クチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!」

梓「ふぅ、また澪先輩の縞パンでオナってしまった」

梓「学園祭のビデオを密かにコピーして楽しんでますけど、最近飽きてきたな」

梓「さすがに再整数3桁行きましたからね」

梓「何か新しいオナネタ無いかな?」

梓「そうだ、無ければ自分で作れば良いんだ!」

梓「こんな簡単な事に気付かなかったとは」

梓「軽音部のみんなが使うトイレに隠しカメラを設置してと」

梓「これで良し、と」

梓「くくく、明日が楽しみです」


翌日

梓「撮れてます撮れてます」

梓「おっ、これはムギ先輩」

梓「ふふ、見られてるとも知らずに」

梓「スカートを下ろして」

梓「紐パン!やらしいパンツ履いてますねw」

梓「いよいよパンツを、ゴクリ」

梓「何とムギ先輩はマン毛も金髪!」

梓「これはレアもの!」

梓「みなぎってきた!!」

クチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!」

梓「ふう、良い仕事した」

梓「お次は律先輩か・・・」

梓「チッ」

梓「早送り、と」

梓「お、今度は唯先輩だ」

梓「スカートを下ろして・・」

梓「何だ?上着も脱ぎだしたぞ?」

梓「全裸になっちゃった!」

梓「何で唯先輩全裸になるんだ?」

梓「唯先輩、もしかして全裸じゃないと用を足せない人?」

梓「これは良い物見させてもらいました」

クチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!」

梓「おお、次は本命の澪先輩」

梓「ん?バッグから携帯を出した?」

梓「あららー、バイブ機能使ってオナニー始めちゃったよw」

梓「しかし、これは超お宝映像」

梓「澪先輩のオナニーを見ながらオナニーする私」

梓「興奮してきた!」

クチュクチュクチュックチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!!!」

梓「ふう、カメラは大成功でしたね」

梓「ん、待てよ。この映像があれば・・・」


翌日!

紬「お茶入ったわよ」

唯「わーい」

律「今日のケーキは何かな?」

梓「携帯電話で自家発電」

ぼそっ

澪「!!!」

律「梓、何か言ったか?」

梓「何も言ってないですよ」

部活後、私は澪先輩を呼び出した。

澪「梓、何の用だ?」

梓「どうしたんですか?そんなにいきり立って?」

澪「べ、別に」

梓「トイレに行って携帯でオナニーしてすっきりしてきたらどうです?」

澪「///」

澪「な、何で知ってるんだ?」

梓「へー、澪先輩そんな変態行為してるんですか?w」

澪「ぐぐっ」

澪「で、何の用なんだ?」

梓「そうですね、そこで全裸になって下さい」

澪「え?な、何するつもり?」

梓「何もしませんよ、ただオナネタにするだけです」

澪「さ、さすがにいきなり全裸は///」

梓「じゃあ、パンツだけでも脱いで下さい」

澪「うう・・」

梓「ほら、どうしました?トイレで携帯オナニーする変態さんならその位出来ますよね?」

澪「パ、パンツだけなら・・・」

パンツを脱ぐ澪

澪「これで良いだろ?」

梓「じゃあ、そのパンツをこっちに渡して下さい」

澪は梓にパンツを渡す。


梓「ウウウウウウー、澪先輩の学園祭のパンモロありましたよね」

梓「あれ…ビデオで見たときですね」

梓「その下品なんですが…フフ…………鼻血出しちゃいましてね」

梓「パンツの所だけ拡大コピーしてしばらく……部屋にかざってました」

澪「お前こそ、変態じゃないか!」

梓「澪先輩に言われたくありませんよ」

梓「では、脱ぎたての内に」

梓「澪先輩のパンツぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!   
 あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!パンツパンツパンツぅううぁわぁああああ!!!
 あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
 んはぁっ!縞々パンツをクンカクンカ!クンカクンカ!あぁあ!! 」

澪(良く本人目の前にしてここまで出来るな///)

クチュクチュクチュックチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!!!」

澪(うわー、梓がオナニーでいく所見ちゃったよ///)

梓「ふう、最高でしたね」

澪「も、もう良いだろ?パンツ返せ」

梓「駄目です、これは記念に貰って行きます。澪先輩はノーパンで帰って下さい」

澪「そんな・・・」

梓「ノーパンの方がオナニーしやすくて良いんじゃないですか?w」

澪「くそっ!!」


中野家

梓「澪先輩がノーパンで帰ったのを想像すると興奮してきた」

梓「想像オナニーしよう」

クチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!!!」

梓「ふう、明日は澪先輩にどんな事させようかな?」


翌日朝から梓に呼び出しされる澪

澪「昨日で終わりじゃないのか?」

梓「誰も終わりだなんて言ってませんよ?」

澪「くっ」

梓「今日は、澪先輩の大好きな携帯電話を一日身につけていてもらいましょうか」

澪「携帯を身につける?」

梓「もちろん、あそこにですよw」

澪「ええっ、そんな事出来るわけ・・・」

梓「おや、昨日はやってたじゃないですかw」

澪「うう、分かったよ」

梓「良い返事ですね」

ガチャリ

梓「ちなみに、このベルト付きの携帯は鍵がないと外せませんからw」

澪「何だと?」

梓「メールしたり電話したりするんでよろしくお願いしますw」


授業中

ブブーンブブーン

澪(ううっ、まただ///)

澪(梓の奴、さっきから10分おきくらいに携帯鳴らしやがる)

澪(これじゃあ、いくにいけない)

澪(鍵が付いてるから自分でオナニーも出来ない)

澪(生殺しだ///)

澪(糞っ、このままじゃ梓の言いなりだ)


放課後

梓「どうでした?」

澪「な、何がだよ」

梓「いけました?」

澪「あんなのでいけるわけ無いだろ!」

梓「じゃあすっきりしたいんじゃないですか?w」

澪「そ、それは///」

梓「澪先輩のオナニー見せて下さい」

澪「ええ?そんな///」

梓「トイレもここも似たようなもんじゃないですかw」

澪「で、でも」

梓「別に良いんですよ?澪先輩の携帯電話オナニーの画像をばらまくだけですからw」

澪「わ、分かったよ」

梓「あ、携帯電話使って良いですよw」

澪「///」

スカートを捲り携帯電話を股間に当てる澪

ブブーン

澪「あ、気持ち良い」

梓「良いですねその表情」

クチュクチュッ

澪「あああ、気持ち良い」

梓「いきたかったらいっても良いんですよ?」

クチュクチュクチュッ

澪「ああああ、いく!!」

クチュクチュクチュッ

梓「あああ、いく!!!!」

梓「ふう、一緒にいっちゃいましたねw」

澪「う、うるさい///」

梓「今日はこれでお終いです」


秋山家

澪「ふふっ撮れてる撮れてるw」

澪「部室に仕込んでおいた隠しカメラ」

澪「私のオナニー見て、オナニーする梓」

澪「そしてそれを見てオナニーする私」

クチュクチュクチュッ

澪「ああああ、いく!!」




お終い