翌日
学校

澪「(律待ち合わせの場所に来なかった…)」

澪「(来てるのかな?)」

ガラッ

「りっちゃん大丈夫?何か変なコメント沢山ついてたけど」

「本当可哀想…ああいう事する人死んじゃえばいいのに」

律「ありがと、多分大丈夫っしょ」

唯「あ!澪ちゃんおはよー」

澪「お…おはよう」

澪「律おはよう」

律「…」

澪「(律…)」



――――――――――

さわこ「それでは、朝のHRを終わります」

起立!

礼!

さわこ「田井中さんと平沢さんちょっと来てください」

ザワザワ

「呼び出し…停学とかなっちゃうのかな」

「それは可哀想だよ…」

澪「…」

紬「大丈夫かしら…」



――――――――――
空き教室

さわこ「あなた達、昨日は何してたの」

律「えっと…」

唯「遊んでたよー」

さわこ「隠しても無駄よ」

さわこ「昨日から電話が凄かったんだから」

律「…」

唯「…」

律「あ…さわちゃ…山中先生」

さわこ「なに?」

律「もしかして…退学とか…」

唯「え!?さわちゃん先生!それは無いよね?ねえ!」

さわこ「退学は無いと思うけど…」

さわこ「停学はあるかもしれないわね」

律「…」

唯「…」

さわこ「これから話し合って決めると思うから」

さわこ「出来るだけ軽くして貰えるように頼んでおくわ」

唯「先生…」ウルッ

さわこ「でも!いけない事をやったって事を覚えておくのよ!」

唯「はい…」グスッ

律「…」

さわこ「じゃあ行って良いわよ、授業頑張りなさい」

律唯「はい」

「失礼しましたー」



唯「…」

律「…」

唯「何か大事になっちゃったね…」

律「ああ…」

唯「やった人誰なのかな…」

律「唯」

唯「ん?」

律「もしかしたら…澪かもしれない」

唯「え?」

梓「唯先輩!律先輩!」

唯「あ…おはようあずにゃん」

律「おす…」

梓「お…おはようございます…?」

梓「何か先輩方テンション低いですね」

唯「え…あ…うん」

梓「あ…そういえば聞いてくださいよ!」

梓「何か昨日mixiで変なメールが沢山来たんです!」

唯律「…」

梓「何かペロペロとか書いてあって…凄い気持ち悪くて…」

梓「そういえば律先輩の日記も荒…」

律「梓」

梓「はい?」

律「それ私達のせいだわ」

梓「え?」

律「ごめん」

唯「ごめんねあずにゃん」

梓「え…いや…その…」



梓「私こそ…ごめんなさい…」

梓「でも…こういう事する人って最低ですよね…」



梓「そういえば同じクラスの…あれ?名前が出ない…確か出席番号>>35番の子が言ってたんですけど」

梓「何かmixi内で未成年の飲酒とかが無いかどうか監視してるコミュニティがあるらしいですよ」

律「え…?」

律「そ…それ本当か!」

梓「聞いただけですけど…多分本当です」

唯「てことは…澪ちゃんがやったんじゃないの?」

律「ば…馬鹿!唯!」

梓「へ?どういう事ですか?」

律「…」

梓「先輩」

律「えっとだな…」



――――――――――――

梓「そ…そんな訳無いじゃないですか!!!!!!!」

律「でも…」

梓「たまたまです!偶然です!」

梓「あんな奴等の事信じちゃ駄目です!」

律「…」

梓「ああ!もう!わかりました!今からそのコミュニティ見てみます!」

律「いや…別にそこまでしなくても…」

梓「駄目です、この際ハッキリさせましょう」

唯「あずにゃんが探偵さんみたい…」

梓「ちょっと待っててください…」

唯律「うん…」

梓「…」

梓「あ…ありましたよ」

律「本当か!?」

梓「はい」

梓「あ…」

唯「?」

唯「どうしたのあずにゃん」

梓「これって…」



飲酒

桜ヶ丘女子高等学校
田井中律
画像有り



律「私だ…」



梓「…本当に暇な人達ですね」

梓「でも、これで澪先輩の疑いは晴れた訳ですね」

唯「よかった…グスッ…澪ちゃんじゃなくて本当によかった…グスッ」

律「…」

梓「律先輩?」

律「ごめん、ちょっと行ってくる」ダッ

梓「え?」

唯「…グスッ…グスッ…」

梓「唯先輩…私のハンカチ使っていいですよ」

唯「ありがどうあじゅにゃん…グスッ」



律「(くそ!何で私は澪の事を疑ったんだ!)」

律「(馬鹿!私の馬鹿!)」

律「(澪がそんな事するわけないだろ!)」

律「(澪!)」

ガラッ

紬「りっちゃん!」

律「はぁ…はぁ…」

紬「どうしたの…?そんな息切らして…」

律「澪!」

澪「」ビクッ

律「澪!」

澪「な…何?」

律「ごめん!」

澪「え?」

律「疑ってごめん!」

澪「律…」

律「本当…ごめん…親友の澪を疑うような事して…」

澪「大丈夫だよ、律がわかってくれたなら」

律「澪…グスッ」

澪「馬鹿…何で泣いてるんだよ…」

律「…朝待ち合わせ場所に行かなかったり…」

律「澪の事無視しちゃったり」

澪「だから大丈夫だって」

澪「律は気にしすぎなんだよ」

律「澪…ありがとう」

紬「(ボールペン型カメラ買っておいて良かったわー)」



後日

結局あの後私達は厳重注意と反省文三枚だけですみました!

さわちゃんがいろいろと頼み込んでくれたようです!

あ…後学校でインターネットの使用についてのプリントが配られました!



唯「…」

律「どうした?」

唯「いや…なんだかギー太が喋ったような気がして…」

律「は?」

律「あー…つうか明日は休みだしどっかで遊びたいよなー」

澪「おい…練習…」

唯「また私の家で遊ぶー?」

梓「練習…」

律「いいなそれー」

澪「お…おい…律…また…」

律「えー?あー大丈夫だよもう日記には書かないからさー」ケラケラ

澪「」プツン

律「澪?」

澪「お酒を飲むのが駄目なんだよ!」

ゴツン!



おわり