翌日!教室!

紬「律っちゃん大丈夫?」

(ペニ律「ああ!ムギのおかげで元気だ!」)ギンギン!

紬「良かったぁ~♪よしよし」スリスリ

唯「(ムギちゃんがずっと股間をさすってる…。)」

澪「バカ律…」


休み時間!

紬「ムッハァーーーーっ!!」ドガシャ~ンっ!(机)

唯「む、ムギちゃん!どうしたの?」

紬「澪ちゃんとっ!!澪ちゃんとヤリタイデス!!」ハアハアハア

澪「えっ!?」ガクガクブルブル

唯「落ち着いて!ムギちゃん!」

紬「ガハ~っ!オレのティムポが真っ赤に萌える!澪ちゃんを犯せと轟き叫ぶ!」ハアハアハア

ペロン

ペニ律「がははははっ」ギンギン!

唯「み、澪ちゃん!逃げて!」

澪「あ、あが、あが…、」ガクガクブルブル

ペニ律「逃がすか~っ!」ピュッピュッ

澪「う、うわぁ…」ぴちゃ、ぴちゃ、

紬「ニガサナイ…」

唯「澪ちゃん!」

澪「わ、分かった!」タッタッタッタ

ガラッ(扉)

澪「く、クソっ…」タッタッタッタ

澪「だ、誰か…、ハアハア」タッタッタッタ

澪「た、助けて…」タッタッタッタ

梓「あ、澪先輩!」

澪「あ、梓!良かった。助けてくれよ!」ハアハア

梓「どうしたんですか?」

澪「ムギが…、律のせいで急に凶暴になって…」ガクガクブルブル

梓「律先輩がどうかしたんですか?」

ペロンっ!

ペニ律「ばあっ!」ギンギン!

澪「あ、あひゃあっ!」タッタッタッタ

梓「待ってくださいよ澪先輩♪」ブルンブルンブルン

澪「(な、なんで梓に…、)」タッタッタッタ

ペニ律「あはははは~♪」ブルンブルンブルン

澪「(梓、足速いな…、もうやだよ…。)」タッタッタッタ

梓「澪先輩~っ♪」

澪「クソっ…、なんでこんなことに…」タッタッタッタ

唯「澪ちゃん、こっち!」

澪「あ、唯!」タッタッタッタ

唯「早く!こっちに来て!」

ガチャ

澪「」ハアハアハア

唯「たぶんここなら大丈夫だから。」

澪「ありがとう。」ハアハア

唯「どうしてこうなっちゃったんだろうね…」

澪「分からない…、分からないんだよ…。」

澪「とにかく一旦外に出よう!」

ペロン

ペニ律「イエイ!私だよん♪」

澪「な、な、な、なんで唯のおでこから律が!」ガクガクブルブル

ペニ律「『でこ』言うな!」

唯「ニガサナイ…、私ノ処女ヲカエセ」

澪「ひいいいっ!!」ダッダッダ

ガチャ

ペニ律「待てぇえい!」

唯「オトウトタチノカタキヲトルノデス」

澪「もう…、おしまいだ…」タッタッタッタ

澪「とにかく外に出よう!」タッタッタッタ

梓「澪先輩~♪」ニコ
ペニ律「やっほ~♪」ギンギン!

澪「うわぁっ!」ビクッ

澪「こっちはダメか!」タッタッタッタ

唯「処女ヲ、カエセ…」
ペニ律「お~う!やっとるかね~」ギンギン!

澪「ひいっ!こ、こっちもダメか!」タッタッタッタ


トイレ!

澪「(とりあえずここに隠れるしかないな…)」

カツン、カツン、カツン、カツン(足音)

澪「」ガクガクブルブル

ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、ぴちゃ、

澪「」ガクガクブルブル

メケメケ…、メケメケ…、メケメケ…、メケメケ…、

澪「何の音だよ!」

カツン、カツン、カツン、カツン

紬「澪ちゃ~ん♪」

澪「」ガクガクブルブル

カツン、カツン、カツン、カツン

澪「通り過ぎたか…、良かった。」

小ペニ律「澪!」 小クリト律「澪ちゅあん♪」 小ペニ律「やっとるかね~!」
小ペニ律「イエイ!私だよん!」 小クリト律「澪~!」

澪「うわぁっ!な、な、なんだこれ!」ビクッ

小クリト律「あはははは~♪」 小ペニ律「澪~!」 小ペニ律「」ピュッピュッ
小クリト「海だよ♪」小クリト律「潮だよ!」小ペニ律「澪しゃん♪」

澪「」ブクブクブク(気絶)


