~~~~~~~~~~~~~~

律「昨日どうだったんだよ!?」

唯「うん!!昨日はね練習しただけだよ!!」

和「どういうことよ?」

唯「んっとねー練習してから勝負するつもりだったんだけど、楽しすぎて忘れちゃってた!」

和「アホね」

唯「……和ちゃん…」

和「ま、ある意味勝率は上がったとも考えられるわね」

澪「じゃあ今日が勝負の日なのか?」

唯「うん!」

律「じゃあ今日は応援にいくよ!」

和「私も行くわ。唯がピアノ弾く所見たいし」

澪「負けたら承知しないぞ!!ホントに!!」

唯「うん!!やぁってやるぜ!!!!」



~~~~~~~~~~~~~~

唯「失礼しまっす!!!」

紬「唯ちゃんこんにちは♪」

律「失礼しまーす…」

澪「失礼します…」

和「失礼します」

紬「あら?お客さん?」

律「…あーっ!!お前は!!」

澪「え…?あーっ!!」

和「なによ二人とも。うるさいわね」

紬「あら…軽音部のみなさん?こんにちは♪」

律「唯!こいつはやめとけ!!」

唯「なんで?」

澪「私と律の演奏を聴いて微妙ですねって…」

律「そのうえ『こんなにレベルが低いと演奏を合わせるのが難しいからやめておきます♪』だぞ!!」

和「ま、正論ね」

澪「え…(真鍋さんってこんな毒舌だったのか…)」

紬「どうだったかしら…?ふふっ」

律「唯!帰るぞ!!」

唯「大丈夫だよりっちゃん!勝てばいいんだから!!」

律「…唯、話聞いてた?」

和「よくあることよ」

唯「勝負だよ!ムギちゃん!!」

紬「わかったわ♪それでね…唯ちゃん…前に言ってた私が勝ったときだけど、私と一緒に新しい部を作りましょう?」

唯「新しい部…?」

紬「えぇ…だめかしら?」

唯「…わかったよ!!!」

紬「…じゃあ今から弾く曲をおぼえてね?」


~♪~~♪~♪~~♪


紬「どう?唯ちゃん?」

律「~~♪♪~♪~♪か?」澪「♪~♪~♪~~♪だろ?」
和「二人とも間違ってるわよ」

唯「………」

紬「…もう一度弾くね?唯ちゃん」

唯「いや、大丈夫だよ…!」

紬「(…唯ちゃん…!)…わかったわ」

唯「いきます!!!」


~♪~♪~♪♪~♪~♪♪~~♪


唯「ふぅ…」

紬「え……!?」

律「…ミスったのか…?」澪「リハだろ…」
和「もう一回ね」

唯「本番だよ~…なんだかね、ムギちゃんの曲弾いてたら楽しくなっちゃった!」

紬「アレンジしたのね…」

唯「ごめんねみんな~…」



律「…しょうがないよ…ありがとな唯」

澪「私はどうすればいいんだよ…」

和「生徒会入る?雑用係しかないけど」

澪「いやだよ!!」

唯「ホントにごめん…」

紬「…唯ちゃん、私の負けよ…」

唯「へ…?」

紬「私の負け!唯ちゃんってばすごすぎるわ…」

唯「じゃあ…!!」

紬「軽音部、喜んで入部させてもらうわ♪」

唯「…いやったよぉぉぉぉぉりっちゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!」

律「私と澪は複雑な気分だよ…」

和「即戦力じゃない。よかったわね」

澪「あ、あぁ…(軽音部できちゃったよ…でももう文芸部には戻れないしいいか…)」



~~~~~~~~~~~~~~

唯「新生軽音部の旗揚げだよ!!!」

紬「いえーい♪どんどんぱふぱふー!」

律「うぉぉぉぉぉぉぉ!!(過去の事は水に流そう…)」

澪「できたからにはビシバシ練習していくぞ!」

唯「目標はめざせ!武道館!だね!」

紬「そうねー♪(唯ちゃんと私なら楽勝ね)」

唯「よぉーし!練習がんばるぞ!!」

澪「じゃあさっそく合わせながらやってみるか!」

律「おお!…って、そういえば唯ってなんの楽器ができるんだ…?」

唯「へ…?あ…えーと…」

律「こんなに軽音部のためにがんばってくれるってことはよほど演奏に自信があるんだな!
平沢唯…って名前からするに…ギターだな!?そうだろ!?」

紬「唯ちゃんのギターたのしみだわー♪(ギターとキーボード…悪くないわね)」

澪「そこの倉庫にちょっと古いけどギター、あったぞ…ほら」

唯「あ…あ…」

律「平沢唯さん、どうぞ!!」

唯「…ごめんなせぇぇぇ!!実は弾けないんです!!!」

律「へ…?…あ、そうか!ギターじゃなかったのか!ごめん、早とちりだったな…なにができるんだ?」

唯「あ…カスタネット…とか……?」

澪「軽音部だぞ?カスタネットは使わないよ」

唯「え…?軽音部って軽い音楽なんだよね……?」

律澪「…まさか……」

唯「…ごめんなさい!!なにもできませぇん!!」

律澪「…ふざけんな!!」

紬「うふふっ♪(調教のしがいがあるわ~♪)」

唯「やっぱり軽音部、辞めさせて下さい!!」




おわり