~部室~

唯「みんな、おいーす。」

律「おう唯、今日は遅かったな。」

ムギ「はい、唯ちゃん。今日はケーキを持ってきたの。」

唯「わーい!おいしそ…あれ?なんかこのケーキヘンじゃない?」

ムギ「え?そ、そうかしら…。」

律「気のせいだろ。あたしも食ったけど、美味いぞこのケーキ。」

唯「そっか。いただきまーす。」

パクッ

唯「…ん?」

唯「んー…?」

唯「…んああ!辛いっ!辛いいいいい!」

律「あっははははは!引っ掛かった!」

ムギ「うふふ、ごめんね唯ちゃん。はい水。」

唯「おのれりっちゃんにむぎちゃん…!」ゴクゴク



澪「ヒー、ヒー…舌痛い…。」



唯「うー、しゃべるとベロがいたい…。」

律「唯、ホットコーヒー飲むと辛さが引くらしいぞ。ブラックのやつな。」

唯「コーヒーのめない…。」

律「そっか。澪は?飲む?」

澪「あたし知ってるぞ…。辛さ強くなるんだろ…。」

唯「!…りっちゃん鬼!」

唯「ぶー…。」ムッスー

律「あ、唯怒った…?」

ムギ「唯ちゃん、ケーキ食べる?今度は本物よ。」

唯「うん!」パァァ

ムギ「澪ちゃんも。」

澪「うん…。」



唯「おいしいね!みおちゃん!」

澪「ああ、これはうま…」

澪「…はっ!」

澪「(いつもここでこうやって食べ物に釣られるから、ナメられて悪戯されるんだ!)」

唯「みおちゃん?」

澪「(律とムギには、ここいらでギャフンと言ってもらわねば…。)」

澪「(しかしどうする…?どうすれば奴らを出し抜ける…?)」

唯「(みおちゃん食べないのかな…もらっちゃおうかな…。)」

律「あ、そうだ。和んとこに書類持ってかなきゃならないんだった。
ちょっと行ってくるねっ。」

唯「いってらっしゃーい。」

律「おー。」

バタン

澪「(これは千載一遇のチャンス…!)」

澪「唯、ムギ!話が!」

バタン

律「あはは、書類忘れた…。」

律「ん?どうした澪?」

澪「いや、何でもない…。」



バタン

和「律、あんたまた書類出してないでしょう?」

律「い、今!今持ってくとこだったんだ!本当だよ!」

澪「(タイミング悪いよ!ムギを引き込んで、律の奴をハメる作戦が…。)」

和「うん、ちゃんと書けてるじゃない。じゃあこれは預かるわね。
それじゃ。」

バタン

律「あー、届けに行く手間が省けたぜー…。」

澪「(くっ…どうすれば…どうすれば律に仕返しができるんだ…!)」



~帰り道~

唯「またねー!」

律「またなー。」

ムギ「…あら?今日は澪ちゃん、唯ちゃん家の方から帰るの?」

澪「ああ、今日はこっちに寄るところがあって。」

律「ふーん…。」

唯「あ、じゃあ途中まで一緒に行こうよ!」

澪「ああ。」

ムギ「それじゃ、二人ともまたね。」

澪「またな。」



唯「みおちゃんと2人って、そういえばあんまりなかったよねー。」

澪「ああ、そうかもな。唯だけ家こっちだもんな。」

唯「そんでさ、どこ寄ってくの?」

澪「ああ、いや、実は別に寄るとこはないんだ。唯と二人きりになりたくてさ。」

唯「へ?」

澪「唯…!」

ガシッ

唯「おおう、なに、みおちゃん…」

澪「律とムギにっ!仕返しするぞ!」

唯「…え?」

澪「いつもいつもあたしと唯がやられっ放しだからな。ここいらで一発ギャフンと!」

唯「おお!ぎゃふんと!」

唯「(…よかったぁ…なんかヘンなこと言われるのかと思ったぁ。)」

唯「で、どうするの?」

澪「うん…。それなんだが…。」



~翌朝~

ムギ「え…どういうこと…?」

電話『ですから、紬さん…!お父さんの会社は、倒産してしまわれましたのですよ。』

ムギ「そん…な…。パ、パパに確認を…!」



澪「これはびっくりするだろー!ボイスチェンジャーってスゴいな!」

