唯「はぁ……学校行きたくないなぁ」

ガララッ

唯「すいませーん。遅刻しちゃいました」

さわ子「あら唯ちゃんFuck!おそようFuck!」

唯「え、えへへ」

さわ子「昼前にFuck!学校にFuck!来るなんてFuck!どうかしてるとしか思えないわFuck!」

唯「あはは」



昼休み


唯「み、みんなおはよー」

律「おはよーってもう昼だろタコ」

澪「そうだぞトンマ!」

紬「まあまあ、そう言わないの。唯ちゃんは救いようがなく愚鈍なんだから
  始業前に学校に来るのはおろか正しい挨拶ができないのも仕方ないわ」

唯「あ、あはははは……」

紬「よく笑ってられるわね。恥を知りなさい」

澪「そうだそうだ!」

唯「」



唯「そしてややあって部活、と」

律「1人でなに言ってるんだこのアンポンタン」

澪「まったくだよあほんだら!」

唯「な、なんでもないよー」

唯「ところで今日のお茶は……」

紬「あらあら。私電子ポットじゃないんだから
  そうやすやすとお茶なんか出せないんだって何回言えばわかるのかしら」

唯「き、今日も私が淹れるね!」

梓「急いでくださいこの電子ケトル女!」

唯(……ケトルってなんだろ)コポコポ


唯「はい、完成!」

梓「……あれ。おいしいですね」ゴクゴク

唯「でしょー? ちゃんと練習してきたんだもんね」

律「練習?」

唯「うん。今朝起きてから昼までずっとお茶汲みの練習」

律「それで遅刻したのか」

唯「えへへ」

紬「その時間他の人は勉強していたのに。唯ちゃんは本当に浅はかね
  もともと段違いだったのにまたみんなに引き離されちゃったわよ」

唯「でもみんなに喜んでもらいたかったから……」

紬「……!」


紬「……し、仕方ないわね。き、今日の分は私のノートを貸してあげるわ」

唯(……あれ?)

紬「勘違いしないでね!」

紬「ただ稚拙ながらもちゃんとお茶汲みができた唯ちゃんにご褒美をあげるだけなんだからね!」

唯「う、うん……」

唯(ムギちゃんが……勝手にレベルアップしてる……!)


唯「ありがとうムギちゃん!」

紬「いいのよそんな」

唯「ううん。でも私ムギちゃんの厚意にちゃんと応えたいから」

紬「……は?」

唯「えっ」

紬「やめてよ。好意なんてないわ。勘違いしないでって言ったじゃない
  それともなに? 私の話は聞いてなかったの? 私の話は聞く価値がないとでも? ねえどうなの? ねえ?」
  あーあこれだから無脊椎動物の相手はしたくないのよ。すーぐ勘違いするんだから。自分の身分くらい理解しなさい」

唯「……」

紬「高貴な私とそれにこびへつらう哀れな虫。虫が嫌ならミジンコかミカズキモでもいいわよ
  わかった? この全自動うんたんマシーンが」

唯「……すび、すみませんでひた」ポロポロ

紬「でもノートは貸したげる。約束だもんね」

唯(やっぱりムギちゃん優しいね)ホロリ


律「唯ーお菓子はー?」

唯「あっ、うん。今日はおせんべい持ってきたんだよ」

唯「じゃーん」

煎餅セット

律「……」

紬「……」

唯「?」

梓「……ホントにお中元じゃないですかこのスットコドッコイ!!」

唯「ええっ! おいしいよ!?」

澪「確かにおいしいけども!」モシャモシャ


紬「みんな安心して。今日は私もちゃんとお菓子を持ってきてるの!」

唯「おぉ!」

紬「じゃーん」

紬「ベルギー王室とは何の関係もないただのチュッパチャップスよ!」

梓「おいひいですね」ペロペロ

律「さっすがムギ! それに比べて唯ときたら」チュパチュパ

澪「ホントだよこのペロポロピン!」ペロペロ

唯「あれ?」

澪「?」

唯「ペロポロピンってなに?」

澪「えっ」


唯「ねえペロポロピンってなあに?」

澪「えっ。それはその……その場の勢いで……」ゴニョゴニョ

梓「確かに。なに言ってるんですかねこの黒髪ロングのハゲチャビンは」

澪「あ、あれ?」

律「御託はいいからさっさと教えろよハゲ!」

澪「そ、そのぉ……」

紬「あら? 自分で発した言葉の説明すらできないの? 澪ちゃんって意外とおつむが弱いのね」

澪「あ……あぁ……」

紬「ホントにがっかり。これじゃ木工用ボンドから歩く生ゴミハゲ娘に格下げしなくちゃいけないわ
  汚らしいわね。死んだ方がいいんじゃない?」

澪「……う、うわーん! ママ――――!!」ワーン!

