「……。」

「りっちゃんのおかげで……敵に大損害を与えられたわ。もう撤退が始まってるみたい。もう一息、がんばろ。」

スピーカーから聞こえる、天使のような優しい声。その声が、唯の心をギリギリのところで支えていた。

「……唯先輩?」

「ねぇ……私たちなんで戦ってるの?」

「……。」

「……あのままでよかったよ……あのままがよかったよ……。みんなでさ……ぐ……好きな音楽(こと)やってさ……うぐ……お菓子食べてさ……ひっく……。」

「……唯先輩。」

「……毎日が宝物だったんだよおぉぉお!!うわああああああん!!」

唯の心が、壊れた。

「……唯ちゃん。その幸せを、後世に伝えるために、今、私たちは戦ってるの……。だから……ね、泣かないでよ……。」

紬も涙声になる。

「うぅ……わかた……泣き、泣きや……うぅ。」

「……むぎ先輩。私達も撤退しましょう。弾薬も燃料ももうないですし、MSの収容は最後ですから、今ならギリギリ間に合います。」

「……そうね……!?危ない!!」

紬機が、唯機の肩を押さえ、覆い被さる。
鋭い音が響き、細いビームが紬機の胴を凪ぐ。

「……むぎ……ちゃん?」

かなり遠くに、動くものがある。

「伏せて!」

梓機が2機を押さえ、その方向にマシンガンを放つ。

「……むぎちゃん?」

「……うん。大丈夫。コクピット直撃は免れたから。」

しかし、荒い息づかいと液体の滴るような音、そしてザクの挙動から、紬が無事でないことは明らかだった。

「だめです!敵が遠すぎます!」

「きっと……スナイパータイプのジムね……。」

紬機が立ち上がったとき、梓機が飛び出し、マシンガンを構える。

「あれだ!見えました。」

その瞬間、崖の上でなにかが動いた。

「梓ちゃんダメ!!」

紬機のタックルが梓機に入る。紬機を再びビームが貫く。

「っつ……むぎ先輩!?」

「……ふふ、だめじゃない。ダミーなんかに……引っかかっちゃ。」

「ごめんなさい、ごめんなさい……。」

「梓ちゃんは……悪くないよ……。」

紬の喘ぎが激しくなる。痰が絡んだような声。もう喉まで血がたまっているのだ。

「唯ちゃん……最期にひとつだけ、いい?」

「なに?」

「私ね……唯ちゃんが好きだったの。お友達としてじゃなくて……もっと……もっと──。」

「むぎちゃん……。」

紬はもう、返事をしなかった。



「あずにゃん……。」

「はい……。」

岩陰に隠れながら、唯は言う。

「あずにゃんは先にHLVに向かって。」

「!?なにを言ってるんですか!!燃料もギリギリなんですよ!?」

「スナイパーの狙いは多分HLVなんだよ?今あいつを倒さなきゃ、みんなみんな死んじゃうんだよ!?」

「なら私も残ります!!」

発射台からサイレンが聞こえる。もうじき、一機目のHLVが飛び立つのだろう。

「私は……ひとりで大丈夫だよ。」

「でも!」

「先輩の言うことが聞けないの!?」

沈黙が、走った。

「……あずにゃんはね。HTTを、HTTの歌を、ずっと伝えなきゃいけないの。大丈夫だよ。あずにゃんならできるよ。」

「……こんなときだけ、先輩だなんてズルいです。今までそんなふうに見たことないくせに……。」

「えへへ、ごめんね~。」

梓機が、体勢低く立ち上がる。

「……憂に小型通信機を持たせてあります。周波数は138.96。ではお先に失礼します。ジーク・ジオン。」

「ジーク・ジオン。」

梓機がHLVに向かい走り出すのを見ずに、唯機は崖に向かい走り出す。通信機の周波数を合わせながら。

「……憂?聞こえる?」

「お姉ちゃん!聞こえるよ!!」

HLVの中で声を上げてしまう憂。隣の和がそれに気づく。

「憂、いつの間に……。」

「ご、ごめんなさい……。」

「……もっと小さな声で話しなさい。没収されるわ。」

憂は小さく頷く。

「ははは~憂怒られてる~。」

「お姉ちゃん、こっちに向かってるの?」

「……ううん。一機だけ残しちゃったからさ。でもあずにゃんはそっちに向かってるよ。」

唯のコクピットの警報がなる。残燃料が底をつきかけているのだ。

「……もう燃料ないんでしょ?聞こえるよ。警報。早く……早く帰ってきてよ……。」

「もう間に合わないよ。それにあのジムを倒さないと、HLVが落とされちゃう……あ。」

