ライブ当日

Vo「おはよう。今日は頑張ろうね」

澪「はいっ!」



ガチャ

スタッフ「じゃあドラムさん。まずはスネアからお願いします」

律「へーへー」

ダンタカタカドンッシャーンドゥチッチドコドコドコタン!

スタッフ「あの…まずはスネアだけ」

律「うるせえ!そんなまどろっこしいことできるか!」ゴクゴク



G「おいおい…アイツ態度悪いな…」

Vo「なんてバンドだ?」

Dr「逆リハだから…放課後ティータイムだってさ」

澪(おい…おいおいおいおいおいおい!)

G「うわ、右側のギター両腕傷だらけだぜ!」

Dr「なんかカタカナで書いてあるし、なんだー?」



スタッフ「じ、じゃあギターさん音を…」

唯「はーい」

ジャカジャカジャーン

スタッフ「はい、他に音色はありますか?」

唯「おんしょく?何それ?」

スタッフ「あの…エフェクターとか」

唯「えふぇくた?あずにゃん!えふぇくたって何?」

梓「フー、足でふんでギターの音を変える機材です。ほら、これとか」

シャーン カチッ ジャーアン!

唯「ああ!いらないいらない。そんなの使わないよ!」

スタッフ「わかりました…」



G「なんだあ…素人なのか?」

澪(恥ずかしい…)



スタッフ「もう一人のギターさん。お願いします」

梓「フー」

ジャチャリティリージャカジャーン!

スタッフ「あの…ステージ上での喫煙はちょっと…」

梓「ああ、すいません」フー

スタッフ「………」

梓「………」フー

スタッフ「次キーボードさんお願いします…」

紬「ふっ…んん…」ビクビク

スタッフ「あのー、キーボードさん?」

紬「ヤるか…ヤられるか…ふんっ」キョロキョロ

澪(クスリ切れかかってるな…)

スタッフ「音をお願いします!」

紬「はははは、はい!」

ピーピョロロロピー



Vo「アイツ…目がヤバイ」



スタッフ「最後にベースさんお願いします」

さわ「……ブツブツ……」

ボンボンボーン

澪(さわ子先生かよっ!)

スタッフ「音色は…」

さわ「……音色ってかこのアンプ…音悪すぎ……いや…私が下手だから…うっ…うううっ!」



レッドマシーン「ポカーン」



スタッフ「じゃあ曲でお願いします。(つらいリハだった…)」

律「ワン、ツー、ファック!ユー!」

ジャチャーン!ダンダカダンダカピロピロー!ボボボボ!

唯「アセイファックー!」

ドタドタ



澪(バラバラだ…全然まとまってないじゃないか。唯も声出てないし…)

G「くくく…すげえヘタクソだな」

Dr「ああ。こんなんでよくライブやるよ」

Vo「澪ちゃんもそう思わない?」

澪「えっ!?あ、そうですね…」



ジャーンジャーン!



リハ後

澪「おい、律!一体どういうつもりなんだ!」

律「ゴクゴク…ん?ただライブやりに来ただけだぞ?」

澪「最初お前ら対バンじゃなかっただろ?どうやって…」

律「ああ、ムギのコネを使って無理に出してもらったんだよ」

澪「何が目的?私はもう戻らないからね?」

律「そんなんじゃねえよ。ただ…一緒にライブがやってみたかっただけだ」ゴクゴク

澪「律…?」

律「あ、酒がなくなった。おーい!唯!ビール買ってきて!…じゃあまたな」

テクテク

澪「うん…」



唯「はい、ビール。アイツらがレッマシ?」

律「ゴクゴク、そうみたいだな」

唯「むかつくな…澪ちゃんを取るなんて!それにリハ中笑ってた!一発ブン殴ってやる!」

律「まあまあ、ライブで見返してやろう」

唯「うーっ!」ガリガリ

梓「フー、ほわほわ…」

律「梓、ムギにちゃんとライブ前にキめとけって伝えて」

梓「はーい」フー

律「あとライブ中にタバコ吸うのはやめようぜ」

梓「何でですか?」

律「なんとなくな。今日は私もライブ中は水しか飲まないから」

梓「…わかりました」フー

律「ありがと。さわちゃん!」

さわ「……なに……」

律「はい、これ飲んでね」

さわ「うん………」ごくり

さわ「ふふふ!くかかかかかか!」

律「よしよし」

唯「レッマシのライブ始まるよ!」



ライブ レッド・アゲインスト・チリ・マシーン

Vo「いくぜ!ストーンコールドブッシュ!」

ワーワー

チャカジャカチャーチャカジャカチャー

澪G「シーストーンコールド」

Vo「ブッシュ!」

ワーワーキャーキャー

澪(やっぱりこのバンドは安定感がある!弾いててすごく気持ちいい!)

