放課後!部室!

ガチャ(ドア)

梓「あ、澪先輩。なんか元気ないですね。大丈夫ですか?」

澪「なんか疲れちゃってね…。あ、唯とムギは遅くなるらしいから。」

梓「そうなんですか。律先輩、大丈夫ですかね?」

澪「ああ。昨日会いに行ったけど大丈夫そうだったぞ。」

梓「ふだん元気な人が二日もいないとなんか不安になっちゃいます…」

(クリト律「中野~~!中野~~!」)

梓「!?」

澪「(り、律っ!)」

梓「やっぱり今律先輩の声が聞こえませんでした?」

澪「い、いや!気のせいだよ!」

(クリト律「中野~!気のせいじゃないぞ~!助けてくれぇ~!」)

梓「ほら!どこにいるんですか?」

(クリト律「澪のパンティーの中だ~!」)

梓「!?」

澪「そ、そんなの有り得ないだろ?梓、私今日はもう帰るよ。」

(クリト律「いいのか?澪…、海…」)

澪「ひぃっ!(う、海だけは…)」

澪「わ、分かったよ、律!」

(クリト律「澪!足開いて!」)

澪「わ、分かった…///」ばかっ

梓「澪先輩…///」

(クリト律「梓、澪のパンツを下ろしてくれ!」)

梓「え!?む、無理です!///」

(クリト律「部長命令だ!」)

梓「で、でも…」

(クリト律「部長命令だ!!」)

梓「わ、分かりました…///」そぉー

クリト律「イエイ!私だy…」

梓「」がばっ

(クリト律「こらぁ~~っ!!中野~~~っっ!!」)

澪「…///」

クリト律「えっへん!」

梓「うわぁ…」

澪「ま、まじまじと見るな!///」

クリト律「梓は私のことを見てるだけだぞ~?」

澪「…。」

クリト律「梓、私のおでこをかいてくれ!むず痒いんだけど手が使えなくてさ~。」

澪「なっ!////」

梓「さ、流石にそれは///」

クリト律「ふたりとも何考えてんだ~?『私の』おでこをかいてくれって頼んでんだぞ?」

澪「////」

梓「わ、分かりました///」

梓「こ、こうですか?///」クチュクチュ

澪「う、ふぁあ///」

クリト律「おほぉ~///もっともっと!」

梓「」クチュクチュクチュ

澪「あ、ふ、あはぁ~////」

梓「澪先輩、変な声出さないでください!///」クチュクチュクチュ

澪「あっ///だって///」

クリト律「う~ん。イマイチだな。梓、舐めろ!」

梓「え!?む、無理です!」

クリト律「舐めろ!部長命令だ!!」

梓「あ、は、はい…」ペロペロ

澪「なっ!?あ、梓!////ああっ!///あはぁ////」

クリト律「おほぉ~////いいわよいいわよ~///」

梓「律先輩///澪先輩////はあはあ////」ペロペロ

澪「ああんっ///ちょっ、梓!////」

梓「ん~?」ペロペロ

澪「あんっ///梓っ!律っ!なんか来るっ!!///」

梓「」ペロペロクチュクチュ

澪「んはぁっ!///あんっ、あああぁ~~っ////」

クリト律「海だぁ~~~~!!」

プシュウウウウウ!!

梓「澪…、センパイ…」ポタ、ポタ

澪「あ、梓すまない///」

クリト律「てへ☆」

ガチャ(ドア)

紬「まあ///」

澪「む、ムギ…、こ、これは…。」

ガチャ(ドア)

唯「うわあ…」

ガチャ(ドア)

クリト律「お~い!待て~、唯~!」

紬「そういうことだったの~。」

クリト律「私もケーキが食べたい!」

澪「な!まてよ//」

クリト律「海…」

澪「わ、分かった!」

クリト律「ムギ!頼む!食べさせてくれ!」

紬「え?こ、こう?」ぬりぬり

澪「う、ふぁあ///」

クリト律「旨い旨い!」

紬「澪ちゃんのお○こがケーキみたぁい♪」

クリト律「食べても良いぞ~。」

澪「なんでおまえが!」

クリト律「海d」

澪「分かった!」

紬「いただきまぁ~す♪」


秋山家!

