紬「えっ」

唯「ムギちゃんとあずにゃんを合体させてみたよ」

梓「『ムギにゃん』って私の本名の要素ゼロなんですが」

澪「そもそも何故その二人の名前を合体させちゃったんだ?」

唯「だって、別々に呼ぶの めんどいじゃん」

紬「えっ」

梓「えっ」

唯「こうなったら りっちゃんと澪ちゃんも合体させてみようよ」

澪「どうなったらだよ」

律「お前、それで同意が得られるほど人徳があると思ってんの?」

紬「りっちゃんと澪ちゃんだから『りおちゃん』?」

梓「それじゃカワイイので『みっちゃん』にしましょう」

澪「他人事だからって乗り気になるなよ!」

律「しかも なんだかミチミチうんこ垂れそうな名前だぞ」

梓「人の名前くらい面倒くさがらずに発してください」

唯「でも『りっちゃん澪ちゃんムギちゃんあずにゃん』って

みんなの名前を覚えてたら私のオツムが大変なことになるんだもん」

澪「容量のクソ小さいPCみたいだな」

紬「じゃあ、いらない名前を削除しちゃうとか?」

律「それなら さわちゃんの名前を忘れたらいいぞ唯」

唯「さわちゃんって誰だっけ」

澪「すでにゴミ箱行きだった」

唯「じゃあ これから みんなのことを『みずぎちゃん』と呼ぶよ」

律「水着?」

梓「名前を一文字ずつとっているのでしょう」

澪「澪の『み』、梓の『ず』、ムギの『ぎ』か」

律「りっちゃんはどこいった」

唯「ちゃん」

律「『ちゃん』はアタシの名前じゃないんだよ!!」

梓「チャンチャン♪」

律「それでオチになると思ってんのか」


第1部 完



紬「お茶の準備ができたわ~」

律「いっただき~!おっ、今日はイチゴショートか~!」

梓「ムギセンパイ、ありがとうございます!」

紬「いいのよ♪」

唯「あ゙~」ポカーン

紬「どうしたの唯ちゃん、大きなお口あけて」

澪「まるで白痴だな」

唯「こうやってたら誰かが私の口にケーキを運んでくれないかなって」

梓「めんどうくさいんですか」

唯「まぁね」

唯「ギー太弾いたり勉強したり体を洗ったり

私の手は一日中フル稼働だもん」

「たまにはラクさせてあげなきゃ」

梓「この人どうすればいいんですか」

律「まぁオモシロそうじゃん、ケーキ食べさせてみようぜ」ヒョイ

唯「あぐ…ムグ…」モグモグ

律「よしよし♪」ナデナデ

紬「あっ、鹿せんべいを食べる鹿みたい」

梓「かわいいですね、それじゃ私も」ヒョイ

唯「ハク…モク…」モグモグ

梓「あ~なんか癒されますね」

澪「イチゴ食べるかな」ヒョイ

唯「モグモグ……ペッ」

澪「あっ、吐き出した」

紬「だめよ澪ちゃん、ヘタはとってあげなきゃ」

澪「ごめんな唯、おわびに残りのケーキを食べさせてあげるよ」ヒョイ ヒョイ

唯「♪」モグモグ

唯「!?」ビクン!

