律「…って何コレ」

和「何って、学園祭の企画だけど」

律「いや、そうじゃなくて」

和「1日目だからライブには影響ないわよ」

律「いや、何で私たちが知らない所で決まってるの?」

澪「そうだよ、急にこんなこと言われても…」

和「もちろん、相談しようとしたわよ?」

紬「じゃあ、何で?」

和「律が部長会議を全部すっぽかすから相談できなっかたの」

律「…」

和「それで山中先生に相談したら快くOKしてくれたのよ」

澪「それにしても一言ぐらい…」

和「山中先生が秘密にしておいたほうが面白そうだからって」

澪「…」

和「それじゃ、詳しいことはこの企画書に書いてあるから」

ばたん

律「…えーと、皆さん…」

唯澪紬梓「…」

律「…申し訳ありません」

澪「…まあ、こうなったら仕方がない。企画書を見てみよう」

梓「何々…『山中先生と私こと真鍋和が選んだ3人の候補者の中から1人優勝者を決めてください』」

紬「これだけ?」

唯「どんな人が来るんだろう…」

一同(不安だ…)




<当日>

和「それじゃよろしく頼むわね」

澪「あ、その前に聞きたいことがあるんだけど」

澪「何でこんな企画が通ったの?私たちそんな有名でもないし…」

和「そんなことないわ。あなた達、結構有名よ」

律「そうなの?」

和「去年の学園祭のビデオが澪のファンクラブを通じてかなり広まってるみたい」

澪「え」

和「だから候補者選びが大変だったわ…。って、そろそろ時間ね。それじゃ」

澪「終わった…人生…」

律「…なあ、唯」

律「和ってS?」

唯「さあ…」



~~~

和「さあ!遂に始まってしまいました!本日の目玉企画、今話題沸騰の注目バンド、放課後ティータイムと一緒に演奏しちゃおうコンテスト!!

和」「司会は私、生徒会長、真鍋和でーーーす!!」

律「テンション高いなあ」

紬「ストレス溜まってるのかしら…」

和「それでは早速いってみましょーう!最初の方どうぞ!」

ジャジャジャーン

ブルック「ヨホホホホ!どうも皆さんごきげんよう!」

ブルック「『死んで骨だけ』ブルックです!」

澪「ヒイーーー!!」

律「いきなりすごいのが来たな…」

和「こんにちは!ブルックさんはガイコツですが何で動いてるんですか?」

ブルック「ヨホホホホ!私、実は数十年前一度死んだのです!」

和「なるほど!一度死んで生き返った!それはすごいですね!」

律「何で普通に会話できてるんだ…」

ブルック「ところでお嬢さん!」

澪「ハ、ハヒッ!」

ブルック「縞パン見せてもらってよろしいですか?」

澪「」ボーン

梓「ああっ、澪先輩が!」

律「ガイコツとセクハラの二段攻撃にたえられなかったんだな」

ブルック「45度!」

唯「わ~、面白~い!」ぱちぱち

唯「この人優勝にしようよ!」

紬「そうね~」

梓「演奏きかないんですか!?」

ブルック「ヨホホホホ!それでは演奏をきいてもらいましょうか…」

律「バイオリン…」

梓「ロックバンドなのに…」

ブルック「眠り歌・フラン!」



~♪~~♪~~~♪~

紬「いい曲ね…」

律「何だか…心が安らぐ…」

梓「そうですね…、少し…眠く…なって…きました…」

和「ぐーすかぴー」



