ある朝

澪「ふぁ~。ちょっと寝過ぎたかな。」

(みお~!みお~!くるし~!)

澪「どこかから声が聞こえるな…。」

ガサゴソ

澪「誰もいるわけないか…。」

(みお~!くるし~!)

澪「やっぱり聞こえるな。下の方?まさかな…。」脱ぎ脱ぎ

クリト律「ばぁっ!!!」

澪「なっ、なっ////」

澪「」ガバッ(パンツ履いた)

澪「(気のせいだ気のせいだ気のせいだ!)」

(クリト律「澪さ~ん?秋山澪さ~ん?」)

澪「……。」

(クリト律「秋山さ~ん?聞こえてますか~?)

澪「…。」そお(ゆっくりパンツ脱ぐ)

クリト律「こんちはっす!」

澪「……///」

澪「」がばっ

(クリト律「おいおい!!」)

澪「(目があった…)」

澪「」そー

クリト律「どうも、田井中律です!」

澪「」がばっ

澪「」そー

クリト律「イエイ!私だよん!」

澪「あの…、なんでそんなところにいらっしゃるんだ?」

クリト律「まあ、そんなにかしこまりなさるな。」

澪「質問に答えろ。」

クリト律「私にもわからないんだよ。」

澪「だろうな。」

クリト律「しかしあれだ、私と澪は昔から一心同体だっただろ?」

澪「……。」

クリト律「たぶんそういうことだよ。」

澪「納得できるか!」

クリト律「しっかしすごい絵だな~。」

澪「何が?」

クリト律「澪しゃんが大股開いて自分の股間に話しかけてるんだぜ?」

澪「……/////」パンツはきはき

(クリト律「澪しゃ~ん!澪しゃ~ん!)

澪「とりあえず学校行かなきゃいけないから!」

(クリト律「ちぇ。澪しゃんのおまたの中、すんばらしい匂いだなぁ~。」)

澪「」ガツンっ

クリト律「いてえっ!」

澪「いたっ!」


登校中!

澪「頼むからおとなしくしといてくれよ…。」

(クリト律「ま~せとけって!」)

澪「…。」

(クリト律「しっかし新鮮だなぁ~。」)

澪「黙れ…」

(クリト律「一日中澪しゃんのパンティの中にいられるんだもんな~」)

澪「黙れ…///」

(クリト律「あったかあったか♪」)

澪「だぁーーー!もう!!」ガサッ

子供「ねえ、お母さん、あのお姉ちゃんおまたに手えつっこんで怒ってるよ?」

母親「見ちゃだめよ!」

澪「……。」


学校!

さわ子「みんなおはよ~。」

生徒「先生、おはようございま~す。」

さわ子「それでは出欠をとります。」

さわ子「秋山さん。」

澪「はい。」

さわ子「飯田さん…」

………

さわ子「田井中さん。」

(クリト律「はい!」)

澪「なっ、//り、律は今日は風邪で休むって言ってました。」

さわ子「今田井中さんの声が聞こえたような…。」


休み時間!トイレ!

澪「」ジョボジョボジョボ

クリト律「海だぁ~~~!!」

澪「////」ジョボジョボジョボ

クリト律「潮!潮だよ!律っちゃん!」

澪「…。」ピキピキ


授業中!

澪「」カキカキカキ

(クリト律「澪しゃ~ん!澪しゃ~ん!」)

澪「(無視だ。相手にしちゃだめだ…。)」カキカキカキ

(クリト律「ちぇっ、つまんねえの…。」)

澪「…。」カキカキカキ

(クリト律「いいもんね。こうなったら剥けたり疼いたりしてやるぅ!」)

澪「なっ!?」

(クリト律「むきむき///うずうず////」)

澪「な、///や、やめろ!律////」はぁはぁ

(クリト律「かわいいわよ~///澪ちゅうわ~ん////」うずうず)

澪「あ、あはぁ///律ぅ////も、もう勘弁してくれぇ////」はぁはぁ

教師「こら!秋山ぁ!授業中になんちゅう声だしとるんだ!」

澪「ひぃっ!///」

(クリト律「ぷっ!(オナラじゃないよ。)」)


放課後!部室!

