……………………………

……………

……

律「やっぱりまだ下駄箱には靴のこってたな」

紬「とりあえず部室に戻りましょう…唯ちゃんも心配だし」

梓「あぁ、澪先輩…鼻クソでもウンコでも食べますからぁ…」フラフラ

律「それで許されたらドン引きだわ」

紬「でも本当に一言でいいから今日のうちにちゃんと謝りたいわね…」

ドア「ガチャリ」

さわ子「あら、あなたたちどこ行ってたのよ。澪ちゃんさっきまで来てたわよ」

律「えぇ!!」

梓「そんな…ゆ、唯先輩!澪先輩はなんて…!」

さわ子「唯ちゃんならまだ床で泡吹いてるわよ」

唯「」グッタリ

律「放置かよ」

紬「先生…澪ちゃんは」

さわ子「これ…あなたたちに渡したいって」スッ

律「それ!澪の歌詞ノート…」

さわ子「最後に新しい歌詞書いてたんだって」

紬「澪ちゃん…こんなときにまで私たちのために…」

さわ子「ケンカでもしたの? 『直接みんなに渡しなさい』って言ったら、『もう顔合わせられないから…』って…」

梓「ううう…澪先輩~…」グスン

律「それで澪は他になんて…」

さわ子「う~ん、それだけね」

紬「家に帰ったのでしょうか?靴はまだ学校にあるみたいなんですけど…」

さわ子「う~ん? あ!そういえば『屋上行かなきゃ』って呟いていたような」

律「え、またぁ?」

梓「」ビュン カサカサカサ…

紬「梓ちゃん、速っ…さすがg…」

律「はぁ、はぁ、なんか走ってばっかりだな…」

紬「はぁ、はぁ、でも急がないと今度こそ見失っちゃう…」

律「はぁ…屋上着いた……。って、梓?」

紬「梓ちゃん、入り口で立ち尽くしてどうしたの?」

梓「あ…あ……あれを…」ガクガク

律紬「!!」

紬「澪ちゃん!やっと見つけた!」

律「っていうか…! 柵乗り越えて何やってんだあいつ!?」

梓「ま、…まさか…」

律「見てる場合じゃない!澪ぉぉおおお!!」ダッダッダッ

紬「澪ちゃん!!!」

梓「せんぱあああい!!」

澪「うん?」

澪「…ひぃっ!!」ビク

澪「な、なんだよ…」

律「澪!早まるな!!」ガシッ

紬「澪ちゃん、ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!!」ガシッ

梓「うう…ひっく…み゛お゛ぜんばいぃぃ」ガシッ

澪「う、うわぁ!どうしたんだ」

梓「ほら、早く出してください! いくらでも食べますからぁ…」ポロポロ

澪「みんな(特に梓)は何を言っているんだ」

律「澪!自殺なんてしてどうなる!落ち着け!!」

紬「そうよ!私たちが悪かったの!澪ちゃんが死ぬことなんてないわ!!」

梓「代わりに私が飛びますからぁぁああ!!」ブーン

澪「と、飛んだぁぁああ!!?」ビクリ

澪「…ていうか、みんなこそ落ち着けよ…! 誰がじ、自殺なんてするか!」

律「へ、違うの!?」

紬「じゃあ、柵乗り越えて何してたの?」

澪「こっちに転がったペン拾ってただけだよ…ほら」スッ

梓「ぺん…だと…?」

澪「……さっきみんなに部室追い出された後…」

梓「」グサリ

澪「屋上に来て歌詞書いてたんだ…みんなに迷惑かけちゃうから…最後に何かお詫びがしたくて…」

紬「ありがとう…ノートはさわ子先生から受け取ったわ」

澪「そうか……そう、そして先生にノート預けて帰ろうとしたとき、お気に入りのペンを失くしてることに気づいてさ」

律「そんでまた屋上に探しに来てたってわけか…なんだ」ホッ

澪「うん、なんか心配させてごめんな」


律「謝るのは私たちの方だよ…本当にごめん澪…」

紬「ごめんなさい!もう好きなだけ叩いてください」バッ

澪「はぁ…。ふふ…わかってくれたならもういいよ」

梓「ごめんなふぁいです……」ペロペロ

澪「ひぃっ!? 上履き舐めるなよ!!」

律「唯なんて反省しすぎて倒れてるから…とりあえず部室に戻ってくれないか?」

澪「…うん」

唯「ああ…澪ちゃん…戻ってきてくれたんだ…さっきは…ごめんね…」ブクブク

澪「ああ、もういいよ唯。ていうか、大丈夫かおまえ…」

梓「」ペロペロペロペロ ジュルリ

澪「そして梓…もう靴舐めるのはやめてくれ」

梓「じゃ、じゃあ焼き土下座15秒しますから、許してください!」

澪「ひいいいっ!ミエナイキコエナイ…」

紬「でも…本当にお別れなのね、澪ちゃん…」

律「今までずっと一緒だったのに…」