律「なんか苦しみ出したぞ」

梓「ひょっとしてケーキの下に敷いてある紙まで食べさせたんじゃ」

唯「」ジタバタ

紬「だめよ澪ちゃん、ビニール袋を胃につまらせて死んじゃう鹿もいるんだから」

澪「そうか、鹿には食べちゃいけないモノの区別なんかつかないもんな」

梓「しかし馬鹿な生き物ですね、鹿だけに」

律「こりゃウマい!」

唯「」バタリ


第2部 完



純「修学旅行に来たよー」

憂「あっ鹿さんだ!」

梓「鹿せんべいを食べさせてみようか」

純「お約束だねー」

シカ「モグムグ」アグアグ

憂「ふふ、かわいいなー」

梓「……唯センパイの方が可愛いですよムギセンパイ…」

憂「えっ(なんで紬さん?)」

梓「このビニール袋食べるかな」ガサ

憂「だ、だめだよ!」

シカ「モグ…」ペッ

純「よかった、すぐに吐き出した」

梓「唯センパイより賢い!!こんなの唯センパイじゃない!!」

憂「どうしちゃったの梓ちゃん?」

梓「くらえ眼つぶし!」ツン

シカ「オォォッ!?」ジタバタ

梓「あっ、唯センパイっぽい」

憂「ど、どうしよう」

純「逃げよう」


第2.5部 完



律「もうこんな時間…そろそろ終わりにするかー」

澪「ふふ、今日はいっぱい練習できたな」

梓「いつもこうならいいんですけど…ん?唯センパイどうしたんですか」

唯「疲れた……」クニャー

紬「唯ちゃん、がんばってたもんね」

澪「うーん、じゃあ少し部室で休憩してから帰るか」

唯「休憩が終わったら歩いて帰らなきゃいけないの…?」

律「歩くのがイヤなら走って帰れよ」

唯「ここで じーっとしてたら

憂が心配して迎えに来てくれないかなぁ」

澪「お前なぁ」

律「そもそも憂ちゃんが来たところで

歩いて帰ることに変わりないだろ?」

唯「おんぶ」

澪「最低だコイツ」

律「あんないい妹に家まで背負わせるつもりかよ」

梓「憂が気の毒です」

唯「えぇっ!?みんなは私に歩いて帰れというの?」

律「お前のその言葉に『えぇっ!?』だよ」

紬「唯ちゃん、帰りにアイス買ってあげるからがんばろう?」

唯「アイスアイス!」ピクン

澪「やれやれ。じゃあ私がカバンもってやるから」

唯「もう一声!」

梓「台車を借りてきたので、これで唯センパイを運搬しましょう」ゴロゴロ

唯「やったー♪」



ゴロゴロ

唯「楽チン楽チン♪」

律「台車に乗せられアイスをペロペロ、バカ丸出しだぞ」

梓「こんなのを運んでる私達もアホみたいですけど」ゴロゴロ

澪「さて、私と律は帰り道こっちだから、あとは頼んだぞ」

律「ちゃんと連れて帰ってやれよー」

梓「えっ」

紬「梓ちゃん、私もそろそろ駅だから…バイバイ唯ちゃん」

唯「バイバ~イ♪」



ゴロゴロゴロ

梓「唯センパイ、私もコッチの角でお別れなんですが…」

唯「スヤスヤ」

梓「寝とる」

「ちょっと起きてくださいよ」ユサユサ

唯「ムシャムシャ」

梓「せめてムニャムニャでしょう、何食べてる夢を見てるんですか」

「意地汚いなぁ」

唯「グゥグゥ」

梓「じゃあせめて台車を唯センパイの家の方向に

思いっきり押しておくから

あとは自分で帰ってもらおう」

「せーの」

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ

シャアアアアアアアアアッ

プップー!! キキキィィッ

ドガシャアアアアンッ

梓「あっ」


第3部 完



澪「やぁ憂ちゃん、唯の具合はどうだい?」

憂「はい、おかげさまで元気になりました」

「まだ学校には来れないですけど…」

紬「いつ頃、完治するのかしら」

憂「お医者さんは もう学校に行ってもいいと言ってるんですけど

お姉ちゃんはまだ体中が痛いって…」

澪「アイツ、ヒザ小僧をすりむいただけだろ」

律「確実に学校サボリたいだけだな」

梓「ごめんね憂、私のせいで…」

憂「梓ちゃんは気にしないで!」

「台車の留め金が壊れて勝手にトラックに突っ込んでいったのは

誰のせいでもないよ」

梓「そうだよね」


第3.5部 完



ジャンジャンジャーン

澪「唯、どうしたんだ?今日はヤケにミスが多いな」

梓「昨日は うまく弾けていたじゃないですか」

唯「うん、実は3日前からオシッコ我慢してて…」プルプル

律「3日間も!?」

紬「どうしてトイレに行かなかったの?」

唯「だって めんどいじゃん」

澪「それで納得するヤツがいると思ってるのか」

唯「もう ここで しちゃおうかなぁ」フルフルッ

澪「ダメダメダメ!!何言ってんだお前!!」

唯「だって部室だし…」

律「部室だからなんだってんだ」

梓「アホな事いってないでトイレに行きますよ!!」グイ

唯「だ、だめ!!動いたら漏れちゃう!!」プルプル

「今パンツ脱ぐから みんな向こうむいてて!」

律「絶対に目を離さないからな」

唯「変態!変態!!変態!!」



紬「このホースを唯ちゃんにとりつけて

トイレまで繋げるっていうのはどうかしら」

唯「あ、それはいいかも~」

律「よくねぇよ」

唯「よっ」グポッ

澪「最悪だコイツ」

唯「さぁ、コッチの準備は万端だよー!」

「早くホースの先をおトイレに持っていって!!」

梓「今さら、おトイレとか言っても

品性のカケラもありませんよ」



澪「ひぃぃジャンケンで負けちゃったよぉぉぉ」

律「澪、ゴー!!」

梓「でもコレ、曲がり角でひっかかるとホースが抜けちゃいませんか?」

紬「途中途中で誰かがホースをもってた方がいいかも~」

律「じゃあ先っちょは澪がもつとして、アタシたちも行くか…」

唯「急いで急いで!!もうダムの決壊は近いよ!!」

澪「あとで必ずヒドイ目に合わせてやる!!」ダダッ



スルスルスル

律「ちなみにこのホース、トイレまで足りるのか?」

紬「かなり長いから大丈夫よ」

律「大丈夫ったって、唯のオシッコが学校中をかけめぐるんだけどな」

和「あなた達、なにやってるの?」

律「あっ、和」

紬「こ、これは部室をキレイにしようと思って…」

和「ホースで水道の水ひっぱって掃除でもする気?」

律「むしろ掃除しなくてもいいようにするためにだな」

和「ふーん」ミョンミョン

紬「あっ、そんなに揺らすと…」

ミョンミョン

唯「あっ、微妙な震動が」プルプル

梓「ゲェッ!?澪センパーイ!!急いでくださーい!!」

「唯センパイが、唯センパイが…あぁっ!!」

シャアアアアアアアアアッ

律「うぉっ!?」チョロロロロ

紬(唯ちゃんのオシッコが流れる感触がホース越しに…)チョロロロロ

和「な、なにこれ?なんだかナマ温かくない?」チョロロロロ

律(幼馴染のオシッコとは夢にも思うまい)



