古畑「えー、音楽はいいものです。落ち込んだ気分を吹き飛ばしてくれたり、
   明日への活力を与えてくれる・・もちろん単純な楽しみでもあります。
   ポップですとか、ジャズ、演歌、えーと・・早口のラップ・・でしたっけ?
   ジャンルは様々です。さて軽い音楽と書いて・・軽音楽・・・、
   軽い音楽ってなんでしょうか?例えば・・」



某日深夜~桜が丘高校~

さわ子「あ、あなた達、止めなさい!」

唯「よくもあずにゃんを・・・許さない!」

澪「梓がどれだけ苦しんだか・・先生には報いを受けてもらう」

律「紬、やってくれ」

紬「先生・・さようなら」

さわ子「待って!」

ピシュッ、ピシュッ

さわ子「うっ・・・・」バターン



唯「・・・・」

澪「やってしまったな・・・・」

律「ああ、もう戻れないな」

紬「それじゃ、みんな・・後は打ち合わせ通りに。私はすぐに制服を焼却処分しておくわ」

唯「うん」

律「澪、行くぞ」

澪「よし、じゃあまた明日学校で。大丈夫、うまくやれば絶対にバレない」

唯「やっぱり私も行くよ」

澪「駄目だ、おっちょこちょいの唯じゃ、何をしでかすか分からない。
  四人の為だ。唯はすぐに家に帰るんだ」

唯「・・・うん、分かった」

律「それじゃあ行くぞ」

唯「・・・・・」




翌日午前9時半~桜が丘高校~

西園寺「えー、被害者は山中さわ子さん、この学校の教師です。
    死亡推定時刻は午前3時から4時、心臓に受けた銃弾が致命傷となったようです」

古畑 「・・・・・・」

西園寺「古畑さん、どうかしましたか?」

古畑 「眠いんだよ・・・昨日遅くまで音楽を聴いていてね・・」

西園寺「そうでしたか」

古畑 「それにしても、学校で教師が銃で撃たれるとは驚きだね」

西園寺「ですので、教師、生徒は容疑者から除外してもよいかと思います。
    最近、入試問題を盗んで商売にする集団もあるとされていますし、
    強盗ではないでしょうか。銃声を聞いた人間もいないので
    サイレンサーも付いていたと考えられます。プロの犯行ではないでしょうか」」

古畑 「んー、しかしねえ、ここは部室だろ?なんでこんな所で・・
    入試問題を盗むとすれば職員室だろう。
    それに被害者は真夜中に何をしていたんだろうね。」

西園寺「山中さんはこの学校の人気教師で真面目な先生だったそうです。
    時には夜中まで仕事をしたり、生徒に朝まで付き合うこともあったと聞いています。
    物音を聞いた山中さんが勝手の分からない犯人と
    たまたま鉢合わせ、撃たれたとは考えられないでしょうか?」

古畑 「まあその可能性もあるけどね・・・最近の学校は凄いね。
    部室にティーセットか・・・」

西園寺「生徒の私物だそうです」

古畑 「生徒?」

西園寺「はい、軽音楽部の生徒です。被害者は合唱部と軽音楽部の
    顧問をしていたそうなので」

古畑 「彼女・・彼女達は今日は登校しているの?」

西園寺「死体が発見されたのが今日の午前八時、全校生徒の中には既に
    登校していた生徒もいるようですが、事件発覚後、学校が全員帰しています」

古畑 「ふーむ・・・ありがとう。それじゃあ聞き込みは明日だね
    あ、そうだ、被害者の家も捜索したいんだけど」

西園寺「住所は判明していますのですぐにでも」

古畑 「じゃあ行こうか」



~平沢家~

憂「お姉ちゃん、大変な事になっちゃったね・・」

唯「うん・・」

憂「去年のクリスマスは凄く楽しかったのに
  なんでこんな事に・・
  さわ子先生を殺した犯人が許せないよ・・」

唯「・・・・・」

唯(澪ちゃん達、うまく回収できたかな・・」



プルルルルルルル

唯「もしもし澪ちゃん?」

澪「唯、今周りに誰もいないか?」

唯「ちょっと待って・・・・うん、大丈夫だよ」

澪「梓の写真は回収できたよ。もう心配無い」

唯「りっちゃんは?」

澪「律は今頃寝てるんじゃないかな。
  二人で帰ったのが明け方近くだったから」

唯「そう・・」

澪「大丈夫だよ唯、証拠もないし、私達が疑われることなんてまず無い。
  簡単な事情聴取されて終わりだよ」

唯「そうだよね・・」

澪「それじゃまた明日学校で」

唯「うん」

唯(うまくできるかな・・事情聴取・・)