バタンッ



澪んち


澪「ヒック……グスッ……」

澪「なんで私が責められるんだよぉ……グスッ ……」

澪「それに私は……フサフサだっ……!」

澪「クスン……」

澪「……そうだ」

澪「……」ピポパ

プルルルル

澪「……和なら、和ならきっとなんとかしてくれる」

プルルルル ガチャッ

和「もしもし真鍋ですけど」

澪「あっ、和。私だけど」

和「澪? どうかしたの?」

澪「和助けて。みんながおかしいんだよ!」

和「?」



ピンポ――ン

和「はーい」

澪「来たよー」

和「ああ、澪」

和「上がって上がって。準備はもうできてるわ」

澪「うん。お邪魔しまーす」



澪「それでね」

澪「みんなして私を悪口で責め立てるんだよ」

和「へぇー」

澪「ムギには死ねとまで言われたし……」

和「それは酷いわね」

澪「なんだって私がみんなにいじめられ

和「今すぐその口を閉じなさいこのウスラハゲ」

澪「へ」


澪「えっ和今なんて」

和「聞こえなかった? 喋るなと言ってるのよこの無駄乳娘が」

澪「」

和「澪、そこに正座なさい」

澪「ひぇ!?」

和「正座」

澪「……」

和「いい? 私は生徒会長よ? 私が生徒会長を務める間にいじめなんて問題起こすわけにはいかないの」

澪「で、でも現に……」

和「はぁ……ノータリンのあなたにはわからないのね」

和「それはいじめじゃない。いじめであるはずがない。いじめであってはいけないのよ」

澪「……」


和「優しい私がグズで猿知恵の澪にもわかるように教えてあげる」

澪「はぁ……」

和「澪、それは調教よ。みんなは資本主義の豚たるあなたを
  Mとしてさらに昇華させるために言葉責めをしてあげていたのよ」

澪「……」

和「みんな澪のことを好いているからこそ
  ボロ雑巾以下のあなたを構ってあげてるということがわからないのかしら」

和「まったく感謝こそすれそれをいじめだなんて
  澪ったら本当に恩知らずの三角野郎なのね。早く死になさいよ」

和「あ。大丈夫よ。葬儀は密葬にするようご両親にちゃんと言っておくから
  澪に友達がいないことには誰も気付かないわ。安心して。安心したら死んで」

澪「」



一方平沢家


憂「お姉ちゃーん。ご飯できたよー」

憂「今日はお刺身だよー」

唯「わーい!」

憂「しかも女体盛りだよー」

唯「……」

憂「早く貪ってよお姉ちゃん。ホントにグズなんだから
  でもいくらグズでも私の乳首をつまむくらいの甲斐性は持ってるよね?
  まさかそれすらできないなんてことはないよね?」

憂「もしできないならお姉ちゃんニートからセメダインに格下げしなくちゃ。最悪だよ
まあでも私はお姉ちゃんが全身セメダインにまみれてても全力で抱きしめられる自信があるんだけどね」

唯「……今日はカップ麺にしようそうしよう」トタタ

憂「ちょっお姉ちゃん? あれ? うわ、私動けない!
  あっお姉ちゃん待って! お刺身温くなっちゅうよ! 待ってってば! おーい、お姉ちゃーん!」


――――

澪「そ、そんな言わなくても……クスン」

和「あら? 泣くの? 泣けば済むと思ってるだなんて澪もまだまだ子供ね。子供店長の爪の垢を煎じて飲んでればいいんだわ」

澪「……」

ピンポーン

ドタドタドタ

和「みんな来たわね」

澪「?」

ガチャッ

律「澪ー! こんばんはげ野郎ー!!」

澪「り、律!?」

紬「ここまでの交通費は澪ちゃん持ちなのよね? 生きる粗大ゴミの澪ちゃんってそれくらいしか役にたたないもんね」

梓「私タクシー使ったんで5000円くらいですけど早めにお願いしますね」

澪「み、みんなも!?」


澪「和。こ、これは……?」

和「澪が置かれてる状況がいじめじゃないってことをきちんと理解してもらおうと思ってね」

和「夜を徹してどんなに澪を大好きかをみんなで教えてあげることにしたの」

澪「ひょえっ」

律「困ったらすぐ人の力を頼るだなんて私はそんな卑怯者に育てた覚えはないぞー!」

梓「そうですよ! このでくの坊!」

紬「ホント。他力本願なんて信じられないわ。何が楽しくて生きてるのかさっぱりだわ
  これだから左利きは。集団において真っ先に切り捨てられるのは澪ちゃんでしょうに」

紬「自分で考えるってことができないのかしら。その薄れゆく黒髪の下には脳みそが詰まってないの?
  ぁ……ごめんなさい。下等生物の澪ちゃんには考えるなんてこと難易度ハードもいいところだったわね」

澪「あ……ああ……」

和「ほらね。みんなあなたが大好き」

和「世界は愛に溢れてるのよ」

澪「……こんな愛いやだよお! うわーんママァ――――!!」ワーン!

――――――――――――――
――――――――――



純「とまあかくのごとく」

梓「……」

純「いやあなかなか面白い夢だったね」

梓「あんたの夢かいスカポンタン!」


ちゃんちゃん



おしまい