澪「はっ!ここで気絶するとマズい!」

澪「ちょっとどいてくれ。」ぎゅっ

小ペニ律「はにゃ?」

澪「あふあっ////え、まさか…」さわっ

小クリト律「うふ♪」くちゅ

澪「んああっ///な、なんでこいつらを触ったら私が感じちゃうんだよ!////」ハアハア

小ペニ律「あはははは~♪」小クリト律「うふふふふ~♪」
小ペニ律「キャベツうめええ~~~っ!!」

澪「…。」

澪「まあいい、逃げなきゃ!」タッタッタッタ


廊下!

澪「」タッタッタッタ

紬「澪ちゃ~ん♪」
ペニ律「澪~!」

澪「(マズい…)」ゴクリ

紬「澪ちゃ~ん♪」シコシコ
ペニ律「あは~////」

澪「んああっ////(ムギの律を触っても感じちゃうのか!)」

ペニ律「ムギ、あっちだ!」
紬「了解しました~♪」

澪「クソっ…」タッタッタッタ

澪「ハアハア、ハアハア、」タッタッタッタ

澪「んああっ///あふっ///」ガクッ

澪「クソっ、三人同時に////しごいつやがるな///」タタッ、タタッ

澪「上手く…///走れない…///」タタッ、タタッ


唯「憂~っ///憂~っ///」シコシコ!
ペニ律「いいぞ!唯!そうだ!」

澪「こっちもダメか…///」タタッ、タタッ


梓「ごはん~っ///ごはん~っ///」シコシコシコ!
ペニ律「なにやってんだ?梓。」


澪「くっ///はぁ///ごはんは、おかずか、クソっ///」タタッ、タタッ

澪「ハアハア、ハアハア////」

ガチャ(ドア)



部室!

澪「部室に来てしまった…。」ハアハア

澪「おとなしくしてれば見つからないか…」ハア、ハア

(「みお~♪みお~♪」)

澪「!?」

(「みお~♪みお~♪」)

澪「どこだ!?」がさごそ

澪「なに!?」

ちくび律「澪みっけ♪」 ちくび律「澪みっけ♪」

澪「こ、こんなところにまで…」

澪「う、疼くな////ち、乳首は////」ハアハア

ちくび律「あはぁ♪」 ちくび律「あはぁ♪」

澪「ん、んああっ////も、もう…///全身が///全感覚が…////」ハアハア

ちくび律「なんか出てきたぞ」ピュッ ちくび律「なんか出てきたぞ」ピュッ

澪「ふ、んっ////ふあああっ////」ジョボジョボジョボ~~~っ!!

ちくび律「海だぁ~~~っ!!」 ちくび律「海だぁ~~~っ!!」

澪「は、ハモるな!!ハアハア///」

澪「く、そ…、ちくしょうめ~~~~~っ!!」

………

ペニ律「ムギ、海だ!」

紬「了解!」


ガチャ(ドア)

澪「ひいっ!」ビクッ

紬「澪ちゃんみ~っけ♪」

澪「」ガクガクブルブル

梓「こんなところにいたんですか~♪」

澪「(もう…、おしまいだ…)」ジョボジョボジョボ~

ペニ律「灯台下暗し。」

唯「大正デモクラシー。」

ペニ律「どえしたんだよ、そんな顔して。」

澪「ど、どうなってるんだよ。」ガクガクブルブル

紬「この子たちのこと?」ぎゅっ
小ペニ律「あはぁ~///」

唯「あはははは~♪」クチュクチュ
小クリト律「うふぅっ///」

澪「んっ、んああっ////」ゾクゾクッ

ペニ律「澪、こいつらは私たちの子供だぞ?」

澪「な、なにを言ってるんだ!」

ペニ律「いっぱい愛し合ったじゃないか。」

澪「…。」ガクガク

ペニ律「唯、ムギ、梓、いくぞ!」

唯「うん!」
ペニ律「」ギンッ!

