真司「なあ蓮、けいおん!って知ってるか?」

蓮「…なんだそれは?」

真司「今流行りのアニメなんだがメチャクチャ面白いんだよ!」

蓮「アニメだと? ふん、下らん。それよりもさっさと最後のライダーを決めようじゃないか」

真司「ちぇっ、つれないなー蓮。…そうだ今から一緒に見ようぜ!」

蓮「はっ?何を言っている。って、おい!城戸!」



花鳥にて

真司「ただいまー」

蓮「…」

おばさん「あらシンちゃん、レンちゃんおかえり」

真司「あ、おばさん、ちょっと上のDVDプレイヤー借りるね」

おばさん「あー、どうぞどうぞー」

真司「よし。じゃあ蓮、ついて来い!」

蓮「まったく…」

優衣「あ、2人共おかえりー」

真司「ただいま優衣ちゃん。そうだ!優衣ちゃんも一緒に見ない?けいおん!」

優衣「けいおん!…?」

蓮「また城戸の奴が変な事を考えたらしい」

ガチャガチャ ウィーン ピピッ スタンディンバーイ

真司「よし!スタンバイ完了!さっ、2人共座った座った!」

優衣「なんだかよく分からないけど面白そう!」

蓮「優衣まで… まったく、見れば良いんだろ!」



優衣「♪」wktk

蓮「…」

TV<チコクチコクー

真司「お!始まった!」

優衣「おー」

蓮「!?」

TV<chatting now ガチデカシマシ♪

優衣「この歌良い曲だね」

真司「さっすが優衣ちゃん!」

蓮(なんだこの胸の高まりは… 凄いドキドキする…)

TV<ユイ!マダブカツキメテナカッタノ!?

優衣「あれ?今メガネの子ゆいって言わなかった?」

真司「そう!この主人公の名前は平沢唯!漢字は違うけど読みは同じだよ。」

優衣「へー、なんか親近感がわいちゃった」

蓮(このドジな子は唯っていうのか…)

真司「さぁ、続き続き!」

TV<ミーオー!クラブケンガクイコウゼー!

TV<クラブケンガク?

