私、平沢唯。
サイド3にある桜高の3年生でした。
戦争が激化した今、もう年齢も性別も技術も関係ないと言われ、学徒兵としてMSに乗っています。
数ヶ月前、地球の友軍に物資を送り届けたんだけど、マ・クベ大佐率いる地上侵略軍は、私達とすれ違うように宇宙に脱出してしまい、
今さわちゃんを中心とした我がHTT部隊は他の友軍を宇宙に脱出させるための殿を務めています。
今私達の後ろに見えるのはこのあたりで最後のHLV(大重量貨物ロケット)発射台。
3つ見えるHLVのひとつひとつに、何百人もの人間やMSが積まれているため、あれを落とそうと連邦が集まってきているのです。
それを陽動し、無事にHLVを宇宙に脱出させるのが私達の仕事なのです……。

「以上が、通達された命令です。」

ちょっとした平地に作られた簡素なテント。積まれた土嚢に座るのはラフに軍服を着流す女性達。その前に立って、指令を伝えるメガネの少女。

「つまり……私達が囮になって、HLVを逃がすと。」

埃っぽい風を黒い長髪に絡ませ、澪が言う。

「要約すると、そうなります。」

「和ちゃん、そんな他人行儀にしないでよ。」

唯が立ち上がり、腰に手を当てる。

「いえ、今は貴女達が上官ですので。」

「んなこと言ったって、今はそんなこと気にする奴いないぜ?ほら、見覚えある顔ばっかりだろ。上官様なんてのは、みんなあの中さ。」

律は親指を自らの後ろに突き立てる。その先にあるのは、もちろんHLVだ。

「そのお偉い方のために、私達はここにいるのよ。実際、あの人達にとっては他の人も物資もどうでもいいの。」

珍しく、紬が愚痴をこぼす。

「……そうね、じゃあ普通に話させてもらうわ。と言ってももう時間はあまりないけど。」

和が振り返った先には、レーダーとにらめっこしたままの梓がいる。

「敵MS部隊、センサーに引っかかりました。まだソナーには反応ありません。」

「そんな……まだお姉ちゃんやみなさんといっしょにいたいのに。」

憂がうつむき、つぶやく。

「おいおい、縁起の悪いこと言うなよ憂ちゃん。」

「そうそう、私達はぜっったい宇宙に帰るからね!」

律は頭を押さえ、紬は鼻息荒くそう言う。

「……みんな、そろそろ時間よ。パイロットはすぐに搭乗して。」

「了解。」

立ち上がる5人。言うまでもなく、HTTのバンドメンバーだ。

「みんなごめんね……。隊長なのに指揮ができなくて。」

「ううん。さわちゃんは和ちゃんと憂をHLVに送り届けるのが任務なんだから。」

「そーだよさわちゃん。あたしのかわいい和と憂ちゃんをよろしくな。」

「こんな時に何言ってんだ!」

「あいたー☆」

全員、笑った。涙が出そうだったけど、無理矢理笑った。そうしなきゃいけない気がした。



爆発音が聞こえる。

「哨戒のマゼラ・アタック(ジオン軍の主力戦車)隊が敵戦車部隊と戦闘を開始したと……。まだHLVの物資収容も、ザクの補給も終わっていないのに……。」

梓がつぶやく。

「よーしみんな行くぞー!」

「「おー!」」

各々がザクに向かい歩く中、梓が憂を呼び寄せる。

「何?梓ちゃん。」

「これ、持ってて。もしかしたら、役に立つかも。見つかったら没収されちゃうかもしれないからさ……。」

憂は梓に手渡されたそれを、しっかりと握りしめた。

「では先生。先に行っててください。」

『りょーかい。』

一機のザクが立ち上がる。その足下でエンジン音を鳴らすジープ。運転席に座る和が、憂を呼ぶ。

『ジオンの栄光を君に。』

「ジーク・ジオン。」

梓の後ろに4体のザクが立ち上がる。

『あーずにゃん!早くしないと置いてくよ!』

「はい、今行きます。」

梓もまた、自らのザクに向かい走り出した。



「くぅー!さすがに敵さんもがんばってんな!」

律の声が、各々のコクピットに響く。

「軽口叩いてる余裕があるおまえがすごいよ!唯!2時の方向から敵機!」

「りょーかい!」

唯機がマシンガンを構え、引き金を引く。澪機に気を取られていたジムは、あえなくスクラップになった。

「さすが澪ちゃん!」

「澪は昔からザクの操縦うまかったもんな。」

「昔っていつだよ。」

束の間の休息。息が詰まりそうなこの空間が、一瞬あの音楽室に戻る時間。

「私……怖いんだ。」

「?」

澪の震えた声。

