──学祭前日

澪「はぁ~…もし明日唯の体調が良くならなかったら私が全部歌わなきゃいけない…」

澪「でも…前回も結局私が歌ったしその点はなんとかなる」

澪「問題は…」

澪「お茶碗…」

「・・・・・・」

澪「あんな恥ずかしい思いはもうごめんだ…」


澪「…!? そうだ!いいことを思いついたぞ♪」



──学祭当日

梓「来たかと思ったらギター忘れてくるって…ホントに唯先輩はダメダメです!」

律「まぁ唯らしくもあるけどな」

紬「でもきっと始まるまでには間に合わないわ…」

澪「仕方ない…セットリストの順番を変えるか」

律「なんで?」

澪「一曲目はふわふわ時間の予定だったけど、この曲は唯が一番慣れてる曲だ」

澪「最初からは間に合わなくても途中から入ってくる可能性はある。」

紬「そっか。唯ちゃん風邪で練習あまりできなかったから…」

澪「そう。いくら唯でも去年から練習してる曲を忘れることはないと思う」

梓「だからふわふわ時間を最後に。ということですか?」

律「なるほどな~」

紬「だとすると唯ちゃんが来るまでボーカルは澪ちゃんってことになっちゃうわね」

律「大丈夫か~澪?」

澪「ふっふっふ…任せてもらおうか」

梓(なにか今日の澪先輩自信に満ち溢れてる!!)

梓「でもせっかくツインギター用にアレンジしたのにもったいないですね…」

澪「居るじゃないかギターが上手くて暇そうな人がここに」

さわ子「…へっ?」

律「さわちゃん!お願い!唯が来るまででいいから」

さわ子「だ、ダメよ!私、一応吹奏楽部の顧問も勤めてるんだから

澪「ムギ。さわ子先生は今後一切お茶ケーキはいらないそうだ」

さわ子「え゛っ!?」

紬「残念ですわ。パリから取り寄せた美味しいお菓子があったのに…」

梓(澪先輩うまい!)

さわ子「…くっ!?仕方ないわね。背に腹は変えられないわ…」

律「よっしゃ~!じゃあ行くか!」

さわ子「ちょっと!せっかくあの浴衣防寒仕様にしたんだから着ていってよ!」

律「えぇ~…」

澪「いいですよ」

律紬梓「!!?」



梓「澪先輩正気ですか!?」

律「お前が一番嫌がると思ってたのに」

紬「いいの澪ちゃん?」ハァハァ…

澪「せっかく先生が作ってくれたんだ。着ないわけないだろ?」

さわ子「そ、そう(意外だったわ。まさか澪ちゃんが先導きって着てくれるなんて…)」

律「まぁ、澪がそこまで言うなら…」

梓「そうですね…」

澪「よし。じゃあ今から着替えるか」

さわ子「じ、じゃあ私も唯ちゃんの衣装余ってるし
これに着替えて舞台上がっちゃおうかな♪」エヘッ

律「冗談は過去の奇行だけにしろよさわちゃん!!」

梓「私たちに恥ずかしい思いをしろってことですか!」

澪「見えない聞こえない見えない聞こえない…」ブルブル

紬「澪ちゃん大丈夫よ!それは私たちが絶対阻止するから!」

澪「はっ!? うぉっほん…。私としたことが…」

澪「今日の私は一味違うんだ!」

澪「でもさすがにさっきの先生の発言には動揺せざるをえなかった」

さわ子「・・・・・・」



──お着替え終了

律「しかし今日の澪はなんだかいつもより積極的だな」

紬「そうね。凛々しくさえ思えるわ」

梓「澪先輩ステキです!!」

澪「いつまでも引っ込み思案な私じゃないってことだよ」

ガチャ

和「あんた達もうそろそろだから講堂へ…って何その格好?」

律「おぉ和!どうだ似合ってるか?」

和「はぁ…あんた達のことだから何か変わったことやるとは思ってたけど…」

澪「よし!じゃあ唯が来るまでみんなでがんばるぞ!!」

「オッーーーー!!!」

律「って掛け声は部長の私がやるつもりだったのに!」

澪「ふふっ。たまにはいいじゃないか♪」

和「澪ったら今日はえらくやる気じゃない」

律「そうなんだよ。何があったんだか…」

紬「でもいいことじゃない♪」

梓「そうですよ。あ、もしかして律先輩ったら澪先輩がしっかりしすぎると
自分の部長の座が危ういとか思ってるんじゃ…」

律「そ、そんなんじゃないやい!」

律「って澪、何してるんだ早く行くぞ~」

澪「ああ。少し準備することがあるから先行っててくれ」

律「?そうか。早く来いよ~」

和「ところで部屋の隅で真っ白になってるの。あれ。何?」

律「ああもう!さわちゃんほら行くよ!」

さわ子「うっ…うっ…」



スルスル…

澪「よしこれで準備はOK!」

澪「ふっふっふ…今日の私は無敵だっ!!」



──軽音部演奏中♪

澪「♪愛を こめて スラス~ラとね…♪」

律(ほんと今日の澪は生き生きしてるな。なんていうか『照れ』がない)


──
───

唯「ねぇ私。あの頃の私…なんやらかんやら」


ガチャ

憂「あっ!?お姉ちゃんがんばって!!」

唯「おおぅ!!」



唯「よく考えたら、いつもいつもご迷惑を…うんたらかんたら」





──
───
ジャジャッジャ~ン♪

唯「軽音大好き~♪」

唯「りっちゃん!もう一曲!」

律「おっしゃ~!!」

和「唯!もう時間切れよ!」

唯「ええぇ~~~…」

和「ただでさえ押してるのに。他の部の時間がなくなるわ」

澪「仕方ないよ唯。さぁみんなの声援に応えてあげて」

唯「…うん。  みんな~ありがと~!!」

ワー!!ワー!!

