澪「新曲だ」

唯「新曲だよ! 二人で書いたんだよ~…」

澪・唯「ね~~♪」

律「なんだよこのドラム…大概にしろよ…」

澪「何が不満なんだ?」

律「そりゃな、私だっていっぱい練習してさ GOGOとかUtauyoとかさ
難しい曲もできるようになったさ ちなみに結構無理してる」

澪「まあ律のこと信頼して曲書いてるからな」

律「ああ、それはありがとう でもこれは無茶だ」

律「先に言ってやる今回は無理だ ついていけない」

澪「なっやってみないとわかんないだろ!!」

律「なんなんだよこのバスドラ、32分で刻んでるじゃねえか
無茶言いすぎなんだよ」

紬「私もちょっとこれは引けないかも…」

律「やってみてくれよ おまえらは出来るのか見せてくれ」

澪「いいぞ 行くぞ唯」

唯「バッチコイだよ!!」

澪「この曲を打ち込むためにドラムマシーンまで買ったんだ 今更後には引けないんだよ」

律「それはお前の都合だろうが…」

澪「行くぞ~ カウントスタート!」

唯「よしこい!!」

かっかっかっかっ

ドラムマシーン「dkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdk」

梓「ひいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!」

律「なんだこれ…」

紬「…」

ギー太「ギュウウウワンギュウウワンギャリギャリギャリ!!!!」

唯「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!!!!!!!」

梓「デスボイスから徐々に上げていって最終的にハイトーンデスボイスに!?」

律「こんなことできたのかこいつ」

澪「オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛オ゛!!!」

紬「ハモりだしたわ!?」

唯「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!」

ドラムマシーン「dkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdkdk!!!!」

唯「レ゛ッヅゴオオオオオオオォォォォォォ!!!!!」ブンブン!!

澪「エ゛ァァァァァァァァァ!!!!」ブンブン!!

律「なんだこいつら」

唯「Here we go again,motherfucker!!!!!!!!」

紬「もうどうでもいいわ」



唯「ぜぇぇぇぇはぁぁぁぁぁぁぁ…」

澪「ひぃぃ…ひぃぃ…」

唯「ど…どうだった…?」

律「どうもこうもねえよ 途中からSlipknotになってたじゃねえか」

紬「マザーファッカーとか言ってたわね」

梓「」

澪「みんな!これが放課後ティータイムの新ジャンル!!」

澪「紅茶金属音(ティーメタル)だ!!」

律「ティーってなんだよティーって そんな要素どこにあったんだよ」

紬「理解しがたいわね…」

梓「」

さわ子「なにっ!?今の素敵なニューメタルサウンドは!?」バンッ!!

律(めんどくさい奴が食いついてきたー…)

澪「先生! 聞こえてたんですか!?」

さわ子「職員室まで聞こえてたわよ」

唯「あちゃーお恥ずかしい…」

さわ子「それよりっ!! あの素敵なデスボイスは誰が発していたのかしら!?」

澪「それは我らがボーカル、平沢唯です!!」

さわ子「やっぱりぃぃ!! 才能あると思ってたのよおおおお!!」

澪「そしてさっきの曲が我が放課後カンニバルの新曲です!!」

律「バンド名を変えるなバンド名を」

さわ子「えええ!?じゃあ今のがみんなの新曲なわけ!?」

律「違います」
澪「はいっ!!」

さわ子「いいじゃなあああああい!!!」

律「人の話聞けよ」

さわ子「梓ちゃんが乗り気じゃなかったらいつでも変わってあげるからね!!」

澪「先生…せっかくですがそれはできません…」

澪「私たちは5人そろって放課後カンニバルなんです」

澪「それだけは…できないんです」

律「知らねえよそんなバンド」

さわ子「そう…」

律「お前も何しんみりしてんだよ 人の話聞けって」

唯「さわちゃん…」

澪「先生…」

澪「先生の意思は…私たちが継ぎますから!!」

さわ子「あなた達っ!!!」

律「なに勝手に青春してんだよ放課後カンニバルども」



澪「まあ話は一段落したし…」

律「してねえよいいかげんにしろ」

澪「唯!」

唯「オッケー澪ちゃん!!」

律「…なんだこれ!!」

紬「縛られてるわ…」

梓「」

澪「先生 今からこいつらを洗脳します 車を出してください」

さわ子「オッケイ!!」

律「何する気だよおまえら」

紬「あっ…だめよ唯ちゃん…こんなところで緊縛プレ…あふんっ…キツイぃぃ…」

律「お前はお前でノリノリじゃねえか別の意味で」

梓「」



一週間後!

