~~~~~~~~~~~~~~

澪「うぅぅぅ………」

唯「大丈夫!?澪ちゃん!!」

澪「大丈夫じゃないよ!!…うぅぅもう文芸部には戻れない…」

唯「澪ちゃんの詩すっごくよかったよ!!!可愛かったもん!!」

澪「あ、ありがとう…(なんか急に馴れ馴れしくなったな…)」

唯「これで澪ちゃんも軽音部の仲間入りだね!!」

澪「なっ…私は負けてないぞ!」

唯「え?でもみんな澪ちゃんの詩で笑ってたよ?」

澪「」



~~~~~~~~~~~~~~

唯「あと一人だね!りっちゃん!澪ちゃん!」

律「あぁ…(唯のやつ澪になに言ったんだ…?)」

澪「」

和「失礼します」

唯「あ!和ちゃん!!」

和「入ってくれそうな人見つかった?」

唯「次はどうしよっかなって考えてたんだ!!」

和「今日、同じクラスの子に聞いたんだけど、すごくピアノの上手な子がいるみたいよ。
部活にもまだ入ってないみたい。軽音部にちょうどいいんじゃない?誘うだけ誘ってみたら?」

唯「!?ありがとう和ちゃん!!さっそくいってくるよ!!!!」

律「待て唯!わたし…もぉ!」グイッ

澪「ひとりにしないで…」



律「………澪、久々に合わせるか。」

澪「うん…!」

和「やれやれ」



~~~~~~~~~~~~~~~

唯「…誰か聞くの忘れてた…どうしよ…しかももうすぐ下校時刻だし…」

~♪~♪

唯「ピアノの音がする…もしかして!!!!」



~~~~~~~~~~~~~~~

唯「失礼します!!!!」

~♪「…あら?どちら様でしょうか?」

唯「軽音部の平沢唯と申します!!!」

「こんにちは。私は琴吹紬っていいます。気軽にムギって呼んでね♪」

唯「わたしも唯ってよんでね~ムギちゃん!」

紬「…唯ちゃんはどうしてここに?」

唯「実はね、ムギちゃん!軽音部として有望な人材を引き抜きに来たんだよ!!今ピアノ弾いてたの、ムギちゃんだよね!?」

紬「聞いてたの?恥ずかしいわ…」

唯「すっごく上手だね!!初めて聞く曲だったよ!!」

紬「ありがとう唯ちゃん。あれはね、一応私が作曲した曲なの」

唯「そうなんだ!!特にね、~♪~♪~♪のところが良かったよ!!」

紬「!?え…唯ちゃん、ごめんなさいもう一度お願いできる?」

唯「…?あのね~♪~♪~♪のところだよ!!あと♪~♪のところもよかったな~」

紬「…ありがとう(一度聞いただけよね…?…もしかして…)」

唯「?…ところでムギちゃん!!軽音部に入らない!?」

紬「(軽音部…あまりの演奏レベルの低さに断ったところね)ごめんなさい…」

唯「そうくると思ってたよ!!なので…ムギちゃんに勝負を挑みます!!!」

紬「勝負?」

唯「そうだよ!私が勝ったら軽音部にはいって!!勝負の内容はなんでもいいよ!!」

紬「…おもしろそうね♪じゃあ私が勝ったら唯ちゃんには私のお願いを聞いてもらおうかしら♪」

唯「お願い?」

紬「ええ♪」

唯「なにを…」

紬「それはひみつ♪…でいいかしら?」

唯「うーん…まぁいいや!!勝負の内容は!?」

紬「…唯ちゃんはピアノ弾ける?」

唯「昔、憂と…妹と一緒にオルガンを習ってたくらいかな…あまり覚えてないや」

紬「じゃあ私が簡単な曲を弾くから唯ちゃんはそれを聞いてそのまま弾いて?それができたら唯ちゃんの勝ち…
これでどう?一応ピアノの基礎はちゃんと教えるわ」

唯「んーできるかな…?でもわかったよムギちゃん!!」

紬「それじゃあ明日もこの時間にここに来てね?」

唯「おっけームギちゃん!!!」

紬「じゃあね唯ちゃん(まあ合唱部も駄目だったし、この子に賭けるのもいいかもね)」

唯「ばいばーい!!!!」



~~~~~~~~~~~~~~~

唯「ということで勝負することになりました!!!!」

律「なに勝手に決めてんだよ!負けたら終わりじゃねぇか!」

和「唯、しかもあんたそれ勝てるわけないじゃない」

唯「えーなんでー?」

和「ピアノをまともにやったこともないあんたが聞いただけで弾けるわけないでしょ」

澪「私やっぱり文学部に…」

律「ときめきシュガー(笑)」

和「ぶっ」

澪「おまえらやめあらあやめ」

唯「まぁまぁ。大丈夫だよ!なんとかなるって!!!」

律「その根拠のない自信はいつもどこからくるんだよ…」

和「昔からこうなのよね」

唯「じゃあ行ってくるよ!!」



~~~~~~~~~~~~~~

~♪~♪~♪

唯「失礼します!!」

紬「唯ちゃんいらっしゃい♪」

唯「今日はがんばるよー!!」

紬「ふふっがんばってね♪早速だけど、教えるわ」

唯「うん!!」



~~~~~~~~~~~~~~

紬「…唯ちゃんすごいわ!ちょっと教えただけで、こんなに弾けるようになるなんて!」

唯「そうかな~でへへ…」

紬「すっごく教えがいがあるわ♪」

唯「ありがとごぜぇます!!ムギせんせぇ!!」

紬「明日もまたこの時間にきてね♪」

唯「はーい!!……ってムギちゃん勝負は!?」

紬「あっ…楽しすぎて忘れちゃってた!」

唯「ムギちゃ~ん」

紬「うふふ♪…でももうこんな時間だわ。明日にしましょ?」

唯「…そうだね。明日もいつもの時間に行くよ!!」

紬「楽しみにしておくわ♪」

唯「じゃあムギちゃん、また明日ね!!!」



紬「唯ちゃん、やっぱりすごいわ…唯ちゃんと二人ならきっと…」


3