紬(とても素晴らしい演奏だったわ)

梓(これが…この歓声が私たちのために…)

律(本当によかった…)

澪「どうやら大成功のようだな♪」

唯(なんだかまだ夢見心地だよ…)

唯「って澪ちゃんまた足元がお留守!?危ない!!」

澪「へっ?」

ビターン!!

律「!? また澪がこけた!!」

紬「去年と同じく『後ろからお願い///』のスタイルだわ!!」

梓「また澪先輩のお茶碗が観衆の白日の下に晒されてしまう!!」

澪「イタタタタ…」

ペロ~ン

唯律紬梓「!!!!???」



それはそれはみごとな桃じゃった…



紬「・・・・・ゴクリ」

紬「いただきますっ!!!」ガブッ!!

唯「あぁ!?ムギちゃんが澪ちゃんの桃を!!」

律「やめろ!!ムギッ!!」

澪「・・・・・」スタスタ… ズルズル…

梓「そんな…ムギ先輩を引きずったまま舞台袖へ…」

律「澪!!」

唯「澪ちゃん!!」



律「澪っ!!そのなんていうか…」

澪「ん?どうしたんだ。そんなに青ざめた顔して」

律「え!?」

唯「澪ちゃん…ごはんの次はデザートも出しちゃって…」

澪「唯も何訳の分からないこと言ってるんだ?」

梓「フラッシュも…確認できました…」

律「はっ!?和!!ただちに講堂を封鎖!澪の桃画像の流出を防ぐ!!」

和「!? 分かったわすぐに手配する!!」

澪「おいおい。えらくおおげさだな」

梓「何言ってるんですか澪先輩!一大事ですよ!!」

澪「…ちょっと、私の話を聞いてくれないか?」

澪「いいか?私は昨日家に帰ってからとてもよく考えたんだ」

澪「それで得た答えはこれだ」



──パンツが恥ずかしければ

ノーパンでいればいいじゃない──


秋山 澪



唯律梓「!?」

紬「ありがたや~ありがたや~」

梓「ちょ…ムギ先輩拝まないでください!!」

律「澪が…おかしくなっちゃった…」

唯「うぅ…ひっぐ…み゛お゛ぢゃん…ひっぐ」

澪「私は、いたって正常だぞ」

澪「いいか。よく考えてもみろ。隠すから見たくなるんだよ」

律「でも、お前…ノーパンって…」

澪「まぁいいや。唯ちょっと」

唯「ひっぐ…なに、澪ちゃん」

澪「今からまたこの浴衣を捲るからしっかりその目で見てくれ」

唯「いいよ…見たくない…」

澪「じゃあ…」

澪「ねぇ…///こんな短い裾の浴衣だからって覗いちゃダメなんだからね///」

唯「!?」 「不思議!!見たい!!」

紬「もう一声~♪」

澪「な。」

律「・・・・・」

澪「大体、政治だってなんだって裏でこそこそ隠してやってるから
国民は政治不信になり、ひいては国政に無関心になるんだよ」

律「いや…ノーパンのやつに言われても…」

澪「だから私はもう隠さないって決めたんだ!!」

紬「ブラボー!!」

梓「ムギ先輩は黙っててください!!」

澪「ただ日本では服を着てないと警察に捕まってしまう…」

澪「だからせめて私はノーパンツ。イエスブラジャーで行こうって。そう決心したんだ」

唯「でもブラジャーはするんだね」

澪「私は人よりバストが大きいからな。これは隠すという意味合いよりは
体の機能の補助的な役割だから」

梓「・・・・・・・チッ」



和「あっ!澪!なんとか寸前の所で流出は防げたわ!」

澪「そうか。手間かけさせて悪かったな」

和「なんで今回はそんなに落ち着いてるの…?」

紬「澪ちゃんは悟りをひらいたの。全人類希望の光…」

律「和いいんだ…澪はネジが外れちまって…」

和「よく分からないけど…そろそろ次の部が来るからここ空けてね」

律「ああ…」

梓「律先輩…」



──ライブ後 部室

唯「じゃあ澪ちゃんのあだ名はピーチ姫ね」

紬「桃だからね♪」

澪「ふふっ」

律「もうあっちはダメだ…」

梓「わたしは律先輩の見方ですよ!」

澪「唯たちもノーパンで過ごせばいいよ。スースーして爽快だぞ!」

唯「いや…私はいいかな…」

紬「私も…今は遠慮しておくわ」

律(さすがに自分でするのは嫌か…)

澪「そうか~。けっこう気持ち良いもんなんだけどな~」


2