紬「ラジャー♪」
ペニ律「」ギンッ!

梓「はいっ!」
ペニ律「」ギンッ!

澪「や、やめろ!」じたばた

梓「なかなか素直になってくれませんね。」

ペニ律「な~に、大丈夫だって♪唯!」

唯「」ペロッ

澪「」ビクンッ

唯「ん、ん~っ//」ペロペロ

澪「う、ふ、ふ、ふぁああああ~~~っ//////」ジョボジョボジョボ~~~ッ!!

小ペニ律「海だ~!」 小ペニ律「海だ~っ!」 小クリト律「海だ~っ!!」
小クリト律「海だ~~っ!」 小ペニ律「海だ~♪」 小クリト律「海だ~~~っっ!!」

梓「乳首舐められただけでおもらししちゃうなんてすごい反応ですね!」

ペニ律「そりゃ私の澪だからな!えっへん!」ギンギン!

澪「う、ううう…///」ぐすっ

ペニ律「行くぞ、ムギ!」ギンッ!
紬「はい!」

ぬちゅ~っ

澪「ふ、あ…、ま、待って////」

紬「またな~い♪」ニコ

じゅぽ~~~~っ!!

澪「ん、ふ、ん、ふぁあああああ~~~っっ//////」ビクビクビクッッ!

(ペニ律「あはぁ~~~っ////」)

梓「入れただけでイッちゃったんですか?」

唯「体のけぞらせてなんかえっち…///」
ペニ律「」ギンっ!

紬「きれいなおっぱい♪」ちゅぱ

紬「澪ちゃん、素敵よ♪」パンパンパン!

澪「あ、あふぁああん///」はあはあ

梓「私のもくわえてください。」
ペニ律「」ギンっ!

澪「んっ、んっふう///ん、はあっ////」ジュポジュポ

梓「澪先輩、そんなに上目づかいで見られたら////」はあ、はあ

(ペニ律「いいんだぞ梓!思いっきり出してしまえ!」)

梓「んっ///じゃあ、遠慮なく///」はあはあ

澪「んっ!ふあっ!//んっ!んっ!////」ジュポジュポ

梓「澪先輩////んにゃあ~っ///萌え萌え////きゅるるるぶびゅ~っ/////」

どぴゅどぴゅどぴゅ~~~~っっ!!!!

澪「ん~~~っ!!////」ゴクゴク

澪「かっ、かはぁっ///」ゲホゲホ

ペニ律「ドロドロになった澪も最高にかわいいぞ!」ギンギン!

澪「バカ律…///」

紬「しゃらんらしゃらんら♪」パンパンパン!

澪「う、ふぁああん////」

唯「じゃあ私はお尻をいただきま~す!」
ペニ律「」ギンっ!

澪「ま、待て!唯!///」

ギチギチギチ~ッ

澪「う、うぐああっ///かっ、はっ////」

唯「よいしょ♪」

ズポ~~~~~っっ!!

澪「ん、ぐっ、はぁああああああッッ////」ゾクゾクゾク~~ッ!!

紬「しゃらんらしゃらんら♪」パンパンパンパン!

澪「う、ふぐぅ///ま、待って////」

(律「何泣いてるんだ?澪。」)

澪「もう…///イキっぱなし///かはあっ////」ぴちゃぴちゃ

唯「うん♪たん♪うん♪たん♪」パンパンパンパン!

澪「し、死ぐぅぅ~っ///」ガクガクガク

ペニ律「唯、ムギ、やめよう。さすがにやばそうだ。」

澪「はあ、はあ…、」

澪「や、やめないで!律が!律がいっぱい欲しいの!うわ~んっ!」

ペニ律「このまま続けたらほんとに死んじゃうだろ!!」

澪「死んでもいい!!律でいっぱいにして殺してくれよ!!」

ペニ律「何言ってんだよ!澪が死んじゃったら!澪が死んじゃったら私…、ううっ」じょぼじょぼじょぼ~~~っ

唯「律っちゃん…。」

澪「バカ律…。死ぬわけないだろ!ずっと律のそばにいるから!」

唯「律っちゃん!」

梓「律先輩!」

ペニ律「唯、ムギ、梓、なんかごめんな…」

紬「どんと来いです!」

唯「じゃあ行くよ!」


3