さわ子「あの子たちはどう?」

澪「24時間休まずメタルを聞かせています 食事は点滴 用は垂れ流し 寝たら電流を流しています」

さわ子「あらあらそんな手荒なこと…」

唯「ちなみにあずにゃんは3日で堕ちたよ! ねっあずにゃん!」

梓「メタルの良さがわからないなんて律先輩もムギ先輩も人間失格ですね」キリッ

さわ子「梓ちゃん、好きなバンドは?」

梓「スリップノットです」

澪「好きなプレイヤーは?」

梓「シド・ウィルソンです」

さわ子「完璧ね!」

梓「出来ればもう一度あの24時間メタル漬けの牢獄に戻りたいと思っています」

梓「ちなみに今は何を流しているんですか?」

澪「カンニバルコープスだ」

梓「いいいいいいいいなああああああああああああ二人ともおおおおおおおおおお」

梓「もどりたいなあああああああああああああ私もあのなかあああああああああああああ!!」

澪「落ち着けって!CDなら買ってやっただろう!」

さわ子「え?いいなっ 私にも頂戴よ」

澪「残念ながらあとは律とムギの分しか無いんですよね…」

唯「私の貸してあげるよ~」

澪「唯!人が買ってやったものを本人の前で貸し借りするな!」



さらに2週間後

澪「律が堕ちたな」

梓「やっとですか…やはり情熱を持って接すれば 伝わるということですね」

澪「ああ 緊縛を解き、目隠しを外し、ドアも開けてやったが目の前のライブ映像を一心不乱に眺めてる」

梓「ヘドバン始めましたね」

唯「あっうんこ漏らした」

梓「これでこそメタル これでこそ愛ですね」

澪「そういう事だ」

唯「じゃあ迎えに行こう! 私たちの朋友を!!」

梓「漫画違いますよ?」



澪「律!」

律「…」ブンブン

澪「ふふっ…可愛いやつめ…」

澪「…」ブンブン

唯「肩を組んで一緒にヘドバンしてるよ!!」

梓「なんて美しい姿なんでしょうか…」

唯「もはや神々しさすら感じるね…この二人の友情には」

梓「ええ…」



唯「りっちゃんの容態は?」

澪「だいぶ安定してきている あと二日もあればメタル無しでも日常生活がおくれる程度には回復するだろうな」

梓「私もこの時辛かったな~…禁断症状…」

唯「ヘッドフォン取り上げたら泣き叫んでたからね~」

梓「メタルなしでも一人で立てるようになるまで…辛いですよ…律先輩…」

律「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!ネルボサを!!ネルボサを聴かせろおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」



さらに1週間!!

澪「みんな、聞いてくれ… ムギのことなんだが…」

律「どうした?」

澪「私はとんでもない間違いをしていたみたいだ…」

唯「どういう事?」

澪「このままではムギは…メタラーにはなれない…」

なんだってー!? のAA

梓「何を馬鹿なこと言ってるですか! もうメタルなしでは一人で立てもしない状態だったじゃないですか!!」

澪「そのことなんだが…あの映像を繰り返し見てみたんだ そしたらムギの口…どう動いてたと思う?」

唯「聞かせて…とかじゃないの?」

澪「縛って…って言ってた」

律「えっ?」

唯「なにそれ」

梓「さすがに引くわ」

澪「ムギはメタルを聞けないことに絶望していたんじゃない。
全裸で縛られ、目隠しをされ、口にはギャグボールを詰められヨダレはダラダラ
うんこは垂れ流し…」

澪「そんな自分の姿をかわいい女の子たちにずっと見ていて欲しかったんだよ!!!」

梓「とんでもない変態ですね」

律「ムギの奴少しアレだとは思ってたが…」

唯「ここまでとは思わなかったよね…」



澪「じゃあ紬の緊縛を解いてくる 盗聴器はないから映像だけだがよく口の動きを見ていて欲しい」

律「わかった…」



梓「あ…先輩きましたよ」

唯「お願いムギちゃん…私信じてる…」

律「ムギ…」




紬「しばって…しばってぇ…みてええ…みてくださぁぁい…つむぎのおしっこするところみてくださいいいい」

紬「へんたいなんですうう…つむぎはしばられてうんちもらしてよろこぶへんたいなんですううう…おねがい…しばって…」



一同「うわぁ…」



澪「こういうことだが… おまえらの意見を聴きたい」

律「こっちに連れてこい…このままだと取り返しの付かないことになりかねん…」

梓「賛成です」

唯「私も…そのほうがいいと思う…」

澪「よし ちょっと待ってろ ムギを連れてくる」



紬「ただいま♪」テカテカ

律(うわぁ…変態きた)

梓(キモ…)

唯(捉え用によっては一番メタルかもね…ムギちゃん…)



次の日!!

