──次の日

律「澪…おはよう」

澪「あぁ律、おはよう」

律澪「・・・・・」

律「昨日おとついと部活サボって悪かったな…」

澪「いや…律が嫌がることは知ってたし(スースーしたものが苦手だって)」

律「あぁ…その…やっぱり覚悟がいるからな…(ノーパンになる)」

澪「今日はくるんだろ?」

律「うん。そのつもり」

澪「そっかよかった。そうだ、昨日すごかったんだぞ!」

律「な、なにが!?」

澪「なんせ唯が涎たらしながら喜んでたんだ♪(ハッカ飴おいしいって)」

律「・・・・・・」

澪「ん?どうした律?」

律「いや…唯のやつもとんだ変態だったんだな…」

澪「でも梓のやつに澪先輩のほうが変態度は上ですって言われちゃってさ」

律(そんな…唯以上の変態行動って!?もう私の知ってる澪じゃないんだ…)

ヒュウ~

律「キャッ///」ギュ

澪「おいおいまさか律の口からそんなカワイイ声が出るなんて思ってもみなかったぞ///」

澪「だいたいこの程度の風でスカートが捲れる訳ないじゃないか」

律「そ、そうだけどさぁ~///(さすがにノーパンは恥ずかしい///)」

澪「でも今日の律、やけに女の子っぽいと思うよ」

律「じゃあいつもは女らしくないってことかよ!」

律(はっ!? 恥ずかしがりの澪はノーパンになることによって積極性を手にいれた…)

律(女らしさが欠けている私はノーパンになることによってより女性的になる)

律(そうか…ノーパンになるってことは自分にとって
欠けた部分を埋めることにつながるのか…)

律(パンツっていうのはそんな本当の自分を隠すための拘束具だったんだ…)

澪「? 律どうしたんだ、急に黙って…」

律「澪!!ありがとう!!私に本当のことを気づかせてくれて」

澪「!? あ、ああ…」

律「私、いま生まれ変わったよ!!」

澪「????」

律「こんな晴れ晴れしい気持ちになったのはきっと初めてだ…」

律「澪もこんな気持ちだったんだね!」

律「ごめん澪のこと否定なんてして!!」

澪「いや?えぇ?」

律「ほら急がないと遅刻だぞ♪」

澪「う、うん…???」



──放課後

律「さぁ!部活だ!」

唯「りっちゃん元気いいね」

紬「そうね~」

律「ふっふっふ。昨日おとついと唯たちに遅れをとったからな」

唯「じゃあ今日はりっちゃんもスースーするの?」

律「実はもうすでに朝からスースーしっぱなしなのさ!」

唯「へ~(筋肉痛なのかな?)」



──部室

唯「澪ちゃんなかなか来ないね」

紬「そう言えば、今日は掃除当番だって言ってたわ」

梓「じゃあ、澪先輩が来る前に少し練習しときましょうか」

唯「え~…まずお茶にしようよ~」

梓「澪先輩をほったらかしにしてですか!?」

律「あのさぁ~…」

唯「なに?りっちゃん?」

律「昨日おとついのような事はもうしないのかなって思ってさ…」

紬「りっちゃんもスースーしてみたいの?」

唯「でも澪ちゃんがいないと…(アンメルツ澪ちゃんが持ってるし…)」

律「そ、そっか…やっぱり澪がいないとな
(あいつがきっとノーパン教の教祖みたいなものだからか…)」

紬「でも、りっちゃんいいの?」

律「何が?」

梓「澪先輩が律先輩はそういうのが苦手だから無理強いはいけないって…」

律「いや…私だってさ、いつまでも逃げてばかりじゃいけないと思ってさ」

唯「へ~そうなんだ~」

律「ところでみんなはどうしてソレ(ノーパン)の素晴らしさに気づいたんだ?」

唯「私は初めてだったんだけど澪ちゃんに(アンメルツ)してもらって…」

律(し…してもらった…だ…と…!?)ゴクリ

律(澪のやつ…まさか唯を手篭めに…)

唯「でね、(筋肉痛が)痛かったんだけど、だんだん気持ち良くなってきてね
家に帰ってからも部屋で一人でやってたんだ~♪」

律(!? 憂ちゃんが言ってた変な声の正体はこれか!!)

