【黒雨】


――開け放たれる扉。
そこに立つ、しっかり者の幼馴染。ああ、ホント、こういう時は頼りになるなぁ。
後ろの方では唯がムギと憂ちゃんに拘束されていた。あまり乱暴にしてやらないでくれ。病んでるかもしれないが、そいつは私の大事な人なんだ。

唯「………」

唯が私のほうを見るも、何も言わない。表情からも何も感じられない。
わかっているのだろう、もうこんな時間は終わりだと。幸せな時間は終わりを告げたと。
……でも心配するな、唯。私はお前を見捨てはしない。唯が正常に戻ったら――いや、戻らなくても、お前は大事な仲間だ。また一緒に、バンドやろうな。

律「……澪、これを外してくれないか」

私を縛り付ける、その鎖を掲げて見せる。扉が開いている以上、これさえ外せば私は自由だ。
自由になったなら…あとは、唯を助ける。みんなと一緒に。私の望みはそれだけだった。


それだけなのに。


律「………おい、澪?」

澪は、私の顔を見ていなくて。

澪「…律?」

律「……おい、どうしたんだよ…」

澪を怪訝に思ったのか、唯を引き連れてムギと憂ちゃんもやってきて。
そして、澪と同じように、私のことを見ていなくて。

澪「律……律! どこだ、どこにいるんだ!!」

律「……み、澪? なんだ? なんの冗談だ?」

紬「…澪ちゃん、落ち着いて。ちゃんと隅々まで探しましょう?」

律「ムギまで……なんだよ、どうなってるんだよ…!」

澪「くそっ……律ッ!!」

律「澪! 私はここだ! 見えないのか!?」

認めがたい仮説が、私の中に浮かんでくる。
認めがたい、認めたくない仮説。

憂「…お姉ちゃん、どういうことなの…? 律さんはいるって言ってたよね?」

唯はその問いには答えない。でも、その目はまっすぐ私を見ている。
唯は。唯だけは。唯だけが、私を見てくれている。

唯「……ホラね。ダメなんだよ、みんなじゃ。そこにいるのに、いることを認めてあげてないみんなじゃダメなんだよ」

澪「どういう意味だよ、それ…!」

唯「わからないなら一生会えないよ、りっちゃんには。あははっ」

乾いた笑いを浮かべる唯を、澪は狂人と一蹴し、部屋をひっくり返すかの勢いで私を探し始める。
……そんなに必死にならなくても、目の前にいるのにな。

認めたくない、と、私が現実を拒めば拒むほど、視界が暗く染まっていく。
そんな視界の隅に、廊下で手招きする唯が映る。唯を拘束していたはずのムギと憂ちゃんはいなかった。

立ち上がり、唯のほうへ歩く。


……私を捕縛していたはずの鎖は、その意味を成さず、無限に伸びていた。





【己の意味】


律「――なぁ、唯――」

唯「雨だよ、りっちゃん」

律「……どうでもいいよ。聞きたいことがあるんだ」

唯「答えないよ」

律「そう言うなよ」

唯「絶対答えないよ」

律「答えてくれよ…頼むから」

唯「やだ。ついでに言うと答えない理由も言わない」

律「……なぁ、お前は本当に狂ってるのか?」

唯「………」

律「私とこうして喋れるお前が狂ってるのなら、私は何なんだ? 皆は何なんだ?」

唯が狂っているのか。それとも、他の皆が狂っているのか。
そう聞いてみたものの、その質問に唯がどう答えようと、あるいは答えずとも、肝心な事はわからず仕舞いだ。

律「――なぁ、唯。私は何なんだ?」

唯「…りっちゃんは、りっちゃんだよ。私の大好きなりっちゃん」

律「……唯…」

ハッキリ言ってくれよ。真実を伝えてくれよ。
私の存在が……存在を、肯定か否定かしてくれよ。どっちでもいいから…!

律「……教えてくれよ…ッ!!」

意を決して……私は、唯に平手を喰らわす。

唯「………」

否、喰らわせようとした。
そして、それは叶わなかった。

唯「…りっちゃん、自分をしっかり持って?」

律「……無理…言うなよ…」

私が振るった平手は、唯をすり抜けた。
心配そうに私を覗き込んでくる唯の手を取ろうとした。でも、その手はすり抜けた。

……ああ、そうか。やっぱり、そうなんだな。

律「……まだまだ、やりたいこと、沢山あったんだけどな…」

軽音部。もっと続けたかった。
ドラムをもっと叩きたかった。
澪をもっとイジって遊びたかった。
ムギのケーキとお茶も、もっと味わいたかった。

――みんなが普通にやってることを、私もしたかった。

心が痛い。
許されぬ願いを、叶わぬ事を願うのは、そんなにいけないことなのか。
心が痛い。否、熱い。
身体の芯から、心から、燃やされていくようで。きっとこの後の自分は、ただの燃えカスになるのだろうな、とか。
そう思えるくらいの、喪失感。


――唯を、もっと、ずっと見ていたかった。


律「……もっと、お前とバカやっていたかったよ、唯」

唯「……いいんだよ? りっちゃん、願ってもいいんだよ?」

律「…でも、それは」

唯「いいの。私なら、いつでもいいよ」

唯が私を抱きしめる。抱きしめてくれる。
背中に手を回し、抱きしめ返そうとして……私の手は、腕は、唯をすり抜ける。

これは、気づいてしまった私と、信じている唯の違いなのか。





――だとしたら、あまりにも不公平じゃないか。





唯「――りっちゃん、今日はもう寝よう?」

唯の子守唄が、今日もまた始まる。

でも、気づいてしまった私に、明日はあるのだろうか?






【最果ての天来に】


抱きしめた腕の中の温もりも。

皆で笑いあった、楽しい日々も。

来るはずだった、明るい未来も。

心から願おうとも――届かない。


そう知ってしまった『私』の心に、たった一つ残る物は――





【谺】


唯「ねぇ、りっちゃん」

唯「どこかに行くんなら、私も連れて行ってね」

唯「私は」

唯「りっちゃんのいない世界になんて、居たくないから」

唯「もし、もしも明日」

唯「目が覚めた世界に、りっちゃんがいなかったら」

唯「そんな世界に、私だけが残されるくらいなら」

唯「私は願うよ」

唯「どうか、私が――」




律「きっと私に、明日はない」

律「でも、みんなにはある。私のことが見えない皆にも、見える唯にも」

律「不公平じゃないか。私と皆の違いも、皆と唯の違いも」

律「……ズルい。卑怯だ。……妬ましい」

律「なあ、唯。お前の言った事が、私に対する想いが本当ならさ」

律「そばに、一緒にいてくれよ。一緒にいてやるから。ずっと、ずっと、さ」

律「だから、願うよ」

律「どうか、お前が――」




       「「明日 目が覚めませんように」」