律「はっはっは!私に一瞬でも隙を見せるとこうなるのだー!」

唯「」

澪「おい、唯唯!大丈夫か!おい!返事をしろ!」

律「よーし、次は澪、お前がこの手刀の餌食になるのだー!」

澪「死んでる…本当に……死んでるッ」

律「え?」

律「澪お前少しノリすぎなんじゃないか?」

澪「唯…唯……嫌だよ、こんなの、嫌だよ…」

律「あのなあ…唯もいつまで横たわってんだよ。反撃でもしてこいよー」

唯「」

律「…ゆ、唯ー?もしもーし?唯さーん?」

唯「」

律「ほ、本ッ当死んだフリが妙に上手いよなー唯のやつは な、梓?」

梓「ひ、人殺し……ッ!!」

律「おいおいもうちょっと面白いリアクションをさー」

梓「人殺しィーーーー!!」

紬「唯ちゃん?唯ちゃん??今救急車呼んだからね?もう大丈夫だからね?
  だからもうちょっと頑張って、ね?お願い!!」

律「え…えー…何これドッキリか何か?」

紬「りっちゃん…一体何でこんなことしたの…?」

律「え、だっていつもの悪ノリなだけじゃないか」

澪「お前は“いつもの悪ノリ”で人を殺すのか?」

律「いや、殺してないし……」

梓「なら……ならここで息をしていない唯先輩は何なんですか…」

律「な、なんででしょうね」

紬「あ、救急車が来たわ!私案内してくる!」

澪「ついでにパトカーも来たみたいだな…」

梓「ええ、私が呼びました。」

律「な、何?マジで?え?」

警察「ここですか、殺人が起きた現場は」

梓「ええ、私ちゃんと見てました。あの人が唯先輩を殺すのを」

律「だがら゛…あだぢ…ごろぢでないのに゛…グス」

警察「とりあえず、署まで






和「あれれー?おかしいなー?」



警察「君!どこから入った!」

和「だって見てくださいよ被害者を、出血の跡もなければ傷跡もないんですよ?」

警察「い、言われてみればそうだが…」

和「目撃者の証言だと、被害者は容疑者に手刀で切られて死んだ、とのことらしいですが」

梓「だ、だって私見てましたもん!律先輩が唯先輩を斬るところを!!」

澪「あれがきっかけで唯が動かなくなったのも事実だしな」

和「しかし、斬られて死んだとは思えないわねえ」

律「だ、だろ!?絶対私じゃないんだって…」

和「そうよね、その程度で人は殺せないと思うわ。
  試しに唯にやったのと同じのを澪で寿さんにやってみてくれないかしら?」

律「あ、ああこうやってデュクシ!ってだな」

ドサッ

律「!?」

澪「ムギ!?ムギィーーーー!!!!!」

紬「」

律「ふえ?ぇ?の、和さーん?????」

和「これはもうこういう凶器と考えるしかないのかしら・・・」

律「えーーーー」

澪「ムギ、しっかりしろ!!ムギ!!ムギ!!!!」

梓「ムギ先輩!ムギ先輩ッッ!」

警察「これは…クロ、だな」

律「…」

梓「律先輩は人殺しだ!悪魔だ!おでこだ!人とは…人とは思えない!!!」

律「なんかもう本当私が殺しちゃったのかな…」

梓「当たり前です!二人も殺しておいてなんでそんなに冷静でいられるんですか!!!!」

澪「梓、落ち着け!」

和(…おかしいわ、明らかに梓ちゃんだけさっきからリアクションが大きすぎる)

和「ちょっと、いいかしら?」

和「こうなるまでの今日の軽音部の流れを聞きたいんだけど」

澪「あ、あぁ。それなら放課後皆集まって練習をしようってなってたんだが、
  唯がおなか空いたからケーキ食べたいって流れになって…
  ケーキを食べたあとにトンちゃんの水槽眺めてた唯にデュクシって…」

和「成程…。特に目立った出来事もないいつもどおりみたいな感じなのね。ありがとう」
  (と、なるとやっぱり律がやったということに…)



バタンッ!

憂「お姉ちゃん!?お姉ちゃん!?!?!?」

憂「お姉ちゃん!?大丈夫?お姉ちゃん!!おねえ…ちゃ………」

澪「憂、ちゃん…」

梓「憂……。律先輩がこんなことさえしなければ…」

憂「!」

憂「律さんなんですか?お姉ちゃん殺したの?律先輩なんですか??
  返して。お姉ちゃん返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して返して

澪「落ち着け!落ち着くんだ憂ちゃん!」

梓「いつまでそんな犯罪者かばうんですか澪先輩!」

和(…やはり、あやしいわね)

和「ねえ澪。また聞きたいことあるんだけど、いい?」

澪「何?」

和「さっき話してたケーキってのは全員同じものだったの?」

澪「こんなときにケーキの話って…和何考えt

和「いいから教えて。大事なことなの」

澪「……。いや、今日はどれも違い種類のケーキだった。」

和「で、唯が食べたのは?」

澪「苺ショートに誰もより早く飛びついてた、かな。」

ピキーーーン!!

