紬「でも何から始めればいいのかしら…?」

紬「そうだわ…斎藤ー!」

斎藤「お呼びでしょうかお嬢様」

紬「この間言っていた吉田達也さん関連のバンドを聴かせて!」

斎藤「かしこまりました」

斎藤「まずはなんといってもRuinsです。吉田達也の軸となるバンドで、ベースとドラムの二人だけでございます」

紬「澪ちゃんとりっちゃんみたいね!」

斎藤「まずはこれをご覧ください」


紬「とってもすてきね~」


斎藤「続いては高円寺百景でございます」


紬「なんだか楽しそうね~」

斎藤「喜んでいただけて光栄でございます」


斎藤「続いては是巨人でございます」

斎藤「バンド名はThis Heatの“This(是)”と、Gentle Giantの“Giant(巨人)”からきております」

斎藤「ではどうぞ」


紬「とっても演奏が上手なのね!」


斎藤「最後はルインズ波止場でございます」

斎藤「Ruinsの吉田達也、思い出波止場の山本精一、津山篤が組んだバンドでございます」


斎藤「特に山本精一はBOREDOMS、羅針盤、ROVOなどで活躍されているギタリストのため、こちらも要注目でございます」

紬「これもなんだか複雑だわ…」

紬「とっても素晴らしかったわ…」

紬「今度唯ちゃんたちにも教えてあげなくちゃ!」

紬「斎藤!今日はありがとう!」

斎藤「いえいえ、喜んでいただけて嬉しゅうございます」



ひらさわけ!

唯「なんだか私も新しいジャンル開拓したくなったなぁ~」

唯「でも何を聴けばいいんだろ…」

唯「こんな時は憂に相談だよ!」

唯「う~い~」

憂「どうしたのお姉ちゃん?」

唯「なんかかっこいい音楽知らないかな~?」

憂「う~ん…(漠然とし過ぎてるよお姉ちゃん…)」

憂「そういえばお姉ちゃんポストロック好きだったよね?」

唯「うん!Sigur RosとかTortoiseとか好きだよ!」

憂「じゃあ…マスロックなんてどうかな?」

唯「マスロック?」


憂「たとえばこれ!Tera Melos!」

唯「おお~なんか変な名前」


唯「すっごくギター上手いよ憂~!」

憂「マスロック系のバンドはタッピングをいっぱい使うからね!」

憂「次は~これ!」


憂「Maps & Atrasesだよ!」


唯「このバンドもギター上手ーい!」

憂「何よりこの歌がいいんだよ!」

唯「え?なんか下手じゃない?」

憂「それがティム・キンセラっぽくていいの!次はこれだよ!」

唯「ティム・キンセラ…?」

憂「Pigletだよお姉ちゃん!」

唯「かわいいバンド名だねぇ~」


憂「音質悪っ!って思った人にはこっちだよ!」


唯「なんだかポップでいいねぇ~」

憂「最後はこれっ!」

憂「Rooftopsです!」


憂「ちなみにこれはアルバムのお試し版だよ!」

唯「すっごくさわやかでかっこいい…」

憂「私の一番のおすすめだよ!」

憂「他にもHella、Sleeping People、Don Caballero、Ahleuchatistas、Giraffes? Giraffes!」

憂「By The End of Tonight、This Town Needs Guns、Them, Rolling Twenties、Planetsなんかがおすすめだよ!」

唯「いっぱいバンドがいるんだねぇ…」

唯「そうだ!私タッピング練習するよ!」

唯「あんなふうに弾けたらいいなぁ~」

唯「よーし憂!私はやるよ!」ふんす

憂「ふふっ。お姉ちゃん頑張って!」

唯(みんなにも教えてあげよっと。マスロックのこと…)



あきやまけ!

澪「ふう…宿題終わった…」

澪(私も、音楽の世界をもっと知りたい…)

澪(そして、私が今気になっているジャンル。それは…)

澪「…アンビエント・ミュージック」

澪「まずはBrian Enoから聴いてみるか」


澪「…うん、なんだか心地よいな」

澪「…でも、なんだか切なくなる」

澪「次はKLFだ」


澪「…これもなんだかいいな」

澪「夜中に聴いてるのが、なんだかいいのかもな…」

澪「次はStars of the Lidか…」


澪「…うわ、めっちゃ悲しくなる」

澪「…今日はもう寝るか」

澪(…明日…律たちにも教えてあげなきゃな)

澪「…おやすみ」



たいなかけ!

律「ムギのこともあったし、私も何か新しいことに挑戦したいな…」

律「でも、何から始めたらいいんだろうな…」

律「…とりあえず、世界の音楽を聴いてみようかな」

律「世界にはばたけ!田井中律!って感じで…あはは」

律「…まずは民族音楽で調べて…っと」

律「うっひょー!ありすぎて何が何だかわかんないよ」

律「とりあえず知らないやつから攻めてみるか…ん?」

律「このディジュリドゥーってなんだ??」


律「うわぁ~ぶよぶよいってる」

律「なんか私にはいきなりハードル高すぎたな…」

律「まあいいや。次いこ次!」

律「次は…ドタール?なんだそれ?」

律「まあいいや、とりあえず聴いてみるか」


律「おおっ!なんかまさにワールドミュージックって感じだな!」

律「でも、HTTの楽曲に使えるかどうかは…」

律「そういや…日本の伝統音楽ってなにかあるかな…」

律「演歌でしょ、沖縄でしょ、あとは…う~ん…」

律「…一応調べてみるか」

律「…ん?アイヌ?授業で習ったことはあるけど…」

律「一応聴いてみよう」


律「なんか意外と和風って感じだな」

律「う~ん…」

律「なんか私には早すぎたのかな…」

律「…まあいいや、今日はもう寝るか」


なかのけ!

梓「…私も、何か新しい刺激が欲しい」

梓「でも、何から始めたらいいんだろう…」

梓「…」

梓「私たちはロックバンドだよね」

梓「じゃあ私は、ロック関係で広げればいいんだ!」

梓「とりあえず、ロックで検索!」



梓「…だめだぁ~」

梓「ロックは広すぎて、何がなんだかわからないよ…」

梓「もうやめよっかな…ん?」

梓「…東京ロッカーズ…?」

梓「東京ロッカーズってことは、東京のロックバンドってことだよね」

梓「でも、東京にはいっぱいロックバンドいるからなぁ…」

梓「…」

梓「…一応見てみよ」

梓「なになに…70年代に活躍…結構古いんだ」

梓「代表的なバンドはっと…」

梓「3/3か…聴いてみよ」


梓「こ、これは…」

梓「つ、次のバンド!」

梓「次は紅蜥蜴かぁ…」


梓「! これもなんかかっこいい…」

梓「最後は8 1/2…分数が好きなのかな?」


梓「これは…熱い!」

梓「…なんかすごい体験しちゃった」

梓「…」

梓「…なんか疲れた、もう寝よう…」