律「はあ!?」

澪「私たちが和を変態扱いするわけないよ!」

紬「和ちゃん突然どうしたの?」

梓「話がよく……」

和「惚けないで。私は知ってるのよ、あなた達が私をオカズにして自慰行為に勤しんでいる事を!」

律・澪・紬・梓「」

律「ていうかちょっと待てよ!何でそんなことで私たちが和を変態扱いしていることになるんだよ!」

澪「(え?律、まさか本当に……?)」

律「いや、してない、してないから!だからそんな目で見るな澪!」

和「何でって、それは決まっているでしょう。私をオカズにしたって、あなた達は私を変態扱いしているんだから
許されると思っている!そうなんでしょう、ムギ!」

紬「ど、どうして私!?」

和「ほら、答えてみなさいよムギ」ズイッ

紬「え、えっと……///」

紬「(和ちゃん近い……!///)」

和「ねえ、そうなんでしょう?あなたは毎日私をオカズにしてしてるのよね?」

紬「……yes///」ホワー

律「えぇ!?」

澪「む、ムギ!?」

梓「嘘だムギ先輩がそんな……!」

和「ふふふ、そうだと思ったわ、でもムギ、安心してちょうだい、そのことで私はあなたを諌めたりしないわ。
もっともっと別の快楽へ誘って……」

律「ちょーっと待てい!」ペシッ

和「何するのよ律、メガネが……」コトッ

紬「そうよりっちゃん、邪魔をしないで!」

律「いや、でもムギまじで犯されかけて……」

和「なあに、律も私に犯されたかったの?」

律「……へっ?」

律「(あ、あれ、変態っていうか……メガネがないと和がすごく……)」

澪・梓「(エロいっ!)」

律「べ、別にそういうわけじゃ、いや、あのそうっていうか……///」

澪「ちょ、律!?」

梓「(ムギ先輩に引き続き律先輩まで落とされた!?)」

和「ふふ、よく言えたわね」ソッ

律「!?///」ビクッ

和「そんなに怯えた目で見なくても良いのよ?ほら、ムギも来なさい」

紬「和ちゃん……///」

和「さあ、してほしいんでしょ?ナニをして欲しい?」クスッ

律「な、なんでも///」

紬「私も和ちゃんがしてくれるなら///」

澪「ちょお前等待て!///ここ部室だから、学校だから!和もやめろお!」

梓「そうですよおかしいですよ大体生徒会長が何やってるんですか!」

和「いいじゃない別に。こういうことは人間の性でしょう?」ジッ

梓「ですよねー……って違います!いや、そうかもしれないけど!」

梓「(人間の性って……一瞬納得しかけた私って)」

澪「和、律もムギも目を覚ませー!」

和「私も律たちもちゃんと目が覚めてるわ?」

律「和、私はいつでも準備できてる、から……///」

紬「私だって!いつでも来て、和ちゃん!」

和「ふふ、可愛い子猫ちゃんたちね」

澪「(うわあ、今すごいゾッとした……)」

梓「(鳥肌立ちました、悪い意味で……)」

和「でもちょっと待ってね?この子たちも私と遊びたいみたいだから」

澪「どこからそう解釈した!?」

和「待っている間、私の靴でも舐めてなさい」

梓「!?」

律「澪たちも素直に犯されたいって言えばいいのにー」

紬「和ちゃんの、足……///」ハァハァ ペロッ

律「あっ、ムギずりーぞ!私だって……///」ペロペロッ

和「ふふっ、ふふふっ!綺麗に舐めてちょうだい」

澪「」

梓「お、お二人とも何やってるんですかっ!」

澪「わ、私も……」フラッ

梓「へっ、澪先輩!?」

和「あら、澪も?」

澪「わ、たしも和の足、舐めたい……///」

梓「(澪先輩まで落とされたー!?)」

梓「(い、一体なにが……!)」