唯「律っちゃん大丈夫かなぁ?」

(クリト律「大丈夫だぁ~~い!!」)

澪「か、風邪だって言ってたし、だ、大丈夫なんじゃないかな?」

梓「今律先輩の声が聞こえませんでした?」

紬「確かに。」

澪「げ、幻聴じゃないのかな…?」

(クリト律「中野~~!!」)

梓「ほら、やっぱり!澪先輩の方から聞こえましたよ!」じろじろ

唯「え、どこだろ~」じろじろ

紬「あらあらあら。」

澪「くっ…////」

澪「り、律のも、ものまねができるようになったんだよ!」

唯「え?すごぁ~い!」

梓「もう一回やってみてください!」

澪「え…、あ、うん…。」

(クリト律「……。」)

澪「(り、律!///)」もぞもぞ

(クリト律「……。」)

唯「(澪ちゃんがお股を気にしながらもぞもぞしてる。)」

梓「(な、なんかいやらしいかも…///)」

紬「(うわぁ///)」


帰り道!

澪「今日はパパもママもいないから晩ごはんの準備しなきゃな。律、何が食べたい?」

(クリト律「ち○ぽ!」)

澪「…。」

(クリト律「ち○ぽが食べたい!」)

澪「聞こえてるから!///」

(クリト律「澪しゃんの魅力があればその辺の男に声かければパクパクっとできちゃうよ~。」)

澪「…///」

(クリト律「じゃあニンジン!」)

澪「…///」

(クリト律「大根!ナス!」)

澪「結局そうなるのか…///」

(クリト律「どうしたんだよ?」)

澪「なんでもない…。」


買い物中!

澪「あ、タマネギも買わないとな…」

(クリト律「澪~~!」)

澪「あ、あっちか。」

(クリト律「澪しゃ~ん!」)

澪「後はお肉っと。」

(クリト律「無視するの?泣いちゃうよ?」)

澪「…。」

(クリト律「澪…。股間やぁだぁ~~!!うわぁ~ん!!」)じわぁ~

澪「なっ////やめろっ////」ぴゅっぴゅっぴゅっ!

ボチョボチョボチョ~!

おばちゃん「うわぁ…」

澪「……」がっくり


秋山家!

クリト律「ずっとふたりでいると夫婦みたいだな♪」

澪「そんな所から言われてもな…。」パクパク

クリト律「澪、私もカレー食べたい!」

澪「え!?」

クリト律「腹減った!カレー食べたい!」

澪「む、無理だろ!」

クリト律「酷い…」

澪「わ、分かったよ!こうか?」

クリト律「うん!旨い旨い!澪の料理は最高だ!」

澪「……。」

クリト律「しかし凄い光景だな。澪ちゅあんがお股開いてカレーを…」

澪「…///」


お風呂!

クリト律「わぁ~い!澪とお風呂お風呂~♪」

澪「」ゴシゴシ

クリト律「澪ちゃんやっぱりナイスバディだなぁ♪」

澪「///」ゴシゴシ

クリト律「澪~。こっちは洗わないのか?」

澪「どこから洗おうと勝手だろ!」

クリト律「早く洗わないとカレーの匂いついちゃうぞ~。」

澪「わ、分かったよ!」ゴシゴシ

律「おほぉ~!///もっともっと~!//」ゴシゴシ

澪「ん、んああ///んっ///」ゴシゴシ

律「もっとちゃんと洗わないと匂いとれないぞ~///」

澪「ん、んああ///り、律ぅ!////」ゴシゴシ

プシュアーーーー!!

律「海だぁ~~~!!」

澪「……。」


翌朝!

澪「はっ!なんだ、夢か…。」がはっ

(クリト律「澪~!澪~!」)

澪「げっ…」

澪「」そぉー

クリト律「イエ~イ!私だよん!」

澪「…。」がっくし

クリト律「夢なのに~♪夢じゃなかった~♪夢なのに~♪夢じゃなかった~♪」


学校!

澪「…。」

(クリト律「澪~!澪~!」)

澪「(お願いだから今日は黙っててくれ!)」

(クリト律「澪しゃ~ん!澪ちゅあ~ん!」)

澪「…。」

(クリト律「無視する気か!こっちにも考えがあるぞ!」)

澪「!?」

(クリト律「海だぁ~~~~!!」)

ジョボジョボジョボ~~!!

佐々木「まぁ!////」

澪「もう…、やだ…。」がっくし


2