蓮(!? なんださっきよりも胸の高まりが上がっている!? この黒髪の女の子を見てからだ…)ドキドキ アセダラダラ

真司「ん?どうしたんだ蓮。汗ダクじゃないか。具合でも悪いのか?」

蓮「い、いや何でもない…」

優衣「廃部になっちゃうのかー」

優衣「すごい太眉の子が出てきたよ…」

真司「あぁ琴吹紬ちゃんだね。通称ムギちゃん!」

蓮(さっきの女の子…ミオとか言ったな…)



~~~中略~~~



ED<please don't say♪

優衣「この歌も良いね!」

真司「さっすが優衣ちゃん!分かってるねー!」

蓮(ミオが…歌を歌っている…漢字は澪と書くのか… 澪の名字が秋山だと!?)

優衣「あれ?澪ちゃんの名字は秋山なんだね。蓮と一緒だね。」

蓮「あ、ああ…」

真司「さて、一話が終わったけどどうだった?」

優衣「なかなか面白い! 続きが見てみたい」

真司「おっ言うと思ったよ!」

真司「蓮はどうする?」

蓮「お…俺は」


キーン キーン


真司・蓮「「敵かっ!?」」

優衣「2人共気を付けて! わたしはけいおん!見ながら待ってるから!」

バッ ピシューーキュイーン

真司・蓮「「変身!」」

カシャッ ピロリロリロキーン



‐‐‐ミラーワールド

真司「敵は何処だ?」

蓮「…」

ザッ

真司「誰だ!?」

浅倉「よォ…城戸、秋山ァ」

真司「なんだ浅倉か…」

浅倉「なんだとはなんだ…さぁ早速戦いを始めようじゃないか…」

真司「…仕方がない。早くけいおん!観たいし」

浅倉「ちょっと待て…けいおん!だと?」

真司「?!もしかして浅倉もけいおん!を知ってるのか!?」

浅倉「勿論だァ。原作も全巻揃えてあるし、初回限定生産のBlu-laydiscも全て揃えてある。」

真司「す、凄い…好きなキャラクターは誰なんだ?」

浅倉「全て…と言いたいところだが1人決めるとしたら…琴吹紬だなァ」

真司「浅倉はムギちゃん派かぁ…」

蓮(俺帰っても良いかなぁ…)

浅倉「なんだ文句でもあるのか?」

真司「いや、ないよ。好きなキャラクターは人それぞれだし。」

浅倉「嬉しい事言ってくれるじゃないの… オイ、秋山お前もけいおん!好きなのかァ?」

蓮「ふん!下らん質問をするな! 誰が秋山澪なんか好きになるもんか!…はっ」

浅倉「お前…澪が好きなんだな?」

真司「ニヤニヤ」

蓮「浅倉!貴様ハメやがったな!? 城戸!お前笑うな!」

真司「いやぁ、だってねぇ、蓮が澪の事をねぇ」クスクス


北岡「おやおや、皆さんお揃いで」

真司「北岡さん!」

浅倉「おお北岡かァ。お前も一緒に話さないか?」

北岡「話すって何を? 最後のライダーになる権利とかか?」

浅倉「んなこたぁどうでもいい。けいおん!の話だ、お前も知ってるんだろう?」

北岡「まさか…お前等ずっとけいおん!の話をしてたのか?」

真司「ああ」

蓮「お、俺は違うぞ!」

浅倉「澪好きが何言ってやがる」

北岡「」

蓮「だから誰が秋山澪を好きだと言った!?」

北岡「へぇー、お前澪が好きなの?」ニヤニヤ

蓮「あああああ!もう澪好きでも何でもいい!」

真司・浅倉・北岡「「「よし!」」」

真司「北岡さんは誰が好きなんです?」

北岡「俺?俺はねー、律が好きだな。あの元気なところが良い!」

浅倉「律か…なんなら秋山とお前でコンビを組んだらどうだ?」

北岡「それは良いかも。あっでも俺にはゴローちゃんが…」

浅倉「そいつは聡とかで良いだろ?」

北岡「おお、それもそうだな!」

浅倉「そういえば城戸、お前の好きなキャラクターは誰なんだ?」

真司「俺?俺は梓!」

北岡「なんだゴキny」

真司「ゴキにゃんとか言わせませんよ!」

北岡「」

浅倉「なんで梓なんだ?」

真司「ギターの実力もあるし、実は唯とのスキンシップを嫌ってなかったりするし、かわいいじゃん!」

浅倉「なる程な…」



…シュウウウウ

蓮「…そろそろ時間切れか」

真司「そうだ2人共、着いてこないか? 今花鳥でけいおん!観てる続きなんだよ。」

蓮「…なっ!?」

浅倉「おお、面白そうだな」

北岡「いいな、俺も行くよ。」

真司「よし、決まりだな!」



真司「ただいまー」

蓮「…」

優衣「あ、おかえりー。大丈b」

