【翌日 平沢家】

ぴんぽーん

憂「はーい」

憂「こんな朝早くに誰だろ」

ガチャ

梓「おはよー憂」

憂「あ、梓ちゃん!?…こんな早くにどうしたの?」

梓「唯先輩と朝練するんだ。先輩起きてる?」

憂「お姉ちゃんはまだ寝てるけど…朝練って?」

梓「だから、歌の練習だよ」

憂「ゲエーッ!」

唯「じゃあ、先くね、うい~」

梓「もう、早起きするよう行ったじゃないですか!」

唯「ごめんごめん、つい~」

ガチャン

憂「……」

ピポパ

憂「こちら平沢、全職員に連絡します!奴が、Gが目覚めました!」


唯「とりあえず、簡単な歌から始めようか!」

梓「そうですね」

唯「じゃあ、森のくまさん!」

唯「♪ある日~」

梓「ボエーーーーーーー!!!!!」

唯「♪森の中」

梓「グエーーーーーーーーー!!!!!」

唯「♪くまさんに」

梓「アギャアーーーーーーー!!!!!」

唯「♪出会った」

梓「ドンドゥルマアーーーーーーー!!!!!」


律「くそっ…なんて破壊力だ…」

律「住宅街のガラスが…めちゃめちゃじゃないかっ!」

憂『律さん隊員!ご無事ですか!?』

律「ああ、かろうじて無事だ!ムギ隊員の連絡を待っているところだ!」

その頃……。


ガタンゴトン

『次はーー桜ヶ丘ーー桜が……な、何だこりゃ!?』

紬「!?」

唯「♪花咲く森の道~」

梓「サウザンドマズダアアァァァーーーーーーー!!!!!」

『うわあああああ!』

ききーどーん


憂『り、律さん隊員!何事ですか!?』

律「…ムギからの連絡が…途絶えた…」



【同時刻 桜高前最終防衛線】

純「…来ますね」

澪「…ああ、来る」

純「…澪先輩、こんな時ですが、あなたに伝えておきたいことがあります」

澪「むしろこんな時だからこそ、言いたいことは言っておくべきじゃだよ。言ってごらん」

純「私、澪先輩のこと…ずっと昔から…」

澪「……」

純「…やっぱり迷惑でしたか?」

澪「いや、迷惑じゃないよ」

純「先輩……」

澪「目、閉じて……」

マルゴビッヂノアナァァァァァァァーーーーーーー!!!!!

純「」

澪「」


律「…なんてこった…」

憂「全職員に連絡します。…Gが本土に上陸しました」



和「おはよう、唯」

唯「あ~、和ちゃ~ん」

梓「おはようございます」

和「ボーカルの練習?」

唯「そう!今度はあずにゃんも歌うんだよ~」

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

梓「すうっ」

アンジョオスッタランーーーーーーーーー!!!!!

