澪「梓、ちょっと」

梓「はい、なんですか?」

澪「私とファ、ファ、ファ……」

梓「ファ?」

澪「ファ、ファ……ファッ」

梓「?」

澪「ファッ……ファルゲンって何のアニメに出てくる奴だっけ」

梓「装甲戦記ドラグナーですよ」

澪「あ、ああ、そうだったな……」

澪(クソ……ファックしたいって口に出すの、
  意外と恥ずかしいな……)

澪(勇気を出して言うんだ……
  同意の上でのファックでなければそれはレイプと同義)

澪「梓……」

梓「なんですか」

澪「ファ……」

梓「はい?」

澪「ファー……ファッ……」

梓「言いたいことがあるなら言ってください」

澪「ファッ……ックスってそのまま紙が送られてたと思ってた」

梓「なんですかそれ、いまどき小学生でも間違えませんよー」

澪「そ、そうだよな、あはは……」

澪(やっぱりいえない……)

梓「あのー、そういえば今日は他の先輩たちはこないんですか?」

澪「ああ、来ないよ」

梓「そうなんですか」

澪「どうする? 今日は部活やめとくか?」

梓「いえ、練習したいです。
  今日はティータイムがない分いっぱい練習できますよねー」

澪「そうだな」

梓「実は澪先輩と二人で練習したいって、前から思ってたんです。えへへ」

澪(あーかわいいなーちくしょー)

梓「早速やりましょう、澪先輩!」

澪「ああ」

梓「何の曲からやりますか?
  兄弟仁義にします? それとも函館の女にしますか」

澪「梓の好きな曲からでいいよ」

梓「そうですか、じゃあ夫婦一生で」

澪「うん」

澪(そうだ……今日は他のみんな居ないんだ。
  唯はトラックに轢かれて入院、
  律は修学旅行先で迷子になって帰ってないし、
  ムギは親戚の法事でフィンランド……
  梓とファックするのは今しかチャンスがないんだ)

梓「澪先輩はサブちゃんの唄で何が好きですか?」

澪(そうだ、今しかないんだ……
  勇気を振り絞れ、私!
  梓にファックさせてくれと頼むんだ!)

梓「澪先輩? どうしたんですか、ぼーっとして」

澪「え!? ああ、な、なんでもないよ」

梓「そうですか……?
  具合でも悪いんじゃないですか」

澪「いや大丈夫、大丈夫」

梓「そうですか……?
  なんか顔赤いですよ」

澪(お前が可愛いからだよっ!)

梓「熱あるんじゃないですか?」

おでこぴとっ

澪「!?」

梓「あー、なんかちょっと熱いですねー」

澪(あ、あ、あ、梓の顔がメノマエニー!)

梓「今日はもう練習やめときますか?」

澪「やっ、大丈夫! 大丈夫だから、熱とか無いから!
  私の平熱38度くらいだから!
  むしろ今ちょっと体温低いくらいだから!」

梓「そうなんですか?
  じゃあ大丈夫ですかね」

澪「そう、大丈夫大丈夫」

澪(ふー、危ない危ない……
  このチャンスを逃したら梓とファックできないってのに)

梓「初めて出会ってー♪ 結ばれてー♪」

澪(しかしやっぱりかわいいなあ梓は……
  ニャンコみたいな顔つきとか)

梓「気がつきゃ苦労のつづらざか~♪」

澪(ぴょこぴょこはねるツインテールとか激萌え)

梓「時には妻にー時には母にー♪」

澪(つつましやかなボディとかマジたまらん)

梓「おまえいりゃこそー今日があるー♪」

澪(ああ……ファックしたい……濃厚なのをしたい)

梓「夫婦一生~よろしく頼むよこれからも~♪」

澪(よし……勇気を出して言おう!
  私から言わなきゃ何も始まらないんだ!!)

