憂「どうします?これから」

律「うん…あ!そうだ聡!あいつも……」

律「…ムギは!?昨日誰かと話せたり」

紬「私は……」

紬「昨日は疲れててすぐ寝ちゃったから…誰とも」

唯「う、うい~~…」フランス

憂「大丈夫だよ……」

憂「律さん、聡君のところ行ってみませんか?」

律「そうだ……あいつもきっと私達みたく困ってる筈…」

紬「じゃあきっとお家に帰ってるかも…」

唯「りっちゃん!行こう」

律「うん…」

律「憂ちゃん大丈夫?」

憂「はい、もちろん」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



―田井中家

紬「りっちゃんの家初めて…!」

唯「人の家ってわくわくするよねえ!」

憂「アハハ……」

律「いいんだよ…それより」

律「…………まだ帰ってないな」

憂「え…」

律「靴がない…」

憂「あ、いつもの」

律「そう……おい、二人とも帰るぞ」

唯「えぇ!?せっかくだから上がりたい!」

律「何言ってんだこんな時に」

唯「ねえムギちゃんも上がりたいでしょ~」

紬「私は~…」

唯「上がろ上がろ~♪」

律「」イィラッッ

律「憂ちゃん、ちょっと外してくれる?」

憂「すみません……」ガラッ

シドッッ

唯「あ…ぅ……」アリアリ

律「出るぞ」

紬「うん…」

律「憂ちゃんおまた」ガラッ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



律「とは言ったものの…」

紬「どうするの?これから…」

律(…!)

唯「どーすーるのー」イライラ

律「なあ……」

紬「なに?」

律「お前達……家来た事あるだろ」

紬「?さっきので初めてだけど」

唯「りっちゃん、さっきから何かオカシイよ…」

律「ほら!私が風邪ひいた時!お見舞い!」

唯「ホラ…カゼ…オミマイ……?」

律(名前の事といい…間違いない…)

紬「大丈夫かしら…」

律(こいつら記憶がどんどん……!?)

唯「あ…和ちゃんは……?」

律「そうか…こうなると和も無事かどうか……」

唯「早く学校戻ろうよ!」

律「行こう皆」

紬「…………」

憂「あの…私…」

律「なに?」

憂「いえ……なんでも」

律「…?おい、ムギも」

紬「え…うん、行こ……」

律(………)






―銭湯 ~湯の和~





カコーーン





律「あぁ~…いい湯だな…」

唯「皆で来るの初めてだね~」

紬「私皆でお風呂に来るの夢だったのぉ♪」

律「憂ちゃん湯加減どう、熱くない?」

憂「大丈夫ですよ、気持ちいいです」

律唯紬憂「ふぅ~・・・・・」






―学校 教室前

律(開けるよ……)

唯(うん…)

紬(……)

律(し、失礼しま)

唯(ねえ…)

律(な、なんだよ…)

唯(勝手にドア開けたらマズくない?)

律(なに言ってんだ、確かめるだけだろ…)

唯(いや…勝手にドア開いたら皆びっくりするんじゃないかな……)

律(でもここからじゃよく見えないし…)

唯「そもそもこんなコソコソする必要ないじゃん。どうせ聞こえないんだし」

律(…………)



律「……仕方ない、授業終わるまで待つか…」

唯「うん」




― 一階、踊り場


律「和大丈夫かな」

唯「うん…それよりこれからどうするか考えようよ」

紬憂「……………」

律(………)

律「ちょっと私トイレ…唯も来る?」

唯「私は大丈夫だよ」

律「……来る?」

唯「え…大丈夫だって」

律「来 る……?」

唯「うん、行く……」

律「じゃあ私達トイレ…ムギと憂ちゃんはここで待ってて」

憂「あ、はい」

紬「…わかった」

律「じゃいこ、唯」


 ―トイレ

唯「どしたの……りっちゃん」

律「唯、やっぱあの二人…」

唯「なに…」



―踊り場

憂「あの……紬さん」

紬「なに?」

憂「和って人、二年生の人ですか?」

紬「いや…私の知らない人みたい」

紬「二人の知り合いなのに、私だけ知らないの寂しくて…」

憂「…………」


律「間違いない…紬や憂ちゃんは記憶が……」

唯「なんで…」

律「(お前もだけど……)それと憂ちゃんも引っかかる」

律「あの子、澪がいないこと気にしてなかっただろ…」

律「いつも一緒にいるのに気遣った…というより」

唯「秋山さんの事も…」

律「…………。だろうな」

律(まずいな……このペースだと…)

律(けど憂ちゃんや唯達はお互いを覚えてる…)



律「…取りあえず戻るか」

唯「うん…」

ガタガタガタ ・・・

唯「あ、なんか騒がしくなったね」

律「終わったか……よし、確かめるぞ」



―教室


澪(おかしい……皆唯達のこと知らないだなんて)

澪(まるで私一人おかしいみたいな反応…)



「 澪? 」

澪「あ?あぁ…ごめん何?」

和「どうしたの?世界の終わりみたいな顔して」

澪「はは…そんなに暗かったな…」

和「うん。あんまり思い詰めちゃダメ。悩みがあるなら、相談しなよ」

澪「うん…けど平気」

澪(…梓は、大丈夫かな)






―定食屋~和の極み~



「いらっしゃいませー!!」




店主「はいどうぞ~!」

律「いやー腹減った!皆なに食べる?」

唯「おじさん、私この焼き魚定食!」

紬「じゃあ私この秋飯スペシャル~華の乱~、憂ちゃんは?」

憂「私はお姉ちゃんと同じのお願いします」

律「おっちゃん!私この爆弾そぼろ飯ね!」

店主「はいよ!」


3