~~~

ブルック「…いかがでしたでしょうか?」

ブルック「…あれ?皆さん寝てらっしゃる…」

ブルック「ヨホホホホ!私としたことが、何という選曲ミス!」



チョッパー「お~い!ブルック~!」

ブルック「おや、皆さん」

ロビン「コンテストは終わったの?」

ブルック「ヨホホホホ、とても楽しい時間をすごす事ができました」

ロビン「それはよかったわね。でも、そろそろ出発しないと…。海軍が気づいたみたい」

ブルック「そうですか…。実にお名残惜しいですが…」

ブルック「ヨホホホホ!さようなら!小さな音楽家達!」



~~~

澪「はっ!…夢…?そうだよな、ガイコツが動いたりセクハラしたりするはずが…」

和「えー、ブルックさんは急用のため、コンテストを辞退するそうです!」

澪「夢じゃなかった…」

和「それじゃー次の方いってみましょー!」

ジャカジャカジャンジャン

音石「名前は音石明。19歳」

音石「まっ、このギターは気にしねーでくれ」

梓「演奏のコンテストなのに…」

和「こんにちはー!音石さんはいかにもギターを弾きそうな格好してますねー!」

音石「将来の夢はジミ・ヘンとかジェフ・ベックとかいったよ、ウルトラ・スーパー・ギタリストになって激しく熱く生きることなんでよぉ~」

梓「言ってることはまともだ!」

音石「近い将来世界中のやつらをオレのギターで…」

ギュウイイイィイイイン!

音石「ノックアウトしてみせるぜェ~~~~」

音石「エディ・ヴァン・ヘレンも尊敬してるしスティービー・レイ・ボーンもしぶくていいなぁ~~~」

梓「技術も高い!」

梓「唯先輩はどうですか?」

唯「うん、何だかあの人輝いて見える」

梓「やっぱり!そうですね、何だかいきいきして…」

唯「そうじゃなくて…。あの人自体が電球みたいに光ってるような…」

梓「?」

和「えー、先ほどから音石さんが有名っぽい人の名前を挙げていますが私ギターに詳しくないので何のことやらさっぱりわかりません!それでは演奏を…」



バアン!

律「な、何だ?」

仗助「みつけたぜェ~、音石ィ~!」

承太郎「……」

音石「な…、何故ここがわかった!?」

仗助「観念しやがれ!」

音石「チ…チクショウ!こうなりゃテメーらも道ずれだ!レッド・ホット・…」

承太郎「スタープラチナ・ザ・ワールド!」

ドオオオーン

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」

承太郎「時は動き出す」

音石「ブゲアァァー!」ドグシャァ!

澪「な、何だ!?いきなりブッとばされている!」



承太郎「邪魔したな…。それと、協力感謝する」

紬「ええ♪」

律「…知り合い?」

紬「まあ、そんなところね♪」

和「えー、音石さんは警察に連行されたので、これまた辞退となりました!」

和「さあ、大変なことになってきました!3名の候補者の内二人が辞退!自動的に優勝が決まってしまうのか!?」

和「最後の方はなんと小学生!楽器ができないので歌で勝負!それではどうぞー!」

律「演奏のコンクールじゃねーのかよ」

ジャジャジャジャジャジャ~ン

のび太「優勝できるかなあ」

ドラえもん「間違いないよ、プロの声で歌うんだから」

のび太「それにしてもすごいクスリだね。あのジャイアンの声が天知真理になっちゃうんだから」

ドラえもん「まあね…。まてよ。あのこと注意しとくの忘れてたぞ」

のび太「あのことって?」

ドラえもん「クスリのききめが30分しかもたないってこと」

のび太「じゃあ、もし早く飲みすぎていたら…」

のド「はたして!?」

ジャイアン「サ、サ、3番!ゴ、ゴ、剛田武!」

のド「ジャイアンの声だ!」

のび太「早く!皆さん急いで避難してください!」

ドラえもん「早くしないと命にかかわります!」

唯「何だろう?」

紬「あの子の応援かしら」

律「ははは、かわいいじゃな…」



~~~~

その後のことはよく覚えていません。突然頭をハンマーでぶん殴られたような衝撃をうけ、あっというまに気を失ってしまいました。私は、今病院のベッドの上で真剣に思うことがあります

まず、部長会議には絶対にでること。そして、和とさわちゃんを絶対に信用しないこと…。ああ、また意識が遠くなってきました…。それでは、さようなら…