梓「……あれ……?」

純「カメラが……壊れてない……?」



憂『…………』



純「……なに?」

梓「あれは食べ終わった後の食器……?」

純「憂は何をしようと……?」

梓「ま、まさか!!」

純「え?」

梓「こ、この女! まさか! 私たちが画面越しだというのを利用してっ!」



憂『…………』ペロペロ



梓「み、見せつけてやがるっ! 『唯先輩の使用後の食器』を! 処女のあそこを貪るように!! 『舐める』自分の姿をッ!!」

純(うわぁ……)



憂『…………』ペロペロ



梓「く、くそぅ……ペロペロは、ペロペロはっ!! 私の、私だけの専売特許のはずなのにっ!!」

純(うわぁ……)


梓「この世に神はいないっていうの……」

純「いたら梓に罰を与えると思うけど」

梓「ずるいよぉ……お箸一本くらいくれたっていいのに……」

純「もうなんでもいいわ……」



憂『うふふ、梓ちゃん、これにこりたら盗撮なんて馬鹿な真似は……』



『ういー!』



憂『!?』

梓「!?」

純「あ」



唯『でへへー、着替え忘れちゃったー』

憂『お、お姉ちゃん、は、はははは、裸だよ!』

唯『うん、だから着替えをくだせぇー』

憂『え、あ、そっか着替え……着替え……』



梓「ゆ、ゆゆゆ、唯先輩の、はははは、はだ、はだはだはだ……」

純「ほほう、これは中々……梓、鼻血」

梓「はだだだ、はだだ……」

純「……アンタ、合宿で一緒にお風呂入ったんじゃないの?」


憂『着替え……って、ああああ!』

唯『ん、どうしたの?』

憂『見ちゃダメ、見ちゃダメぇえええええ!!』

唯『う、憂!? なにしてるの!? 憂!?』



憂『バラバラに!! 粉々にぃぃいいいいいイイイ!!』



ドガッシャ-ン


ブツッ



梓「…………」

純「…………」

梓「これは、勝ちだよね?」

純「え、あー……引き分けじゃない?」

梓「試合に負けて勝負に勝ったっていうやつだね」

純「それでいいよ、もう……」

梓「唯先輩の裸……」

純「……なに?」



梓「ねぇ純、今日はやっぱり帰ってくれないかな?」

純「帰るのは良いんだけど、枕もとにティッシュを配置するのは止めて」



憂「もう、やっていいことと悪いことがあるでしょ!」

梓「すいませんでした」

憂「まったくもう……」

純「やーい、怒られてやんの」

梓「でも、純も私と一緒に面白がって見てました」

純「ちょっと梓!?」

憂「純ちゃん……?」

純「ちがっ! 私はむしろ被害者! 無理やりホラー映画を見せられたようなもの!」

憂「お姉ちゃんの裸はホラーじゃないもん!」

純「そっち!?」



憂「今回だけだよ、許すの」

梓「ごめんなさい」

純「ごめんなさい」



純「でもさー……もう二人ともいがみあってないで、そろそろ決着つけなよ」

梓「決着って?」

純「唯先輩に、梓と憂のどっちが好きか、直接聞いちゃおうよ」

梓「!!」

憂「!!」

純「まどろっこしいし、何より巻き添えくらって損な思いするの私だし……いいじゃん、うん、それがいい!」



唯「あずにゃーん!」



憂「お、お姉ちゃん!?」

梓「唯先輩!?」

純「お、丁度いいところに」



唯「あずにゃん、あのね、今日の部活ね、なくなったから言いに来たんだ~」

梓「え、どうしてですか?」

唯「律ちゃんが風邪引いて~、澪ちゃんはお見舞い行くんだって。 他の皆はうつしちゃ悪いからってお家で自主練しろって!」

梓「そ、そうなんですか、お大事にって言っておいてください……ってそれはともかかくですね」

唯「ん~?」

純「唯せんぱ~い、あのっ」モガッ

唯「なに?」

純「」モガモガ

憂「ごめん、ちょっと待っててね、お姉ちゃん」



純(なにすんの!?)