澪「梓ぁぁぁぁぁ!!!」

梓「はい!?」

澪「ファックしよう!!!」

梓「えっ」

澪「ファックしよう!! ファックしよう!! ファックしよう!!」

梓「……」

澪「ファックしよう!! ファックしよう!! ファックしよぉぉぉう!!」

梓「……」

澪「ファックしよおおおおぉぉぉぉぉぉぅぅぅぅぅぅぅうううう!!!!」

梓「……」

澪「はあ、はあ……」

梓「……澪先輩」

澪「なんだ」

梓「やっぱり風邪ひいてるんじゃないですか!
  そんな大きなクシャミをなんどもして!」

澪「えっ!? クシャミ!?」

梓「ファックション、ファックションって連発してたじゃないですか」

澪「えっ、いやそれはクシャミじゃ」

梓「まったく、体調悪いなら最初から言ってくれればいいのに」

澪「いやあの、練習……」

梓「もう練習は終わりですっ。
  ほら、早く帰りましょう」

澪「え、え、え」

梓「家まで送ってってあげますよ」

澪「い、いや大丈夫だよ。一人で帰れるし」

梓「ダメです。心配ですから送っていきます。
  おうちには誰かいらっしゃいますか?」

澪「いや、両親とも仕事だけど……」

梓「そうですか」

澪(あれ? これは逆にチャンスなんじゃないか?
  看病してくれって頼んで、私の家で二人きり……)

梓「じゃあ仕方ないですね、看病してあげます」

澪「おう!!」

梓「な、なんでそんなハイテンションなんですか……」



秋山家。

梓「へー、澪先輩の部屋って意外とシンプルなんですね」

澪「そうか? ていうか意外とって何だ」

梓「いやー、もっとファンシーで乙女ちっくなのかなって」

澪「はは……唯たちにも言われたな、それ」

梓「みんな思いますよ。
  さ、風邪引きさんは早くベッドで寝てください」

澪「はいはい」

梓「なんか買ってきましょうか。
  食べたいものとかあります」

澪「お前を食べたい」

梓「え、なんですか?」

澪「いや……なんでもない」

梓「?」

澪「別に気遣ってくれなくていいよ。
  ほんとになんともないし」

梓「そうですか……? でも心配です」

澪「熱もないから大丈夫だよ」

梓「はあ」

澪(……さて、今の状況を把握しよう……
  私の部屋に梓と二人きり……
  私はすでにベッドイン、梓は椅子に腰掛けている……
  両親は夜まで帰って来ない、推測するにあと4時間……
  ここからどうやって梓とのファックに持っていくか)

梓「……」

澪(1、いきなり押し倒す。
  2、ファックしたいと申し出る。
  3、色目を遣って誘惑する)

梓「……あ、あの」

澪(3は恥ずかしいな……
  女どうしで色気が通用するかも分からないし……
  押し倒すのは相手に恐怖を与えかねない諸刃の剣か)

梓「あの、澪先輩」

澪「あ? ん? な、なんだ?」

梓「あの……こんなときになんですけど」

澪「うん」

梓「前から気になってたんですけど……
  えっと、その……澪先輩って、好きな人とかいるんですか?」

澪「はっ?」

梓「あ、いや、その……
  恋愛の歌詞とかいっぱい書いてるから……
  実体験に基づいてるのかな、って思って」

澪「いや、好きな人は……いないけど」
 (ファックしたい人はいます)

梓「あ、そうなんですか。
  じゃああの歌詞は全部空想の産物なんですね」

澪「空想って……本読んだり映画見たり、
  そこから得たものを……」

梓「空想の産物以外の何物でもないですね」

澪「ぐぬぬ」

梓「でも好きな人いないんですかー……そうですか」

澪「いないよっ。わるかったなっ」

梓「あ、あの」

澪「ん?」

梓「……」

澪「なんだよ」

梓「……」

澪「……」

梓「……」

澪「梓?」

梓「私……その……澪先輩のこと……」

澪「?」

梓「私、澪先輩のこと……ずっと……好きでしたっ」

澪「えっ」

梓「好き……です……澪先輩のこと……」

澪「えっ…………えっ?」

梓「……」

澪「……」

梓「……」

澪「……」

梓「すみません……気持ち悪いですよね……女どうしでこんなの」

澪「いや……ソレに関しては全然まったくこれっぽっちも問題ないけど」

梓「えっ、そうなんですか?」

澪「ああ……」

梓「じゃ、じゃあ私と……つ、付き合ってくれませんか……?」

澪「……」

梓「お願いします、澪先輩……」

澪「……」

梓「ずっと……好きだったんです……」



澪(なんだこれは)


2