紬「…なんか変なのにつきあわせちゃってごめんなさい」

律「まあその…なんというか…」

唯「なんだか音楽のびっくり人間大集合って感じだったね」

梓「びっくりっていうか、ずっこけでしたけどね」

澪「まあ、ムギもスランプだったんじゃないか?」

紬「でも、これで決心がついたわ」

紬「もうノイズなんか聴かないわ!みんなにこれ以上迷惑かけられないもの!」

紬「明日からはちゃんとした音楽を聴くわ!」

澪「…ムギ」

律「よし!ムギの問題も解決したところで!」

梓「練習ですね!」

律「いや、お茶のおかわり…」

梓「だめですー!練習してください!」

ワーワーキャーキャー

唯「…」

唯(ムギちゃん…本当にこれでよかったのかな…)


よくじつ!

憂「今日も冷えるね~」

唯「毎朝寒くて大変だよ~あ!あれはムギちゃん!」

唯「ムギちゃーん!おはよー!」

紬「…」

唯「ムギちゃん?」

紬「…え?あ、あ、唯ちゃん」

唯「ムギちゃん、体調でも悪いの?」

紬「へ?あ、な、なんでもないの!」

唯(ムギちゃん…やっぱり…)


きょうしつ!

律「おっす!」

澪「みんなおはよう」

和「唯、おはよう」

唯「みんなおはよう~」

澪「あれ?ムギは?」

唯「…ムギちゃんならあそこ」

紬「…」ボー

律「どうしたんだムギのやつ」

和「ムギがあんなになるなんてめずらしいわね」


紬「…」ボー


唯(結局、ムギちゃんは授業中もずっとボーっとしていました…)



ぶしつ!

梓「ムギ先輩…そんなことが…」

澪「やっぱり、ノイズが忘れられないんじゃないのか?」

律「う~ん…そうかもな。あれだけはまったんだから、一日二日じゃあきらめきれないかもな」

梓「そういえばムギ先輩はどうしたんですか?」

律「あんまりにも生気がなかったから、今日は帰らせたよ」

澪「ムギ、一日中ボーっとしてたからな」

唯「…」

唯「…やっぱり、ムギちゃんにはノイズを聴かせるべきなんじゃないかな?」

梓「でも、せっかくムギ先輩も吹っ切れたのに…」

律「それに、また斎藤さんに怒られちゃうぞ」

唯「じゃあ、こういうのはどう?」

唯「おしゃれで、ノイズっぽいやつを見つけるんだよ!」

澪律梓「おしゃれでノイズ?」

澪「そんな音楽本当にあるのか?」

唯「でもムギちゃんの持ってたCDも私たちが知らなかったものばかりでしょ?」

律「確かに…探せばあるかもしれないな!」

梓「ムギ先輩には元気になってほしいですし…私も探します!」

澪「ムギのために…よし!やってみるか!」

唯「私も和ちゃんに聞いてみるよ!」

律「よし!じゃあ調べるのは明日の土日にして、月曜日に発表だ!」

唯澪梓「おー!」


げつようび!

紬(はあ…もうノイズは聞かないって決めたのに…)

紬(先週はみんなに迷惑かけちゃったな…謝らなきゃ…)