律「和ー!」

律「和、しっかりしろ、和!」

和「チェケラッチョイ」

憂「和ちゃん、死んじゃ嫌だ、和ちゃん!」

律「和ちゃん?」

憂「あっ…」

律「憂ちゃん、もしかして…」

憂「…昔から、憧れてたんです。…なのに…」

律「ちくしょう…ちくしょう…」

律「最初はムギ、次に和…」

律「…どれだけ私たちから、愛するものを奪えば気がすむんだ…」

律「バカやろおおおぉぉ!」

ついに桜高に上陸してしまった黒き魔獣、Gこと中野梓。

果たして人々の運命は、そして平沢唯の真意とは。



【平沢唯の教室前】

姫子「唯、おはよう」

唯「あ~、姫ちゃん!おはよ~」

梓「どなたですか?」

姫子「唯と同じクラスなの。キミがあずにゃんだね」

梓「な、な、なんでご存知なんですか!」

姫子「唯がよく、キミのこと話してたからね。可愛い後輩だって」

梓「なっ…ナニヲオッシャル…」

姫子「ふふ、照れちゃって。可愛い恋人みたい」

梓「」

ボンッ

姫子「」

唯「ひ、姫ちゃん姫ちゃん!」

梓「…はっ。何がおこったんですか?」

唯「姫ちゃんが倒れちゃったよ!」

律「…憂ちゃん、あれは?」

憂「Gの体内放射です。喉元まで溜めた歌唱エネルギーを全身から放出する、周囲を巻きこむ危険な攻撃です」

律「なるほど、要は梓を照れさせちゃいけないんだな」

憂「校舎の床に穴が開いちゃった…」

唯「でもよかったね、あずにゃん!私たち恋人みたいだって!」

梓「ほ、本気にしないでください!」

唯「あ~ずにゃ~ん」

梓「抱きつかないでくださいー!」

姫子「う……」


律「あ、姫子が動いた!まだ生きてる!」

憂「律さん、ダメです!」

律「助けないと!」


唯「ん~、あずにゃん分補給~」

梓「み、耳元で歌いますよ!」

唯「ドントコイです!」

梓「すぅ…」

姫子「ゆ…い…」

梓「ソニーノゲームハズッキーニィィィィィィィィーーーーーーwwwwwwwww」

姫子「」


律「姫子おおぉ!」

憂「…ば、バーンスパイラル熱唱…」


エリ「何今の?」

信代「何事?」

唯「あ、みんな~。あずにゃんのボーカル聴きたい?」

梓「え、ちょっと唯先輩!?」

風子「これが梓ちゃんか、可愛いね」

いちご「…聴いてあげてもいい」

梓「ゆ、唯先輩!さすがにこんな大勢の前で歌うのは…」

唯「あずにゃん頑張ろ?いずれ学祭で歌うんでしょ?」

梓「う…」

唯「私たちが卒業しても、軽音部続けるんだよね?」

梓「…」

唯「今から慣れておかないと、後でつらくなるよ?」

梓「…」

モブ「あーずーさ!あーずーさ!」

梓「…わかりました!」

唯「みんなー!今日はあずにゃんのスペシャルライブに来てくれてありがとー!」

モブ「わーわー」

唯「あずにゃん、観客のみんなに一言!」

梓「やってやるです!皆さん覚悟してください!」

モブ「あずにゃーん!」


律「…予想される被害は?」

憂「まず、ガラスは一枚も残らないでしょうね。私たちの鼓膜も…」

律「最後だな…」

憂「神に感謝」

律「アーメン」

「ちょっと待った!」

律「む、ムギ!?生きてたのか!」

紬「梓ちゃん、のど飴よ!」

ぽいっ

梓「ムギ先輩!ありがとうございます!」

ぱくっコロコロ

律「バカ、のど飴如きであの破壊力が…」

梓「♪不思議なあずにゃん星から、ラブラブちゅっちゅっちゅっ!」

律「え?」

梓「♪揺れないお胸はまな板みたいにつーるつる」

モブ「キャーキャー」

律「ムギ、どういうことだ!?」

憂「あの悪魔のだみ声を…一瞬で!」

紬「あれこそが、琴吹グループが開発した新兵器、抗Gバクテリアよ。活性化した梓ちゃん細胞を弱める力を持った優れものなの!」

梓「皆さん、今日はありがとー!」

モブ「ヒューヒュー!ゆーいあず!ゆーいあず!」

梓「え?」

唯「あずにゃん、次は私もいっしょに歌うよ!」

梓「…はいっ!」

律「いいぞいいぞー!」

紬「梓ちゃん、ファイトー!」

憂「お姉ちゃん、頑張って!」

こうして、多大な犠牲を出しながらも、梓のスペシャルライブは大成功のうちに幕を閉じたのだった…。



【後日】

律「なあ唯、お前に聴きたいことがあるんだ」

唯「ほえ?」

律「抗Gバクテ…もといのど飴を舐める前の梓と後の梓、どっちが歌がうまかった?」

唯「そりゃ断然後だよ~。舐める前はあんまりうまくなかったよね」

律「えぇー!?じゃあお前、どうしてあんなに」

唯「絶賛したか?うん、確かに聴けたものじゃなかったよ、でもね…」

律「?」

唯「すっごく楽しそうだったんだ、あずにゃんの顔」

律「…」

唯「とても真剣に、そして嬉しそうに歌ってたんだ、あずにゃん。ボーカルに憧れてたんだろうね」

紬「唯ちゃん…」

唯「だからね、下手くそなんて言えなかった。気がついたら全力で応援しちゃってた!てへへ」

律「へへ、いい先輩だな!」

そう、音楽は天才だけのものではないのだ。

全力で楽しむ者に真心いっぱいの愛を与える。それが音楽の存在意義(レーゾン・デートゥル)なのだ。

それを、中野梓と平沢唯は我々に教えてくれたのだ。

ガチャッ

梓「こんにちは」

唯「おーあずにゃん、いらっしゃーい」

梓「そういえば、明後日は唯先輩の誕生日ですよね?」

律「おー、そうだったな」

梓「一足早く、唯先輩にプレゼントです」

唯「え~?私に?」

梓「イヤですか?」

唯「ううん、嬉しい!」

梓「…ありがとうございます」

律「おーおー、お顔が真っ赤」

唯「で、プレゼントはなーに?」

梓「私が作った歌です!」

律「え」

梓「真心いっぱいの愛を、私の歌声に乗せてお届けします!」

律「…ムギ、バクテリアは?」

紬「…もうないわ」

梓「1、2、3、4!」

ボエーーーーーーーー!!!!!



終わり