唯「紹介するね!私の親戚のおじさんの山岡さんと、その同僚の栗田さん!」

山岡「よろしく」

栗田「よろしくね、突然来ちゃってごめんなさい」

澪「いえ…よろしくお願いします」

唯「実は演奏を見てもらいたくて呼んじゃったんだぁ」

律「へぇ~そうなのか」

梓「でもいきなり呼んじゃって大丈夫なんですか?」

唯「ちゃんとさわちゃんに許可取ったから大丈夫だよー」

紬「そう、それなら安心ね」

唯「それじゃあ早速…」

律「演奏するかー!」

唯「お茶にしよう!」

律「っておい!」

唯「いや~ついいつものくせで…でへへ」

唯「あ、でも山岡さんたちも一緒にお茶すればいいんだよ!」

唯「そもそも私お菓子食べないと力でないし一石二鳥だよ!」

山岡「俺はかまわないよ」

紬「じゃあ決まりね♪」

澪「…まぁ、いっか」



紬「はい、どうぞ」

山岡「ああ」

栗田「ありがとう、わざわざごめんなさいね」

栗田「このお菓子は?」

山岡「…」モクモグ

紬「ええ、いつも家から持ってきてるんです」

山岡「…」ズズー

紬「みんなとお茶するの楽しいですし、喜んでもらいたいから…」

栗田「そうなんだ、友達思いなのね」

紬「いえそんな」

唯「そうなんだよ!ムギちゃんはすごく優しいんです」

紬「ゆ、唯ちゃん///」

山岡「…」

山岡「このお菓子は出来そこないだ、食べられないよ」

紬「えっ…」

栗田「ちょっと山岡さん!」

紬「お口に合いませんでしたか…?ごめんなさい」シュン

山岡「やれやれ、こんなお菓子を持ってきてるようじゃ本当に友達思いかあやしいもんだ」

栗田「(パクッ)あ…駄目だわ、不潔な雑巾の匂いがするわ」

律「お、おい!そんな言い方ってないだろ!」

山岡「だいたいこの飲み物とお菓子を一緒に出している時点でどうかしてるね」

山岡「このお菓子も泣いてらぁ」

山岡「これじゃ風味が台無しだよ」

唯「ちょっとおじさん!やめてよぅ!」

唯「みんなごめんなさい、おじさんは食べ物のことになると厳しいから…」

山岡「まずいものはまずい。俺は正当のことを言ってるだけだよ」

唯「ちょ、ちょっと!あははみんなごめんね?」

唯「演奏はまた今度ってことで、今日はおじさん帰ろう!?ねっ!?」

山岡「だいたいこのお菓子は…」

栗田「雑巾が…」

紬「…」カチン

唯「ほら早く帰ってっ!」

山岡「とりあえず話しを聞け」

山岡「明日もここに同じ時間に居てくれ」

山岡「本物の菓子を食わせてやる」

紬「いえ結構です、もう来ないで」

山岡「えっ」

栗田「紬さん、気持ちはわかるけど逃げちゃだめよ」

紬「私は別にいままでどおりでいいんです」

律「正直、私達庶民は普通のお菓子で十分だよなぁ…」

澪「といってもムギが持ってくるのは高いやつだし、おいしいやつだと思ってたけど…」

紬「みんなもこう言ってるので、遠慮しときます…」

栗田「いや、だめよ」

紬「栗田さん…本当にいいですから」

栗田「っ…!」

栗田「あなた、不潔な雑巾の匂いがするわ」

紬「っ!?」

紬「ひどい…」

律「おいムギに謝れ!なんなんだよあんたらさっきから!」

山岡「なら黙って明日ここに来るんだな」




山岡「よし、食材を買いに行こう」

タッタッタ…

山岡「ん、あの子は」

梓「あ…昨日の」

山岡「ふむ…」ジー…

梓「えっと…なんですか…?じろじろ見て…」

山岡「高校生には珍しい、幼児体系だな」

山岡「逆にそのアンバランスさが食欲をそそる」

梓「…え?」



律「もうそろ来る頃かな」

律「また何言われるのやら…」

唯「だ、大丈夫だよ!ただお菓子食べれば終わりなんだからっ!」

澪「まぁ…それもそうだな」

紬「でも…」

律「大丈夫、またなんか言おうとしたら私がぶっ飛ばしてやる!」

紬「うふふ、ありがとう」

唯「あれ?そういえばあずにゃんは?」



山岡「よし、食材を買いに行こう」

タッタッタ…

山岡「ん、あの子は」

憂「あ、おじさん!」

憂「どうしたんですか?」

山岡「ちょっと買い物をね」

憂「そうなんですか、あ、よかったらうちに晩ご飯食べに来ませんか?」

憂「今日珍しくお姉ちゃんが作るって張り切ってて」

山岡「そうなのか、じゃあ買い物が終わったら向かうよ」

憂「はい、お待ちしてます!」





ピンポーン

憂「あ、きたかな」

ガチャ
山岡「こんばんは」

唯「おじさん来てくれたんだ!待っててねもうそろ出来上がるからっ!」