律「さて…放課後カンニバルのこれからの目標についてなんだがな」

律「私たち…言ってたよな… 夢は武道館…ってさ…」

澪「ああ…」

律「若かったな…」

唯「うん…」

律「これからの放課後ハンニバル…」

律「当面の目標はラウドパークに招待されること…」

梓「ええ…」

律「夢は事務所を設立してメタルがナンバー1だと世界に認めさせることだ!!!」

紬「うんっ!!」

律「行くぞっ!!放課後カンニバル!!」

和「次は…軽音楽部による バンド演奏です!! どうぞ!!」



澪「糞っ!!!!!最悪のライブだった!!!!なんなんだあの客のノリの悪さは!!!!」

律「どいつもこいつもわかってねえ!!糞野郎ども!!!」

唯「私なんて前列のお客さんがノリ悪すぎて殴っちゃったよ~」

梓「私なんてダイブしても誰も受け止めてくれなかったんですよ!!キイイイイイイイイイイイイイイイイイ腹立つ!!!!!!!」

紬「斉藤?今すぐウチの放送部員を買収して 毎日昼休みはメタリカをかけるように言って」



澪「さて、今回集まってもらったのはほかでもない どうすれば桜高生にティーメタルを受け入れてもらえるかだ」

澪「ムギのおかげで着実にメタラーは増えているが、やはり数が少なすぎる」

唯「あの一年の子すごかったよね~ww」

律「いきなり押しかけてきて『なんていうバンドの曲なんですか!?』だもんな いい子だよあの子は絶対」

梓「入部を拒否られたのが少し納得できませんけどね」

紬「やっぱり文化祭でお客さんを殴っちゃったからじゃないかしら…」

唯「あう~… ごめんなさい~…」

澪「そうだ…」

律「どうした?」

澪「諸君、私はメタルが好きだ、大好きだ」

梓「私たちもですよ?どうしたんですか突然…」

澪「思えばみんなには辛い思いをさせたな 私の趣向を押し付けて…」

律「そんなことないぞ!! 今は感謝の気持ちで胸がいっぱいだ!!」

梓「そうですよ!! 私はアレがなければ未だに『ふでぺん~ふっふ~』とかやってましたよ!!」

紬「そうよ澪ちゃん!謝るなんてひどいわ!」

律「お前だけ別の意味だろうそれ」

澪「そうだよ…みんなにしたように愛をもって伝えれば、受け入れてくれるんだ」

澪「でも桜高全員にそれをしてる時間はない…」

澪「私たちも高校生…まだまだ青春まっただ中だ」

澪「どうせやるなら楽しいライブがしたい」

澪「メタルイベントを主催しよう」

一同「…」

澪「確かに厳しいかけかもしれない」

澪「下手すればライブハウスから出禁を食らうかもしれない」

澪「でも…」

澪「私は…青春を謳歌したい」

澪「そして私たちの夢は、バンドとしての知名度を獲得してからじゃないと話にならないと思うんだ」

澪「正直に言うと私たちの曲、完成度は高いと思ってる」

澪「それはさわちゃんも認めてくれてる」

澪「初ライブ初主催なんて粋な話だと思わないか!?」

律「…」

律「…私も…やってみたい…」

唯「私も…」

梓「いいでしょう!殺って犯るDEATH!!」

紬「うふふ♪」

澪「みんな…」



その日から放火後カンニバルの初ライブに向けての準備が始まった

澪「この曲…どうかな…」

梓「うん いいと思います 特にこのソロはメガデスを彷彿とさせますね… 多くのメタルファンに受け入れられそうないい曲だと思います」

唯「なに語ってるの~? まぜて~!」



澪「律!!今のところもう一回やり直しだ!! リズムの表裏入れ替わってるぞ!!」

律「クッソ!!またかよ… よっしゃ!!何回でもやってやる!!」

紬「りっちゃんファイト♪」



唯「う~ん…やっぱりコンパクトエフェクターじゃちょっと…」

梓「こんないいもの使っておいてなに言ってるんですか!
ここをこうしてこうすれば…」

唯「あっ! すごい良くなったよ!!」

梓「メタルディストーションの力はまだまだそんなもんじゃありませんよ!」



3ヶ月後…

澪「みんな!箱の予約が取れたぞ!」

律「本当か!?」

澪「ああ、3ヶ月後だ。 タイバンはここ数日のライブハウス巡りである程度いいバンドが何個か見つかったから、土下座して頼もうかと思う」

梓「ここって…県内で一番大きいライブハウスじゃないですか!! よく予約取れましたね!!」

澪「そうだ!必死にバイトして貯めたお金が30万はあるからな 金さえ払えれば文句無いだろ?って言ってやった!!」

律「流石澪!我らがリーダーだな!!」

澪「リーダーはお前だろ!!」

律「ぎゃふん」


2