~学校の帰り道~

澪「あの刑事完全に私たちを疑ってるな・・まずい」

律「!そんな・・どういうことなんだ!」

紬「あの人が最後に言ってたオリエント急行の殺人っていうのはね、
  推理小説で、犯人がその場にいた全員だっていう結末なの」

律「てことは・・」

紬「ええ、あの人は私たちが協力してさわ子先生を殺したと思っているのよ」

唯「あの刑事さん凄いね・・」

澪「唯、そうじゃないだろ、すごくまずいんだ」

唯「分かってるよ、でも澪ちゃん言ってたよね、証拠が無ければ捕まらないって」

澪「ああ、大丈夫だ。私たちは証拠なんて何一つ残してないんだ」

紬「逮捕されるとしたら自供だけど・・みんな大丈夫よね」

律「大丈夫だよ、絶対に喋らない」

唯「わ、わたしも絶対に喋らないよ!」

澪「頼むぞ、唯」

律「確かに唯が一番心配だな・・・」

紬「唯ちゃん頑張ってね」

唯「うん!」

唯(とは言ったものの不安だよ・・・)



~夜、唯宅~

ピンポーン

 憂「はーい、お姉ちゃん出て~」

 唯「はーい、どなたですか~」

古畑「夜分恐れ入ります、こちら平沢さんのお家でしょうか?」

 唯「えーと・・・古畑さん?」

古畑「はい、古畑です、ちょっと聞きそびれたことがありまして、
   2,3点話を伺えませんでしょうか?」

 唯(どうしよう・・・一人だと不安だよ・・・)

古畑「たいしたことじゃありません、すぐに終わりますので」

 唯「・・分かりました、どうぞあがって下さい」

古畑「どうもすみません~」

 唯「聞きたいことってなんですか?」

古畑「あ、本当に大したことじゃないんですよ
   山中先生が殺害された日の夜、あなたはどこにいましたか?」

 唯「私達を疑ってるんですか?」

古畑「とんでもない!あくまで形式的なことです。お気に触ったらすみません」

唯「家で寝てました、普通は寝てる時間だと思いますけど」

古畑「ありがとうございます、確認させて頂きたかっただけです」

 唯「他には無いんですか?」

古畑「いえいえ、もうありません、あーあと・・・
   みなさん、ずいぶん仲がいいようですね」

 唯「はい??」

古畑「軽音部ですよ~、一緒に下校してたじゃないですか~」

 唯「はい、仲はいいです」

古畑「音楽は昔からやってらしたんですか??」

 唯「いえ、高校に入ってからです」

古畑「そうですか~いやいや若いっていいですねえ」

 唯「古畑さんは音楽好きですか?」

古畑「ええ。聞く専門ですが大好きです~」

 唯「そうですか」

古畑「ええ、ええ」

 唯「仲がいいといい音楽ができるし、楽しいです」

古畑「分かります、確かにその通りだと想います、
   楽しいのが一番ですからね」



~警察署~

西園寺「古畑さん、やはり女子生徒たちが怪しいと?」

 古畑「十中八九間違いないねえ」

西園寺「どういった理由で?」

 古畑「まあ・・ね、それより強盗の線はどう?」

西園寺「やはり入試問題が盗まれていました。
    強盗の仕業だと想いますが・・」

 古畑「・・・・・・」

プルルルル

西園寺「はい、西園寺です、
    はい、はい、では僕のパソコンに送って下さい、
    はい、ありがとうございます」

 古畑「どしたの西園寺君?」

西園寺「古畑さん、情報捜査部から被害者のパソコン内についての
    調査報告が入りまして・・中にこんな物が・・・・」

 古畑「おやおやこれは・・・なんとまあ・・・
    ありがとう西園寺君、なるほど
    やはり、そういうわけだったか・・」



~スポットライト~

古畑「え~、今回の事件は非常に悲しい事件です。
   一人の少女の為、復讐を決意した彼女達、
   しかし、どんな理由があろうとも、人殺しはいけません。
   考慮される事由があろうともです。
   彼女達は罪を償わなければなりません。
   しかしながら、できれば彼女達には自供してもらいたい、
   そこで私は彼女達にある音楽を聞かせようと思います。
   とても有名な曲です、音楽が好きな彼女達なら
   すぐに分かると思います、
   そして、彼女達の中に決定的なミスを犯した人物がいます。
   それが誰なのか併せて考えてみて下さい、
   そして最大の問題は私が何故彼女達が怪しいと思ったか・・
   少々長くなりますが、解決編にお付き合いを、
   古畑任三郎でした」


3