唯「ただのいたずら電話じゃん。」

澪「ムギは律に毒されていただけだからな。このくらいでいいだろう。」

唯「りっちゃんにはもっとするの?」

澪「ああ。あいつには徹!底!的!にな!」

唯「おお!みおちゃん悪だね!」

澪「だから、唯!今日は学校サボるぞ!」

唯「うん、わかったよ!」



~澪宅~

澪「よ、律。」

律「おい澪…シャレにならないぞコレ。」

唯「うわ、りっちゃんガチガチに縛られちゃってるね。」

澪「ああ。昨日寝てるスキにやっといた。」

律「おい、いい加減にしろよ澪!大体今日学校だろ!遊んでる時間じゃないだろ!
唯も助けてくれよ!」

澪「うるさいなぁ。今日はお前にされてきたことを返す日なんだよ。」

唯「そう、しかえしだよ!」

律「お前ら…そんなに嫌だったのか?それは謝るよ…。」



澪「さて、と…。まずは、昨日の激辛ケーキの仕返しから…。」

澪「律、これ何だか分かる?」

律「ラー油だろ…。何だよ、それ飲ますつもりかよ…。」

澪「そうだよ。唯、律の顔おさえてろよ。」

唯「らじゃ!」

澪「よいしょっと。」

ポタッ

律「ぎゃあああああああああああああ!!!!」バタバタ

澪「なんだよ、大騒ぎするなよ。間違って目に入れちゃったのは悪かったけどさ。」

唯「みおちゃん、だいじょうぶなの、これ…?
りっちゃん、すごい痛そうだよ…。」

澪「大丈夫に決まってるだろ?任せとけって。ちゃんと大丈夫なようにやるから。」

唯「うん…。」

律「うう…痛い痛い痛い…!澪てめえ…」

律「唯、こいつおかしい…頼む…助けて…!」

澪「唯、聞いちゃ駄目だよ。ここでやめたら仕返しにならない。
それ取って。穴開いたボールみたいなの。」

唯「これ?はい。」

ガチャガチャ

澪「これでよし…。」

律「もごもご…!」

澪「そういえば、あたし靴の中に画鋲入れられてたこともあったなぁ。」

唯「うそ!?それはいくらなんでもひどいね…。」

律「もご!もごごご!(やってねえよ!ふざけんな!)」ブンブン

澪「え?律何言ってるか分かんないよ。」ニヤニヤ

澪「ま、画鋲無かったからマチ針で勘弁してね。」

プスッ

澪「鼻ピアス。あははっ。」

律「もごごご…!」

澪「唯はなんかなかった?特にムカついた、律にされたこと。」

唯「んー…あ、電子ライターのやつでバチッてやられたことかな。」

律「もごごご!ごもご!(ふざけんな唯!今のこいつにそんなこと言ったら絶対…!)」



澪「よいしょっと。」

澪「これで配線はOKかな。」

澪「じゃあ唯、コンセント刺して。」

唯「あい。」

ズボ



ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリ

律「うあああああ…」

唯「ほね見えないねー…。」

澪「馬鹿だな、あんなのアニメだけだよ。」

律「あああああ…」ビリビリビリビリビリ

唯「さわったらわたしもビリビリする?」

澪「ああ。だからやめとけ。」

律「ぐぎゅぎゅぎゅぎゅ」ビリビリビリビリビリ

唯「そっか。」

澪「うーん、煙とかは出ると思ったんだけどなぁ。」

律「………………」ビリビリビリビリビリ



澪「飽きたなぁ。唯、コンセント抜いて。」

唯「うん。」

ズボッ

律「っ!!ゼーッ、ゼーッ…」



ムギ「そこまでよ!」

バァーン!!!!

ムギ「澪ちゃん!あなた、自分が何してるか分かってるの!?
そして唯ちゃん!バカ!」

唯「ばか!?」

ムギ「大バカよ!澪ちゃんがおかしいことくらい分かりなさい!」

澪「だって…!」

澪「だって、じゃあどうしたら、お前らは言うんだ…!」

唯「いう?なにを?…まさか」

律「ぎゃふん」

ムギ「ぎゃふん」

澪「我が復讐は…果たされた…!」パァァ



~完~

おやすみ