唯「あーずにゃん!」

梓「ヒィッ!!」

澪「おい、やめてやれよ唯。梓困ってるだろ」

唯「えー?だって、あずにゃんに抱きつくの気持ちいいんだもん
  あずにゃんは私に抱きつかれるのイヤ?」

梓「は、ははっあははくぁwせdrftrg…」

唯「ねぇ、あずにゃん、ちょっと難しいリフあるんだけど」

梓「あっ…は、はひ、ど、どこですか?」

唯「あずにゃんは出来る?この部分?」

梓「えっと…えっと…」

唯「手が震えてるよあずにゃん…」



澪「梓はすごい人見知りみたいだな」

紬「梓ちゃんギターすごい上手いのにね。もっと自分に自信を持てばいいのに…」



唯「あずにゃんのギターかっこいいね!なんていうギターなの?」

梓「あっ…ム…ムスタンgfd」

唯「ムスタン?なんか単語帳みたいな名前だね」

梓「ち、ちが……えっと…dghっks」

唯「私のギターはギー太だよ!かっこいいでしょ!?」

梓「は、はははっ……」



~教室~

女子A「中野さんっていつも寝てるよね」

梓「……」

女子B「あれ本当は起きてるんじゃないの?」

梓「…………」ピクッ



憂(あの子が軽音部に新しく入ったっていう子かなぁ
  なんかちょっと話しかけづらいなぁ)



~期末テスト~

純「あーもう、早くテストから解放されたいよ…」

女子C「だねー。早く終わらないかなぁ」



梓(テストは楽だ)

梓(学校が午前中に終わるから、お弁当も食べなくて済むし)

梓(もう毎日がテストだったらいいのに)



~校外学習の班決め~

純「憂ー。一緒の班なろー」

憂「いいよぉ」

梓「……」

委員長「みんなー決まった?」

梓「………」

委員長「あれ?中野さんだけ決まってないね
     どこか中野さん入れてくれる班あるー?」

一同(シーン)

梓「……………」

憂「じゃあ私たちと一緒の班なろっか」

梓「あっ…えっ・・・・…くぁftgふgk」



唯「ねえ!みんなでカラオケ行こうよ!」

梓「えっ…」

紬「いいわね~」

澪「そういや長いこと行ってなかったよな」

唯「でしょでしょ~」

律「梓ももちろんくるよな!」

梓「あっ…えっ…えっと…わ、私は…その…きょ、今日は…」

律「なんだぁ~。梓はノリ悪いなぁ。そんなんじゃ軽音部でやっていけないぞ!」

律は梓の背中をバシンと叩いた。

梓「はははっ…ははっ…」

澪「まぁ梓、歌うの苦手なら聞いてるだけでもいいからさ。一緒にどうかな?」

梓「あっ…は、はい…」

梓(澪先輩……)ポワァ



唯「Let's Try~♪無口すぎる~♪キミ~♪ 饒舌に変えてあげるよ~♪」

律「相変わらず唯の歌声は癒されるな」

紬「優しい声よね~」

梓(確かに天使のような歌声だ…)

唯「ねぇ、あずにゃん!私とデュエットしようよ!」

梓「え、えっ…」

律「そういや、梓はまだ一曲も歌ってなかったな。いっちゃえいっちゃえ!」

梓(ひぃっ…)

梓(そうだ…澪先輩は…)チラッ

梓(ああっ…そういえば、さっきトイレいったんだった…)

唯「さあ、あずにゃん!何歌おっか?」

梓(どうしよう…最近の曲全然わかんないよ…)

紬「梓ちゃんはどんなアーティストが好きなの?」

梓「あっ…じゃあ…あ、あの…ス、スピッツを…」

唯「スピッツ…ってなんだったっけ?」

律「あー知ってる!チェリーとか歌ってる奴!」

唯「ああ!チェリーの人か!じゃあチェリー歌おっか!」

梓「あっ、は、はい…」



唯「あーいしてーるーのひーびーきーだーけでー♪」

梓「つ、つよくなれるーきがー…」

紬(うーん…)

律(梓はすごい音痴だなぁ…)

ガチャ

澪「ただいまー。あれっ、梓も歌ってるのか」

律「チェリー歌いたいって言ってさ!」

梓(い、言ってないよ…)

澪(おおっ、自発的に歌おうとするとは偉いぞ梓)



……

唯「あっ、もうこんな時間!憂に怒られちゃうよぉ!」

律「つい歌いこんじゃったな」

紬「楽しかったわねえ」

梓(やっと終わった…もう疲れたよ…)

澪「梓、どうだった?楽しかった?」

梓「えっ……は、はははっ…」



律「じゃあ私が会計済ましとくから」

唯「おーりっちゃん!任せたよ!」

澪「私はトイレ行ってこようかな…ジュース飲み過ぎた…」

紬「私も行こうかな~」

唯「じゃあ私も!あずにゃんは?」

梓「わ、私はいいです…」

唯「じゃあ待っててね!もし、三十分経っても戻らなかったら警察に連絡してね!」

澪「私たちは何かの捜索隊かよ」

梓「はは、ははは…」



梓(ふぅ…)

梓(今日は本当に疲れたな…主に精神的に…)

梓(やっぱり、一人が一番落ち着く…)



