梓「私、実は唯先輩のことが好きなんだよね」

純「……は?」

梓「だからね、実は何だけど」

純「いやいや、何を今更っていう意味なんだけど」

梓「どういうこと?」

純「毎日毎日、唯先輩が唯先輩がって言ってれば誰だって気付くでしょ」

梓「そんなに言ってたかな?」

純「梓が口を開くと、半分の確率で唯先輩の話が飛び出してるよ」

梓「そっか…でも私の愛の重さがわかるでしょ?」

純「そりゃ、うざったい程に」

梓「だから、協力してほしいんだけど」

純「協力って……私に何をしろって言うの?」

梓「憂の息の根を止めてほしいなーって」

純「」

梓「っていうのはもちろん冗談だよ?」

純「だ、だよね、あはは」

純(目がマジだったから笑えない……)



梓「それはともかくね、やっぱり憂の存在はちょっと無視できないと思うんだよね」

純「まぁ……憂はお姉ちゃん大好きだもんね」

梓「それに妹っていうアドバンテージを生かしてずっと一緒なんて卑怯だと思わない?」

純「それが家族っていうものなんじゃないの」

梓「だからさぁ、純が憂とくっつけば万々歳だと思うんだ」

純「なんでそうなる!?」

梓「そしたら私は晴れて唯先輩とくっつけるし、憂も寂しい思いしなくていいじゃん」

純「はぁ……こんなこと言ってるけど、ほんとどうする?」

憂「ほえ?」



憂「あはは、梓ちゃんってやっぱりお姉ちゃんのこと好きだったんだね」

梓「そうだよ。たぶん憂よりずっと好きだよ」

憂「うーん、まいったな。すっかりライバル扱いされちゃってるみたい」

梓「……その割に、ぜんぜん困ったように見えないんだけど」

憂「そんなことないよー。お姉ちゃん今何してるのかなーって考えてたら幸せな気分になっちゃってただけ」

梓「……!!」

純(さすが口を開けば九割五分で唯先輩のことを話すだけあって、余裕がちがう)

梓「普通さ、自分の好きな人のことを好きな人がいたら、やきもちとかするもんじゃないの?」

憂「そんなことないよ。お姉ちゃんのことが好きなら梓ちゃんのことも大好きだよ」

純(競争相手としてすら見てない……)



梓「ふ、ふぅん、つまり私が唯先輩と付き合うことになってもいいんだ?」

憂「それはないよー。だってお姉ちゃんは梓ちゃんのことなんか好きじゃないもん」

梓「!?」

憂「あ、もちろん後輩としては好きだと思うよ? でもね、やっぱりそれだけっていうか、ね、わかるでしょ?」

梓「…………」



梓「で、でも、私はいつもぎゅっとかされてるもん!」

憂「え、それくらいで好きってことになるの? まいったなぁ、そしたら私お姉ちゃんに超愛されちゃってるや、ごめんね」

梓「あずにゃん大好きって言ってくれるし!」

憂「うんうん、お姉ちゃんに好きって言われるの嬉しいよね。口癖みたいなもんだとしても」

梓「……あずにゃんともっと一緒にいたいなーとか帰り際に言うんだよ」

憂「これからもずっと一緒にいてね。って私は言われるよ」

純(梓が小さくなっていく……)