澪「わぁぁぁぁ、どうしよう!!」ダダダッ

「トイレまで間に合わないよぉぉぉ!!」

「くそ、こうなったら窓から…」

ガラッ

シャアアアアアアッ

さわ子「きゃっ、誰!?窓から水をまいたのは!?」

「あっ、そこにいるのは澪ちゃんね!?」

澪「あっ…さわ子先生…!!」

シャアアアアアアッ

さわ子「ちょっと水を止めなさい!!」

澪「そんなこと言ったって…」

シャアアアアアアッ

澪「どれだけ出るんだよ唯のヤツ!!」

ブシャアアアアアアアアッ



純「あっ、見て見てアソコ!!虹!!」

憂「わーホントだぁ!!」

「携帯で撮って、あとでお姉ちゃんに見せてあげようっと」ピロリン♪カシャ


第4部 完



唯「…」

律「どうしたんだ唯。その本、ずーっと同じところ見てるけど」

唯「あ、りっちゃん。ちょっとページをめくって見てくれる?」

律「ん、いいけど」ペラ

唯「フムフム」

「そろそろ次のページめくってみていいよ」

律「めくってみていいよじゃねぇよ」

「ページをめくるのも面倒だと?」

唯「だって200ページある本なら

100回も めくらなきゃいけないんだよ」

律「一生、テレビ見てれば?」

唯「それって なんだかアタマ悪そうじゃん」

律「今お前はいい事に気づきかけてるぞ」

紬「ipadなら指先でチョチョイのチョイよ」

唯「それいい!!誰か買ってきて!!」

律「お金はあるのか?」

唯「誰か稼いできて!!」

律「誰かコイツをなんとかしてくれ」

梓「そもそも唯センパイが本なんか読むんですか」

律「先輩に対して結構失礼だねキミ」

唯「ワンピースとかスラムダンクとか

おもしろい本はいっぱいあるんだよ」

律「そんなに失礼でもなかったぜ」

梓「誰かが代わりに読んであげたら どうですか?」

唯「あずにゃん読んでくれる?」

梓「いいですよ。結構、漫画好きですし」

唯「じゃあスラムダンク読んで!」

「今30巻まで読んだから」ワクワク

梓「それなら読むまでもなく知ってます」

「湘北は山王に勝ちましたが、次の試合で負けました」

「終わり」

唯「ただのネタバレを聞かされてるだけの気がするよ」

梓「ちなみにワンピースではエースが死にます」

唯「やめてよ!!」


第5部 完



唯「…」ゴロゴロ

憂(お姉ちゃんが無言でゴロゴロしている…)

(いつもならアイスを欲する時間帯なのに)

憂「お姉ちゃん、ひょっとしてお腹痛いの?」

唯「そんなことないよ」ゴロゴロ

憂「何か機嫌が悪いの?」

唯「そんなことないよ」ゴロゴロ

憂「じゃあどうしてアイスを欲しがらないの?」

唯「欲しいけど、憂が気付いてくれるまで待ってたんだよ」フンス -3

憂「ごめんなさい!薄々感じてはいたけど余計なことかと思って…」

唯「いいよいいよー、憂もお夕飯の準備とか大変だもんね」

憂「本当にごめんね?」

唯「いいってば。ほら、それよりアイス食べよう?」ニコ

憂「うん!」

(お姉ちゃん優しいなぁ~)



憂「お姉ちゃん、お風呂入っちゃって」

唯「わかった~」

────────────────────────
────────────────────────

憂「お姉ちゃん、今日のお風呂長いなぁ~」

「いつもならとっくに上がってる頃なのに」

────────────────────────
────────────────────────

憂「お姉ちゃん、のぼせたりしてないよね」

ガラッ

唯「…」

憂「あれっ?どうしたのお姉ちゃん、湯船にも浸からないでイスに座って」

唯「…」

憂「…ひょっとして私が体を洗うの?」

唯「憂が気付くまで待ってたんだよ」



憂「お姉ちゃんの体ってふわふわでスベスベで気持ちいい~」ゴシゴシ

唯「ふふ、この体に触っていいのは憂だけだからね」

憂「えっ、お姉ちゃん、それって…」ドキドキ

唯「私、憂のことが大好き」

憂「えええっ!?」

唯「憂が私の気持ちに気付くまで ずっと待ってたんだよ…」

憂「お、お姉ちゃん・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



憂「…という夢を見たんだよ!」

唯「あぶない妹だね」


第6部 完



2