紬「カップが足りなかったんです ごめんなさいね」
澪「予備もあったのにどうしたの?」
紬「唯ちゃんがとっても気に入ってるみたいだったら妹さんの分も合わせてあげちゃったの」
澪「…………そう」(なら唯が我慢しろよ)

唯「ムギちゃん、今日のおやつ何ー?」
紬「チョコレートケーキ持ってきたの」
律「おお!旨そうだな!」
澪(紅茶なしでチョコレートケーキはちょっときついな……まぁ我慢するか……)
澪「美味しそうだな」
紬「あ、澪さんにはこれ」
澪「…………らっ……きょう?」
紬「前ダイエットしなきゃって言ってたし健康にもいいから」
律「さすがムギ!よく気が回るなぁ」
澪「……ありがと」(ダイエットなんて女子高生の挨拶みたいなもんだろ……変な気使われても困るんだよ……)

唯「モグモグ」
律「モグモグ」
澪「ポリポリ」
唯「ゴックン ムギちゃん紅茶おかわりー!」
律「あたしも頼むぜ」
紬「今いれてくるわね」
澪「おいおい それ位自分でやれよ(笑)」
紬「まぁまぁ 私ももう一杯頂こうと思ってたし」
紬(いちいち口出しとか……黙ってらっきょう食ってろよ)
澪「全く……」

ガララララ
唯「あ、さわちゃん」
さわ子「私ミルクティーね。全く、職員会議って面倒よね。実際対した話題もないのに毎月毎月」
澪「ははは……お疲れ様でした」
澪(いやそんなのどうでもいいんだけど……)
律「ちゃんと仕事もしてるんだなー」
さわ子「失礼ね。それでね、毎回石田って先生がムカついてさー」
唯「それってもしかして世界史の?」
さわ子「そうそうあのおっさん。非常勤のくせして生徒からパン貰ってるし……」
律「えー。私も世界史石田だけど結構好きだよ」
さわ子「そうそう。何故か生徒には人気あるのよねぇ」
澪「ポリポリ」(私だけが石田を知らない……)


紬「はい、お茶のおかわりとミルクティー」

唯「ありがとー」

律「センキュー」

さわ子「そういえば、次のライブのための衣装作ってきたのよ」

唯「さわちゃんすごーい」

律「また変なのじゃないだろうなwww」

さわ子「今回は自信作なのよね…………ほらっ」


紬「あら素敵」

唯「うわぁさわちゃんすごーい」

律「これならまともだな。ってか結構これいいな」

唯「ムギちゃんの特にかわいいね」

紬「そうかしら。唯ちゃんのも素敵だと思うわ」

澪「ほほぅ……どれどれ?」(正直興味ないが参加だけしとくか……)

さわ子「ごめんなさいね。秋山さんのはまだ作ってないの」


澪「そうですか……」(全員分ないなら持ってくんなよ)

唯・紬・律・さわ子「わいわい」

澪「…………」


律「そういや次のライブの衣装で思い出したんだが」

澪「うん」
澪(やっと話題変わった……空気嫁よこいつら)

律「ふわふわタイム外そうぜ」

澪「えっ」

律「いい加減もうふわタイはいいかなって」

唯「確かに三年生とかは受験控えてるんだし私達だけふわふわしててもね」

澪「……じゃあまた新しい歌詞私かんg」
律「ってことで新しいの考えてまいりました!」

唯「りっちゃんすごーい」パチパチ

紬「わぁ楽しみ」

律「曲名は受験生を応援する意味で『ガリガリタイム』だ!」


澪「……流石にそれはないんじゃないか?なぁ唯」

唯「すごくいい!」

澪(やはり池沼か)
澪「……ムギは気に入ったか?」

紬「…………」ほわぁ

澪(超うっとりしてやがる……)

律「決まりだな」

澪「…………チッ」


澪「まぁそうと決まれば練習だな」
澪(いつも通りまた私が馬鹿に合わせてやるか……)

紬「えぇ。一回合わせてみましょう」
紬(何急に仕切りだしてるのかしら)

律「そうだな」

唯「なんか久しぶりだね」

律「じゃあ行くぞ。1、2、3――」

ジャラーン
唯「ふぅ」

澪(なんか唯が足引っ張ってる感じしたなぁ。練習しないくせに迷惑掛けるなよ)

律(澪滅茶苦茶だったな……)
紬(澪さん酷かったな……)

律・紬・澪(はっきり言った方がいいかな……)

律・紬(まぁブランクあっただけならやってく内に良くなるしね……)
澪「あのさ唯」


唯「ふぇ?」

澪「家で練習してないの?演奏酷かったよ」

唯「ごめん……練習はしてるんだけど……」
唯(うまくいったと思ったのになぁ……)

澪「今ので練習してるんだ(笑)」

律「おい」

澪「?」

律「そんな言い方ないだろ」

紬「まぁまぁ落ち着いて」

澪「何さ庇っちゃって(笑)律もムギもはっきり言うべきだよ。実際迷惑なんだからさ(笑)」

律・紬「…………」

律「あのさムギ……」ヒソヒソ

紬「はい律さん」ヒソヒソ

律「今、澪の方が……」ヒソヒソ
紬「はい……私も思いました」ヒソヒソ

澪「何こそこそしてるのよ(笑)はっきり言った方が本人のためにもなるって」

律「澪……下手だった」
紬「らっきょう臭い」


澪「…………へ?なんで私今責められたわけ?理解出来ないんだけど」
澪(池沼庇うとか……)

律「いやだって率直な感想として」

澪「唯より私の方が下手だったって?」

律「下手とは言わないけど、今回は所々乱れてたし……」

澪(池沼庇うのはまだしもそのために私の評価まで下げるなよ……)