憂(好きはダメ! 好きはダメ!)

梓(そうだよ! 確信過ぎてそれはダメ!)

純(え~、じゃあどっちが可愛いと思うか、とかは?)

憂(それなら……)

梓(まぁ……)



純「唯先輩!」

唯「なぁに?」

純「憂と梓、どっちが可愛いと思います?」

唯「えっ、ういとあずにゃん?」

純「はい!」



唯「そうだな~……」

梓 ゴクリ……



唯「可愛いのはね~」

憂 ゴクリ……



唯「うん、私は純ちゃんがいちばん可愛いと思うかなっ!!」






純「え?」










憂「」

梓「」



唯「私の周りってあんまりパーマの人いないからさ~、すっごい可愛いな~と思ってたんだ~」

純「ちょっ、それクセ毛の私には嫌味ですよ!」

唯「いいからいいから、指に巻かせておくんなせ~」

純「だ、駄目ですって~……余計にくるくるになっちゃうー!!」



キャッキャッ ウフフ




梓「」

憂「」



唯「……っと、休み時間終わっちゃう! じゃあね憂、あずにゃん、純ちゃん!」


純「さようなら~……まったくもう、マイペースな人なんだから!」

憂「」

梓「」

純「でも近くで見ると物凄い綺麗だよね唯先輩……少しどきっとしちゃった」

憂「」

梓「」

純「ええと……その……憂さん? 梓さん?」

憂「」

梓「」



憂「……ねぇ、純ちゃん?」

純「は、はい」

梓「私、友達は信じてるって言ったんだけどな……」

純「そ、そうだったね」

憂「これは立派な裏切りだよね、純ちゃん?」

純「う、裏切りっていうか、たまたま唯先輩が私のことを……」

憂「お姉ちゃんが!!」

梓「純のことを!!」

憂「なんだって!?」
梓「なんだって!?」

純「いや、その、かわい……じゃなくて、あの……」



キョウミナイフリシテ ユイセンパイノ ハダカデ

オネエチャンハ キョウタマタマ パーマズキ


ジュンナンテ ゼンゼン ユイセンパイト ハナシタコト

オネエチャン パーマニシテモ カワイイ


ユイセンパイ ナンデ ワタシジャナイノ…

ユビクルクル オネエチャン カワイイ 



純(なんかもうどうだっていいや……)



あの日以来、梓と憂の間にイザコザが怒るようなことは無くなりました。
本当に二人とも仲良く、唯先輩のお話をしているようで、和やかな空気が漂っています。

ただ。



憂「梓ちゃん、純ちゃんがこっち見てるよ」

梓「ほんとだ。唯先輩の話にほいほい釣られてきたんだね」

憂「どうする? 聞かせてあげる?」

梓「でもなー、唯先輩に可愛がられてる純さんを、私たち程度の会話で満足させられるのかな?」



この通り、おかしな方向に進んでしまった彼女たちは、私を除けものにしようとします。
私の友人であるのですが、私はこの二人と友人でいていいのでしょうか?

ときおり疑問に感じます。
ですが、今は出来るだけそんな疑問からは目を背けましょう。



純「この馬鹿二人がー!!」



憂「きゃー! 純ちゃんが襲ってくるー!」

梓「逃げるなー! 立ち向かうぞー!!」



だって、なんだかんでこの二人といるのは楽しいんですから。



おしまい。



いったいどうして純がメインになったのかは俺にも分からない。

最近のけいおんSSは唯→憂が多くて嘆かわしい! 憂は唯が好きでこその憂だろ!
ならば俺が書いてやると挑戦してみたが、SSってのは難しいな、おい!

読んでくれた人ありがとう! もう朝だけど早く寝ろよ!