「こうして、ザクのパイロットとしてここにいること……いつみんなが死んじゃうかもしれないこと……。それももちろん怖いけど……。」

すすり泣くような声。

「人を……人を殺すのが普通になってしまったこの私が……一番怖い。」

「……。」

全員黙り込む。その沈黙を破ったのは梓だった。

「気持ちは分かります……。でもやらなきゃ……やらなきゃ行けないんです。祖国のため、仲間のため……そしてなにより、自分の為に。」

うつむき、モニターを見つめる澪。そのとき、モニターに表示されたレーダーに、高速で移動する点が現れた。

「なに?この機体……。」

同じく、それを見つけた唯が言う。

「……これってまさか。」

「……!澪ちゃん!!よけて!!」

「え」

紬の声が響いた。が、もう遅かった。朱色の閃光がザク達の隙間を縫い、後方で立ち尽くしていた澪機の右腕に直撃する。

「ビーム兵器!?」

「散開しろ!!狙い撃ちにされるぞ!!」

そう命令を下し、岩陰に隠れる律機。
最大望遠で確認されるその機影。白い体。そして、特徴的なアンテナ。

「なんで……なんで白い奴がここに?」

「澪!落ち着け!早く脱出しろ!!」

「いやだ!!いやだ!!死にたくない!!」

無理矢理立ち上がり、走り出す澪機。

「澪!まだ動くな!」

「イヤアアアアアアア!!」

もう一筋の朱い閃光が、澪機のランドセルに突き刺さる。
轟音とともに、澪機は光になった。

「澪!澪!!」

「律先輩!!だめです!!もう……だめです。」

岩陰から飛び出そうとする律機の肩を押さえつける梓。

「そんな……澪ちゃん……それに、むぎちゃん……あの機体。」

「えぇ。“あの”白い奴じゃないわ。でも……ジムタイプとは比べられない性能を持ってることに違いはないわ。」

ゆっくりと歩を進める陸戦型ガンダム。

「梓……もうわかった。離してくれ。」

「……。」

梓機がゆっくりと離れる。

「何にしろ、このままここに隠れているわけには行かないだろう。……梓、お前のシュツルムファウスト(対MS用ロケット弾)くれないか。」

「はい……。」

梓機から渡されたシュツルムファウストを腰に装着する律機。

「あたしが突っ込む。唯、むぎ、梓、後方支援を頼む。」

「!なにする気ですか!?」

「なんだよ、そうでもしなきゃ奴を倒せねぇだろ!!」

律の荒い息づかいだけが、各々のコクピットに響く。

「ごめん……なーに、死にはしないさ。あたしを誰だと思ってる?天下無双の田井中律様だぞ☆」

「……ふふ。」

重い空気を砕いたのは、紬の笑い声だった。

「やっぱり、りっちゃんはりっちゃんなんだね。」

「そうだね、りっちゃんはりっちゃんだよ!!」

「ちょ、唯先輩……むぎ先輩……。」

まだ、梓は納得が行かないようだった。

「さわちゃんがいない以上、あたしの命令に従ってもらう。……それが部長としての、最後の仕事だ。」

律機が飛び出し、ヒートホークを抜く。

「おらおらおらぁー!!」

不意を付かれた先頭のジムが切り裂かれ、爆発する。
そのまま体勢を上げ、その後ろのジムも真っ二つになる。

「唯ちゃん!」

「うん!」

四方から現れたザクに混乱する連邦のMS。

「そこか……白い奴!」

陸戦型ガンダムを見つけ、ヒートホークを振りかぶる律機。しかし、一瞬で、ガンダムは、その場から、消えた。

「!?」

朱色の刃が、律機の左腕を切り取る。空中でバランスをとれなくなったそれは、そのまま倒れた。

「りっちゃん!?」

「なに、まだいけるさ。」

律機は立ち上がり、そのまま敵の中に突っ込んでいく。陸戦型ガンダムのビームライフルが、その背中をねらい撃つ。
直撃はしない。ギリギリでよけながら、律機は、律は走った。

「唯ちゃん……りっちゃんとの通信を切りなさい。」

「いやだよ……そんなのいやだよりっちゃん!」

「早く切りなさい!!」

『自爆スイッチオン。30秒後、この機体は消滅します。早く脱出してください。』

「いやだよりっちゃん!!」

『はは……ゴフっ……悪いな、唯。こっちから……っ!!回線……切るぜ……。今まで……ありがとな。』

回線が切れる。

「りっちゃん!りっちゃあああああん」

──澪、今行く。

残燃料。バズーカのマガジン。そして、シュツルムファウスト。全てが粉々に吹き飛んだ。
ガンダムを含む、連邦のMSを巻き込んで。

2