33. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/08(火) 23:35:29.37 ID:aIJygzm20
唯「からあげクンの両親ってさ、からあげレッドとからあげチーズなんだって」

律「元祖のほうが息子なんだ」

唯「ウルトラマンもさ、パパとママのほうが奇抜な格好してるよね!」

律「あいつらウルトラマンの両親じゃないぞ」

唯「ミラボレアスもさ、祖龍というよりは最終進化系だよね!」

律「逆にドスランボスとかのほうが祖先っぽいよな」

唯「からあげクン一個ちょーだい!」

律「これファミチキだぞ」
35. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/08(火) 23:47:10.13 ID:aIJygzm20
梓「るーんるーん」

唯「おや、あれに見えるはあずにゃん!おうい!」

梓「あ、唯先輩」

唯「スキップなんかして、なにかいいことでもあったの?」

梓「実は体育でサッカーやってたんですけど、一本もシュート決められなくて」

唯「うん?それでなんでスキップ?」

梓「こんな膝壊れちゃえばいいのにって思いまして」テヘヘ

唯「体を大事にしてあげて!?」
36. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/08(火) 23:50:45.14 ID:aIJygzm20
梓「ちょっと唯先輩!あたしのプリン食べたでしょ!」

唯「親の仇と言わんばかりの力をドアにぶつけながら、梓は勢いよく部室に入ってきた」

梓「あれいくらすると思ってんのよ!雑用係の時給じゃ100年かかっても返済できないわよ!」

唯「そんな時給は労基法違反だろうとか、そもそも雑用に時給が発生していたのか、なんてことを考えていると、梓はとんでもないことを言い出した」

梓「というわけで、春休みはバイトをするわよ!いいこと?あんたには特に働いて、きっちりプリン代払ってもらうんだからね!」

唯「この後輩はいつも、急転直下で話を進めやがる。やれやれ、今年の春も騒がしくなりそうだ」

梓「明日九時集合よ!遅れたら死刑だから!」

唯「そんな毎日が嫌かって?愚問だね。ゆずれと言われても誰にもゆずってやるもんか」
38. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/08(火) 23:54:01.91 ID:aIJygzm20
唯「和ちゃんが言ってたんだけど、私って池沼なのかな!?」

紬「いいえ、唯ちゃんは人間よ」

唯「ひょっとして、雨が降ったら溢れたりしちゃうのかな!?」

紬「唯ちゃんは池沼なんかじゃないわ」

唯「乾燥すると消えてなくなっちゃうのかな!?」

紬「水を飲めば治るわ」

唯「冬にはワカサギが釣れたりするのかな!?」

紬「そう簡単にワカサギは釣れないわ」

唯「和ちゃんって私のことずっと池沼だと思ってたのかな」

紬「それはわからないわ」
39. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/08(火) 23:56:59.93 ID:aIJygzm20
唯「あずにゃんは五感のうちひとつだけをとるとしたら、どれをとる?」

梓「唯先輩なら?」

唯「え、質問を質問で返すの?そーだなー」

梓「このチョコケーキおいしいですね」

唯「私は味覚かな!味覚がなくなっちゃったらこのケーキの味もわからないもん!」

梓「ふふ、唯先輩らしいです」

唯「そいで、あずにゃんはどうなの?」

梓「私は嗅覚かな」

唯「鼻?めずらしーねー」

梓「唯先輩が抱きついてきても、嗅げなきゃつまんないので」

唯「嗅いでたの!?」
40. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 00:04:46.80 ID:AUvr14/j0
律「はぁ、昨日も全然勉強できなかったなー」

梓「私もずっと別冊コロコロ読んでました」

澪「律は一人で勉強なんかしたことないだろ」

律「試験前ってなんで部屋掃除したくなるんだろうなー」

紬「あら、りっちゃんみたいな愚民でもそういう気持ちになるのね」

澪「たしかに、あれって不思議だよな」

梓「遊ぶわけにはいかないけど、勉強もしたくない!って心理が働くんじゃないですかね」

唯「私はなったことないけどなぁ、掃除は憂がしてくれるし」

律「うーん、そういうことじゃないんだよなぁ……っていうかムギ愚民って言った?」

唯「さらに言えば勉強も憂がしてくれるし」

澪「どっちかがすればいいってわけじゃないんだよ」
43. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 00:45:00.01 ID:AUvr14/j0
唯「憂の友達がりっちゃんかっこいいって言ってたらしいよ!」

律「女の子にかっこいいって、それ褒めてるのかよ」

唯「褒めてるのかよだって(笑)」

律「な、なんだよ」

唯「褒められてると思ってるくせに(笑)大喜びなくせに(笑)」

律「そんなこと思ってねーよ!」

唯「平静を装ってるくせに(笑)かっこいいって言われようと必死なくせに(笑)」

律「おまえそんな風に思ってたのかよ!」

唯「『女なのによくかっこいいって言われるけど誉め言葉に聞こえないorz』とか知恵袋に書いちゃうくせに(笑)」

律「ブクラーじゃねーし!!」
44. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 00:48:59.73 ID:AUvr14/j0
唯「でもすごいよね、だってかっこいいって運動部の子が言われるならわかるけどさ」