澪「結局ムギにまで海を浴びせてしまった…、もうおしまいだ…。」がっくし

クリト律「まあまあ。人生いろいろあるよ!」

澪「お前が言うな!」

クリト律「てへ♪」

澪「…。」

クリト律「まあ、ムギも喜んでたしいいじゃん♪」

澪「…。今日はもう疲れた。寝るよ。」

クリト律「いっしょに寝ようぜ!」

澪「…。」


翌朝!

澪「ふあ~!また憂鬱な朝だ…」

もっこり(布団)

澪「!?」がばっ!

がさごそぬぎぬぎ

ペニ律「おお!やとるかね~!」ギンギン!

澪「え、え、えええええええ!?」

澪「どうしてそうなったんだよ!?

ペニ律「進化したんじゃないかと。」

澪「私の性別が…。」

ペニ律「まあそうがっかりしなさんな!良いこともいっぱいあるよきっと!」

澪「なにがだよ…。」

ペニ律「ほら見て!脱皮したのよ~♪」ペロン

澪「おい…。」


登校中!

(ペニ律「これで澪の行動の主導権は完全に私が握ったな!」)

澪「なんでだよ…」

(ペニ律「逆らうとこういうことになるんだよ。」)

(ペニ律「」)ギンギンギン!

澪「なっ////」

子供「ママ~!あのお姉ちゃんおちんちん…」

母親「見ちゃだめ!見ちゃだめよ!」

澪「もう…、やだ…。」


学校!

紬「澪ちゃん、大丈夫?」

澪「私は大丈夫…。ムギ、昨日はごめんな。」

紬「全然気にしてないわぁ~///それより律っちゃんは大丈夫?」

(ペニ律「私は元気だぞ!」)

紬「よかった~。」

澪「(元気じゃなくていいよ…。)」


休み時間!トイレ!

ペニ律「」ギンギンギン!

澪「おい律、おさまってくれよ。このままじゃ教室に戻れないだろ。」

ペニ律「そんなこと言われてもな~。なぜかおさまんないんだよ。」ギンギンギン!

澪「どうしたらおさまるんだよ…。」

ペニ律「いろいろ吐きだしたらおさまるんじゃないか?」ギンギンギン!

澪「吐きだす?どうやって…」

ペニ律「たぶんこう…、私を擦るというかしごけば良いんじゃなかろうかと…」

澪「こ、こうか?///」シュコシュコ

ペニ律「そ、そう!///もっと早く!///」

澪「う、うぁ////」シコシコシコ

澪「はあはあ///律ぅ///ああっ、ああん////」シコシコシコ

ペニ律「あはあ///澪!がんばれ!がんばれ!」

澪「ああっ///律!はあはあ////」シコシコシコ

ペニ律「がんばれ!がんばれ!」

澪「ああ///あはぁ///ちょっと手が疲れた…」シュコシュコ

ペニ律「どうしてそこで諦めるんだ!!やれるやれるやれる!」

澪「ああっ///律ぅ////んはあ////なんか熱いの!熱いの来る!////」シコシコシコ

ペニ律「あと少しだ!がんばれ!がんばれ!がんばれ!」

澪「ああっ、いやっ///んはあ////」シコシコシコ

澪「海だぁ~~~~~!!!////」

どぴゅどぴゅどぴゅ~~~~っ!!!!

ペニ律「いや、これは海ではないよ…。」

澪「はあ、はあ、はあ…////」


教室!

澪「ふう…。」

佐々木「あ、秋山さん///(なんか素敵なにおいがする…)」

澪「あ、ど、どうも…。」

(ペニ律「ちっ!」)

(ペニ律「」)ギンギン!

佐々木「まぁ!///」

澪「(こ、こら!!)」


3