律「唯はもう私の知らない遠くへ行っちゃったんだな…」

唯「??」

律「ところでムギと梓はどうなんだ?」

紬「私は別に初めてって訳じゃなかったからどうとも」

梓「私も何度か経験してるので…」

律「なっ…なんだってーーー!!!!」

律「おいおい、どうなってんだ軽音部…乱れまくりじゃないか…」

律「しかも梓に至っては何度もだと…」

梓「何言ってんすか?律先輩?」

紬「確かに唯ちゃんはその時初めてだったかもしれないけど
正直唯ちゃんの方がレアケースじゃないかしら?」

梓「そうですよ」

律「私だってまだだよ!!!」

律「だいたいそんな若い頃からそんなことして…もっと自分の体を大事にしろよ!!」

唯(りっちゃんがアンメルツヨコヨコ苦手なのって年寄り臭いからなのかな…)

律「私は…情けないよ…」

梓(確かに…若いころからそんなものに頼っていてはダメかもしれませんね…)

梓「すいません律先輩…以後気をつけます」

律「あぁ…解かってくれればいいんだ」

律(でもこんな説教を今ノーパンの私がしても説得力に欠けるなぁ…)

律(そういえば…今日は唯のやつタイツ着用だぞ…)

律「なぁ唯」

唯「なぁに?りっちゃん」

律「なんでタイツ穿いてるんだ?」

唯「えっ?私寒がりだから」

律(ほほぅ…澪のノーパン教はそこまでの無理強いをしないって事か
信者の立場に立った教えなんだな。関心関心)ウンウン

律「ムギと梓はもちろんノーパンなんだよな」

紬梓「えっ!?」

律「えっ?!」

律「なんで…違うの…?」

唯「そういうりっちゃんはもしかして…」

律「・・・・・」

紬「ちょっと失礼…」ピラッ

紬「!!!!????」

梓「ムギ先輩が鼻血をっ!!」

唯「まさか…りっちゃん…」

梓「澪先輩に続いての変態さん2号ですか…」

律「!?」

律(教祖であるはずの澪を変態あつかいだと…!?)

律(もしかして!!)



~~~律の想像~~~

唯「ふっふっふ…今は散々持ち上げといてやるよ」

紬「でも、今に見てなさいよ」

梓「最後はただの変態として世に晒してやるです」

唯紬梓「グエッヘッヘッヘッヘッヘ…」

~~~~~~~~~~~



律「くそぅ…澪…私は…」

律「いつでもお前の味方だからなぁぁぁぁぁ!!!!」

唯「うわっ!?りっちゃんが暴走し始めた!!」

律「澪の理想郷は私が守ってやるぅぅぅぅぅ!!!!」



澪「はぁ、掃除当番だったから遅れちゃった…」

キャー!ワー!ヘンタイー!

澪「ん?やけに部室が騒がしいな…」

ガチャ…

澪「おーいみんな。何して…」

唯「あー!!澪ちゃん!!りっちゃんが!!」

澪「へっ?律?」

澪「ひっ!?」

律「おい澪!こいつらノーパンの素晴らしさをぜんぜん理解してないぞ!!」

梓「だからってなんで裸になる必要があるんですかー!!」

紬「私はいいと思うの♪」

梓「変態眉毛は黙っててください!!」

律「もはや私はノーパンじゃ物足りないんだ!!」

律「生まれたままの姿。これこそ人間本来の姿じゃないかー!!!」

唯「いや~こっちこないで~!!」

律「ほらもうムギは脱いだぞ!唯と梓も!」

澪「律…気がくるったか…?」

律「何言ってるんだよ?お前が教祖様だろ?」

律「私は知ってるんだからな。昨日おとついとみんな私をのけものにして
ノーパンで過ごしてたってこと!!」

律「でも澪!聞いてくれ。こいつら異教徒だったんだ!!」

澪「何言ってるんだ?律?」

律「ノーパンだったからスースーしてたんだろ!!」

澪「もしかしてこれのこと?」スッ

律「・・・・アンメルツヨコヨコ?」

律「・・・・え?」

澪「・・・・・」

唯「私、学祭のとき走ってギター取りに帰ったでしょ?だから足が筋肉痛になって…」

律「・・・・だから、スースー?」

唯「うん」

律「スースーしてお汁溢れちゃうっていうのは…」

梓「唯先輩、ハッカ飴食べたら唾液が止まらなくなるんです…」

律「・・・・・」

紬(もう終わっちゃったのかしら…残念ね…)

律「澪はもうノーパンじゃないの…?」

澪「当たり前だ…」

律「はははは…」

澪「とりあえず服を着よう…」

律「裸だったらなにが悪い!!!」

「!!!??」

律「みお~みお~」

澪「・・・・・」

紬「クサナギ神さまじゃ~…はは~」

梓「また拝まないでください!」

その後りっちゃんが裸教の教祖として
歴史に名を残したという記述は
どの歴史書にも残っていない

~fin~



そりゃね…常時ツッコミが絶えないようなSSに憧れるよ
でも俺が書くSSはどれもこれもこう淡々として自分の投下したやつが
スレの半分以上を占めるさ。100レス越えることもめったにないさ
だから>>43で
ちょwwwwアンメルツでスースーしてたのかよwww とか期待してたよ
けどお前らときたら
は?とか 死ね とか なんだエロ展開じゃないのかゴミSS決定とか
時間返せ とか 金返せ とか
やっぱりVIPは変態の集まりなんだな

でも愛してる
ここまで読んでくれてありがとう