澪(仕方ないな)
澪「もういいよ」

唯「ふぇ?」

澪「もういいから練習しよう」
澪(結局いつも私が事情を把握して一歩身を引いてやるんだよな)

律(何だよこの態度……)
紬(うわぁ……気持ち悪……)

唯「うん!頑張ろう」

紬「ではギターのソロから演奏しましょう」


ジャラーン


紬(やっぱり澪さん……)

律(三回もミスしてんじゃん)

澪「ちょっと」

澪「唯なんなの?」

唯「ふぇ?」

澪「さっきは結局我慢したけど、今も酷かったよ」

唯「ごめん……」

澪「謝る暇あったら練習しなよ」

唯「うん……」ジャラーン

澪「うるさいんだけど。人の話も最後まで聞けないの?」

唯「だって練習しろって……」

澪「でも話の途中だったでしょ?」

唯「ごめん……」

澪「全く、ただでさえ頭悪いんだからせめてそれ位気を付けてよ」

唯「……」

澪「何黙ってるの?」

律「おい」

澪「何?今唯と話してるんだけど」
澪(また邪魔かよ)

律「いい過ぎだろ」

澪「は?」

紬「唯ちゃんだって頑張ってるんだし……」

澪「…………チッ」

律「はっきり言うと澪の方が下手だったぞ」

澪「…………」
澪(なんなのよこいつ……)
紬(いい加減認めないかしら)


澪「…………」

唯「…………」

紬「…………」

律「…………」

澪「何」

唯「えっ」

澪「何なのこの空気」

澪「まるで私が悪いみたいじゃない」

紬(そうなのよねぇ)

唯「れ、練習しよっ」

律「そうだな!練習しようぜ!」

紬「じゃあ一番最初の澪さんが間違えた所から」

澪「はい?」

律「えっ」

澪「私間違えてないし」

律(間違えてたよ)
紬(馬鹿なのかしら)

唯「さ、最初からやろうよっ」

律「そうだな!練習しようぜ!」

紬「澪さんももう間違えないで下さいね」

澪「だから間違えてないから」

紬(いい加減認めないかしら……)

唯「き、気持ち切り替えて頑張ろ!」

律「そうだな!さっきの演奏はもう触れないようにしような!」

唯「じゃあ行くよー」

紬「はい」

律「1、2、さ」
澪「ちょっと待ってよ」


澪「反省しなかったらまた同じ失敗するよね?」

律「…………」
律(なんかうざくなってきたな……)

紬「…………」
紬(この子大丈夫かしら)

唯「…………そうだね」

澪「分かってるなら反省ちゃんとしようよ」
澪(これだから私がまとめてやらないと……)

澪「じゃあ唯、自分のどこが駄目だったか言ってみてよ」

唯「えっと……」
唯(そういえばどこだろう……)

澪「さっき私言わないっけ?」

律(言ってねぇよ……)

紬(…………)

澪「思い出すまで練習参加しないで考えててね」

唯「そんな……」

紬「幾らなんでもそれは……」

澪(なんで本当に皆こんな奴庇うのかな)
澪「やっぱ甘すぎるよムギは。もっと厳しくしなきゃ」

紬「…………」

唯「…………」

律「…………」


律「…………おい」

澪「何」
澪(いちいちうざいなぁ律も)

律「さっきからなんなんだよ」

澪「はい?」

律「唯ばっか責めてさ。自分だってミスしたくせに」
澪「…………」

律「いい加減にしろよ」

澪「…………チッ」
澪(なんなんだよ……ムギなら……ムギなら分かってくれる)
澪「ムギはどう思うの?」

紬「…………ざい」

澪「え?今なんて」

紬「いえ、ちょっと言い過ぎかなと」


澪「そうだよね。言い過ぎだよ律。庇いたい気持ちは分かるけどさ」

紬「…………」

律「…………」

澪「じゃあ三人だけでも合わせてみようか」

紬「…………」

律「…………」

澪「…………やる気ないんだ」

澪「さっきからやる気ないんだよね皆。あーあ、私だけかやる気あったの。残念だなぁ」

律「…………」

紬「…………」

澪「ムギはお菓子ばっか持ってくるし」

澪「律は唯ばっか庇うし」

澪「おまけに唯は下手だしね。最悪だよ」

律「お前だろ」

澪「…………またかよ」

律「ミスしたくせに」

澪「…………したからなんなの?」


澪「したよ?しましたよ?だからなんなの?」

律(…………うざ)

紬(開き直りとか変態かしら)

澪「そんなの責めてる暇あったら腕を磨こうよ」

律(自分はどうなんだよ……)

紬(手のつけようがないわね)

澪「…………」

律「…………」

紬「…………」

澪「…………もういいよ」

律「…………」

紬「…………」

澪「もう、帰るね」

澪「皆やる気ないみたいだし」

律「…………」

紬「…………」

澪「真剣にやってる私が馬鹿みたい」

律「…………」

紬「…………」
ガララララ
澪「…………引き止めもしないんだね」
ピシャン



紬「………………ぷっ」

紬「引き止めもしないんだねwww」

律「wwwwww」

律「引き止めて欲しかったんだなwww」

紬「wwwwwwwwwwwwwwwww」


澪「……皆反省してるといいな」チャリーン

律「じゃあお茶の続きしようぜwwwww」

紬「了解www」

律「wwwwww」

紬「wwwwwwwwwwwwwwwwww」


律「いままで隠してたけど、今日私の誕生日だったんだ」

紬「知ってましたよ。これ、プレゼントです」

唯「私からもこれ」

律「みんなありがとー!」

紬・律・唯「はっはっはっはっは」

fin