和「そうね、澪もすぐに言えばよかったのに……。罰として下着を全部脱いでドアの前に
座っていなさい」

澪「そうしたら、私も何かしてくれる……?///」

和「えぇ、勿論よ」

澪「わ、わかった……!」ヌギヌギ

梓「(澪先輩が脱ぎ始めたあああああああ!?)」

和「ふふっ、素敵な身体をしてるのね」

澪「あ、あんまりじろじろ見ないで///恥ずかしいから///それにあ、後でちゃんと、見て欲しいし///」

梓「うわあ……」

和「そうね。そうだわ澪、全裸じゃなくって制服はちゃんと着てね?ここは学校なんだから」

梓「(いやもう場所とか関係ないし!ていうか生徒会長がちゃんとここが学校っていう意識があったことに
吃驚だよもう!)」

澪「うん、わかってる///変な感じだけど///」モゾモゾ

梓「(うわあ、澪先輩なんて艶かしい……はっ!私は何を!)」

和「最後は梓ちゃんね?早く素直にならないと、とびっきりのお仕置きが待ってるわよ?」クスッ

梓「(うわもうやだ何これ帰りたい)」

和「ほら、梓ちゃんも早く、私としたいって言っちゃいなさいよ」スッ

律「あ、和動いちゃ……///」

紬「ぁっ、……!和ちゃんに踏まれて///」

澪「和ぁ、私も見て……///」

梓「(逃げたい逃げたい逃げたい今直ぐ逃げて全てを忘れ去りたい!ていうか何、私の頬に添えられたこの手は何!?)」

和「どうしたの?言えないの?」ジッ

梓「い、言うも何も……///」

梓「(あれ……?生徒会長に見詰められると何だか変な気分に……///)」

和「梓ちゃん、ほら、言ってみなさい、私としたいですって」クイッ

梓「あっ……!///」

梓「(どこに触れて……!?)」

和「ふふふ、さあ梓ちゃん、早く――」

ガチャッ!

澪「あうっ!」ドゴッ

唯「和ちゃああああああああああああん!」

唯「って、あれ?澪ちゃんなんでこんなとこに座って……りっちゃんムギちゃんも何して……」

和「……唯」

梓「(あれ?生徒会長の目が変わった……でも良かった、唯先輩のおかげで助かった……)」

唯「りっちゃんもムギちゃんも早く和ちゃんから離れて!あずにゃんも!」

梓「は、はいっ」

唯「和ちゃん!」

和「」ビクッ

唯「メガネ!」

和「え、えぇ……」カチャッ

律・紬「……私たちは今まで何を……?」

梓「え?」

澪「な、何で私は下着つけてない……って、こんなところに私の下着が!?」

梓「え、え?」

梓「どうなってるの!?」

唯「ごめんねあずにゃん。私がこの和ちゃんを野放しにしちゃったから」

梓「えっと……」

唯「和ちゃんはね、性行為をした後、とんでもない変態女たらしになっちゃうの。
凄くエローいオーラー出しまくっちゃって、普段からそういうこと考えてる人とかはイチコロなんだよ」

梓「普段から……」チラッ

紬「えっと……///」

唯「でね、メガネ外すともっとそれが酷くなっちゃって。それに変な妄想しちゃったりして。
いつもは数十分生徒会室に監禁してるんだけど、今日は抜け出しちゃったみたいで……まさか軽音部に来てたなんて」

和「だって、仕方ないじゃない。唯が構ってくれないんだから……///」

梓「……つまり、どういうことなんですか?」

唯「つまりね、あずにゃん」


梓「という夢を見たんです」

律「お前が普段私等をどういう目で見てるかがわかった気がしたよ」

澪「私は一体何を……///」

紬「別に私は良かったけど♪」

唯「で、本当につまりどういうことなの?」

和「つまりね」



和「作者が投げたってことよチェケラッチョイ!\(^O^)/」

おしまい