律「……」

紬「……」

唯「どう思う?」

律「どうって……う、う~ん……」

澪「え?なに?ガチって何がだ?」

唯「私はガチだと思うんだけど」

律「なるべく考えないようにしてたけど……やっぱそうなのかな」

紬「りっちゃんにチョーキングされた時とかすっごく嬉しそうだもんね。もう、すっごく」

澪「おーい。何の話だよ」

唯「ムギちゃんもそう思ってたんだ?」

紬「うん……。デリケートな問題だし、その……ね、恋愛観?は人それぞれだし……わざわざ言うのも野暮かな、って」

律「つーかなんだよ唯、いきなりさぁ。こういうのは触れないでおいたほうが……」

唯「えー、だってはっきりさせておいたほうがいいじゃん」

紬「どうして?」

唯「ガチならほら、私も抱きついたりするのはちょっと控えようかなーって」

澪「え?なんで?」

律「まぁあれで梓が変に期待しちゃったらそれはそれで可哀相だしなぁ」

紬「でもまだ梓ちゃんがガチだって決まったわけじゃないし……」

澪「だから何が?何が決まったわけじゃないんだ?」

唯「いやぁ~絶対ガチでしょあずにゃんは」

律「澪のパンツ見て鼻血出してたしな」

澪「お、おい!パンツの話はするな!」

唯「ムギちゃんに抱きつかれてクラクラしてたし」

紬「……そう、だよね……。普通の女の子はああいう反応にはならないもんね……」

律「ていうかムギってそういうのに理解あるほうじゃなかったっけ?」

澪「理解って何の?」

紬「うーん、なんていうか、友達だと思ってた人が実は自分をそういう目で見てた……ってなると、やっぱり戸惑わない?」

唯律「あーわかるわかる」

澪「あ、わ、わかるわかるー!ははは……」ウンウン

唯「でもさ!ガチだったとしてもあずにゃんはあずにゃんだよね!」

律「もちろん!私達の仲間だ!」

澪「当たり前だろ。何言ってるんだ急に」

律「あ、いや、仲間っていうのは同族とかそういうんじゃなくて、ほら、バンドの仲間って事な」

唯「いやそりゃそうでしょ。私おばかさんだけどそれくらいは言わなくてもわかるよー」

律「ああ、悪い悪い」

紬「でも……ガチならやっぱりちょっと付き合い方考えたほうがいいかもね」

唯律「……だよねぇ」

澪「お、おい……。何だよ三人して。梓を仲間外れにする気か?」

律「いや別に仲間外れとかにはしないさそりゃ」

紬「ガチだったとしても、梓ちゃんは可愛い後輩であることに変わりはないもの」

紬「あ、可愛いっていうのはそういう意味じゃなくて、あくまでも後輩としてっていうか、あ、女の子としてももちろん可愛いけど、私が言いたいのは決して梓ちゃん的な目線ではなくて……」

澪「……??可愛いは可愛いだろ?何が違うの?」

律「ムギ、わざわざ言わなくてもわーかってるっつの」

唯「そうだよー」

紬「うん」

澪「そ、そうそう!わかってるよ!なんてったって仲間だもんな私達!あ、アハ!アハハ!」

紬「で、話は戻るけど、ガチだったら梓ちゃんに気をもたせちゃわないようにしてあげないといけないと思うの」

律「だな。特に唯」

唯「そうだよね。あずにゃんにも悪いもんね」

澪「悪い?なんだよ唯、梓に何かしたのか?」

唯「私、当分あずにゃんに抱きつくのやめる!」

律「うんうん」

紬「それが賢明ね」

澪「え?なんで?私のみたところ、梓は口ではああ言ってるけどスキンシップけっこう好きそうに見えるぞ?」

律「あ、いや、ちょっと待て」

唯「どしたの」

律「私達、梓がガチだっていう前提で話進めてるけど、まだ確定したわけじゃなくね?」

唯「私はほぼ確定だと思うけどなぁ」

紬「私もそう思う」

律「そりゃ私もそう思うけどさ、ほら、証拠もなしに疑って誤解するのは可哀相じゃん」

紬「あぁ、それはそうね」

唯「さすが部長!」

律「えっへん」

澪「り、律もたまにはイイコトイウナー。はは、は」

唯「じゃああずにゃんがガチかどうか確かめてみよっか」

紬「そうね。でもどうやって?」

唯「うーん……」

律「梓の頭に目線カメラつけてみようぜ。私達のどこを見てるかわかるし」

唯「おお!ナイスアイディア!」

澪「え?どこってそりゃ顔だろ」

紬「じゃあ、私、早速カメラ用……」

ガチャ

梓「こんにちはー」

唯律紬「ひいっ」ビク

澪「お、梓」

梓「すみません、掃除で遅くなりました」

律「ま、まままままったく!早くお茶にするぞー!」

唯「わ、わわわわわーい!」

紬「あ、あずあずあず梓ちゃんお茶何にする?」

梓「あ、ミルクティーで。ていうか何慌ててるんですかみなさん」

澪「こいつらさっきから様子がおかしいんだよ」



唯「ど、どうしよう、ガチにゃん来ちゃったよ」ヒソヒソ

律「いやだからまだガチだって決まったわけじゃないって」ヒソヒソ

紬「カ、カメラどうする?」ヒソヒソ

梓「何コソコソしてるんですか?」ズイ

唯律紬「ぴいっ!?」

梓「早くお茶済ませて練習しましょうよ」

唯律紬「は、はい!」



唯「あ、わ!あわわ…」カタカタ

梓「ちょ、ちょっと唯先輩。お茶零れてますけど」

紬「あ、新しいの淹れるわ~」アセアセ

梓「なんなんですか一体」

律(落ち着け私。いつもどおりいつもどおり……)

澪「おい律。そんな座り方お行儀悪いぞ」

律「こ、これがいつもの私なんだっ」

澪「いや、そうは言っても……見えてるし。まぁここには私達しかいないからいいかもしれないけど、そういう癖っていうのは普段でも油断してるとry」

律「……」サッ

梓「あ……」

唯律紬(残念そうな顔した!!)