唯「あちっ!」

憂「お、お姉ちゃん!」

山岡「やれやれ」

唯「はいお待たせしましたー!」

憂「わぁおいしそう!いただきます」

山岡「…」モグモグ

唯「おじさんどうかな?私の自信作っ!」

山岡「これは酷いね」

唯「あっ…」

山岡「そもそもしっかりと焼けていない、論外だ」

山岡「その上味も濃すぎて食えたもんじゃない」

唯「うぅ…ごめんなさい」

憂「……」

憂「おじさん、そんな言い方はないんじゃないですか?」

山岡「まずいものはまずい、それだけだ」

山岡「客人にこんなもの出すなんて考えられないね」

憂「…」

憂「いい加減にしろよ」

山岡「え?」

憂「軽音部のみなさんにも暴言吐いたらしいですね」

憂「その上お姉ちゃんにも…」

憂「もう許せません」スッ

唯「う…憂…?」

山岡「その包丁をどうするつもりだ…?」

憂「もう想像ついてるんじゃないですか?」

山岡「くっ…」

「たたかう」「じゅもん」「にげる」



「じゅもん」

山岡「アンキモ アンキモ アンキモ!」

憂「なにを わけのわからないことをいってるんですか それじゃ さようなら」

「やまおかは、ういちゃん に さされてしまいました。 
これでは おかしどころではありませんね。GAME OVER」



山岡「昨日は災難だったな…」

山岡「とにかく約束だし作るとするか」

ガチャッ

唯「あ、おじさん!」

唯「昨日は…ごめんなさい」

山岡「いいんだ、結局かすっただけだったし」

山岡「首絞められただけで済んだから。
   唯ちゃんが助けてくれなければ死んでたよ」

澪「(一体何があったんだろう…)」

山岡「それはさておき、それじゃ早速食わせてやる」

紬「お…お願いします」

「すてる」「めだまくりぬく」「ふりまわす」「かわをはぐ」「めったぎり」



山岡「よし、それじゃあ…」

「ふりまわす」

ブォン!ブォン!ブォン!

ペチャ!
紬「きゃあ!」

ペチャ!
澪「もう!クリームが制服についた!」

律「なにするんだよ!」

梓「最低です!」

山岡「す…すまない!」

「ギャー! おこったみんな に ふくろだたきにされてしまいました 
 やまおか は きをうしなってしまいました」

GAME OVER




山岡「よし、それじゃあ…」

「すてる」

山岡「もう知るか!」ポイッ!

唯「あ!」

ヒューングチャ

「ざいりょうをまどからすてました。やまおかは、
 とつぜん、よのなかがイヤになってしまったようです。

GAME OVER



山岡「よし、それじゃあ…」


山岡「完成だ」

山岡「食ってみろ」

モグモグ…

律「言うだけのことはあるんだな…」

梓「確かにすごくおいしいです」

澪「うめー!」モグモグ

紬「おいしい…」

唯「おじさん料理も上手いからねぇ」

紬「私もこれ作れるようになりたい…」

紬「私に教えてくださいっ!」

山岡「」

紬「山岡さん?」

山岡「」

紬「…し、死んでる……!!」


おわり



エピローグ(おまけ)

私は死んだ山岡さんの意思をついで勉強に励みました。
究極のメニューを完成させるために…

唯「あ、ムギちゃーん!」

紬「ごめんなさい、遅れちゃって」

梓「ムギ先輩が遅れてくるなんて珍しいですね」

澪「ともかくこれで全員そろったな」

律「それじゃあ行くか!」




唯「あー面白かった~!」

律「またみんなで来たいなー!」

澪「確かにすごくおもしろ…」グー…

澪「あ…」

律「あれー?澪ちゅわーんどうしたのかなー?ww」

澪「あ、うるさい!///」

梓「どうせならこのままどこか食べに行きましょうよ」

律「それもそうだな、私もお腹減ったー」

唯「あ!うちにきなよ!私が作ってあげる!」

澪「最近憂ちゃんに料理教えてもらってるんだっけ?」

唯「うん!」

律「食えるんだろうな…」

唯「もう当たり前だよ!」

律「あはは冗談だよww」



唯「はーい完成ー!」

律「おお~!うまそー」

澪「うめー!」モグモグ

律「おいいきなり食うなよ!」

紬「……」モグモグ

唯「ムギちゃんどう?」

紬「30点ってとこかしら」

唯「え…?」

紬「味付けがうんぬん…」ペラペラ

梓「えっとムギ先輩…?」

紬「やれやれ、この程度の味じゃ本当に練習したかあやしいものね」

律「おい…ムギ…?」

紬「明日、私の家に来て、本当の料理ってものをご覧にいれるわ」

唯律澪梓「なにそれこわい」


おわり