DQN1「おい、あの娘、かわいくないか?」

DQN2「あの根暗そうな奴か?お前あんなのが好みだったのか?」

DQN1「へっ、ああいうのはちょっと脅せばすぐヤラせてくれんだよ
     とりあえず声かけてみっか」



DQN1「よおネーチャン、一人でどうしたの?」

梓「えっ……」

DQN2「寂しいでしょ?俺らと一緒に遊びにいこうよ」

梓「あの…その…」

DQN1「いいじゃんいいじゃん、行こうよ」グイッ

梓「あっ…は、はなして…」



律「おい、お前ら何やってんだよ」



DQN1「ん?あんた誰?」

律「この子の先輩だよ、梓は私たちと遊びに来てるから、そういうのケッコーです」

DQN2「あ?この娘は俺たちと遊びたいって言ってんだよ。なぁそうだろ?」

梓「チ、チガ…」

梓(こ、声が出ない…)

律「いいから離せよ。どう見ても嫌がってんだろ」

DQN1「はぁ?ぶん殴られてえのかお前」

その時店内から、高校生の集団が出てきた。
どうやら桜が丘高校の生徒達のようだった。

姫子「あれ?律じゃん、どうしたの?」

律「ん?ああ、姫子達も来てたのか」

いちご「何?この人達はりっちゃんの彼氏?」

律「違うって、何かうちの後輩が因縁つけられたみたいだからさ」

DQN1「チッ…おい、いくぞ」

DQN2「ああ…」



律「おい、梓。大丈夫だったか?何かひどいことされなかったか」

梓「り、律先輩………うわーんっ」

律「おーよしよし、怖かったなぁ」



唯「あずにゃーん、おまたせ……って、りっちゃんがあずにゃん泣かせてる!」

律「ちげーよ!!」

澪「おい、律…お前何したんだよ」

紬「りっちゃん…」

律「私ってそんなに信用ないのかよ!」

いちご「なんかガラ悪いのに絡まれてたみたいだよ、その子」

唯「えっ!あずにゃん大丈夫だった?」

梓「うっ…ぐすっ…」

姫子「でも、律は勇気あるなぁ。私、あんな悪そうな奴らに一人で立ち向かえないよ」

律「はは、まぁ梓のピンチだったからな」

梓「……」

澪「私たちの大事な後輩だもんな、梓は」

紬「梓ちゃんが無事で本当よかったわ~」

唯「あずにゃ~ん」ギュッ

梓「……ぐすっ」



………

梓が入部してから一年が経った。
梓は少しずつだけど軽音部に馴染んでいく事が出来た。

唯「あずにゃん!ここのリフ苦手なんだけど…」

梓「あっ…はい…どこですか?」

唯「ここなんだけど…」

梓「ここはですね…こういうふうに…」

唯「おお!あずにゃんやっぱり上手いなぁ!」

梓「ははっ…ははは」

まだ引きつった笑顔は手放せないけど、
それでも一年前に比べれば私は格段に成長していた。

律「梓ももう二年生かぁ。
  しかし、胸は一年経っても全然成長してないみたいだな!」

梓「……そ、そういう律先輩だって…」

唯「おお!あずにゃんがりっちゃんに反撃した!」

澪「確かに律の胸も全く成長してないなぁ」

律「くそぉ!お前はなんでこんなに大きいんだよ!裏切り者!」

澪「お、おい!やめろ!くすぐったいだろ!」

梓「クスッ」



………

憂達とは校外学習を通じて友人になった。
梓と憂との間には「唯」という共通の話題があったため、話のネタには困らなかった。

憂「梓ちゃん、合宿行ったんだって」

梓「うん…」

純「へっー、どこ行ったの?」

梓「先輩の別荘…」

純「えっ!別荘!」

憂「なんでも、海の近くで、びっくりするくらい豪華なところみたいだよ。
   お姉ちゃん凄い楽しかったって言ってたよぉ」

純「なんで軽音部はそんなリッチなの!
   ジャズ研なんて普通に少年自然の家みたいなところでやったよ!
   外歩いてたらヘビに遭遇するんだよ!もうしんじらんない!」

梓「あはは…」

今まで一人で食べていた昼食は憂達と取るようになった。
そして、定期テストが楽しみから苦痛に変わり、通常授業の日が苦痛から楽しみへと変わった。



………

澪「梓ってさ、歌そんなに下手じゃないと思うんだ」

梓「えっ…」

律「そうだよなぁ…。なんというか、恥ずかしがってるせいで、逆に変な歌い方になってるよな」

紬「言われてみたらそんな気がするわね…」

唯「もっと自然にやればいいんだよ!」

梓「そ、そうですか?」

律「という訳でカラオケ行くか!今日は梓の特訓な!」

梓「あっ…」

唯「私いっぱいスピッツの歌覚えたんだよ!ミカンズのテーマ一緒に歌おうね!」

梓「……はい」



先輩達の言うとおり、私は変な歌い方をしていただけで、
特に音痴という訳ではなかったようだった。

梓「ミカーンズあまーくてー♪」

唯「すっぱいことばー♪かますぜ♪」

紬「いい感じじゃない~」

律「うん、やっぱり梓は音痴じゃないよ」

澪「練習したらもっと上手くなるな」

梓「……///」

唯「じゃあ次はロビンソン歌おうか!だーれもさわれぇーゲホッゲホッ
  キー高すぎでしょこれ!」

梓「ふふっ…」

最初、私は軽音部に入ったことを後悔していた。
退部するということも言い出しづらく、正直部活は苦痛だった。
でも、今は違う。
私には素敵な先輩たちがいることに気づいたから。
私は軽音部に入って本当によかったと思う。

終わり