ガチャ
紬「みんな、先週はごめんね…」

唯「あ!ムギちゃーん!」

澪「ムギ、待ってたぞ」

梓「ムギ先輩!こっちです!」

和「今日はお邪魔させてもらうわね」ニコッ

紬「和ちゃんまで…みんな今日はどうしたの?」

律「コホン…えーでは、今日はムギに聴いてもらいたい音楽をみんなで集めてきました!」

律「じゃあ一番手は…梓!」

梓「えーっと…ムギ先輩に今日聴いてもらいたいのはこれです!」


梓「Autechreと言って、イギリスのテクノユニットです。ノイズではないんですが、かっこいいと思って選びました」

梓「それじゃいきます」ポチッ


唯「おっ!なんだかかっこいいねぇ~」

澪「なんか落ち着いて聴けるって感じだな」

律「確かにノイズっぽいけどおしゃれだな」

和「へえ…いいじゃない」

紬「こ…これって…」

紬「りっちゃん、もしかしてみんな…」

律「質問はあとあと!じゃ次、澪!」

澪「私はあんまり自信ないんだけど…」


澪「私が持ってきたのはヤニス・クセナキスだ」

澪「クセナキスはルーマニア生まれの作曲家で、数学の論理を用いた作曲法で有名なんだ」

澪「とりあえず聴いてみてくれ」ポチッ


律「なんかめっちゃ不安になるな」

澪「私も最初夜中に聴いたとき怖くて…」ブルブル

和「でも、クラシックって言えば嫌な顔されないかもね」

紬「みんな…私のために…」


律「よーし!次は私!私のおすすめはこれだぁ!」ポチッ


律「Naked Cityっていって、ジョン・ゾーンっていうジャズサックスプレイヤーが結成したバンドなんだ」

律「ムギが聴いてたハナタラシの、現BOREDOMSの山塚EYEも参加してるぞ」

唯「なんか楽しそうだね~」

和「Naked Cityってことは、グラインドの要素も入ってるわね」

梓「こんなジャズもあったんですね…」

澪「演奏は上手いな…」


律「じゃあ次は…和!」

和「私が持ってきたのはこれよ」


和「SUNN 0)))といって、ドローン・ドゥームっていうジャンルのメタルなの」

和「borisと演った川崎CLUB CITTA'でのライブは最高だったわ…」ウットリ

澪「なんかこれも…」

律「暗くなるな…」

唯「なんか神聖って感じたね!」

梓「チューニング何音下げなんでしょうか…」


律「じゃあ最後は唯!」

唯「ほーい!」

唯「私が持ってきたのはAkufenです!カナダのマーク・ルクレールって人のソロプロジェクトで、あずにゃんと同じでノイズじゃないけどかっこいいです!」

唯「そんじゃいくよー!」ポチッ


澪「ほう…これはおしゃれだな」

律「なんかノリノリだなっ!」

梓「かっこいいですね!」

和「へえ…唯、やるじゃない」

唯「えへへ~それほどでも~」

紬「み、みんな…」ジワッ

紬「みんな…ヒック…わ、私の…ために…」

唯「でも私たちもムギちゃんに感謝してるんだよ!」

紬「え…私に…?」

澪「ムギのおかげで、音楽の世界はまだまだ広いってことがわかったしな」

梓「もっといろんな音楽を聴いてみたくなりました!」

律「それに、これは○○だから、って先入観を持っちゃいけないことがわかったし!」

和「どんなジャンルにも、素敵なミュージシャンがいるものよ」

唯「それをわからせてくれたのはムギちゃんだよ!」

紬「みんな…ありがとう」グスッ

唯「そういえばね!テクノでかっこいいアーティスト見つけたんだよ!Aphex Twinとか!」

梓「私はクラブジャズというジャンルを見つけました!JazzanovaとかPilot Jazouとか!」

澪「クラシックはシュトックハウゼンとかケージもかっこいいぞ!」

律「Nujabesとかのジャジーヒップホップもいいぜ!」

和「メタルはDevourmentとかWaking The Cadaverみたいなスラミングデスがいいわね」



紬(みんな…ほんとうにありがとう…)

紬(私、軽音部に入って…ううん、みんなと出会えてよかった…)

紬(みんなが教えてくれた音楽は、どれも最高の宝物だわ…)


ことぶきけ!

紬「みんなが持ってきたCD、どれもすてきなものばかりだわ」

紬「…音楽の世界はまだまだ広いわ」

紬「もっと、もっと音楽の世界を知りたいわ!」

紬「世界には、まだまだ私の知らない音楽が待ってるもの!」

コンコン
斎藤「お嬢様、失礼いたします」ガチャ

紬「さ、斎藤…」

斎藤「…ほう、AkufenにAutechre、SUNN 0)))にクセナキスにNaked Cityですか」

紬「斎藤!これは違うの!これはみんなが私のために…」

斎藤「お嬢様、Akufenの『My Way』がAMAZONでいくらするかご存じですかな?」

紬「…え?」

斎藤「新品も中古も7,000円近くします」

紬「うそ!そんなに高かったの!?」

斎藤「それを承知でお嬢様にプレゼントされるとは…」

斎藤「紬お嬢様、良いご学友をお持ちになられましたな」

紬「唯ちゃん…」

斎藤「それと…ここだけのお話でございますが…」

斎藤「旦那様は奥様に内緒でDJ Sharpnelなどのナードコアをお聴きになられています」

紬「ナードコア?」

斎藤「オタクネタのサンプリングされたハードコアテクノでございます」

紬「お父様もいろんなのを聴いているのね」クスッ

斎藤「ちなみに私のおすすめは吉田達也関連でございます…ではお嬢様、おやすみなさいませ」バタン

紬「斎藤…」

紬「なんだか…今夜はいい曲ができそうな気がするわ」ニコッ


そのころさわちゃんは…

さわ子「ちくしょーあの男…思わせぶりな態度とっといてなにが『ごめんなさい』よ!!」

さわ子「こうなったらやけ酒&メタルよぉ!!」


さわ子「やっぱりセバスチャンは最高よぉ!!」

さわ子「らぶれた~いんざさ~んど~!あぁぁぁぁいりぃぃぃぃめんばあぁぁぁぁぁぁゆぅぅぅぅぅぅ!!!」

ドンドン
「おい!いま何時だと思ってるんだ!!静かにしろ!」

さわ子「うるさいわねぇ!!そっちこそ静かにしないとHammer Smashed Faceよぉぉぉぉぉ!!!!!」

「ひいぃ!ごめんなさい…」


よくじつ!

紬「今お茶いれるわね~」

澪「ムギもすっかり元気になったな」

律「それに比べてさわちゃん…なんでそんなにぐったりしてるの…」

さわ子「飲みすぎと聴きすぎよ……」

紬「そうだ!実は昨日一曲出来たから、みんなに聴いてみてほしいんだけど…」

唯「ムギちゃんほんと!?」

梓「ぜひ聴きたいです!!」

紬「じゃあ…いくわね」

~♪~♪~♪



紬「…これでおわりなんだけど…どうだったかな?」

唯澪律梓「…」

紬「…やっぱりダメだったかしら…ごめんなさい…」

唯澪律梓「…す」

紬「…え?」

唯澪律梓「すっごくいいよ(です)!!!!!」

澪「なんかいつもムギが作る曲より、もっとあったかくて、優しくて…」

律「でも、明るくて楽しくて、心がうきうきしてくるような…」

梓「とってもきれいなメロディーで、思わず呆けてしまいました…」

唯「こんなすてきな曲作れるなんて、やっぱりムギちゃんは天才だね!」

紬「…違うわ、唯ちゃん」

唯「え?」

紬「みんなが私のために優しくしてくれたから、みんなが私に元気をくれたから、このメロディーを思いつくことができたの」

紬「むしろ、作曲したのはみんなのほうよ」

紬「私、みんなと出会えてよかった…」

紬「軽音部に入れて、本当によかった!!」



終わりです