~さわ子の家~

古畑 「きれいに整頓されているねえ」

西園寺「特に怪しい点は無いと思いますが」

古畑 「ふ~む・・・楽器もたくさんあるねえ」

西園寺「音楽教師ですから」

古畑 「おや、レンタルビデオがある・・返却予定日は昨日か・・」

西園寺「何か?」

古畑 「いやね、しっかりした人は延滞しないもんなんだよ」

西園寺「たまたま忘れていたのでは?」

古畑 「そうかもね・・・・ここの鍵は?」

西園寺「管理人さんが持っているものと、
    被害者の上着のポケットに入っていたものだけのようです」

古畑 「一応指紋取っておいて、後、被害者のパソコンも調べて」

西園寺「パソコン・・ですか??」

古畑 「何があるか分からないからね」

西園寺「古畑さんはこれは単なる物盗りの犯行ではないと??」

古畑 「まだ分からないけどね・・怨恨の可能性もある」

西園寺「了解しました。すぐにこちらの情報技術捜査部に連絡します」

古畑 「よろしく頼むよ」



~翌日~

  唯(うまくできるかな・・みんなの足引っ張っちゃったら大変だよ・・)

西園寺「授業中失礼します。平沢唯さん、田井中律さん、琴吹紬さんは
    いらっしゃいますか?」

  唯(来た・・・)

  律「何ですか?」

  紬「授業中に押しかけてくるなんて・・」

西園寺「昨日山中さわ子さんが殺害されて件でお聞きしたいことが
    あるのですが・・軽音部室までご足労願えないでしょうか?
    秋山澪さんは既に部室で待っています」

  律「分かりました、唯、紬、行こう」

  紬「ええ」

  唯(大丈夫かな・・)



~部室~

古畑「みなさんどうも~、授業中にすみません」

 澪「刑事さん早くしてくれませんか、私達も忙しいんです」

古畑「まあまあそんなにあせらずに・・では始めましょうか。
   ええと・・山中さんとは皆さん仲が良かったようですね。
   さぞやつらいでしょう」

 紬「ええ・・本当にいい先生で・・あんなに親身になってくれる先生は
   他に知りません」

 律「楽しい先生でした」

 唯「・・・・・・」

古畑「ええと・・平沢さんでしたっけ?どうも気分が優れないようですが
   大丈夫でしょうか?」

 唯「!いえ・・・」

澪「・・先生が殺されてるのに大丈夫なわけないでしょう」

古畑「それにしては他の皆さんは冷静でいらっしゃる」

 澪「なっ・・」

古畑「んふふ、失礼しました。話題を変えましょう。
   ところで、このティーセットは誰のものですかね?」

 紬「私のです」

古畑「高そうなティーセットで・・ひょっとしてお金持ちですか??んふふ」

 紬「父は会社を幾つか経営しています」

古畑「そうですか・・ありがとうございます」

 律「刑事さん、それが何か関係あるんですか?」

古畑「いえいえ、私も紅茶が好きでして」

澪「さっきからなんなんですか!こんなとこに呼び出して
   事件に関係無い事聞いて、いい加減にして下さい」

古畑「・・・大変申し訳ありませんでした、では本題に入りましょう。
   えー、私はですね、この事件、単なる強盗殺人ではないと考えています」

澪「!」

律「!」

紬「・・・」

唯(なんで・・・)

古畑「被害者に非常に強い恨みを持っている人物、
   も し く は、人 物 達~
   の犯行の可能性が高いと考えています」

 律「・・先生は強盗殺人だって言ってたけど・・」

 紬「ニュースでもそういってましたわ」

古畑「えーあくまで私がそう考えているだけです
   可能性の問題として考えていただければ」

 澪「馬鹿馬鹿しい、付き合ってられないな」

古畑「えーみなさんにお願いしたいのはですね、
   山中さんに強い恨みを持つ人物、
   も し く は、人 物 達~
   を知っていれば教えて頂きたいということなのです・・」

澪「知りません」

 律「知らないなあ・・・」

 紬「いい先生でしたからそんなことは無いと思いますが・・」

 唯「・・・」

古畑「平沢さん、何かご存じないですか??」

 唯「・・知りません」

古畑「そうですか・・それは残念です」

 律「もう帰ってもいいですか??」

古畑「ええ、大変ご迷惑をおかけしました。ありがとうございました」

 澪「全く・・付き合ってられないよ」

古畑「あ~、みなさん、すみません、最後に1つだけよろしいでしょうか?」

澪「なんですか!」

古畑「みなさん、オリエント急行殺人事件という小説をご存知でしょうか?」

 澪「・・・」

 律「?」

 唯「?」

 紬「・・アガサクリスティですね」

古畑「んふふ~博識でいらっしゃる、さすがお嬢様ですね」

 澪「・・それがどうかしましたか?」

古畑「いえどうもしません、それでは」

 唯(変な刑事さん・・・)


2