………
……

梓(憂があんなに必死に探してたのは、唯先輩からきてるはずのチョコを探してたから)

梓(あそこで気づいていれば二度も大恥をかかなくてすんだのに…!)

梓(あーホンットむかつく、あのバカ女!普通机間違えないでしょ!?意味わかんない!)

梓(頭足りないんじゃないのあの人?しかも近親相姦レズとか生きてる価値無しだね)

梓(まあいいや、唯先輩はもう切ろう。澪先輩とムギ先輩のどっちかに絞ろ)

梓「さて、澪先輩はもう来たかな?」

パカッ

梓「あれ?ポストには入ってない」

梓(あ、入らなかったのかな…中かな?)

ガチャ

梓「ただいまー」

梓(玄関には無し)

梓「お母さーん、先輩家に来なかった?」

梓母「先輩?きてないわよ」

梓「ええ?そんなはずないよ。澪先輩が家に届けに来るはずなの」

梓母「そうなの?じゃあ後でくるんじゃない?」

梓「そっか。じゃあ澪先輩はいいや。ムギ先輩は?琴吹先輩」

梓母「だから誰もきてないわよ」

梓「それは知ってるって。宅急便でムギ先輩から届け物がきたでしょ?」

梓母「お母さん朝からずっと家にいるけど、今日は何もきてないわよ」

梓「あれぇ?おかしいなあ…」

梓(配達遅延かな?)



梓の部屋

梓「うーん、もう8時すぎなのに」

梓(こんな時間に女の子が出歩くのは危ないし、無理して来ないように電話しておこう)

Trrrr…

梓「あ、こんばんは。梓です」

澪『ああ、梓。電話なんて珍しいね』

梓「えへへ、ちょっと澪先輩が心配になったので」

澪『私が?どうして?』

梓「澪先輩ってば、チョコの事ですよ。これから届けにきてくれるんですよね?」

澪『え?』

梓「家まで来ていただけるのは嬉しいんですが、もうこんな時間ですし。無理に今日じゃなくても大丈夫ですよ」

澪『??』

澪『えっと、どういうこと?』

梓「いえ、今からチョコを届けにくるんですよね?無理に今日じゃなくても平気ですから」

澪『今から?私とっくに渡してきたけど…。まあ、渡したっていうかポストに入れたんだけど』

梓「ポストに…?ちょ、ちょっと待ってください!」ポイッ

澪『うわっ!?おい梓、どうした?』

………
……


梓(ダメ、どんなに探してもない。盗られちゃったのかな…)

梓「澪先輩、本当にすみません!」

澪『え?ちょっとよくわからないんだけど』

梓「私、家に帰ってすぐポスト見たんですけど、親も知らないって言っててっ。今も探しなおしたんですけどっ」

澪『…?なんで梓が探すんだ?』

梓「え?だってさっき届けてくれたって」

澪『いや、届けたのは…その…。り、律の家だって///』

梓「…」

澪『うぅ、言っちゃった…。恥ずかしい///』

梓「あの、私は?」

澪『え?届けてないけど…』

梓「…」



………
……

梓(まさか澪先輩が律先輩の事を好いてたなんて…)

梓(結局私に残ったのはムギ先輩だけ)

梓(ふん。まあムギ先輩をゲットした私が一番勝ち組だしいいか)

梓(あの姉妹は世間から迫害されて一生日陰で生きていく運命)

梓(そして澪先輩と律先輩は女二人の低所得、貧乏人生活決定と。ご苦労様です)

梓「ふむ」

梓(ムギ先輩のチョコ…配達が遅れてるだけならいいけど、本当に大丈夫かな?)