唯は見つけた。HLVに狙いを定める、ジムスナイパー。

「通信切るね。HLVの中の私の荷物の中にあるギー太、憂にあげるよ。」

「そんな……嫌だよ……。」

「憂、ばいばい。」

「お姉ちゃん、どうしたの?お姉ちゃん!!」

憂はシートベルトを外そうとする。

「憂!やめなさい!!」

「いや!!お姉ちゃんのところ行く!!」

「やめなさい!!」

和の平手が、憂の頬を叩く。

「なんで……なんでお姉ちゃんが戦わなきゃいけないの!?」

「これは……戦争なのよ。」

「戦争だからなに?戦争だからお姉ちゃんが死んでも仕方ないって言うの?ねぇ和ちゃん!!」

「口を慎みなさい!!私は上官です!!」

騒ぎを聞き、ほかの兵士がざわつく。憂はなにも言わずに和から顔を背けた。
ジムスナイパーは唯機に気づいていないようだった。

「でも武器はない……ヒートホークに回すエネルギーもないし……よし!」

ジムスナイパーの指が引き金にかかった瞬間、唯のザクが飛び出し、ジムスナイパーに突っ込み押さえつける。ロングレンジ・ビームライフルから放たれたビームは地面をえぐり、山を溶かす。
ジェネレーター出力をギリギリまであげるために、ジムスナイパーがビームサーベルを装備していなかったことが唯一の救いだった。
一機のHLVが飛び立つのが見える。

「下肢電源カット……耐えて……ザっ君。」

全てのエネルギーを上半身につぎ込み、ジムスナイパーを押さえつける唯機。ジムスナイパーは自衛のためにそばに置いてあったマシンガンに手を伸ばす。2機目のHLVが青空に吸い込まれる。

「うぅ~きつい~。……でもね、ザっ君。私達、このジムを絶対絶対止めなきゃいけないんだよ……。さわちゃんや、和ちゃんや、あずにゃん、憂のために。それに私達を守って死んでくれた、みんなのために……絶対、HLVは落とさせない。」

3機目。最後のHLVが飛び上がる。燃料がほぼ尽きたザクの、テンションが落ちる。

「あと少し……あと少しだけ保って!!」

ジムスナイパーの手が、マシンガンにふれる。

「ふふ……。何だろうね、ザっ君。こんな時なのにさ……。」


──歌いたい。





「……キミを見てると、いつもハートDOKI☆DOKI……揺れる思いはマシュマロみたいにふわ☆ふわ……。」

『お姉ちゃん。』

「う、憂!?」

『唯、通信機の電源間違えたんじゃない?』

唯はちらりとモニターを見る。

「あらら~。間違えちゃったよ。全部聴いてた?」

『全部聴いてたわよ。』

ザクの体が、震える。最期の力を振り絞るように。

「……憂、和ちゃん。一緒に歌おっか。」

「……うん。」

「……わかったわ。」

全てを悟ったように、憂と和は頷いた。

「じゃ、行くね。」


──あぁカミサマお願い
──二人だけの
──Dream Timeください☆


ザクの活動が完全に止まる。


──お気に入りのうさちゃん
──抱いて
──今夜もオヤスミ……。


ジムスナイパーはマシンガンを掴み、ザクの背に当てて引き金を引いた。
その音が聞こえた直後、和は憂から通信機を取り上げ、電源を切った。憂はなにも言わずに俯き、泣きじゃくる。
地上ではジムスナイパーが最後尾のHLVに狙いを定めるが、そこにはロックオン可能距離からギリギリ離れたHLVが、小さく小さく見えるだけだった──。



──唯遅いぞ。

──待ってたぞ~。

──唯ちゃん、早く早く!

──あれ?みんな!

──早く練習始めるぞ!

──まだお茶タイムだぜ、澪。

──このバカ律!

──あいたー☆

──あはははは!!




ユイ・ヒラサワ少尉
改め平沢唯
戦死
享年18


──。




平沢憂です
お姉ちゃんが命を張って私達を守ってくれたあの日から、たった3日後の0080年1月1日。
月面都市グラナダにて、地球連邦政府とジオン公国政府の間に終戦協定が結ばれました。
私と梓ちゃんと和ちゃんは、先生の作った小さな喫茶店で働いています。
そして毎晩、梓ちゃんと一緒にギターを持って駅前に座ります。
ユニット名はもちろん、『放課後ティータイム』。和ちゃんは怒るけど、使ってあげなきゃギー太もかわいそうだから……。


「じゃ歌おう、梓ちゃん。」

「うん。」


──ふわふわ時間 ふわふわ時間……





─完─



なんか、駄文並べてすまんかった