Vo「ブルズオンパレイドッ!」

ミャウミャウチャカミャウミャウ!

Vo「どうもありがとう!」

ワーワー パチパチ



律「お疲れさん」

澪「律…みんな…」

唯「かっこよかったよー」

紬「素敵でした!」

梓「フー、お疲れさまです」

さわ子「おつかれ!ふび!」

澪「ライブ…頑張ってね(さわ子先生が普通に喋ってる…)」

律「おう!ちゃんと見てろよな!」

澪「ああ」



ライブ 放課後ティータイム

ザワザワ…ザワザワ…

唯「みんなさんこんばんわ。放課後ティータイムです」

パチパチ

唯「あー…お前ら全員クソくらえ」

シーン ポカーン

唯「あずにゃんカモンッ!」

ティリリリーリリティリリリーリ!

唯「週刊誌面さげたあ!うるさい声が聞こえる!ああっ!気をつけな!気をつけな!」

ジャッタジャッタ!

澪(…っ!すごい!)

Vo「おい…何だよコイツら…リハと全然違え…」

G「すごいな…」

唯「えっと次の曲は…大切な友達の澪ちゃんに捧げます」



澪「えっ…!」

G「澪ちゃん…知り合いなの?」

澪「は、はい…」



ジャッチャジャッジャー!

唯「あぅっ!あの子がやってる新型バンド!あの子がやってる新型バンド!」

ジャッチャジャッジャー!ジャッチャジャッジャー!

唯「ベイベベイベー聞いておくれ!ベイベベイベー聞いておくれ!」

唯「オイラのところへ戻っておいで!オイラのところへ戻っておいで!アゥッ!」

ジャーン!



澪「みんな…」

澪(唯のヤツちゃんと長袖で傷隠してるんだな…)

澪(律がアルコール以外の飲み物を飲んでるのは何年振りだろう…)

澪(梓…タバコを口じゃなくてヘッドにさしてある…キースの次はクラプトンの真似か?)

澪(ムギとさわ子先生は…キマってるなありゃ…)

澪(みんな…頑張ってんだな)

唯「澪ちゃん!最後の曲一緒にやろうよ」

澪「えっ!」

律「おお、最後ぐらいいいだろ」

梓「ステージに上がってください」

紬「はやくはやくぅ!」



澪「でも…」

Vo「行ってきなよ。友達なんだろ?」

G「ほら、はやくきかせてよ」

Dr「それそれ」

グイグイ

澪「あっ…ちょっと…」

さわ「澪ちゃん?」

澪「先生…」

さわ「この場所にはあなたがいるべきだわ。はい、ベース」

澪「…はいっ!」

スッ ボボン

唯「じゃあ最後の曲!fall back down!」

チャラーン、チャラーン、フィー
ドゥルドゥルドゥー



私のことは心配いらないよ なんとかしてみせるから
むかつくやつらみんな追っ払ってさ 最悪な状況だけど変えてみせる
私が立ってできる影の中で 君は信念を貫くってことが真実だってわかるはず
多くのものを失って 最悪な時もあるけど
めちゃくちゃにブチのめされて 彼女も戻ってこないんだろうけど

もし私が落ちてしまったら 君がまた助けてくれるはず
もし私が落ちてしまったら 君がまた友達になってくれるはず



ジャーン…



唯「みんなありがと!」

ワーワーキャーキャー!



律「澪、おつかれ。やっぱお前と一緒にいるのが一番楽しいよ」

澪「律…私もだよ」

ガシッ

律「おお…照れるなあ…」ポリポリ

ワーワーパチパチ

唯「よかった…」

梓「そうですね」シュボッ フー

紬「ふふふ…眼福眼福」

さわ「うんうん!さすが私が見込んだ子達だわ!」

ワーワー…ワーワー…



ライブ終了後

澪「あの…すいません」

G「どうしたの?」

澪「勝手言って申し訳ないんですけど…バンド辞めさせてください!」

G「そっか…残念だけどしかたないよね」

澪「すいません…」

G「うん。でもあの時の澪ちゃんすごく楽しそうだった。技術とかじゃなくてやりたい人とやるのが一番なんだろうね」

G「機会があったらまた一緒にライブやろうね」

澪「はい、ありがとうございます」

ペコリ


律「なーんだ!結局澪は戻ってくるのか!」

唯「やったーやったー!」

澪「みんな…またよろしくな」

梓「はーい」フー

紬「歓迎しますわ~」

さわ「……めでたし……」

律「よおーしっ!ライブも終わったしぱーっと打ち上げするか!ビール飲みてぇ!」

唯「いこいこーっ!」

澪「うんっ!」

あはははははー ゾロゾロ



みんな少し変わってるけど。
大事な私の仲間です!



おしまい