唯「り、りっちゃん!今あずにゃん残念そうな顔してたよ!?」ヒソヒソ

律「あ、あああ…あああああ……なんてこった、なんてこった。梓は今まで私のパンツ見てムラムラしてやがったんだ……」ブルブル

紬「や、やややっぱりガチなんだわ」ヒソヒソ

梓「あ、ちょっとすみません」ガタ

澪「どうした梓?」

梓「いえ、ちょっとトイレに」

唯律紬「!?」

律「だ、だめだっ!!」

梓「え」

唯「あずにゃんトイレいっちゃダメッ!!」

梓「な……。いいじゃないですか別にトイレくらい」

紬「そんなのダメよ!」

唯律紬(する気だ!りっちゃん(私)のパンツをオカズにする気だ!!)

澪「おいおい、トイレくらい自由に行かせてあげなよ」

梓「あの、お茶の最中にトイレ行くのは確かにマナー的によくないかもしれませんけど、生理現象なので……」

唯「で、でもっ」

澪「なんだよ今日に限って。いつもみんな普通にトイレ行ってるじゃないか」

律「ど……どーしても行くっていうんなら私達も着いていくからな!」

梓「いやいいですよ別に着いてこなくて」

唯「ダメだよ!あずにゃんがいくなら私達もいく!」

唯「あ、いくっていうのはそういう事じゃなくて、goのほうだからねっ!comeとかturn on的な意味ではなくて!」

梓「何言ってるんですか。……しょうがないですね。早く行きましょう」

唯律紬(よし。でもトイレは個室だし、見張ってないといつやり始めるか……)



おトイレ

梓「……」

唯律紬「……」ジー

梓「あ、あの……上から覗かれてるとできないんですけど」

唯「気にしなくていいよ」

律「そうそう」

紬「私達はいないものと思っていたしちゃっていいから」

梓「と言われましても……」

律「女同士なら問題ないだろっ!そ、それともなにか!梓はやっぱりガチだから女の子に見られるのは恥ずか、モガガッ!?」

紬「りっちゃんその先は言っちゃダメ!もし本当にそうだったら梓ちゃんが傷つくわ!」グググ

梓「よくわかりませんが、覗くのはやめてください」

唯「わ、わかったよ。覗くのやめる!」

律「おい唯!?」

唯(その代わり隣で聞き耳立ててれば、ナニしてるかどうかわかるよ)ヒソヒソ

律(なるほど……)ヒソヒソ



隣の個室

唯「さて、壁に耳をくっつけまして、と」ピト

律「なぁ唯、もし梓がナニしだしたらどうするんだ?」

唯「止めに入るに決まってるジャン」

紬「それは危険よ。ナニしはじめてコーフンした梓ちゃんが私達を見たら……」



梓『うおー!ヤッてやるです!!』グァッ

唯律紬『はわーっっ』ビリビリーッ



唯律「……」ゾゾーッ

律「ど、どーすんだよ唯!」

唯「あ、ああぅ……」

唯「そこまで考えてなかったよぅ……」

律「バカ!唯のバカ!くそっ、私はここで指を咥えてオカズにされるしかないのか!」

紬「待って二人とも!静かに!音が聞こえるわ……」

シュッ シュルシュル

唯「こ、これは……」

律「パンツおろしてる音だな……」

唯律紬「……」

唯律紬「ゴクリ」

ガコン ジャーーーーーー

律「あっ!クソッ!水流して音聞こえないようにしやがった!!」

唯「これじゃああずにゃんが隣でナニしてるかどうかわからない!」

紬「諦めちゃダメよ!流れる水の音の中に微かに混ざる梓ちゃんの音を聞き分けましょう!」

唯「ムギちゃん!」

律「よしきた!」

ジャーーーーーー

ジャーーーーーー

チョ…

ジャーーーーーー

チョロチョロ……

唯「今の聞こえた!?」

律「ああ!ああ!おしっこしてた!梓おしっこしてたぞ!」

紬「良かった……。りっちゃんのパンツはオカズにされなかったのね!」



梓「ふぅ」ガチャ

唯「いやー安心したよあずにゃん」

梓「は?」

律「私達、梓の事誤解してたよ」

梓「??」

紬(待ってりっちゃん。ナニをしてなかっただけで、梓ちゃんがガチじゃないと決まったわけじゃないわ)ヒソヒソ

律(はっ……。そ、そうか……)

唯「あずにゃ~ん!誤解してごめんね~!」ギュウ

梓「わっぷ!な、なんですかいきなり」ホワーン

紬(ほ、ほらっ!見てあの表情!)

律(ああ……。あれはどう見てもガチの顔だな……!)


2