澪「ターイャwwwwwwww」

澪「タイタイタイタイwwwwwwwwww」

唯「どうしよう…」ぽろぽろ



事の発端はこの町に姓名判断士が来た事だった

澪「ちょっと面白そう、唯いっしょに行かないか?」

唯「いいよー!」

このとき不幸な事に唯は道具の整理中でセレクトボタンをおしていた

それがバグの引き金となり姓名判断士が澪を選択するとポンッという音と一緒にサワムラーになってしまったというわけだ…



澪「ターイャwwwwwwwたいたいたいたいwwwwww」ボカッボカッ

唯「痛い!痛いよ澪ちゃん…蹴らないで!」

唯「どうしよう…こんなのが皆にばれたら…」

モワワワワン

不良「お前格闘タイプなんだろwwメガトンキック出せやwww」

澪「ターイャ…」

不良「黙ってねーでとっととしろよ!!」ボゴッ

澪「イターイャ!!」

ここまで唯の妄想

唯「わあ…大変だ!!はやく元に戻さなきゃ」

唯「ね、澪ちゃんもっかい姓名判断士さんのところにもどろ?」



澪「ターイャwwwwwwww」

唯「きゃっ!」

しかし澪はバグっていて他人のポケモンという扱いになっており
ゴールドバッジがないとてなづけられない様子だった

さわ子「あっ唯ちゃんどうしたの?」

唯「あっ先生ちょうどいいところに」グスッ

さわ子に事情を話した

さわ子「なるほどとりあえず澪ちゃんを大人しくさせればいいのね」

さわ子「なら私が澪ちゃんを倒す!!」

ポケモンバトルがはじまった



さわ子「悪いわね澪ちゃん…ソッコーで片付けさせてもらうわ…」

さわ子のかみつく

効果はいまひとつのようだ

さわ子「なんだと!?」



唯「格闘タイプにあくタイプの技は効果が薄いんだ!!」



澪「ターイャwwwたいたいたいたいwwwww」

澪のにどげり

さわ子「ぐええぇぇぇぇぇぇ」

効果は抜群だ



さわ子はかつてデスデビルという悪魔じみたバンドをやっていた

その影響か悪タイプだったのだろう

さわ子「ぐえええええええ」

にどげりは2回あたった

さわ子は目の前が真っ暗になった

澪「たいたいたいwwwwww♪」



唯「すごい…これが澪ちゃんのチカラ…」

澪「ターイャwww」

唯「よろしくねミオムラー!」

澪「ターwwwwwwイヤッwwwwww」



二人の冒険はこれからも続く
続くったら続く

TO BE CONTINETED...



エンディングの後にプレゼントのお知らせがあります