和「!!!」

和(なるほどね…唯は律の手刀で殺された可能性は低くなったわ。
  でも、問題はこれをしかけたタイミング…)

憂「ごろぢでやる!デコ!ごろぢでやる゛う゛う゛!!」

梓「憂、落ち着いて!落ち着いて!」

和(そういえば、今日の最後の授業、梓ちゃんのクラスは体育だったかしら
  だとすれば…可能性はないわけではないけど確証が欲しい…。)

憂「梓ちゃんどいて!そいつ殺せない!!」

和「憂ちゃん。落ち着いて。聞きたいことがあるの。」

憂「落ち着いていられますか!お姉ちゃんが…お姉ちゃんが…!!!!」

和「その亡くなったお姉ちゃんのためにも。聞きたいことがあるの」

憂「!?」


和「今日、あなたのクラスの最後の授業、体育だったわよね?」

憂「え、ええ…」

和「そのときの梓ちゃんのこと教えてほしいの」

梓「!?」

梓「え、えーと。私途中でおなかが痛くなって……ト、トイレ!トイレ行ってました!」

和「私は憂ちゃんに聞いてたんだけどね…。まあいいわ。で、そのトイレはどのくらい時間かかったのかしら?」

梓「ど、どのくらいだったかなあ私全然覚えてn

憂「んーっと…授業終わるギリギリに戻ってきた?かな」

梓「ちょ、憂…!私すぐ帰ってきたじゃない?ホラ?ね??」

和(アリバイはほぼなし、ね。あとは物証を…)

和「ん?音楽室の隅に何かしらこの丸いものは…」
  「!!!!!!こ、これはホウ酸ダンゴ!!」

和(これで証拠がそろったわ!)



ガチャ

さわ子「何か、大変なことになってるみたいね…」

澪「先生…。」

和(そしてこのタイミングで先生が、これはいける!)

和(よし、じゃあこの柱時計型麻酔銃で山中先生を…)

ゴンッ!!

さわ子「ひゃん!」ガクッ!

澪「先生!今何かすごく鈍い音しませんでしたか!先生!?」

和<さわ子「この事件、犯人がわかったわ!」

澪「音楽室入って間もないのに状況を一瞬で把握している!?」

和<さわ子「田井中さんは犯人じゃない。真犯人は中野さん。あなたよ!」

梓「!?」

澪「な…どういうことですか先生!それよりも後頭部から何か赤いもの垂れてますけど先生!」

和<さわ子「秋山さん落ち着いて。血が通ってる人間なら誰しも血を流すものよ」

澪「な、なんだぁそっかあよかったぁ」

和<さわ子「そんなことより、中野さん。今日あなたは最後の授業の体育を途中で抜け出したそうじゃない」

梓「そ、それはトイレで…」

和<さわ子「それも結構時間かかったらしいじゃない。」

梓「だってそれはおっきい方だから…おっきい方だったから………ウ、ウンコだったから!!」

和<さわ子「あらそう。なら何で職員室の横を通って音楽室へあなたは走って行ったんでしょうね」

和(この事自体は確信は持てない、けどここで揺さぶるしか…)

梓「ぶ、部室でウンコしたかったんです!おっきいウンコしたかったんです!」

澪「あ、梓?部室はウンコするとこじゃないぞ?おしっこまで、だぞ??」

和<さわ子「まあ仮にあなたが音楽室で花を摘みたかったとして、何故苺ショートにホウ酸ダンゴを潜ませる必要があったのかしら」

梓「!!!!!」

澪「え…?梓?」

和<さわ子「聞こえなかったかしら?何故苺ショートn

梓「ホウ酸じゃ…ホウ酸じゃないもん……青酸カリだもん!」

澪「な、なんだぁそっかあよかったぁ」

和<さわ子「青酸カリにしろ、貴方が苺ショートに毒物を仕込んだことは自白したみたいね」

梓「…!!」



梓「そうよ……これは私が仕込んだ殺人だったのよ…

  唯先輩はいつまで経ってもしっかり練習してくれない。それどころか私にベタベタするだけで…
  律先輩も同じようなノリで…この二人がいるから軽音部はダメになるんだって…
  澪先輩はムキ先輩は二人には甘いし、私しか…私か居なかったんです。軽音部を救えるのは…!」

澪「おい梓…でも何故…何故ムギまで殺してしまったんだ…」

梓「…それは私じゃないです。前にムギ先輩が
  『私、一度でいいからホウ酸ダンゴをビスケットのごとく食べてみたかったの~』って言ってたからそれかと…」

澪「な、なんだぁそっかあよかったぁ」

和<さわ子「ま、これで田井中さんの無罪が証明されたってことになるわね」

律「さ、さわちゃん…!さわちゃん!!!」

和(私の役目もここで終わり。流石に裏声で演じるのは辛かったわ)

律「あれ?このさわちゃん息してなくね?」

さわ子「」



なんかスレ立てたところからすでにアドリブだったけどとりあえずこれで終わりです。
「あれれー?」のところから正直話をどう持っていくべきか悩んだ。

こんなクソスレになっちまったけど見てくれた人はありがとう。
りっちゃんは俺の肩によりかかって寝てるからよろしくな!