唯「あいwwwwwwwうぉんwwwwwwちゅーwwwwwwww」

梓「あいwwwwwwwにーwwwwwwwwじゅーwwwwwww」

唯「あいwwwwwwwにーwwwwwwwwじゅーwwwwwww」

律「うるせぇ」

唯「はい」

梓「会いたかったあwwwwwwwwwwwwwwww」

唯「会いたかったあwwwwwwwwwwwwwwww」

梓「会いたかったwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

唯梓「いえっすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


律「あいつ等なんなんだ……」

澪「唯達が悪いんじゃない AKBが悪いんだ」

唯「めいっびwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

梓「めいっびーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

紬「AKBって何かのアーティストなの?」

律「アイドルだな」

澪「まぁ皆ブスだけどな」

律「ぶっちゃけ私達の方が可愛いよな」

澪「な」

紬「どんな顔なのかしら」

唯「むぎちゃん、この可愛いゆきりんの画像見なよ」

梓「むぎ先輩! こっちのまゆゆの方が可愛いですよ!」

紬「何よこの人達…… おばさんじゃない」

唯梓「」

紬「澪ちゃん達の方がずっと可愛いわよ」

律「だよな」

澪「むぎは分かってるな」


唯「ポニーwwwwwwwwwテーwwwwwwwwwwwwwwwwルwwwwww」

梓「フヒッwwwwwwwwwwwwwフヒッwwwwwwwwwwwwwwww」

律「気持ち悪い」

唯「はい」

梓「好きならばwwwwwwwwwwwwwwww」

唯「好きだと言おうwwwwwwwwwwwwwwwwww」

澪「どうしてこうなった」

紬「もう放っておきましょう」


律「澪、新しい歌詞出来たのか?」

澪「あぁ……これ」

律「びぎなー……って何だこれ」

澪「え」

唯「ちぇんじwwwちぇんじwwwwちぇんじwwwwwww」

梓「ザワールドwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

律「こいつ等か……」

紬「でもこの曲どこかで聴いたことあるわ」

澪「そりゃオリコンに入ったからな」

律「でも私達のアルバムの方が人気だよな」

澪「そりゃそうだ」

紬「あんなオバサンアイドルより私達の方が絶対売れるわ」

唯梓「」

唯「ねぇ澪ちゃん」

澪「喋りかけるな豚」

唯「今年のライブでAKBの曲アレンジして歌おうよ」

梓「私は大さんせ...律「一人でやってろ」

紬「梓ちゃんも持っていっていいわよ」

梓「しょうがないですね そこまで言うなら」

律「軽音部やめてくれるのか」

梓「やめません」

澪「何だよ……」

唯「AKBの良い所をあげていくよ!」

紬「さぁ、練習しましょう」

唯「聞いてくれたら澪ちゃんとりっちゃんのムフフな画像を……」

紬「お茶淹れるから話して良いわよ」

律「おい」

澪「何で唯が持ってるんだよ」

梓「って事はムフフな事しちゃったんですか」

澪「」

紬「ブフォwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


唯「まず一つ、それは」

律「もういいよ」

唯「あ、はい」

梓「何引いてるんですか」

紬「もう良いわよ」

梓「良くないです」

律「聞かないから勝手に話しててくれ」

梓「分かりました」

梓「良い所、一つは……」

唯梓「可愛い所!!」

律「私達の方が可愛い」

澪「うんうん」

紬「オバサンの何が良いのよ 唯ちゃん達ってオバコンなの?」

唯梓「」

唯「……気を取り直してどんどん行くよ!」

梓「二つ目は……」

唯梓「歌が上手い!」

律「私達の方が上手い」

澪「唯と梓は下手だけどな」

紬「耳腐ってるんじゃない?」

唯「私、歌下手だったんだ……」

梓「唯先輩はデコ先輩なんかより歌上手ですよ!」

律「あ?」

梓「唯先輩の歌声とかもう耳が腐るレベルですよね~」

唯「あずにゃん……」

唯「私の歌が下手って分かった所で三つ目行くよ!」

律「まだあんのか……」

梓「三つ目……それは!」

唯梓「ダンスが」

律「私達の方が上手い」

澪「唯と梓は下手だけどな」

紬「耳腐ってるんじゃない?」

唯「耳関係ないからね?!」

梓「律先輩達ダンス踊れないですよね?!」

律「何言ってるんだよ」

澪「軽音部だったらダンス踊れないと恥ずかしいだろ」

唯梓「」

唯「ほらね! いっぱい良い所あるでしょ!」

律「全部否定されたけどな」

梓「嫉妬ですか? 嫉妬厨乙wwwwwwwwww」

律「なんか言ったか?」

梓「いえ、唯先輩に言いました」

唯「私?!」

澪「まぁ、所詮AKBはクズドルグループだったって事だな」

律「だな」

紬「解決したところで練習しましょう」

――――――――――
――――――

唯「って事があってさー」

憂「え? お姉ちゃんAKB好きなの?」

唯「うん」

憂「……」

唯「憂も好きだよね?」

憂「ちょっと待っててね」

唯「?」

……

憂「AKBの曲とメンバー覚えてきたよ」

唯「早くない?!」

憂「お姉ちゃんの為だもん」

唯「なるほど」

憂「えへへ」

唯「憂は誰が好き?」

憂「まゆ……」

唯「ゆきりん可愛いよね!」

憂「だよね! ゆきりん神だよね!」

唯「えへへー だよねー!」

憂「うん!」


次の日!

