聡君の無事だけだね…」

律「………なあ、今日一日澪の後ついて行ってみない?」

紬「それは…!」

唯「悪いよそんなの!」

律「確かに気が引けるけど…状況が状況だしさ……」

律「なにより情報が足りなさ過ぎるよ」

律「嫌なら無理にしなくてもいいけど…」

憂「あの…私は?…」

律「あ…じゃあさ憂ちゃん、梓をお願いできる…?」

憂「梓ちゃんですか……」

律「(あ、覚えてるぞ…!)ダメかな?」

憂「あ…分かりました」

律「ムギは…どうする?事が事だから…無理しなくても…」

紬「やるっ」ムギュ

律「そ…そうか」

律「じゃあこれからは二手に、私と唯は澪、ムギと憂ちゃんは梓を頼むな」

憂「はい」

紬 「はい!」

律「動くのは昼休みと放課後くらいかな」

唯「結局私もやるんじゃん……ねえそれより私お腹が…」ズゴーーー

律「まさか腹減ったのか!?死んでるのに?」

律「じゃあ取りあえずどっかで飯……って勝手に盗って食うのはまずいか…」

律「しょうがね…家来いよ…」

唯「本当に!?ッッしゃ」



紬 ニコニコ

憂「紬さん楽しそうですねー…」

紬「だって、皆で後付けるなんて探偵みたいで楽しそう!」

紬「こういうのユメダッタノー♪」

憂「はは……はぁ…」


律「じゃ皆ウチ行くぞー」




―田井中家


律「結局また来ちゃったけど…」

唯「さっ、早く入ろうよー」

律「はいはい…」

ガラッ

律 !

唯「どしたの?」

律「聡が帰ってる……」

紬「あっ、じゃあ…」

律「うん、よし……」

律「おーい聡ー、姉ちゃん帰ったぞー」


唯「…居ないのかな?」

律「靴はあるのに……ま、入るか…」

唯「オジャマします!」

律「…さ、入って」

紬憂「あ、お邪魔します…」



スタスタ

律「聡いないのかー…?」

唯「っていうかさ」

律「何?」

唯「弟くん、サトシっていうんだ…?」

律「は……!?オマエ何言って…!」

律「聡!!」

バシュン!ピピーッ

聡「………」ピコピコ

律「おい聡……」

紬「……やっぱり聞こえてないみたいね…」

憂「あ…でも無事、ってことですよね」

律「…………」

紬「よかったのよね、りっちゃん…」

唯「そうそう、何でもないってことだよ!」

聡「あー…キャプチャー失敗」カチャカチャ

律「………出るぞ」

唯「え……いやまだ本当の目的が」

律「いいから出るんだよ!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー



唯「りっちゃん…急にどうしたの…?」ビクビク

律「よく考えればおかしいだろ……」

紬「なにが?…」

律「今日の朝、聡とは私はなんでもなかった……」

唯「それだったら私も憂も別に…」

律「そこだ…」

律「今朝まで同じ状況だった。なのに私と聡、唯と憂ちゃんとは今状況が違う……」

唯「だからそれは、憂も…だからでしょ……?」

律「違うな」

律「今朝、私と聡はいつもと変わらず話せた…」

唯「……うん」

律「つまり……状況は“今朝”から変わったんだ……何もかも…………!」



唯 紬 憂 「「  」」



律「あ、あ……れ……?」

唯「…りっちゃん……」




そ ん な こ と   最 初 か ら わ か っ て る よ ・・・

律「……………へへっ…」







「先生、どうですか?」

「もう時間も残り少なくなってきたからねえ……」

「だいぶ乱れてますね…」

「そう、現にプログラムにない…というか完全に関係ないものまで見てるわよ…」

「銭湯とか全く関係ないですもんねー…」

「後何分?」

「28分と30秒です」

「なるほどねえ……どうりでイメージが歪んでるわけ」

「こういう事ってよくあるんですか?」

「最新式よ?ウチも導入してみたはいいものの…」

「まあ、不測の事態は付きモノですよ。何ごとも、何せ人間ですし」

「ふふ…それじゃ困るんだけどねぇ」

「この子達ももうすぐ……ですか」

「設定上この子にとって関係の薄い人間や、思い入れの少ない人から順にね…」

「何だが、少し良心が痛むと言いますか…」

「そんな事で大丈夫なの?“消える”とは考えずに、ただ元に戻すと思えばいいの」

「……はい、そうですね」

「じゃあ、また少し様子見しましょう」

「あ、はい」



4