律「・・・おじさん誰?」

ヘ「誰ってヘイポーですよ・・・軽音部の新しい顧問です」

紬「さわ子先生は?」

ヘ「ああ、彼女は首を痛めてしばらくお休みだそうです」

梓(またか…年考えればいいのに)

律「じゃあ臨時ってこと?」

ヘ「はい。山中先生が復帰する間までですね」

唯「へー。じゃよろしくね、ヘイポー先生」

澪「・・・アッサリ受け入れすぎだろ」

ヘ「こちらこそエヘヘヘ。若いっていいですよねえ」ジロジロ

律「なんかこいつ気持ち悪っ」

梓「足とか胸、思いっきりガン見されてますけど」

ヘ「気にしないで、ほらいつもどおりの練習してくださいイヒヒ」ズイッ

紬「せ、先生・・・ちょっと近いかも」

澪「と、とりあえず練習しよう(無視無視・・・)」

律「みんなー、準備できたか?」

唯「オッケー。じゃふわふわからねー」



ジャーン!

ヘ「ひいいぃぃっ!?」

梓「なっ!?なんですかっ?」

ヘ「何って今ものすごい音鳴ったよおおお!」

澪「そりゃ演奏ですから・・・大きい音は鳴りますよ」

律(変な奴・・・)「じゃ気を取り直して、いくぞ?」

ダダダダダ!

ヘ「うわああびっくりしたなあっっ!!音こわいよ!!やめてよ!!」

紬「せ、先生落ち着いて?」

唯「ヘイポー先生、大きな音が怖いの?」

ヘ「誰だって普通こわいでしょーよ・・・こんなおっきな音・・・」

梓「これぐらいの音がダメなら、軽音部の顧問なんて出来ませんよ」

澪「じゃあ、なるべく離れた席に移動してもらって・・・」

ヘ「えー!近くで見たいですよ!ミニスカとか!生足!!」

律(じゃどうすりゃいいんだよ・・・)

紬(さすがにイラッとくるわね・・・)

ヘ「大丈夫です。なんとかガマンし

ガチャッ

ヘ「っひいっっっ!?なんか来たなんか来たよおぉぉっ!!」

和「・・・だ、誰この人?」

ヘ「なんだ女の子か・・・おばけかと思った」

澪「ご、ごめん和。あんまり気にしないで・・・」コソコソ

律「さわちゃんの代役なんだってさ」コソコソ

和「そう・・・あ、生徒会のお知らせ持ってきたからここに置いとくわね」

ファサ

ヘ「ひっ!なにそれ!?今置いたの何!」

和「え?ただのプリント・・・」

唯「ヘイポー先生、ビックリしすぎだよぉ♪」肩ポン

ヘ「うおああぁぁぁ!!今肩たたいたのだれえぇぇぇこわいいいい!!」ガバッ

澪「・・・ちょっ!?先生抱きつかないでっ!!ひいっ!」ジタバタ

紬「み、澪ちゃんっ!?大丈夫ですから落ち着いて先生!」ヒッパリ

律「早く澪から離れろこの変態っっ!」ヒッパリ

梓「澪先輩になにするんですかっ!!」ヒッパリ

ヘ「こわいよなんかいるようわあああんん!!」プニプニモミモミ

澪「きゃあぁぁぁっ!絶対わざと触ってるっ!」

唯「け、けいさつに言ったほうがいいのかなぁ・・・?」

和「最悪の場合、そうなるわね・・・」



律「・・・ふぅ。やっと落ち着いたか」

ヘ「面目ない・・・ごめんなさい」(正座)

唯「澪ちゃん大丈夫?」

澪「ふぇ・・・いっぱい触られた・・・」グスッ

梓「一応顧問の代わりなんでしょ?何考えてるんですか」ジロ

紬「とりあえず、澪ちゃんにちゃんと謝罪してくださいね」

ヘ「は、はいっそれはもちろん・・・」

律「いーや!」

唯「ん?」

律「口ではなんとでも言えるだろ。ここはきちんと後に残る形の・・・」

澪「形の?」

律「・・・謝罪文だな」



「この度、私世界のヘイポーが桜高一の人気女生徒であり、
また軽音部においてもベース&ボーカルを担当する秋山澪さんに
ある意味セクハラぎみとも取れる疑わしき行動をとってしまった事について
深くお詫び申し上げます。

今回の件についてはそもそも、ベースとかボーカル以前に
「桜高軽音部の乳担当」と言っても差し支えのない澪ちゃんのプロポーション、
嫌だ嫌だ言いながらも大勢に染み付きパンツを見せ付けるような大変安い性癖、
臆病・気弱キャラを前面に出して男性ファンの人気を少しでも独占しようとする露骨な戦略など、
私世界のヘイポーの両手がうっかりたわわな双丘に伸びてしまっても
全く致し方のない、やむをえない、むしろ澪ちゃんが望んでいた枕営業的な行為であることは
疑う余地のないところであります。

よって、これもHTTが大人の階段を昇るうえで必要な一つの儀式みたいなものだと思い、
その無駄にブラブラさせてるパイオツのような大きい心で水に流して頂けないでしょうか。

ガキの使い総合演出・世界のヘイポー」



律唯紬梓和「」

ヘ「そういうことでね、練習再開しましょう」

澪「・・・」

ヘ「澪ちゃん、どうしましたか?まだ揉まれ足りな」

バキッドガッグシャッベキッボコッグショオオッッ!!

澪「さ、練習しようか」ペッ

梓「・・・大丈夫ですかね」

唯「でもうっすら笑ってるよ?」

紬「なんとなく、命に別状はないんじゃないかしら~」

和「通報されなかっただけ儲けものよね」

律(今後はあんまり澪を怒らせないようにしよう)ガタガタ


おしまい
短くてごめんね