唯「という事で部活の時間がやってまいりました」

梓「行く手wwwwww阻むwwwwwwwww」

紬「りばwwwwwwりばwwwwwwwww」

律「えっ」

澪「えっ」

紬「えっ」

唯「むぎちゃん!」

梓「むぎ先輩!」

紬「唯ちゃん! 梓ちゃん!」

律「おいこら眉毛」

澪「む……眉毛、どういう事なんだ」

紬「私ね」

律「うん」

紬「ゆいあずのカップリングの方がいいと思うの」

律澪「」


紬「だから私、こっちの味方につくわ!」

律「意味分からん……」

澪「流石だな……」

唯「よく分かんないけどむぎちゃんもAKBファンの一員だね!」

梓「アンチざまぁwwwwwwww」

律「どうした梓」

梓「いえ、相変わらずうるさいですよね、唯先輩」

唯「私そんなにうるさかったかな……」

律「もう良いや、むぎ、新しい歌詞に曲つけてくれたか?」

紬「出来たわよ」

澪「嫌な予感しかしない……」

紬「ふわふわ時間(会いたかった)Verとふでペン(RIVERVer)どっちが良い?」

梓「ふわふわwwwwっわーwwwwww」

唯「ふわふわwwwwっわーwwwwwwwwww」

梓唯紬「たいむwwwwwwwwwwwwwww」

律澪「」


律「……」

唯「AKBwwwwwwwwwwwwwww」

梓唯紬「ふぉーてぃーwwwwwwwwwwwえいっwwwwwwwwwwwwww」

澪「……」

律「あれ、これって私達がアウェーなんじゃね?」

澪「あぁ……、みたいだな」

梓「今更かよデコ」

律「ちょっと来い」

梓「唯先輩呼ばれてますよ」

唯「だからなんで私?!」

律「死ねっ」バキッ

唯「グハッ」ドンガラガッシャーン

紬「唯ちゃん!」

憂「お姉ちゃん?!」ガラッ

律梓澪紬「?!」

唯「うぅ……」

憂「誰がこんな事を……」

憂「誰ですか?」

梓「あれ! あれだよあのデコ!」

律「おい」

梓「ほらっ! やっちゃって! あのデコ先輩!」

律「おい中……」

梓「フヒッwwwwwwwwざまぁwwwwwwwww」

憂「そうなんですか? 律さん」

律「こ、これは……」

唯「違うよ憂……」

憂梓唯澪紬「えっ」

唯「あずにゃんだよ」

憂「そうなの? 梓ちゃん」

梓「え、ちょ、え……」

律「ははっ、ざまぁ」

澪「これでうるさいのが一人減るな」

紬「ご愁傷様」

憂「ちょっとこっち来ようか」

唯「っていうのは嘘でさ」

梓「ですよねーwwwwwwwwwww だと思ったよwwwwwwwwww」

唯「やっぱり梓ちゃんで」

梓「ごめんなさい」

憂「まぁ良いです 今回だけは許してあげますよ」

梓「ほっ……」

澪「ごめんな、騒がせたみたいで」

憂「いえ、でもまたこんな事があったら次は許しませんよ」

律「はい」

梓「後輩に敬語www」

律「……」

唯「ごめんね憂ー 心配かけたみたいでー」

