澪「え!!!」

梓「唯先輩!デリカシーなさすぎです!」

律「そうだぞ唯。皆、朝からなかなか言えなかったことを…」

澪「皆?朝から?」

紬「大声でいっちゃ駄目。恥ずかしいでしょ?」

唯「そっかー。澪ちゃんごめんね」

澪「恥ずかしいこと…」

澪「え、えっと…皆って軽音部だけだよな?」

律「いや…」

澪「違うのか!正直に言ってくれ!」

律「まずはクラスの皆…」

皆「!!…嘘だ…」

律「澪の後ろの席の奴が手紙書いて皆に回したんだ」

唯「私のところ来なかったよ?」

紬「唯ちゃん寝てたから」

唯「あ、そっかぁ」

梓「2年生も皆知ってます」

律「ファンクラブ経由だろうな」

紬「昼休み職員室言ったら先生も噂してたわ」

唯「澪ちゃん人気者だねー」

紬「体育の時間に髪の毛くくったじゃない?あの時隠れるかと思ったけど無理だったわね」

律「そうそう!余計強調されてたな」

紬「それに太陽の光反射して眩しかったわ」

唯「それで今日の澪ちゃんは一段と輝いていたんだね!」

梓「今日の体育ってプールじゃなかったんですか?」

律「澪は見学だったんだ」

唯「生理だったんだよ!」

澪「お前ら!もういい加減にしろ!」

唯・律・紬・梓「!!!!」

澪「ど、どうした?」

梓「澪先輩が怒鳴った途端、髪の毛が揺れて…」

澪「…何?」

唯「新しい白髪が現れた!」

律「澪の攻撃!効果は無いようだ…」

唯「シラガーの攻撃!こうかはばつぐんだ!」

梓「あ、澪先輩が倒れた!」

紬「気を失っちゃったみたいね」

梓「先輩方が面白がるからです!!」

律「悪かったって…」

唯「よし!お詫びに白髪全部抜いてあげよう!」

律「だな!じゃぁさっそく探すとするか!」

紬「…あら?」

唯「澪ちゃん、こんなにいっぱい…」

律「ストレスか?悩みがあるなら言ってくれればいいのに」

梓「先輩方がストレスなんじゃないですか?」

紬「これは抜ききれないわね」

唯「全部抜いたらはげちゃうね」

律「時間も労力もかかる」

梓「どうしましょう…」



澪「…う…」

唯「あ、起きた」

梓「結局何も出来ませんでしたね」

澪「あれ…私…?」

紬「澪ちゃん気を失ってたのよ」

澪「そっか…私、白髪が…ぐすっ…」

律「な、泣くな!澪!」

澪「うぇっ…だって、恥ずかしいことなんだろ?」

紬「違うわ、澪ちゃん」

澪「ムギが言ったくせに」

紬「初めて生理になった時、どう思った?」

澪「え?なんか、恥ずかしかった覚えがあるけど…それがどうした?」

紬「そうよね。私もそうだった。けど今は違う」

澪「そう言えばいつの間にか恥ずかしいことじゃなくなったな」

紬「白髪も同じことよ」

澪「…同じ?」

紬「皆いつかは白髪になるもの。澪ちゃんが初めてで戸惑うのも分かるけど、生きてる限り当たり前のことなのよ」

澪「当たり前のこと、か…」

紬「澪ちゃんは人よりも早く年を取っただけのこと」

唯「おばあちゃんだね!!」

澪「お、おば、おばあ…」

律「唯はまた余計なことを…」

澪「私、おばあちゃんなのか…?」

律「いや、最近の子は若白髪多いって聞くし!」

紬「そうそう。澪ちゃんは黒髪ロングだから目立つのよ」

澪「でも、梓は真黒だ」

梓「若いですから!!」

澪「一つしか違わないのに…」

律「梓!お前は!」

梓「すみません!口が勝手に…」

澪「いや、若い子と同じ髪型してたこのばばぁが悪いんじゃよ…」

律「澪、心まで…」

澪「染めようかな」

律「澪のトレードマークが!誰か分からなくなるぞ!」

唯「何色?澪ちゃんは赤とか似合いそう!」

紬「黄色は?」

澪「派手な色は恥ずかしい」

梓「どうして黒染めの発想がないんですか」

律「じゃぁパステルカラー系の色は?」

紬「澪ちゃんといえば…」

唯「ピンク!」

澪「ピンク…可愛いかも」

梓「ええええ!!!!」

紬「今すぐ美容師手配するわね」

律「待て!ムギ!」

紬「どうしたのりっちゃん?」

律「澪は昔から行きつけのところしか行かないんだ」

澪「美容師さんって話しかけてくるんだろ?私知らない人と話できないし…」

梓「澪先輩恥ずかしがり屋さんですもんね」

唯「私はおしゃべり楽しいけどなー」

律「だよな。ただ、ドライヤーされてるときに話しかけられるといらつく」

唯「分かる!聞こえないんだよね」

梓「私は話しかけないでほしいです。雑誌読みたいので」

律「梓は雑誌派か」

唯「美容師さん曰く雑誌読むの迷惑らしいよ。下向かれると切りにくいんだって」

梓「じゃぁ置くなです」

紬「私は昔から専属美容師だから、知らない人と、ってわけじゃないのよね」

律「おぉ!専属!じゃぁ澪と同じようなもんだな」

唯「澪ちゃんはどこ行ってるの?」

澪「近所の床屋だよ。パパと一緒に行くんだ」

唯「……そうなんだ」

澪「あ!違う違う!パパじゃなくてお父さん!」

梓「そこじゃないです…」

律「あの床屋はピンク染め出来るのかな?」

澪「あそこの親父は切る専門だからな。無理かもしれない」

唯「……そうなんだ」

澪「あ!親父じゃなくって店長!イケメンなんだぞ!58歳!」

梓「少し黙ったほうがいいと思います」

紬「わかめとかひじきとか髪にいいって聞くわよね」

律「中から栄養補給だな」

澪「そうか、メモメモっと」

梓「あと、きのこ類とかも聞きます」

澪「わかめ、ひじき、きのこの山、と」

唯「なんだって!たけの」

律「戦争はいけませーん。平和が一番だと思いまーす」

澪「今日ママに頼んで白髪に聞く料理作ってもらうよ」

律「澪の母ちゃんの料理は美味いんだぞ」

唯「憂よりも?」

律「んー?同じくらいかな」

梓「お母さんが料理上手だと幸せですよね」

紬「澪ちゃんは何が好きなの?」

澪「うーん、色々あるけど…納豆かな」

梓「料理じゃないですよ、それ」



紬「うふふ、澪ちゃんいつの間にか笑ってる」

澪「あ、本当だ」

律「白髪なんて気にすることじゃないよ!澪は笑ってる顔が一番かわいい!」

澪「ありがと…」

唯「あれ、りっちゃん?」

律「何だ?」

唯「おでこ、後退してない?」



おわり