律「今や本当に褒め言葉に聞こえなくなったよ……」

唯「あとは背が高いとか、スタイルがいいとか、性格がクールとか、ファッションとか」

律「……」

唯「一個も当てはまらないどころか真逆なのにかっこいいって……」

律「うるせー!ほっとけよ!」

唯「相当顔がかっこいいんだろうね!」

律「え?あ……そういうことに……なるのかな」テレテレ

唯「ちょろい」
45. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 00:51:28.06 ID:AUvr14/j0
誰「大変だよみんな!」

袖「どうしたの、そんなに慌てて」

辞「騒がしいですよ」

津「どうせくだらないことだろ」

零「ワタシ……ニンゲン……キライ……」

誰「実は……しゃっくりが止まっちゃいました!」

袖「あら、よかったわね」

辞「はいはいおめでとう、さっさと練習しますよ」

津「やっぱり下らないことだったな」

零「ニンゲン……シゼンコワス……ミンナノモリ……コワス……」
48. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 00:58:21.45 ID:AUvr14/j0
律「学校のトイレットペーパーってさ、誰が三角に折ってるんだろうな」

唯「えー!!りっちゃん、使ったあと折らないの!?」

律「え?あれ折ってるの唯だったの?」

唯「ふつーみんな折るでしょ?小学校で習わなかったの!?」

律「真面目に授業受けてなかったからなぁ」

梓「あれ水商売の習慣って聞いたことありますけど……」

澪「唯がそんなことしてるなんて、意外だなぁ」

唯「失礼な!私だってマナーにはうるさいんだよ!」

紬(学校のトイレって使ったことないわ……)

唯「あんまりうまくできないから、しわくちゃになるけどね!」

唯「おしっこついた手で折るから、ちょっと溶けてるけどね!」
49. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:00:03.11 ID:AUvr14/j0
純「梓が言ってました!唯先輩は天才だって!」

唯「え〜そんなことないよ〜」

純「いやー私も初めて唯先輩のプレイをみたときは、紛れもなく世界一だと思いましたよ!」

唯「いくらなんでも言い過ぎだよ〜」

純「なんといっても大舞台での勝負強さ!人間力はピカ一ですよね!!」

唯「いや〜私だって緊張するよ〜」

純「あの舞台で鳳翼全ブロなんて、どんだけ心臓強いのって話ですよー!」

唯「……」

純「あ、そう言えば小足見てから昇龍出せるって本当なんですか?」

唯「いやあの……誰と間違えてるの?」
52. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:06:49.87 ID:AUvr14/j0
唯「ねえねえ、コミュ障って知ってる?」

澪「コミュショー?なんかのショーか?」

唯「わからないんだけど、澪ちゃんはコミュ障だって和ちゃんが言ってたよ!」

澪「へぇ、和が?」

唯「二年のときはコミュ障すぎて可愛かったって言ってた」

澪「えへへ……照れるなぁ……」

唯「よっ!日本一のコミュ障!!」

澪「和がそんなふうに思ってくれてたなんて……」
54. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:13:59.78 ID:AUvr14/j0
唯「ライトとレフトって、主審からみて右と左じゃん」

憂「そうだね」

唯「でも右打者と左打者はさ、主審からみて左と右だよね」

憂「そうだね」

唯「右打者の何が右なんだろうね、バッティングでは左手が大事とか言い出すし」

憂「お姉ちゃん、チャンネル変えていい?」

唯「いいよー、野球興味ないし」
55. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:14:56.65 ID:AUvr14/j0
憂「バッターはピッチャーから見た右と左なんじゃない?」

唯「え、なんでいきなりピッチャー視点なの」

憂「きっと対戦相手から見た左右なんだよ」

唯「どういうこと?」

憂「つまり、ライトとレフトは主審じゃなくて打者視点なんだよ」

唯「ああ、対戦する相手選手がどっち側にいるかを言ってるわけね」

憂「キャッチャーだけはハブられちゃうけどね」

唯「でもさ、右投手って」

憂「うん」

唯「バッターから見ると左だよね」

憂「そうだね」
56. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:16:47.29 ID:AUvr14/j0
唯「あーずにゃん!」

梓「なんですか」

唯「ソックス履こっ!」

梓「履いてますよ、ほら」

唯「サックス吹こっ!」

梓「吹き方教えてくれるんですか」

唯「タックス払おっ!」

梓「所得ゼロですし」

唯「ワックス塗ろっ!」

梓「ギター悪くなりますよ」

唯「結婚しよう」

梓「……ずっと待ってたんだから……!!」
57. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:19:29.53 ID:AUvr14/j0
唯「                        」

律「                    」

澪「             」

紬「                          」

唯・律「        」

梓「      」

唯「                                          」

梓「                                                            」

律「            」

梓「                    」

和「                                        」

唯「                          」



おしまい!
58. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/09(水) 01:22:16.20 ID:AUvr14/j0
ご愛読ありがとうございました。

>>1
先生の次回作にご期待ください!