浅倉「邪魔するぜ」

北岡「こんちは」

優衣「」

優衣「な、なんでいるの?」

真司「みんなでけいおん!観ようと思ってさ。優衣ちゃん何処まで観たの?」

優衣「そ、そう… あ、ちょうど学園祭ライブが始まるところだよ」

真司「ペース早いね!」

浅倉「!」



浅倉「おい城戸、学園祭ライブにはあのシーンがある!」コソコソ

北岡「ああ!あれか!秋山を絶対に観させるんだ」コソコソ

真司「! 俺としたことが…忘れてたぜ」コソコソ

真司「おい、蓮。お前も一緒に観るんだぞ!」

蓮「わ、分かったよ…観れば良いんだろ。」

真司・浅倉・北岡「「「ニヤリ」」」

優衣「? 再生するね」

TV<ワーワー

蓮(澪がブレザーじゃないだと!?)

蓮(これは…メイド服ってやつか?)

優衣「澪ちゃんかわいー」

蓮(歌上手いな…)

北岡「りっちゃんカワユス」

浅倉「紬…」

真司(あずにゃんまだかなー)

真司・浅倉・北岡(((おっ、そろそろあのシーンだ)

優衣「いい曲だったー。ん?」

TV<ザワ…ザワ…

真司・浅倉・北岡(((キタ━━━(゚∀゚)━━━)

優衣「!?」

蓮(こっ、これはもしかして!?)

真司・浅倉・北岡(((キタ━━━(゚∀゚)━━━)

優衣「あちゃー、澪ちゃん転んじゃったんだ…」

蓮(澪のパッパパパパパ)ガタガタガタ アセダラダラダラ

バッターン!

優衣・真司「「蓮!?」」

浅倉・北岡((倒れたwwwwwww)

優衣「とっ取りあえずベッドに運ばないと!」

真司「そっそうだね…フヒッw」

北岡「俺もフスッw…手伝うよ」

浅倉「お前等笑うなよな…ブッw」

‐‐‐



蓮「」

真司「ふう、蓮はしばらく休ませておいた方が良いだろう」

北岡「だな」

真司「蓮をベッドで寝かせてきたよ」

優衣「ありがとう。…でもなんで蓮は倒れたのかな?」

北岡「ああ、それは澪のパンチラを観たからだよ」

浅倉「お前…ぶっちゃけ過ぎだろ…フッw」

優衣「? そうなの?」

浅倉「それと、秋山は澪の事に一目惚れしたんだろ。澪の名字も秋山だしな」

優衣「蓮って意外とウブなんだね」

北岡「いや純真(ピュア)なだけだろ」

真司「でも蓮って彼女いなかったっけ?」

優衣「あ」

浅倉・北岡「「秋山の奴、浮気か…」」


キーン キーン


神崎「何をやっている…さっさと最後のライダーを決めるんだ」

真司「あっ神崎!」

優衣「お兄ちゃん!」

神崎「優衣…待っていr」

優衣「お兄ちゃんも一緒にけいおん!観ようよ!」

神崎「けいおん!…?なんだそれは…」

浅倉「つべこべ言わずに見ろ!」

北岡「さあさあ、席は用意してあるぞ」

神崎「何をバカな事を…ふざけるな」

優衣「いいじゃない、一緒に観ようよ。ねっ?」

神崎「チッ優衣が言うのなら仕方ない…」

真司「じゃあまた最初からだな」

TV<チコクチコクー



‐‐‐中略



TV<ダッテホントハクレイジー

真司「ほい、一話終了」

優衣「どうだったお兄ちゃん。」

神崎「」プルプル

浅倉(これは)

北岡(きたな)

神崎「唯最高!!!」

優衣「えっ、どっち?わたし?唯ちゃん?」

神崎「両方だ!!!さぁ優衣、いっしょにうんたんしよう!!!」

優衣「お、お兄ちゃん…」

神崎「この家にはカスタネットは無いのか!?」

浅倉「ほれ貸してやる。唯シール付きのカスタネットだ」

真司・北岡((凄いハマってやがる)



真司「続きは観ないのか?」

神崎「おお、見る見る!」

浅倉「じゃあ俺はお茶を煎れないとな」

北岡「アイツムギまんまじゃないか」



‐‐‐‐‐そして

優衣・神崎「皆さーんこんにちはー!私達はミラーワールドティータイムでーす!今から歌いますので是非聞いてくださーい!」

ゾルダ「ワンツー」カンカンッ

龍騎「♪」ジャカジャカ

ナイト「♪」ベンベン

王蛇「♪」テレレレー

ミラモン「jtpgjm0tjnj!!!!!」

こうしてミラーワールドに新しいブームが巻き起こったのでした…



終わり!



飽きた&疲れた

変にグダグダ続けるよりかは良いと思うよ

ノリで立てたのに観てくれた人ありがとう

後は落としてもいいし乗っ取ってもいいよ

じゃあの