梓「と、とにかく、私の方が唯先輩のこと好きだもん!」

憂「うんうん、誰かを好きって自覚した時は人に言いたくなるものだよね、分かる分かる」

梓「う、うぅ~……!」

純「まぁまぁ二人とも、そろそろ授業始まるから落ち着きなって」

憂「そうだよ梓ちゃん。でも休み時間にはしゃぎ過ぎちゃうのってお姉ちゃんみたいで可愛い~」

梓「……純、後で話あるからちょっと来て」

純「え、でも」

梓「いいからっ!」

憂「お姉ちゃんも慌てて席についてるのかなぁ、可愛いな~」



梓「もうっ!どうしたら憂に勝てるの!?」

純「いきなりトイレに連れ込んだかと思えばそれか」

梓「口喧嘩じゃちょっと勝てる気がしないから、それ以外の方法で憂をぎゃふんと言わせたい」

純「それ以外って……例えば?」

梓「そうだなぁ……憂が引くほど唯先輩のこと好きだって知らしめる、とか?」

純「それは無理だよ」

梓「え、なんで?」

純「ここだけの話だよ?」

梓「うん」

純「憂のすいとうの中身、唯先輩が入ったお風呂の残り湯を冷ましたものなんだって」

梓「」



梓「え、ちょっ、それってどういう」

純「どういう意味もなにも、そのままの意味だよ……」

梓「な、なんでそれを純が知ってるの?」

純「梓がいない時に、憂が『秘密だよ?』って教えてくれたの」

梓「ええー……」

純「梓に教えないのは、梓が欲しいって言ったら困るから、だって」

梓「欲しいなんて言わないよ!!」



純「それだよ」

梓「……え?」



純「もうその時点で負けてるんだよ、憂の唯先輩への愛に」

梓「そ、そうなるの?」

純「うん。『それなら私は残り湯を一気飲みしてやるです!』くらいのこと言わなきゃ」

梓「……なんかふざげてない?」

純「し、してないしてない!ほんとほんと!!」

梓「でもなぁー……飲むのは問題ないにしても、一気のみは辛いんだよなぁー……」

純(あ、そういう問題なんだ)

純「まぁ梓は梓なりの方法で愛を示せば良いんじゃない?」

梓「どういうこと?」

純「ほら、憂は裏でこそこそやるけど、唯先輩に直接『好き』って言ってはないんじゃない?」

梓「たしかに。姉妹としてっていうならあると思うけど」

純「だからさ、梓がどうしても好きって言うのを我慢できなくて言っちゃったっていうのは中々レベル高い行動なんじゃないの?」

梓「なるほど……あれ、振られちゃったらどうするの?」

純「告白する時に、失敗を前提にするものじゃないでしょ」

梓「お、おおー……純の癖に良いこと言うじゃん!」

純「『癖に』は余計だ!」

梓「よーし、なら今日の放課後、さっそく言うぞー!」

純「頑張れ梓!」



純(……ノリで後押ししちゃったけど、いいのかな……まぁいいか、面白そうだし)



梓「し、失礼しまーす」

唯「あずにゃん!」

梓「わっ!唯先輩!いきなり飛びついてこないでください!!」

唯「だってー……あずにゃん来るの遅いんだも~ん」

梓「ご、ごめんなさい」

梓(告白するための心の準備に時間かかっちゃったんです……)



紬「お茶注いであるからね~」

梓「ありがとうございます」

梓(あ、告白の言葉を考えてくるの忘れちゃった! ど、どうしよう……)



澪「ここの歌詞がな、直したいんだけど思い浮かばなくて」

律「なるほどなー、『世界中の誰よりあなたが好き』じゃちょっとありきたりかもな」

唯「『三度の飯よりアイスが好き』はどうかな!」

律「あなたはどこいったんだよ!?」

梓(告白の台詞、告白の台詞……ええと、憂が思い浮かばないくらいインパクトのあるやつ……)

紬「『月が綺麗ですね』とかいう風にするのはどうかしら?」

澪「直接、好きって言わないような感じか、良いかもな」

唯「アイス美味しいですね!」

律「それはただの感想」

梓(インパクト、インパクト……)

唯「アイスアイス言ってたら、アイス食べたくなってきた」

律「よくお腹壊さないでいられるよな」

澪「うーん、難しいな……」

紬「ねぇ、梓ちゃんはなにか思いつく」

梓(インパクト……アイス……お腹壊す……)

紬「梓ちゃん?」

梓「……え!? え、あ、そのですね」

紬「何かあるの?」



さわ子「みんなー、今日のお菓子はなにー?」ガチャ





梓「私、あなたのウンコ食えるです!!」




律「」

唯「」

澪「」

紬「」



さわ子「」バタン



2