そんな充実した日々。

もちろん、標的と仲良くする事も忘れない。

唯「あずにゃん、ぷにぷに♪」

梓「う~~……」

普通は相手のことをよく知るほど、相手と仲良くなればなるほど、殺しにくくなると言われる。

唯「物じゃなく一人の人間として認識されて、情がわくから。」

唯「でも、私は人間を殺したい。」

より人間として認識したい。

だから標的のことをよく知らなくちゃいけない。

唯「一個の個人を殺したいんだよね。」

好きなもの、好きなこと、将来の夢。

生活時間。何気ないクセ。家族。

色々なことを調べた。

中野梓の家にちょくちょく遊びに行き、家族とも仲良くなった。

唯「これで私が中野梓を殺せば、みんなこう思うよね。」

唯「なんで?どうして?あんなに仲が良かったのにって。」

唯「そして、その理由は私にしか分からない……。こんな感じでOKかな。」



律「なんか唯、だいぶ変わったよなー。」

唯「そう?」

律「なんかこう、もっとほわほわしてたっていうか、ちょっと抜けてたっていうか。」

唯「そんなだったっけ?」

律「うん。もっとアホな感じだったのに。」

唯「律ちゃん、それはひどいよ!!」

唯「でも多分そうだったんだね。」

唯「人からそう見えるのなら、自分で違うって言い張っても。」

律「ほらその余裕。一体どうしたんだよ!?」

唯「んー、ここのところでだいぶ変わったかも。」

唯「でも気にしない、気にしない♪私は私だから!!」

律「……まっ、そうだよな。唯は唯だもんな。」

律「それじゃあ部活に行くぞーー!!!」

唯「了解しました、律ちゃん隊長!!」

紬「(私、この二人を見てるだけで幸せ……!!)」ボタボタ



憂「お姉ちゃん、最近変わったよねー。」

唯「そう?それより、このオムライス、すごく美味しいよ!!憂はいいお嫁さんになるね!!」

憂「えへへ~、ありがとうお姉ちゃん。そんな事言われると照れちゃうよ。」

憂「そういえば、梓ちゃんもすっごく変わったんだよ。」

憂「前より雰囲気が全然違うくなって、とても可愛くなったの!それに頭もすっごく良くなったみたい。」

唯「ふ~ん、そうなんだ。」

憂「それに、律さんや澪さん、紬さんも前より生き生きしてて楽しそうに見えるよ。軽音部、なんかいい感じだね!羨ましいな~」

唯「だったら憂も軽音部に入らない?お姉ちゃんはいつでも大歓迎だよ!!」

憂「う~ん、考えとくね。」



そして一年が経った。

決行の日だ。

充実した素晴らしい1年だった。

なんらの不満もない満ち足りた日々。

これを棒にふって行われる殺人。

唯「フツーじゃありえないだろうけど。」

唯「でも、だからこそ意味があるってものだよね。」

カバンの中に包丁を入れて学校に向かう。

私のやる気に触発されてか両親の仕事も順風満帆。

今度、重要なポストにつくんだとか。

唯「お父さん、お母さん、ごめんね。」

そして軽音部のメンバーも、どんどん演奏が上手になっていった。

唯「私とあずにゃんがいなくなると軽音部は三人になっちゃうのかー。」

唯「律ちゃん、ごめんね。」



唯「いい天気だなぁ……」

唯「なんか私ってめちゃくちゃ幸せなんじゃ……」

学校に着いて、授業を受ける。

あっという間に放課後になった。

律「ゆいー、部活行こうぜーー」

唯「ごめん、律ちゃん、ムギちゃん。私、ちょっと職員室に用事があるから。」

紬「それじゃあ、先に行ってるわね。」

律「早く来ないと、唯の分のお菓子も食べちゃうからなー♪」

唯「むっ!!律ちゃんそれは許されない事だよ!!」

音楽室に行くのを遅くする。

そうすれば、中野梓は先に音楽室にいるだろう。

ある程度の時間が経ってから音楽室に行った。

ドアの前でカバンから包丁を出し、体の後ろに隠す。

そして、左手でドアを開ける。

中野梓は既に音楽室にいた。

梓「唯先輩、今日は遅かったですね。」

唯「ごめんねー、職員室に行ってたんだ。」



そしてだんだんと標的に近づく。

大丈夫、いつも中野梓にはスキンシップといって抱きついている。

梓「ゆ…い…先……輩…、何で……?」

紬「キャアアアアア!!!」

澪「唯、お前何やって……。血、血がたくさん……」バタンッ

律「唯っ!!お前何やってんだよ!!!梓っ!!いっ、今救急車呼んでやるからな!!!」

多分、みんなはこんな感じの反応をするだろう。



標的まであと少し。

紬「唯ちゃん、今お茶入れるわね。」

唯「ありがとう、ムギちゃん。」

包丁を持つ手に力が入る。

唯「あずにゃ~ん」

抱きつく振りをして、包丁を中野梓の体に刺す。 

どこがいいかな。やっぱり心臓かな。

あと30cm。

――――今だ。



――――グサッ

包丁が心臓に突き刺さった。

――――ブシュッ!!

血が吹き出る。

え……?

唯「あ……ず…にゃん、何で……?」

紬「キャアアアアア!!!」

澪「梓、お前何やって……。血、血がたくさん……」バタンッ

―――ドサッ

私はたまらず、床に倒れた。私の胸になんで包丁が……?

律「梓っ!!お前何やってんだよ!!!唯っ!!いっ、今救急車呼んでやるからな!!!」



梓「唯先輩……、あなたは理想的なターゲットでしたよ。」

唯「(ああ、そうか……)」

薄れていく意識の中で、私は不思議に充足感を味わっていた。




あとは彼女が語ってくれるだろう。




これで終わりです。読んでくれた皆様、ありがとうございました。