梓(万が一配達事故なんてことがあったりしたら…)

梓(念には念を。確認しておこうかな)



Trrr

女『はい、こちらクソネコヤマト○○営業所です』

梓「あ、すみません。荷物の問い合わせをしたいのですが」

女『はい、問い合わせ番号はおわかりになりますか?』

梓「えーっと、それがちょっとわからなくて。差出人はわかるので、探してもらえますか?名前は琴吹紬、住所は…」



………
……

梓「いえ、そんなはずはないんですけど。もう一度探してもらえますか?」

女『はい…しかし確かにお客様の仰られた通りにお探

梓「あー、じゃあもういいです。それじゃ」

女『お客s』

プツン

梓「絶対事故だ…。あークソネコヤマト最悪!ムギ先輩のチョコどうしてくれるの!」バタバタバタ

梓「…」

梓「…」ムクリ



Trrrr



梓「あ、ムギ先輩こんばんは。梓です」

紬『わぁ嬉しい♪梓ちゃんから電話してくれるなんて』

梓「えへへ…♪バレンタインのうちにお礼しておこうと思って。ムギ先輩、チョコありがとうございました」

紬『えっそんな、皆で食べたくて持ってったんだし。お礼なんていいのよ?』

梓「…」

梓(何か嫌な予感が…)

紬『梓ちゃん?』

梓「あの、ムギ先輩ってあのケーキ以外に、誰かにチョコあげたりしましたか?」

紬『してないけど…?』

梓「…こっそり誰かに渡したり、家に届けたりとか」

紬『してないけど…』

梓「…」

プッ… ツー、ツー、ツー…

紬「あ、あれ?」



………
……

梓「ウゥ…」

梓(まさかのチョコ0…どういうことなの?)

梓(唯先輩…あんなに私に抱きついてきたのに!何度もキスしようとしたくせに!)ジタバタ

梓(澪先輩…あんなに私を褒めてくれてたのに!可愛がってくれてたのに!)ジタバタ

梓(ムギ先輩…あんなにたくさんお菓子くれたのに!いきなり抱きついてきたくせに!)ジタバタ

梓(憂だって…思わせぶりな態度とったり優しくしてきたくせに…)ジタバタ

梓「…」

梓「レズビッチ…」ボソッ



ピンポーン



梓(…)

『梓ー!お客さんよー!』

梓(…?)ムクリ



ノロノロ…

梓「はい…あ」

律「よっ梓」

梓「何の用です…。こんな遅くに家まで押しかけて」

梓母(ふふ、私はお邪魔みたいね)

梓母「お母さんちょっと買い忘れたものあるから出かけてくるわね。律ちゃん、ごゆっくり」

律「あ、はい!ありがとうございます!」

バタン

梓「で、何ですか?私もう寝たいんですけど」

律「あーいや、ホントは学校で渡そうと思ってたんだけどさ?どうしても渡せなくて…」ガサッ

梓「え…?それって」

律「ん、まあチョコなんだけどさ///よかったら、コレ」サッ

梓「律せんぱいぃ…!」ジーン

梓(おおざっぱでいい加減だからパスなんて言ってごめんなさい…!律先輩は軽音部一の美少女です!)

梓「先輩、私も前から律先輩の事が」キリッ

律「私の変わりに澪に渡してくれないか?頼む!」

梓「キイイイイイイ!!」ガシッ

律「ちょっ」

梓「ふんっ!」ブンッ



グチャッ!

律「あああああっ!?わ、私のチョコ!」



………
……

純「うぅ~、寒っ」

純「何やってんのよ梓の奴!せっかくこの私がわざわざチョコ届けにきてやったのに…」



ピンポーン ピンポーン

梓(絶っ対出ない…)

ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピピピピンポーン



梓「…」イライラ

梓「あーもううるっさいなあ!誰なの!?」

ドスドスドス

梓「はい何でしょうかっ!」ガチャッ

純「あっやっと出た!いるんならさっさと出てよね!」

梓「あんたさあ、こんな時間に迷惑だと…」

純「ごめんごめん…。ほらこれあげるから機嫌直して?ハッピーバレンタイン!」

梓「…」

純「へへ///」

梓「…」

梓「チェンジ」

バタン


-HAPPY END-