唯「やっぱり澪ちゃんがいないとヤダよぉ…うわぁあん…」

澪「私だってみんなと離れたくないよ…」ウルッ

梓「わ、わらひも、へんふぁいほ、ははへはふはひへふ…」ペロペロ

澪「そして梓……勝手にスカートまくってお尻を舐めるのはやめてくれ…」///

梓「じゃ、じゃあ血のマニキュアしてきますから、許してください!」

澪「ひいいいっ!コワイコワイコワイ…」

紬「いつ戻って来れそうなの?」

澪「わかんない…本当に突然に決まったことだから…」

律「突然でロシアって…でもロシアぐらい隣の国だからな!いつでも遊びに行くさ!」

唯「そうだねりっちゃん!毎日学校帰りに澪ちゃん家に寄ろうね!」

梓「いやいや、現実見ましょうよ…」

澪「ふふふ…でも嬉しいよ…ありがとう」


律「よーし!じゃあ明日は盛大にお別れ会だ!!」

紬「そうね!特別なケーキ用意するわ!!」

唯「澪ちゃんのためにお気に入りのTシャツたくさん持ってくるよ!」

梓「私も何か餞別の品を考えてきます…」

澪「みんな…」 


よくじつ!!

紬「はい!特大ケーキよ!斉藤が一晩でやってくれたわ」ドーン

澪「ウェディングケーキかよ…はは(いくら掛かっててんだろ)」

紬「それ澪ちゃん一人の分よ♪ 好きなだけ食べてね」

澪「そ、そんな申し訳ないし! ていうか流石にムリだし…」

紬「大丈夫! 遠慮しないで。私達の分は同じものがほら、こっちに」ドーン

澪「ふ、二つ目…」

紬「流石に斉藤には無理させすぎちゃったけど…澪ちゃんが喜んで食べてくれれば……」

澪「た、食べるよっ……!」パクムシャ

唯「澪ちゃん、特にお気に入りのTシャツ10枚あげるね」

澪「あ、ああ…(変な文字が入ったTシャツだ…)」

唯「…毎日着てね」

澪「あ、ありがとう…ちゃんと着るよ(部屋で)」

唯「うう…ぐすんぐすん」

澪「そんなに泣くなよ…寂しくなっちゃうじゃないか…」

唯「寂しいよぉ…私のTシャツたち……」ポロポロ

澪「そっちか」 

律「ほら、徹夜で作ってやったよ…澪、くまちゃんのぬいぐるみ欲しいって言ってたからさ」///

澪「て、手縫いで一晩…だと…!?」

律「なんだよ! 欲しくないなら別にいいんだよ」

澪「そんなこと言ってないだろ~。でも律がぬいぐるみなんてな…ふふ」

律「……私だと思って、大切にしてくれよ」グスン

澪「律…泣いてる…のか?」

律「う、うるさい! 寝てないから目赤いだけだよ! あぁ~! もう澪のバカ!」

澪「な…。急になんだよぉ…バカ律……」

梓「私は澪先輩が欲しがってたアンプシミュレータを…」

澪「あ、梓!こんなに高いものを…悪いよ……」

梓「いいんです…本当に澪先輩には酷いことをしてしまったので…」

澪「もう気にしてないよ…」

梓「澪先輩……音楽、続けてくださいね」

澪「…うん」

梓「私…真面目で練習熱心な澪先輩が…大好きでした……」

澪「…梓…ありがとう」

澪「みんな本当に本当にありがとう…ううう」

律「……おし!」

律「まだまだ、宴はこれからだぜー!盛り上がろうぜ!」

唯紬梓「おー!!」


♪ウィールシングウタウヨ~~♪

澪「あ、私のケータイ……えーと、ママからだ…」ピッ

澪「もしもし、なあに?」

澪ママ『澪ちゃん!喜びなさい!!引越しの話無くなったわ!』

澪「」

澪ママ『なんかね~パパの赴任先の支社長がね、痴漢で捕まってゴタゴタになって…異動も全部白紙らしいわよ』

澪「」

澪ママ『何よ~嬉しくないの!?』

澪「え…う、うん、ウレシイナー、は、はは、は……」

澪ママ『そうよね~!それじゃあね!』プチ

澪「…」


律「ふぅー。しかし流石に徹夜だとフラフラだぜ……でもまぁ澪のためだしな!」

紬「そうね…ウチの斉藤も過労で倒れて入院しちゃったけど、澪ちゃんのためだもんね…」

唯「うん…T太、T助、T子……みんなお別れだね、でもこれからは澪ちゃんに着て貰えるんだからね…寂しくないよ」グスン

梓「私も…小学校の頃からコツコツ貯めてた預金が消えましたが、澪先輩が喜んでくれたのら満足です」

澪「…」

律「ところで澪。今のお母さんからか? 何だったんだ?」

澪「…」

律「ん?どうしたんだよー澪?」

澪「…」

唯「澪ちゃん?」

澪「…」

梓「先輩?」

澪「実は…」

紬「実は?」



澪「実は私、インチョンに転校する事になったんだ…」

唯律紬梓「!!!?」

お縞い