憂「大丈夫だよ、お姉ちゃん!」

紬「またね、憂ちゃん」

憂「はい、失礼します」

梓「さて、邪魔者が消えた所でAKBの良い所についてもう1回まとめてみましょうか」

律「またか……」

唯「あ、ごめんあずにゃん」

梓「え?」

唯「もうAKBはいいや~」

梓「」

律澪紬「wwwww」

唯「皆で喧嘩する位なら仲良くした方が良いしね!」

梓「」


唯「という事でもうAKBはどうでも良いよー」

梓「……」

唯「あずにゃん?」

梓「ですよねーwwwwwwwww AKBとかまじいらねwwwwwwwww」

律「何なんだよコイツ……」

梓「やっぱり皆で仲良くワイワイした方が楽しいですよね!wwww」

澪「どうしてこうなった」

梓「という事でむぎ先輩、お茶淹れてください!」

紬「梓ちゃん以外のなら」

梓「皆さんテンション低いですよ!! ほら、盛り上げて!!」

唯「あ、あずにゃんうるさいよ……」

梓「はい、すいません」

梓「まぁAKBはもう終わコンって事で」

澪「都合良すぎるだろ……」

律「さっきまでAKBAKB言ってたくせにな……」

唯「私はまだAKBの事嫌いになった訳じゃないけどねー」

梓「ですよね! AKB良いですよね!」

紬「何なのこいつ」

律「梓、お前ちょっと正座しろ」

澪「そうだな、梓は反省するべきだ」

梓「う……、はい」スタッ

唯「ここまでしなくても……」

梓「ですよね! これいじめですよ!」

律「黙れ」

梓「はい」

律「大体梓は、先輩への態度がなってない」

澪「唯の事が好きなのは分かるけどもうちょっと周りの事を考えるんだ」

律「お前、私にデコとか言ってただろ」

澪「まぁ好きな人の事で頭がいっぱいになるのは分かるけど……」チラッ

律「後、うるさい」

澪「それでもやっぱりもうちょっと礼儀を学んだ方が良いと思うぞ」

律「先輩に尊敬の心を持て」

澪「唯と2人っきりの時は好きなだけ暴れても良いから、な?」

梓「……ごめ、なさい」ポロポロ

律「あ、梓……」

澪「ごめん、少し言い過ぎたか……?」

唯「よしよし」ナデナデ

梓「唯先輩……?」グスッ

唯「澪ちゃんやりっちゃんはあんな事言ってるけど……」

唯「私は、今のあずにゃんも大好きだよ!」ギュッ

梓「……唯先輩!」パァッ

律「相変わらずだな、唯は……」

澪「まぁ、一件落着って所か?」

紬「ブフォwwwwwwwwwwwwwゆいあずwwwwwwww録画録画wwwwww」



次の日!

唯「やっぱり時代は西野カナだね!」

梓「ですよね! もう最高です!」

梓「会いたくてwwwwwww会いたくてwwwwwwww」

唯「あ、あずにゃんちょっとうるさいよ」

梓「いいじゃないですかwwww 一緒に歌いましょうよwwwww」

律「反省してねぇし……」

澪「あはは……」

紬「ゆいあずは正義」キリッ


Fin